--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/15

観光・食事・その他諸々編

■観光らしきもの

今回の遠征は4泊6日というミニ遠征ゆえに観光をする時間はほとんどなかった。ま、バルセロナは2回目だし、目的は俊輔オンリーだし、別にもったいないとも思わなかったけどね。
サグラダ・ファミリアは前回(10年位前?)時間をかけて隅々まで見たので、今回は外から見ただけ。これは表から撮った写真。

サグラダ・ファミリアの表

こちらは裏から撮った写真。いつ来ても工事中なり。

サグラダ・ファミリアの裏

裏側の道を挟んだところに公園がある。売店でコーラ一杯とかアイス1個を買えば、好きなだけテーブル席に腰掛けてサグラダ・ファミリアを眺めていられるステキな場所である。部屋のエアコンがご機嫌斜めで茹だりそうだったときは、よく部屋を脱出してここで涼んだ。

サグラダ・ファミリアの脇にある公園からの眺め

サバテール・エルマーノス(Sabater Hermanos)という手作り石鹸の店で同僚や俊輔ファン以外の友人たちへのお土産を買おうと決めていたので、日曜日の午前中に地下鉄リセウ駅で下車して店を探した。リセウ駅はランブラス通り沿いにあるのだが、日曜日のランブラス通りはウンザリするほど混んでいた。下の写真は人の流れが途切れたときに撮影。

ランブラス通り

通りにはいろいろな大道芸人たちがいた。

ランブラス通りの大道芸人

目指す店が非常に分かり難いところにあって、迷路のような細い路地を迷うこと1時間。

バルセロナの路地1

途中で出くわした市場。チーズやジャムやケーキを売っていた。

バルセロナの路地2

再び路地に迷い込む。でも路地裏愛好家なので、こういう所を彷徨うのは嫌いじゃない。

バルセロナの路地3

やっと見つけた店は、ちょっとステキな広場の入り口にあった。オシャレなカフェの道を挟んで向かい側にあるのがその店。この写真だけで店の位置が分かる人は、かなりのバルセロナ通だと思う。

バルセロナの路地4

地球の歩き方にも載っているこの店は40種類以上の色とりどりの石鹸がずらりと並べてあり、一歩店に入るとそのカラフルさに目を奪われる。値段もお手ごろで、店員も感じがよかった。

帰り道、ディアゴナル駅で地下鉄5号線に乗り換えるためにいったん地上に出たときに見かけたかわいい建物。屋根がラブリーでしょ。

有名な建築物?

以上、観光というか、ただの街歩きの写真でした。

■食事

金欠なのに無理して遠征し、金欠なのにエスパニョールグッズを買いまくったので、そのしわ寄せが食事に行った。レストランで美味しいパエリヤを食べたかったんだけど、財布と相談してじっと我慢の子であった。

バルセロナのサンドウィッチ1

これが今回の遠征の食事の定番。バルセロナのサンドウィッチはバゲットにこれでもかってくらい具が挟まっている。お昼はこれ1本食べれば大満足。どこで買っても美味しかったけど、一番のお気に入りはホテルの近くの英語を話す黒人さんが経営しているパン屋さん。超フレンドリーな黒人の定員さんと英語でおしゃべりできて楽しかった。

バルセロナのサンドウィッチ2

夜はビールが付いて、ちょっとだけ豪華になる。

■スペインのテレビ

ホテルについてテレビをつけるとニュースでカルモナさんという人がインタビューを受けていた。次のニュースではコスタさんという人がコメントしていた。いきなりレッジョに行きたい病が始まって困った。

土曜か日曜の夜にスペイン版電波少年みたいな番組をやっていて、スペイン版猿岩石がヒッチハイクで中国を旅していた。片言で中国人とコミュニケーションを取りながら必死に泊めてくれる家を探し、誰も泊めてくれないときはバックパックを枕にして野宿。何日もシャワーを浴びていないと思われる二人組が、人々の親切に感激しながら中国を旅する様が面白くて、二人がゴールするところまで見てしまった。イタリアでこの手の番組を見たことがない。イタリアでは乳が半分以上はみ出した姉ちゃんが色気を振りまく番組がメインだもんなー。

■ナンパ事情

遠征中にナンパされたのは一度だけ。カフェのテラス席でお茶していたオヤジ二人が通りかかった私に声をかけてきた。一人は「オラ~!」、もう一人は「チャオ、チャオ~♪」と手を振ってくる。スペインでは「チャオ」は別れの挨拶のはず。出会い頭に「チャオ」と言うということは、もしかして、、、
「イタリアーノ?(イタリア人?)」と聞くと嬉しそうに「スィ、スィ~♪」と答えるオヤジ二人。よその国に来てまでナンパに励んでいるのはやはりイタリア人か。ここに座れと空いている椅子を勧められたが、捕まると長時間逃げられないのは経験上よく分かっているので走って逃げた。

FARGAのチョコレート

職場へのお土産として空港で二箱購入。「このチョコむちゃくちゃ美味しい!」と大評判であっという間になくなった。お菓子好きの友人に言わせるとスペインのチョコレートはかなりレベルが高いらしい。スペインに行ったら必ずチョコレートを買うべし。



以上、バルセロナ遠征記でした。これから俊輔の激励にバルセロナを訪れる方たちのお役に立てたら幸いです。

バルセロナ遠征記2009 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。