--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/17

スタジアム編その2 エスパニョール×ヘレス 試合開始~試合後

序盤はエスパニョールがヘレスを圧倒する展開で、チャンスが何度もあってワクワクした。
イタリアとの違いを感じたのはナイスプレー時の観客のリアクション。いや、違うな、言葉の響きと言うべきか。
イタリアでは「ベーネ!」「ブラーボー!」と直線的で力強い感じだけど(単に私がイタリア語に慣れているからそう感じるだけかも)、これがスペインだとこうなる。

ビエ~ン、ビエ~ン、ムイ・ビエ~~~ン!

なんか気が抜けるのだ。

しかし楽しかったのは最初の15分弱だけ。チャンスを活かせなかったエスパニョールはその後グダグダに。決めるべきところで決めないと、こうやって苦しむことになるというお決まりの展開。あまりに退屈な内容に隣であくびを始めるアントニオ。おーい、ゴール裏のサポにあくびされちゃってるぞ、選手たち!
眠そうなアントニオの目を覚ましてあげるために話しかけてみた。
「お気に入りの選手は誰?」
アントニオは少し考え込んでから「デラペーニャ」と答えた。本当はハルケだったんじゃないだろうか。答えるまでに随分と間があったから、何となくそう感じた。

それにしても心配なチーム状態だ。どうやって点を取るのか、チームとして明確な形が見えてこない。本当にまだ何にも固まっていないんだな、このチーム。ハルケの急死でプレシーズンの準備が満足に出来なかったのは分かるけけど、このままじゃ危ないと思う。
そして俊輔ファンとしては俊輔の立場がもっと心配になる。監督からどういう働きを期待されているのか、課せられた役割がよく分からないというか、そもそもボールにあまり触れていない。前半の終わりの方でいいCKを蹴ったけど、これは前半だけで交代もあるかも・・・。そう覚悟した。

前半終了のホイッスルと共に盛大なブーイング。ホームのエスパニョールに厳し過ぎる審判の笛に対してなのか、不甲斐ないチームに対してなのか、あるいは両方なのか。とにかく観客は苛立っていた。後半はもう少しエキサイティングなゲームをして欲しい。

芝のメンテナンス係の人たち

ハーフタイムにまくれ上がった芝のメンテナンスを必死に行っていた。つい最近芝を張り替えたみたいだけど、定着するにはもう少し時間が掛かりそう?

このマスコット、目が怖いんだけど。

チビッ子ファンとの記念撮影に大忙しのマスコットのペリコ。そろそろお風呂に入ったほうがよろしいのでは?だいぶ汚れが目立ちましてよ?

後半開始の時間になり選手たちが出てきた。「ナカムラいるよ!」と私よりも先にアントニオが俊輔を探して教えてくれた。よかった!後半も俊輔を見られる!
両チームの選手は勢ぞろいしたのに何故か審判が出てこない。やっと出てきた審判団は特大級のブーイングで迎えられた。いろんな野次も飛んでいた。スペイン語は分からないけど、恐らく「クソ審判!」もしくはそれに類する言葉だろうと。こういうのは万国共通でしょ、きっと。

後半になると少し面白くなってきた。スペース埋め埋め作戦をしていたシェレスに綻びが見え始め、エスパニョールのパスが回り始める。
でもさ~、エスパニョールが攻めている時はやたら遠いのよ。日本でも海外でもメインスタンドかバックスタンドでしか観戦したことないから、人生初のゴール裏観戦はちと戸惑った。当たり前だけど、反対エンドの遠いこと!後半は向こう側のゴール裏で見たかったなぁ。そうすればゴールに迫ってくる俊輔を見られたのに。←人様の年間シートで観戦しているくせに図々しいにも程がある

後半18分に持ち過ぎ小僧コロがベン・サハルと交代すると大きな拍手。つーか、ベン・サハルが交代の準備を始めた時からファンは沸いていた。この日コロはスタジアムに溜息の嵐を巻き起こしていたのでファンもいい加減に切れ気味だったのかな?それとも単にベン・サハルが人気者なだけ?

とにかく遠かったのとゴール裏から試合を観るのに慣れていないから、誰から誰にボールが渡ったとか詳しい流れはよく分からなかったのだけど、後半は何度も俊輔の名前が周囲で叫ばれて嬉しかった。
右サイドをドリブルで持ち上がって、結局突破せずにパスを戻したときは

ナカム~ラ!

ゴール前にふんわりしたステキなパスを出したときには

ナカム~ラ!

ミドルを打ったときには

ナカム~ラ!

クロスに飛び込んだけど触れなかったときは

ナカム~ラ!

いろんなヴァリエーションのナカム~ラが聞けて面白かった。怒声でもいいの。前半なんて名前を呼ばれることすらなかったんだから。俊輔の名前がファンの口から出てくるってことは、それだけボールに触れているってことだもん。

前半はあくびをしていたサポも後半は熱の入った応援を繰り広げる。ゴール裏から反対側のゴール裏へのエールの交換みたいなことをしていたのが印象的だった。何て言っているのかさっぱり分からなかったけど。
しかーし、やっと俊輔がゲームに入れて、前半に比べて内容も良くなったのに、結局はノーゴールのまま試合終了。昇格組の最下位ヘレス相手にホームでスコアレスドローという負けに等しい結果にサポのご機嫌はすこぶる悪い。みんな試合終了のホイッスルと共にさっさと席を立つ。選手が挨拶に来るのを待たないの?
私はもう少しゆっくりしていたかったんだけど、アントニオが「行くよ」と促すので慌てて後から付いていった。あーん、せっかくゴール裏にいるのにー。俊輔が挨拶に来るまでいたかったよー。
とりあえず外からスタジアムの写真を2枚ほど撮って帰路についた。出店チェックも出来なかったし、試合後の選手の出待ちが出来るのかも確認できなかったし、連れがいるっていうのも善し悪しだわね。

スタジアム外観1

スタジアム外観2

「物凄くフラストレーションが溜まる試合でした」と言うと「そうだね。でも、これもサッカーだよ」とアントニオ。帰り道は口数が少なかった。

カタルーニャ鉄道CORNELLA-RIERA駅は殺人的に混んでいた。駅の外まで長蛇の列なのだ。そこでアントニオが「ちょっと歩くけど国鉄近郊線のCORNELLA駅まで歩こう」と提案してきた。地元民の言うことに間違いはないので大人しくそれに従う。
CORNELLA駅へ向かう途上でこんな人を見つけた。

セルティックユニのペリコ

思わず早足で追い付き「あなたスコットランドの人?」と英語で尋ねると「ノー」と否定された。ラテンの濃い顔だったのでスペイン人と思われる。それ以上会話が弾まなかったのは、彼が英語を話さなかったから。残念。

国鉄近郊線CORNELLA駅も結構な混み方だったけど、カタルーニャ鉄道CORNELLA-RIERA駅に比べたらなんぼかマシだった。アントニオと話をしながらホームで列車を待っているときに突然日本語で話しかけられて驚いた。というか、頭が完全に英語モードになっていたので、何を言われたのか一瞬理解できなかった。
「中村選手には会えましたか?」
その人はもう一度繰り返してくれた。ああ、出待ちポイントを教えてくれたエスパニョールの日本人スタッフの人だ!そこからはアントニオをちょっと放っておいて日本語で盛り上がってしまった。
「勝てた試合でしたよね!」と言うと「いや、勝たなくちゃいけない試合でした!」とむちゃくちゃ悔しそう。熱くて楽しい人だ。
私がアントニオと知り合ってちゃっかり年間シートで観戦したこと、俊輔に会うためだけに4泊6日でバルセロナにやってきたことを知ると「凄いですね~」と褒めてくれた。・・・や、呆れていたのかも?
今まで日本で全く知られていなかった自分の職場が俊輔の移籍をきっかけに注目されるようになって、何だかとても不思議な感じがすると言っていたのが心に残った。日本人スタッフが二人もいて俊輔も心強いだろうな。ファンとして私も心強い。これからも陰で俊輔をしっかり支えてくれると思う。
列車に乗り込んだときにはぐれてしまって、きちんとサヨナラのご挨拶ができなかったのが心残り。このブログは見ていないと思うけど、本当にお世話になりました。m(_ _)m

アントニオとはSants Estaciò駅で別れた。ちゃんと地下鉄5号線の乗り場まで私を見送ってくれ、最後まで完璧な紳士だったアントニオ。 知り合えて本当にラッキーだった。12月に忘れずにクリスマスカードを出さなくちゃ。

ホテルに戻ってテレビをつけると今日の試合のハイライトが流れていた。私の席からよく見えなかったけど、俊輔は結構チャンスに絡んでいたんだね。ハイライトに俊輔がたくさん映っていて超嬉しい♪
すると最後に俊輔のインタビューが流れた。おっと!これは撮らねば!

スンタン笑顔だったよ!

ブロークン・スパニッシュだったけど、俊輔はスペイン語で受け答えしていた。私が聞き取れたのは「バルセロナはどう?」みたいに聞かれて「気に入ってるよ。○○と太陽があるから」と答えたところだけ。○○はなんだったのかしら。
最後はインタビュアに「アリガトウ!」と言われて、確か俊輔も「ありがとう!」と返していた。いいぞ、いいぞ。そうやって下手でもいいから同じ言葉で直接会話をすることが大事なんだよね。頑張ってるな、俊輔。
インタビューされるということは、この試合の俊輔が良かったと現地では思われているということだよね?そうだよね?
この後のスタジオトークはもちろん聞き取れず。あー、俊輔が褒められていたのかどうか、すっげえ気になるー。

バルセロナ遠征記2009 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
秘密のコメント様
こんばんは。今夜はロースハムをハムステーキにして食べました。めっちゃ美味しかったです♪
おお~、お忙しいのにスペイン語教室に通うかもしれないんですね。英語とイタリア語もあるので、無理のないように頑張ってくださいね。

俊輔が気に入ったものは美味しい食事と太陽かしら。スペインの姉ちゃんと太陽とはまず言わないと思うので(笑)

バルセロナ情報、次はオフィシャルショップになる予定でーす。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
了解です
ご要望どおり消しておきました。
また書いてくださるんですよね?お待ちしておりますi-185
さっそく
書かせてもらってますf(^_^)
さっきはあまりに焦ってたあまり、魔法の左足さんとか書いてしまったことに気付いてますます恥ずかしい、いますぐ立ち去りたいかんじです(;O;)

アホだ自分。



すみません書き直します☆

さっき書き込もうとしたのを今度は消してしまった、本当にもう…
やりなおしで(ブツブツ独り言すみません)。





とにかく
リーメイさんの行動力に感激しました。
知らない年間シート保持者の人に席を譲ってもらったり、セルティック25ユニの人に出会ったり(このユニ着るなら英語喋ってくれって思いますよね~盛り上がるのに)、行動力あるリーメイさんだからこんな面白い旅になるんですよ絶対。


あの試合の俊輔は、テレビで見たかんじでは後半けっこう見せ場多かったですよ~~。
エスパニョールに移籍してからいままで俊輔が出た中では一番だった(っていうかあれは唯一見せ場があった試合ってかんじですかね(^^;))
ps・プレシーズンマッチ除く


あとスペイン語でインタビューに答えたって知らなかった、カタコトでもすごい!と思いました。
もしかしたら日本ではスペイン語は英語より馴染みがない分、英語より恥ずかしさがないのかも?
ビエンってムイビエンって…

鼻炎みたいで、なんか元気っぽくないですよねヽ(´ー`)ノ





本当にお手数かけてすみませんでした。
ちかさん、こんばんは。
またコメントしてくださって、ありがとうございます。あと、いろいろ褒めてくださって感謝です。
もう行動力はね、私からこれを取ったら何も残りませんので(笑)

> このユニ着るなら英語喋ってくれって思いますよね~盛り上がるのに

ほんとスコットランド人かと思って喜んだのに。でもスペイン人が25番のセルティックユニを着てエスパニョールの試合観戦しているのも凄いことですよね。言葉が通じたら、いろんなこと話したかったのに。

> あの試合の俊輔は、テレビで見たかんじでは後半けっこう見せ場多かったですよ~~。
> エスパニョールに移籍してからいままで俊輔が出た中では一番だった(っていうかあれは唯一見せ場があった試合ってかんじですかね(^^;))
> ps・プレシーズンマッチ除く

そうなんです。結構スタジアムを沸かせたんですよ!
あの試合の後半をキッカケに攻撃的俊輔に変貌するかと思ったのに、なんかちょっと変な方向に向かい始めていますね・・・。迷いがあるのかなぁ。少々心配です。

> もしかしたら日本ではスペイン語は英語より馴染みがない分、英語より恥ずかしさがないのかも?

それはあるかもしれませんね。
「上手に話せなくて当然!下手糞ですが何か?」みたいに開き直れるというか(笑)
インタビューのとき俊輔はいい笑顔でしたよ。インタビュアのオッサンも笑顔で楽しそうでした。これからも片言スペイン語でガンガンしゃべっちゃって欲しいです。

> ビエンってムイビエンって…
> 鼻炎みたいで、なんか元気っぽくないですよねヽ(´ー`)ノ

あははははは!鼻炎は思いつきませんでした!(爆)
また楽しいコメントお願いしますね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。