--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/20

セリエB第5節レッジーナ×チッタデッラ またしても追いつかれホームでドロー

レッジーナ1-1チッタデッラ
得点者:前半18分 カペッリ、後半25分 ペソーリ

Reggina (4-1-4-1): Cassano, Lanzaro, Valdez (58' Cascione), Capelli, Rizzato, Buscè, Carmona, Volpi, Barillà (81' Viola A.), Missiroli, Bonazzoli (64' Cacia). All. Novellino
Cittadella (4-4-2): Villanova, Manucci, Cherubin, Iunco, Carteri (76' Volpe), Pisani, Dalla Bona, Pesoli, Pettinari (64' Curiale), Castiglia, Ardemagni (88' Musso). All. Foscarini
Arbitro: Sig. Tozzi di Ostia Lido
Ammoniti: Dalla Bona; Carmona; Pisani; Lanzaro
Recupero: 1'pt; 7'st

この試合の動画:
Reggina 1 1 Cittadella
reggina cittadella 19 set 09 ris finale 1 1 gol di capelli
↑ファンが撮影したカペッリのゴールシーン。チームがこんな状況でも熱く応援するクルヴァのティフォージが泣ける。

この試合の選手の評価:
コリエレ・デロ・スポルト
Reggina: Cassano 6, Lanzaro 6, Valdez 6 (58' Cascione s.v.), Capelli 6, Rizzato 5.5, Buscè 5.5, Carmona 6, Volpi 5, Barillà 6 (81' Viola A. s.v.), Missiroli 6.5, Bonazzoli 5.5 (64' Cacia sv). All. Novellino 6
Cittadella: Villanova 5.5, Manucci 5.5, Cherubin 6, Iunco 6, Carteri 5.5 (76' Volpe s.v.), Pisani 5.5, Dalla Bona 5, Pesoli 6.5, Pettinari 6 (64' Curiale s.v.), Castiglia 6, Ardemagni 5.5 (88' Musso s.v.). All. Foscarini 6
ガゼッタ・デル・スッド
Reggina: Cassano 5.5, Lanzaro 6.5, Valdez 5.5 (58' Cascione 6.5), Capelli 6, Rizzato 6, Buscè 5.5, Carmona 6, Volpi 6, Barillà 5.5 (81' Viola A. s.v.), Missiroli 6.5, Bonazzoli 6 (64' Cacia 5.5).
Cittadella: Villanova 6, Manucci 6, Cherubin 6, Iunco 6, Carteri 6.5 (76' Volpe s.v.), Pisani 6.5, Dalla Bona 6.5, Pesoli, Pettinari (64' Curiale 5.5), Castiglia 6.5, Ardemagni 6 (88' Musso s.v.).
イル・ドマーニ
Reggina: Cassano 5, Lanzaro 6, Valdez 5.5 (58' Cascione 5), Capelli 6, Rizzato 5, Buscè 6, Carmona 5.5, Volpi 5, Barillà 5 (81' Viola A. s.v.), Missiroli 6, Bonazzoli 5.5 (64' Cacia 5). All. Novellino 5
Cittadella: Villanova 6, Manucci 5, Cherubin 6.5, Iunco 6, Carteri 6.5 (76' Volpe s.v.), Pisani 6, Dalla Bona 6, Pesoli 6.5, Pettinari 5.5 (64' Curiale s.v.), Castiglia 6.5, Ardemagni 6 (88' Musso s.v.). All. Foscarini 6
※前節ほぼ全員が5~5.5に収まっていたのに比べると今節は頑張ったのでは?

関連記事:
Reggina-Cittadella Le voci dallo spogliatoio
全文訳してみました。
レッジーナはこれ以上どうやって勝ったらいいのか分からない。チッタデッラもまたグラニッロでポイントをもぎ取った。4-4-2を放棄して1トップへシフトしたノヴェッリーノの選手たちは、ボナッツォーリのヘッドの落しを胸で押し込んだカペッリのゴールで前半を終えた。アマラントはゲームを閉じることが出来ず、いつものように眠ったDF陣がフリーにしたペソーリにカッサーノを破られて罰を受ける。レッジーナはカンピオナートの注目株となるべきなのに、ホームで一度も勝てておらず、チッタデッラは素晴らしい勝ち点1をアウェイから持ち帰ることになった。カンピオナート序盤をgoleadaで終えることが出来るだろう(goleadaって何?)。しかしレッジーナにとっては完全に別のストーリー。
カッサーノのコメント:
ゴールの約80%はセットプレーから生まれる。今日僕らはセットプレーから1点取り、すぐにセットプレーから1点を取られた。もっと練習してセットプレーでの失点を減らす努力をしないといけない。
フォスカリーニ監督のコメント:
前半我々はあまりに淡白だったが、後半はアグレッシブなプレーでペースをつかみ相手を困難に陥れた。この結果は相応しいと思う。戦うスピリットは精神的なコンセプトから来るものだ。レッジーナはBに落ちてスピリットも落ちてしまったようだね。このままノヴェッリーノに続けさせれば、勝つための正しいコンディションを見出すことだろう。我々はレッジーナの評価はしない。こういう難しいピッチで結果を出すために組織的になる努力をするだけだ。




なんで勝てないのかなぁ。

この試合は単体でやってくれなかったので、例によってJustinでセリエB全試合版を見ました。レッジーナが映ったのは得点シーンと試合終了シーンのみ。それ以外は唯の一度も映りませんでした。嫌われているんでしょうか?
ハイライト動画を見た試合の流れは以下のとおり。

バリッラのクロスにミッシローリ君が中途半端に頭で合わせるけどGKに弾かれ、誰もこぼれ球を押し込めず、頭を抱えるカルモナ。
 ↓
チッタデッラのチャンスシーン。選手の数は揃っているのに簡単にゴール前にパスを通されちゃってるレッジーナ。相手のシュートが枠に飛ばなかったから助かりました。うーん、守備はかなり拙いのでは?全然プレスかかってないよ?
 ↓
レッジーナのゴールシーン。ヴォルピの右CK⇒ボナちゃんの落とし⇒カペッリの鳩胸ゴール。オフサイドを主張するチッタデッラ。しかし、ダッラボーナが残っていたのでオフサイドではないそうな。
カペッリの今季初ゴールが勝利に繋がらなくて残念でした。せっかくボナちゃんの高さを活かしたゴールだったのにね。カペッリの控えめなガッツポーズがラブリーですねえ
 ↓
チッタデッラの誰かのミドルシュートをカッサーノが好セーブ。危ね~。
 ↓
チッタデッラの同点シーン。うちから修行に出してるカスティーリャのFKからペソーリにヘッドであっさり決められる。相変わらず数は揃っているのにフリーの選手を作ってしまうレッジーナ。ノヴェッリーノさん、何とかしてください。
それにしてもチッタデッラのゴールパフォーマンスの踊りが可愛くてムカつく。ゴールしたペソーリと向き合って踊ってるのはアシストしたカスティーリャ。さすがU21に選ばれるだけあっていいFKでした。
 ↓
ヴォルピのふんわりパスに上手いこと抜け出したカチアのループシュートは枠の外。GKが飛び出していて相手ゴールは無人だったのに・・・。
 ↓
クルヴァの皆さん、全員で右手を前に突き出してチームを激励。
 ↓
ヴォルピのFK⇒カッショーネのヘッドは惜しくも相手DFにクリアされる。その瞬間に試合終了のホイッスル。
 ↓
本日も怒れるティフォージの口笛がグラニッロを覆い尽くしたそうな。

地元紙のタイトルは厳しいです。
「レッジーナまたしても失望 チッタデッラ相手に1-1」
「機能しないレッジーナ フォーメーションを変え、練習量を軽減したにも関らず、たるむチーム」
「カンピオナート5試合でカラブリアのチームにとって2つの引き分けと途方もない苦さ」
「レッジーナは勝つ方法を知らない チッタデッラとドロー」
「レッジーナ、明かりは消えた」
「チッタデッラと引き分けたアマラント ティフォージの厳しい抗議」
「いまだ苦悩 失望させるレッジーナ」
以下はノヴェッリーノさんのコメント編:
アマラントの監督はシーズン序盤の困難に驚く
ノヴェッリーノ:我々はトンネルを抜けるところだ。問題はあるが何かをつかんだ。我々はサイドで勝負せず、守備で苦しむ。

監督は自信に満ちているがリアリストでもある
「私はカチアとボナッツォーリがトップコンディションになるのを待っている。レッジーナはピークに達するだろう。我々は少しずつ山を登っているが、多くのことが上手く行かないんだ」


監督が楽観主義者なのが救いでしょうか。本当にトンネルを抜けるところなんでしょうね?←疑惑の目
試合間隔が短いですから当然のことながらチームは無休で練習と試合をこなしています。特に代表組は地獄の4連戦の前の試合からずっと休み無しです。地球の裏側まで往復したヴァルデスとカルモナの疲労は計り知れません。もう限界を超えているんじゃないかな・・・。
地獄の連戦はあと1試合フロジノーネ戦を残すのみ。結果も出ていないし肉体的にも精神的にも物凄くしんどいと思うけど、ここで何とか踏ん張って連戦の最後を勝利で締めくくって欲しいです。
疲労から誰も怪我しませんように。

09-10レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。