--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/16

セリエB第3節レッジーナ×ヴィチェンツァ ホームで今季初黒星

レッジーナ0-2ヴィチェンツァ
得点者:前半43分 シグリーニャ、後半26分 ブエラノヴィッチ

Reggina: Cassano, Buscè, Capelli (33' Cascione), Valdez, Rizzato, Pagano (57' Viola A.), Volpi, Carmona, Barillà, Cacia, Brienza (11' Bonazzoli).
Vicenza: Fortin, Minieri, Zanchi, Giosa (55' Urbano), Brivio, Braiati (69' Signori), Rigoni, Botta, Fabiano, Sgrigna (83' Gavazzi), Bjelanovic.
Arbitro: Sig. G. Calvarese di Teramo
Ammoniti: Zanchi, Brivio, Cacia, Carmona

この試合の動画:
Reggina-Vicenza 0-2 (Serie B Tim)

■ノヴェッリーノ監督のコメント
いろいろなことを向上させるために敗戦を役立てなければいけない。チームが勝つのを見たかったであろう観客には申し訳ないことをした。全ての責任は私にあるが、切迫した状況にはない。
私は長いハードルを越えるにあたって慎重であるべきだと話してきたが、明らかに我々は未だに「セリエBのメンタルを注入しないといけない」という段階なんだよ。他の者たちは「もっと何か」を持っている。私はレッジーナにもまた「もっと何か」を持って欲しいんだ。
我々は流れを変えなくてはいけない。ゴールを奪えない苦しみから学び、そして自分たちが持っているクオリティを生かすことを学ぶのだ。


■DFジョーザ(今季はヴィチェンツァ所属)のコメント
レッジョの拍手の中でピッチを後にできて嬉しかった。ある意味、ここで勝つことは美しいリヴェンジだったんだ。痛みのためにここを出て行くことなったのは残念だ。ちょっとした重圧にも耐えてきた。俺の脚は使い物にならないなんて言われたけど、今はとても調子いいよ。
ブリエンツァに関してだけど、フランコはレッジーナの補助エンジンだから、彼らのブリエンツァを失うことで彼らも消えてしまったね。でもレッジーナがカンピオナートを制することを願っているよ。まだ時間は充分ある。昨季レッジーナは予告された降格へ向かったけど、今季はフォーティが素晴らしいチームを準備したからね。


ジョーザのコメント、かなり毒入ってますな・・・。
昨季は怪我に泣かされ悔しいシーズンでしたね。本当はレッジョに残りたかったんだろうなあ。情報が足りなくてローンなのか完全移籍なのか分かっていません。どうか今季は怪我なくフル稼働できますように。



あの~、ノヴェッリーノさん、

あのスカスカな守備はなんなんですか?

サイドが上がれないことを批判され過ぎて両サイド共に「上がらないと評価されない」という強迫観念に突き動かされているのか、サイドハーフ、サイドバック共に高い位置にいるってどういうこと?バリッラとリッツァートが同時にコーナー付近にいるって光景を何度も見ましたが?上がった後の守備はどうするのか、どうやってカバーし合うのか、そういう約束事が全くないように見えました。2失点目はみんなが前がかりになってカウンター喰らったときに戻れたのはヴァルデス一人。地元紙で板前さんに4.5付けているところが一つだけあったけど、あれは一人じゃどうにもならないでしょ。

ブリエンツァは前半11分で負傷交替。レッジーナの攻撃はチビッ子ファンタジスタがいないと、本当にどうにもなりませんな。まったく得点の香りがしませんでした。
フランコさんの怪我が大したことないといいんですけど。長期離脱なんてされたらこの先不安で不安で・・・。

本日は守備も攻撃もメカニズム皆無。清々しいほどにダメダメでした。褒めるべきところは何一つありません。
前半終了時も試合終了時もグラニッロはブーイングに包まれましたけど当然ですね。あんなのお金取って見せるパフォーマンスじゃありませんわ。平日の午後3時の試合にわざわざ来てくれたファンに選手全員で土下座して謝れ、こら!

試合後ヴォルピは以下のコメントをしていました。
「僕らはセリエBのメンタリティを持っていない。チェゼーナ戦の時のスピリットをもう一度見出さないといけないね。観客の前で二度と同じようなパフォーマンスをすることは許されない」

カピターノとしてチームをビシッと〆てくださいね。お願いしますよ~。

※追記
ブツ切れJustin観戦していた雑感を箇条書きでいくつか。

◎セストゥが召集されていなくてガッカリ。ヴィチェンツァでのアウェイ戦ではセストゥ&ジョーザのダブル怨念パワーにやられちゃいそうで怖いわ~。

◎キックモーションに入ったカルモナの前に飛び出してきたヴィチェンツァのリゴーニの腹に見事な膝蹴りが入りました。もちろんカルモナはお咎め無しなんですけど、もんどり打って悶えるリゴーニに詫びも入れないし様子も見に来ないカルモナ。まさか昨季挑発されて2試合出場停止に追い込まれたキエーヴォのリゴーニと間違えて(もしかして兄弟?)人違いリヴェンジしたんじゃないでしょうね?

◎ヴォルピのFKがことごとく壁に当たり、ティフォージからブーイング。試合間隔短いから疲れているんじゃないかしら。ノヴェッリーノさん、いくら信頼しているからって35歳のヴォルピを10日間で4試合の地獄の連戦にフル出場とか、そんな怖いことしませんよね?

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
苦しんでますねぇレッジョ。

>レッジーナ0-2ヴィチェンツァ
う~む、固いだけがとりえのノヴェッリーノサッカーがこれではいけませんよね。

サイドにも問題を抱えてるようですが、上がりすぎたサイドの先に待ってるのは悲惨な結末だけですからね・・・イタリアは特に。

得点者ビエラノヴィッチ、ヴィチェンツァに来てたんですね。
Aではイマイチだったけど、Bではそれなりに使えるFWなんですね。
Fillipoさん、こんばんは。
苦しんでいるというか、Bを舐めてますね。必死に守らなくてもBなんだからどうにかなるだろうみたいな甘えを感じました。すこぶる機嫌が悪いっす、わたくし。
監督も会長もカピターノもメンタルの問題だと発言しているけど、メンタルだけじゃないような気もします・・・。

>得点者ビエラノヴィッチ、ヴィチェンツァに来てたんですね。
元トリノでしたっけ?トリノのFWは呪いにかけられた様にゴールから見放されてましたからね(笑)
昨季はヴィチェンツァで12ゴールしているようです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。