--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/12

地獄の4連戦の始まり マントヴァ戦直前情報

レッジーナの代表組の皆さんの2試合目の結果は以下の通りです。

バリッラ(U21イタリア代表):9月8日ルクセンブルク戦(2-0で勝利)にフル出場。この2試合本当に頑張りました。自信を取り戻してクラブに復帰ですね。
カルモナ(チリ代表):9月9日ブラジル戦(4-2で負け)にフル出場。ベネズエラ戦(2-2)の戦犯扱いだったカルモナをフルで使ってくれたビエルサ監督に感謝。主力を5人欠くブラジルから勝ち点を奪えずW杯出場を決められなかったカルモナにとっては苦い代表ウィークだったことでしょう。レッジーナでまた頑張ろう。
写真はバチスタに決められてショボンとするカルモナ。必死にスライディングしたけど間に合わなかったね・・・。

元気出せよ~

ヴァルデス(ウルグアイ代表):9月9日コロンビア戦(3-1で勝利)に先発したものの前半30分に退場。やっと出番をもらったのに・・・。一番メンタルが心配なのは板前さんかな。だ、大丈夫か?
アデヨ(U20ナイジェリア代表):結果を探せず。試合に出たかどうかも分かりません。役立たずですみません。



さて、前節レッジーナ×ヴィチェンツァ戦以外は通常通り行われたと書きましたが、サッスオーロ×トリエスティーナ、パドヴァ×ピアチェンツァも延期されたんですね。セリエB事情に疎くてすみません。m(_ _)m

レッジーナ公式にフォーティ会長のインタビューが掲載されていました。
Intervista al Presidente
---中断後再びプレーすることになりますが。
中断期間は本当に役立ったよ。土曜と日曜はリーグ戦を戦った他チームを観察することができた。これでマントヴァでの重要なアウェイ戦に向けてベストな準備が可能となったわけだ。相手は現在順位表を見ると苦戦しているようだが、それゆえレッジーナとの対戦には並々ならぬ決意でくるだろう。代表に召集されていたバリッラ、カルモナ、ヴァルデスにとっては非常にハードな週となった。バリッラは既に昨夜チームに合流しているが、カルモナとヴァルデスは金曜日に直接マントヴァで仲間と合流することになっている。
---マントヴァではアマラントの下部組織出身のカリーディがプレーしていますが。
そうなんだよ。カリーディのことは大いにリスペクトしている。ここ数年ポジティブな結果を出している。レッジーナはいつだって大きな関心を持って彼を追ってきた。何故なら一人の選手がプロフェッショナルなレベルに到達したときは、背後にある彼をそこまで育てた土地の価値が大いにリスペクトされるからだ。
---バリッラはU21イタリア代表で確固たる地位を築きつつある。これは南部のカルチョの誇りだと他のカラブリアの少年たちが主張しています。
ニーノ(バリッラの愛称)はここ2試合のU21の試合で先発し、素晴らしい貢献をして、非常によくやっている。彼の存在は他の若いカラブリアの選手にとって誇りを持つ大きなモチベーションとなるだろう。先週私は大きな喜びを持ってある格付けを読んだ。それによるとイタリアにおいてレッジーナは自前の育成組織で育てたプロの選手を使っているクラブの第一位なんだ。かつてこの重要なポジションはアタランタ、コモ、エンポリに占領されていたものだ。今日レッジーナはユヴェントスから1位の座を追いかけられ、アタランタには大きな差をつけている。ユースセクターを発展させることは重要な仕事だということを確信したよ。
---昨夜はイタリア代表の試合を見ましたか?
ここ割愛します。
---アウェイのマントヴァ戦では何を期待しますか?
自分たちの能力を自覚し、謙虚で決意に満ちたレッジーナが見られると期待している。レッジーナは首位争いが出来る組織であり、『セリエA復帰』という最初に掲げた目標を達成できるという、そういうポジティブな評価を実現するために全てを投げ打たなければいけない。


今年の遠征の時点で既にバリッラはレッジョの民の誇りでした。サンタガタで会う人誰もが「ニーノはU21に呼ばれたんだぜ!」と自慢してきました。日本人にフレンドリーな下部組織の若い子ちゃんたちが、みんな頑張ってバリッラに続いてくれますように。
インタビューの中に出てきたレッジーナの下部組織出身だというMFカリーディをマントヴァ公式サイトで探してきました。この人です。古巣相手に必要以上に張り切らないように。

レッジョ生まれだそうです

他にも元レッジーナの選手がいないかと探したら、スンタンと一緒に04-05シーズンを戦ったSBバレストリがいました。クロスをあげる前に脚をバタバタさせるあの癖は当時のままかしら。2005年遠征ではスンタンと一緒に居残り練習してましたっけ。懐かしいなぁ。

少し髪が短くなりました

もう一人、05-06シーズンの前半だけいたFWカヴァッリ。あまり覚えていません。
元レッジーナ以外で唯一知っている選手がロカテッリでした。ボローニャとかシエナでプレーしていましたよね。あとは知らない選手ばかりです。強いのか弱いのか、どんなサッカーするのか全く知りません。お手柔らかにお願いします。

パドヴァ戦に召集された19名の皆さんは以下の通りです。アルファベット順ですな。面倒なのでポジション別には分類しません。
Barillà, Bonazzoli, Brienza, Buscè, Cacia, Camilleri, Capelli, Carmona, Cascione, Cassano, Lanzaro, Marino, Missiroli, Morosini, Pagano, Rizzato, Valdez, Viola A., Volpi.

コスタとサントスは怪我から完全に回復したそうですが、まだトップコンディションにはないとのこと。ブランクが長かったから、リーグ戦復帰にはもう少し時間が掛かりそうですね。

レッジーナの情報を毎日与えてくれる頼みの綱のREGGINACALCIO.TVがここ数日不具合でしてRassegna Stampaが見られません。先ほどやっと復旧しましたけど、本日のニュースしか見せてくれませんでした。3日分遡って全部見せてよ!
で、ネット上で探せた唯一の記事がこれ。
Reggina, per Novellino dubbio Cascione-Valdez in difesa
この記事によると、ノヴェッリーノ監督は代表から戻ったヴァルデスのコンディションを見極め、もしダメならカッショーネを使うとのこと。また中盤ではバリッラとミッシローリがポジション争いをしていて、前者がやや優勢だろうと書かれています。
ヴァルデスと同じく南米予選から戻ってきたカルモナについて全く触れていないのは、モロジーニのデビューが決まっているからみたいですね。カルモナは金曜の夜にマントヴァに到着したばかりで、まったく練習に参加できていません。昨季オルランディさんはどんなハードスケジュールでもカルモナを使い続けましたけど、疲労を考慮するのが普通であって、昨季の使われ方が異常だったんです。だから今日スタメンから外されてもショック受ける必要はないぞ、カルモナ。すぐ次の試合だから。ま、その辺はノヴェッリーノさんがしっかりフォローしてくれると思いますが。
それにしてもカルモナはチビだけど頑丈ですよね。昨季クラブと代表両方で酷使されても一度も壊れることなく、シーズン終了直後も南米予選で大活躍してました。その頃のGoal.com南米版の記事の下に「丈夫な奴」というコメントがあって笑っちゃいました。やっぱ誰でもそう思うんだなと。
どうでもいいけど、チリサッカー協会のサイトにブラジル戦が終わってチリに帰ってきた代表チームの記事があって、レッジーナに至急戻らなければいけないカルモナとブラジルリーグでプレーする選手(名前忘れた)以外は全員戻ってきたとあったのですが、あの~、サンチェスとイスラは急いでウディネに戻らなくていいんですか?・・・他のクラブはどうでもいいか。

マントヴァ戦の地元紙の予想スタメンは以下のとおり。

           カッサーノ

ブシェ  カッショーネ  カペッリ  リッツァート

パガーノ  ヴォルピ  モロジーニ  ミッシローリ

    ブリエンツァ  ボナッツォーリ

控え:マリーノ、ランザーロ、ヴァルデス、バリッラ、カルモナ、ヴィオラ弟、カチア


「レッジーナはマントヴァからレースをやり直すことを望んでいる」なんて見出しが地元紙にありました。どうか今日こそ快勝できますように。10日間で4試合という地獄の連戦のスタートを勝利で飾りましょう。

Forza Reggina!!!

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
カルモナにそんな顔させるなんて
とんでも野獣で本当スミマセン。
こっちとしては、なんでクラブで怪我人扱いだった割には以下略と文句垂れたい気分です。

いきなりマッツァーリ監督の話になりますが、「なんでこのタイミングなんだよっ」と逆に切れたいタイミングで某監督が辞任した後にやはりローマからチェックを入れられていたらしく。「ローマにマッツァーリがいるぞ!」と数日間騒がれておりました。本当にいたかどうかは謎ですが。
結局ラニエリになりましたけれども、少なくとも候補の一人ではあったようですマッツァーリ。

アモルーゾは今日の試合招集されております。
もしかしたら元気な顔が見れるかもしれないですよ。
akiさん、こんにちはー。
バチスタがクラブに戻ってまた怪我人に戻ったら盛大なブーイングをお願いします。
カルモナは勝っても負けても出場時間が短くても、試合後の写真はチリ代表で1、2を争う多さなんですよね。カメラマンに余程気に入られているのか、南米では人気者なのか。レッジョの女子にはまったく興味持たれていませんが(爆)

えーーーー!!!!愛しのマツマツはローマの監督候補だったんですか!(驚)
もう少しで私の来年の遠征がローマ、パルマ、レッジョになるところだったんですね。面白い情報ありがとうございました。

アモルーゾのことも記事に書きたいと思いつつ時間がなくて書けずにいます。今日出番があるといいなあ。もし元気な笑顔がありましたら、そちら様のブログに載せてやってください。拾いに行きますので。←自分で探せ


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。