--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/09

ヴィチェンツァ戦は延期

パドヴァ戦のエントリーで「代表ウィークに突入するので、来週末のカンピオナートはお休みです。」と書きましたが、セリエBには代表ウィークなんてものは存在しないんですね・・・。ということで、通常通り週末に試合が行われました。レッジーナ×ヴィチェンツァ戦以外は。

その前にボナちゃんの記事をご紹介。私、少々機嫌が悪いです。
Reggina, senti Bonazzoli: «Servimi in profondità»
レッジーナ、ボナッツォーリの言い分「もっと深い位置でボールをくれ」
~アマラントのFWと4-4-2という形:「そうじゃないと相手のマークを外してゴールするのは難しい」~
4-4-2という監督のトレードマークは、数的優位を作る敵を跳び越えられる両サイドハーフがいないと、それ以上の結果は出せない。ゲームの最後に常にその報いを受ける。試合でレッジーナはほとんどそういう機会を作り出せていない。両サイドの代替案を見つける必要がある。何故なら、一度手詰まりになると他の誰よりもエミリアーノ・ボナッツォーリが困ることになるのだ。彼は相手陣内で高さを生かさなくてはならない。それなのにゴールゾーンから離れた場所でゴールマウスに背を向けてプレーすることを強いられている。
カルチョにおけるFWの仕事はよそに比べて難しい。多くの場合チームの運命はFWに依存する。レッジーナではそれはボンバーの横にいるブリエンツァ、カチア、若いアレッシオ・ヴィオラ(弟)という相棒の俊足FWには起こらないようだ。
ボナッツォーリ本人の弁:
パドヴァ戦に関して俺は満足のいく出来じゃなかった。フィジカル・コンディションもトップじゃなかったしね。深い位置でボールが欲しいんだよ。パスを受けたとき、自分のポジションでは大抵の場合2人のDFを相手にしないといけない。だから常にフリーになるのに苦労するし、シュートに持ち込むのにも苦労する。サンプ時代はノヴェッリーノ監督と共に、同じシステムでかなりの数のゴールを記録したんだけどな。残念なのは昇格チーム相手に2ポイント失ってしまったことだ。


ふーん、じゃあタイムマシーンに乗って、その時代のサンプに帰れば?(毒)
FWにいいボールが入らないのは事実だし、両サイドハーフに問題があるのは確かなんでしょうけど、既に散々叩かれている両サイドハーフの選手をこれ以上追い詰めてどうするの?バリッラがどんな気持ちでチームを離れたか少しは考えてあげてよ。代表に行っている間に他の選手が結果出してポジションを失うかもしれないって恐怖と必死で戦っていたと思うんだけど?いい歳したベテランなんだから、もう少し若い子を気遣ってあげてもいいんじゃない?
それでもバリッラは悔しさをバネにして頑張りましたけど。試合には敗れましたが、ウェールズ戦のパロスキの得点はバリッラの素晴らしいクロスがもたらしたものでした。ゴールしたパロスキばかりが持てはやされているけど、もっとバリッラを褒めてあげてほしいです。自分がその場にいたら思い切り抱きしめてあげるのに。ルクセンブルク戦もその調子で行くんだバリッラ!
■バリッラのクロス⇒パロスキゴール!の動画↓
europei galles - italia under 21 goal alberto paloschi

中盤が機能しない原因の一つとして「ピッチの中央ではヴォルピとカルモナが同じ言語で話さない」とイタリア語でコミュニケーションを取れないカルモナも叩かれてます。「モロジーニを獲得したので彼が中盤に入ることになるだろう」とか無責任に書くなっつーの。
今頃カルモナは心配で心配でウディネーゼのチリ代表コンビにモロジーニのことをあれこれ聞いていると思われ。イスラとサンチェスは親切に教えてやってください。ついでにカルモナを元気付けてやってください。お願いします。
チリ対ベネズエラは前半10分過ぎから観ました。バリッラと違ってカルモナは不安定な精神状態がそのままプレーに出ちゃいましたね。
■チリ×ベネズエラの動画↓
Chile Vs Venezuela (5/09/09)
失点シーンにカルモナが映っていないので一見無関係に見えますが、実は映っていないのが問題で、あそこでフォローしなくちゃいけないのはカルモナだったんじゃなかろうかと気になってスペイン語の情報拾いに行った所、案の定カルモナの責任が指摘されちゃってました。
すみません、私SopCastの超小さな画面で見ていたので選手の並びを勘違いしてました。この動画見る限り最初の失点には絡んではいませんね。この記事によるとカルモナに非があるとされているのは前半45分のベネズエラの直接FKによる2点目の1分前のプレー。マルドナードへの対応みたいです。って、この動画には映っていないけど。あと、交替で入ったロドリゴ・ミジャルが前半カルモナが生み出せなかった中盤の安定をもたらしたみたいなことが書いてあります。
前半終了間際にはボールの競り合いから奪われて腹を立て、後から足を出しちゃって黄紙ゲット。後半開始時にピッチから下げられちゃいました。交替で入った選手がゴールして結果出しちゃったんで、ビエルサが明日のブラジル戦でカルモナを使ってくれるか心配です。ブラジル戦でチャンスを与えられて、満足のいくプレーが出来るといいんですけど・・・。

ブシェが最近の戦犯探しに躍起なっている連中に釘刺してました。

みんな落ち着け!俺たちは負けたわけじゃない。セリエBの長い戦いでは、とにかく負けないことが大事なんだよ!

皆さんブシェを見習って、もっとドーンと構えていてくださいね。まだ2試合しかやっていないのに騒ぎ過ぎだっつーの。ほんと負けたわけでもないのに。

バリッラとカルモナの「代表でいない間にポジション失ったらどうしよう」という不安を察してあげたのか、レッジーナは「うちは代表選手が4人もいるから試合にならないんですよ~。勘弁してくださいよ~」と訴えて週末に行われるはずだったヴィチェンツァ戦を9月15日に延期してもらいました。
・・・あれ?代表選手4人?3人の間違いじゃないじゃないの?
調べてみたら、なんとアデヨ君がU20ナイジェリア代表に呼ばれていました。アデヨ君、おめでとう!
ノヴェッリーノ監督はフィジカルトレーニング中心の練習メニューにして、代表組の復帰を待っているとのこと。「君らがいないとレッジーナは試合にならない。帰ってくるまで待ってるぞ!」というメッセージをしっかりと受け止めて、安心して代表に専念して欲しいです。ウルグアイ代表で出番がなくて違った意味で落ち込んでいるであろう板前さんも元気で帰ってきてください。
ヴィチェンツァ戦を延期したので、今週末から10日間で4試合という超ハードスケジュールが待っています。凹んでいる場合じゃないんです。カルモナ、いい?凹んでいる場合じゃないのよ!

9月4日にサンタガタで行われたトップチーム対プリマヴェーラちゃんの練習試合には、サントスとコスタが先発しました。二人とも短い時間しかプレーできませんでしたが、実戦復帰まであと少しですね。このまま順調に完全復調しますように。

Reggina 8-1 Reggina Primavera
Reggina: Cassano, Buscè, Costa (1'st Rizzato) , Santos (28' Camilleri), Capelli, Pagano, Morosini, Bonazzoli (1'st Viola A.), Cacia, Missiroli.
Reggina Primavera: Marino, Corso, Cernuto, Veruschi, Fassari, Dall'Ollio, Forgione, Iannazzo, Carroccio, Cherillo, Picone.
Marcatori: 15' Picone, 21' Missiroli, 30' Bonazzoli, 43' Volpi (rig), 4'st Missiroli, 22'st Cacia, 30' st Missiroli, 39' Capelli, 43' st Rizzato.

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
(ここ数年の)ノヴェッリーノのチームにありがちな法則が働いてますね^^;
得点があまり入らない→毎回FWがネをあげるのはデフォですが、2節は早すぎだろうとw
Bだと昇格する能力は高いと聞いてたので、さすがにねーだろ~なと思ってたんですが。

サイドプレーヤーもアデーヨとか使っても面白いと思うんですけどねぇ。
ユーヴェ戦では結構頑張っていた思い出がありますが、ノヴェッリーノの戦術では守備力に難アリでしょうか。。
Fillipoさん、こんばんは。
> (ここ数年の)ノヴェッリーノのチームにありがちな法則が働いてますね^^;
> 得点があまり入らない→毎回FWがネをあげるのはデフォですが、2節は早すぎだろうとw
> Bだと昇格する能力は高いと聞いてたので、さすがにねーだろ~なと思ってたんですが。

ええっ、今のこの状況ってノヴェッリーノのチームにありがちな法則なんですか?(汗)
早過ぎますよ、まだ2節ですよ(滝汗)
や、でも、これから修正して快進撃続けますって。だってノヴェッリーノさん昇格請負人なんですから!←と言いながら、だんだん不安になってきた^^;

> サイドプレーヤーもアデーヨとか使っても面白いと思うんですけどねぇ。
> ユーヴェ戦では結構頑張っていた思い出がありますが、ノヴェッリーノの戦術では守備力に難アリでしょうか。

アデヨ君は使ってもらえるのかなぁ。ぜひ試して欲しいんですけど。
ノヴェッリーノさんは元からレッジーナにいる選手より、新しいお買い物品を好んで使うタイプのような気がするんですが。第1節は新加入の選手が全員スタメンでしたよ。
でも、その法則でいくと、次節はカチアを使うためにブリエンツァを外すことになるのですが、さすがにそれはないですよね。やったらノヴェッリーノさんを見限ります、私。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。