--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/07

2009夏のメルカート情報第11弾 モロジーニ獲得/セストゥ、ヴィチェンツァ完全移籍/ジョエルソン、ローンでグロッセートへ

今年もメルカート最終日にいろいろ動きがありました。まずは獲得から。
ウディネーゼからMFピエルマリオ・モロジーニ23歳をローンで獲得。元U-21イタリア代表キャプテンだそうです。カルモナの強力ライバル登場ですね。

またまた元こがもの到着です

UFFICIALE: Morosini alla Reggina
当初レッジーナはグロッセートのMFヴァレリとFWジョエルソンのトレード交渉を続けていました。ところが、ウディネーゼで出場機会に恵まれないMFモロジーニがレッジーナ行きに興味を示したことからトントン拍子に話が進んじゃいました。モロジーニはアタランタユース出身でカペッリとはベルガモで約10年一緒に過ごしたらしく再会を喜んでおります。
にわかにレッジョにおける元こがも率が高くなってまいりましたぞ。現在レッジョに生息している元こがもちゃんは、サントス、パガーノ、カペッリ、モロジーニの4人。ジョエルソンが出されなければ5人になるはずでした。こがもによるレッジョ植民地化計画密かに推進中?(笑)
地元紙にはモロジーニを獲得しても中盤でタックルできる選手がいないという問題は解決されないと書かれていたんですけどね、、、

タックルできる選手が必要なら何でトニョッツィを放出したんだ

と小一時間説教したいですわ。←誰を?


モロジーニが来たのでグロッセートのヴァレリ獲得は流れ、同時にヴァレリとトレードするはずだったジョエルソンの移籍も流れるのかと思いきや、ジョエルソンはローンでグロッセートに出されました。

相変わらず濃い顔だ

UFFICIALE: Grosseto, preso Joelson dalla Reggina
一時期ジョエルソンを放出してピアを獲るなどという「それってどうなの?」な話もあったんですが流れてよかったです。だって弟放出して兄獲得なんてビミョー過ぎる~。
ジョエルソンもなかなかレッジーナでプレーさせてもらえなくて、ちょっと可哀想。ちゃんと今季の戦力として写真撮影してレッジーナ公式に載っていたのにね。ま、ローンなのででっかくなって戻ってきてください。


さて、ずっと去就が気になっていたセストゥがヴィチェンツァに完全移籍しました。
L'ultimo colpo è del Vicenza: Sestu
もうね、レッジーナでは不運の連続で何て言ったらいいのやら・・・。
オルランディ監督の信頼を得られずにシーズン前半は試合に出られませんでしたが、12月に監督就任したピッロンさんにスタメンに抜擢され、誰をも魅了するダイナミックなプレーを披露。あの縦横無尽にピッチを走り回るバイタリティには本当に驚かされました。出る試合全てで高評価を与えられ「こんな才能が今までベンチで眠っていたなんて!」と絶賛されたにもかかわらず、ピッロン監督がわずか4試合で解任されてオルランディさんが出戻ってくると再びベンチに逆戻り。それでも腐ることなく底抜けに明るい笑顔でチームをサポートする健気な子でした。
「なぜセストゥを使わない?」というメディアとファンの圧力からオルランディさんは時々起用してくれましたが、5ヶ月振りの勝利となった4月19日第32節アタランタ戦で右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負いシーズン終了。5月9日第35節サンプドリア戦で同じく靭帯断裂でシーズン終了したサントスと共にリハビリに励みながら09-10プレシーズンに突入。新生レッジーナを構成する主要メンバーの一人として新監督ノヴェッリーノさんからも期待を寄せられるも、共同保有権解決のための入札でレッジーナが負けてアヴェッリーノへ。ところがアヴェッリーノが破産したため、思いがけなくレッジーナへ帰還。喜んだのも束の間、セストゥを失ったと思ったクラブは順調に補強を進めていたため、ノヴェッリーノ監督の構想外となり登録外選手に。多くのセリエAのクラブが興味を示したものの怪我の影響なのか話がまとまらず、結局はメルカート最終日にヴィチェンツァへの完全移籍が決まりました。

今回の件で私が痛感したのは、シーズン終盤に大怪我を負うということは早めにシーズンが終了してしまうだけではなく、何一つ準備が出来ないまま、自分のプレーをアピールする機会を一切与えられないまま新シーズンを迎えるという、非常に不利な状況を生み出すということ。よほど所属クラブと強い絆で結ばれていない限り選手は不安で不安で仕方ないでしょうね。
今年の遠征でセストゥには会えませんでしたが、ローマで靭帯再建手術を受けた直後のサントスとは会えました。これから約半年ピッチに立てないという失意、残留に貢献できない悔しさ、来季への不安、怪我してしまった自分への怒り、それらを受け止めきれずに打ちひしがれてるサントスの姿を目の当たりにして言葉もありませんでした。幸いサントスはレッジーナでの居場所を失わずに皆から復帰を心待ちにしてもらえています。靭帯断裂、共同保有という同じ条件にもかかわらず、セストゥとサントスの運命がこんなにも大きく変わってしまったのは、やはりあの入札が原因だったのだろうなと。あの入札でレッジーナがセストゥを買い取れていれば、クラブが補強に走ることなく監督の構想に入ったままでいられたのではないかと思います。多分。
セストゥのコメントが拾えていないので、この移籍に彼が満足しているのかどうか分かりません。こんな状況下でも彼があの笑顔を忘れていないといいのですが・・・。
ヴィチェンツァでのセストゥの活躍を心から祈ってます。頑張れセストゥ。ずっとずっと応援しているよ。また縁あってレッジーナに戻ってきてくれたら嬉しいな・・・。


ここから先は放出の噂が絶えなかったけど残留することになった3人のお話。
最初はハッピーなランザーロ。
キエーヴォとリヴォルノがランザーロ獲得に動いていましたが、マルティーノGMが「ランザーロは移籍しない」と明言。これにてランザーロは今季も愛するレッジョに留まることが決定。ランザーロはホッと胸を撫で下ろしていることでしょう。めでたし、めでたし。
ESCLUSIVA TMW - Reggina, Martino: "Lanzaro non si muove"


お次はアンハッピーな板前さんヴァルデス。
何かの冗談だと思っていたラツィオの興味は本物だったんですね。
最初ラツィオはカリアリのカニーニ獲得を狙っていて、それが頓挫したので急遽ヴァルデス獲得に方向転換したようです。
ATAHOTEL QUARK - Lazio, occhi su Valdez
ATAHOTEL QUARK - Salta Canini alla Lazio
レッジーナ・ラツィオ間の交渉はまとまるものと見られていました。ところが、フォーティ会長はヴァルデスの後釜としてブレシアのゾボリ獲得を打診したのですが断られ、代わりが見つからないのに放出するわけには行かないという結論に達し、メルカート終了5分前にラツィオとの交渉を打ち切りました。
Reggina, Foti: "Non c'era tempo per Valdez alla Lazio"
レッジーナ、フォーティ会長「ヴァルデスのラツィオ移籍は時間がなかった」
我々はロティート相手にうちのディフェンダーに関する重要な契約を締結させようとしていたんだ。うちの素晴らしい選手ヴァルデスのことだよ。しかし、交渉には長い時間が必要だった。要するに契約を終えるに必要な前提(ヴァルデスの後釜)がなかったんだ。これは5分で済むような話じゃない」


昨夏はメルカート最終日に守備の要アロニカを放出して誰も補強しないというウルトラお馬鹿な交渉手腕を披露してくれた会長も少しは利口になったようですな。いくらカペッリを獲得したからといってサントスが復帰できていない状況でヴァルデスを放出するのは危険過ぎます。
でも板前さんはラツィオに行きたかったようです。なんでも所属クラブがセリエBになったことでウルグアイ代表の地位が危うくなっているとのこと。ウルグアイ代表って厳しいんですね。スタメンでコンスタントにプレーしていてもB所属じゃ失格なんだ・・・。
昨日の代表戦でも板前さんは出番がありませんでした。板前さんの気持ちを考えると手放しで「残留バンザイ!」とは言えないわけで、うーん、ちょっと、いえ、かなり複雑です。レッジーナ残留で全然ハッピーじゃないと思うけど、板前さん今季もよろしくです。


さて、『今週のフランコさん』最終回でございます。
最後は何の波乱もなく無事レッジーナ残留が決まりました。今年は最後まで残留宣言はありませんでした。残留できてハッピーなのかアンハッピーなのかも不明です。

どうせ俺はここから出られないんだよな

というフランコさんのやさぐれた声が聞こえてきそうな気もします。
本人はハッピーじゃないかもしれないけど、アマラントユニを着たチビッ子ファンタジスタのステキなプレーをもう一年拝める私はとてもハッピーでございます。貴方様のことですから凝りもせずに次の冬メルでの脱出を試みると思われますが、過去のアモルーゾの例から見ても会長に気に入られたら最後、ちょっとやそっとのことでは脱出できません。でも3年間クラブに貢献すると出してもらえる傾向にあるので、来夏こそは脱出できるかも?
フランコさん、また来年の夏も思い切り楽しませてくださいね☆


後日夏のメルカートのまとめを作成する予定。
カチアがローンなのか完全移籍なのか分からんのですが、どなたか情報くださいな。

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんばんは(^^)d
フランコさんは結局残りましたね(笑)。 これからも脱出計画を考えずに、攻撃陣を引っ張ってほしいですね。 セストゥは本当に残念ですね。 完全復活したらぜひレッジーナにあのダイナミックなプレーを見せつけてほしいですね。 モロジーニは興味深い選手ですね。 彼がきたことで幅が広がりそうなので頑張ってほしいですね。 色々情報ありがとうございました( ´∀`)/~~
ヤス君、こんばんはー。
フランコさん、いまだに何もしゃべらないんですけど。勢いで5年契約なんて結ばなきゃ良かったのに(爆)

セスツゥはもしかしたら15日に延期になったレッジーナ×ヴィチェンツァに召集されるかもしれませんね。サントスが短時間ですけどゲームに戻ってきたと言うことは、先に怪我したセストゥはそろそろピッチに立てるようになっているかも知れません。や、気が早いかな?でもレッジョの民はきっと温かい拍手で迎えてくれると思うんですよ。召集メンバーに入っているといいなぁ。

10日間で4試合という殺人スケジュールが待っていますから、モロジーニにはめっちゃ期待しています。カルモナは代表疲れがあるだろうし、ヴォルピは高齢ですものね。もうね、全選手フル稼動で乗り切ってもらわないと!

>色々情報ありがとうございました( ´∀`)/~~

どういたしまして。ヤス君にそう言ってもらえると嬉しいです。(^^)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。