--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/26

セリエB第1節チェゼーナ×レッジーナ とりあえず白星スタート

チェゼーナ0-1レッジーナ
得点者:後半42分 ヴィオラ

Cesena (4-4-2): Antonioli, Petras (30'st Cusaro), Volta, Biasi, Lauro, Schelotto, De Feudis, Piangerelli, Pedrelli, Djuric (36'st Sinigaglia), Giaccherini. A disp: Teodorani, Giunchi, Gavoci, Castiglia, Righini. All.: Sig. Bisoli
Reggina (4-4-2): Cassano, Buscè, Capelli, Valdez, Rizzato, Pagano (11'st Viola N.), Volpi, Carmona, Barillà (34'st Lanzaro), Bonazzoli, Brienza (46'st Joelson). A disp: Marino, A. Viola, Cascione, Missiroli. All.: Sig. Novellino
Arbitro: Sig. Stefanini di Prato
Ammoniti: Lauro, Petras, Piangerelli, Carmona
※今季の黄紙ゲット第1号はカルモナ@身長が1cm伸びました(レッジーナ公式によると169cm)。22歳だけどまだ育ち盛り?

この試合の動画:
Cesena 0-1 Reggina
Cesena-Reggina 0-1 (Serie B TIM 2009-2010) il gol di Viola
CESENA - REGGINA 0-1 - SERIE B 09/10 - HIGHLIGHTS AMPIA SINTESI MEDIASET - 24/08/09 - HQ

この試合の選手の評価:
Goal.com
Cassano 7; Busce' 5,5, Capelli 6, Valdez 5,5, Rizzato 5,5; Pagano 5 (56' N. Viola 6,5), Volpi 6,5, Carmona 5,5, Barilla' 5,5 (78' Lanzaro ng.); Bonazzoli 5,5, Brienza 6,5 (92' Joelson ng.). All: Novellino 6. ARBITRO: Stefanini 5,5
※地元紙では全員6点以上、7割の選手が6.5でした。

ノヴェッリーノ監督のコメント:
まずはチェゼーナに賛辞を送らないといけない。我々はラッキーだった。結果には満足しているよ。
私はヴィオラを投入してチームを押し上げようとしたんだが、彼は全てを変えてくれた。ここで勝つのは簡単じゃないんだ。
さて、レッジョに戻ってまた次の準備を始めないと。私は素晴らしいチームを有しているが、これはセリエBのカンピオナートだということを理解しないといけない。地上のボールの勝負を通して我々は最後まで闘うことができる。そして、そこには常にサプライズがある。私はチャレンジが好きなんだよ。




危ない、危ない、マジで足元すくわれるところでしたわ。

この夜のチェゼーナは非常に蒸し暑く、選手を疲れさせる天候だったようです。
精彩を欠くチームを救ったのは後半11分に投入されたヴィオラ兄19歳。ブシェのクロスに見事に合わせてみせました。ブシェのクロスも良かったし、その前のブリエンツァが中央で相手を引き付けて右サイドに出したパスも伊紙では高く評価されています。
この日ヴィオラ兄弟は揃ってベンチ入りしていました。上に張った動画を見ると、兄ちゃんのプロ初ゴールに弟がベンチから飛び出して抱きついているのがいいですね~。何度見てもいいですね~。MFの兄ちゃんは181cmなのに、FWの弟は169cmしかないんですよ。正面からは小さな弟が、背後からは小さなカルモナが、バンザイするヴィオラ兄の腰の周りに抱きついているが微笑ましいです。
値千金の決勝弾を決めたヴィオラは「チェゼーナのことはもう忘れて、今度はパドヴァをやっつけなきゃ!」とさすが元プリマヴェーラのカピターノらしいコメントを残しています。翌日の地元紙はヴィオラ祭りでございました。ほんと、よくやった!

試合の流れはDatasportの記事が分かりやすかったので、かいつまんで訳します。
そういえばDatasportはBの試合は選手の評価をしてくれないんですね。Goal.comの評価はいつも極端なので、もっと客観的に選手の出来を判断できるよう他のメディアの評価も載せたかったんですけど・・・。

Serie B: Reggina di misura sul campo del Cesena

ノヴェッリーノのレッジーナは新たに購入した選手を全部使ってきた。カッサーノ、ブシェ、カペッリ、パガーノ、ヴォルピ、ボナッツォーリ。攻撃の最前線のボナッツォーリはブリエンツァと共にプレーした。
 ↓
前半は引き分けで、いいリズムでの勝負だった。
 ↓
3分、スケロットがゴールデンボールを放ったが、クロスバーがカッサーノを救った。
 ↓
34分、レッジーナはゴールチャンスの回数を等しくする。ブリエンツァのCKにボナッツォーリが頭で合わせ、ボールは全員の頭上を越えるが、GKアントニオーリにファインセーブされる。そしてブシェはこぼれ球を押し込むことに成功しなかった。
 ↓
ハーフタイムはチェゼーナにとって再び激しさ取り戻すのに効果的でありレッジーナを追い込む。
ノヴェッリーノは何かが上手くいっていないことに気がつき、試合開始1時間後にニコラス・ヴィオラをパガーノと交替し、4-3-3へ移行した。
 ↓
カラブリア人たちは実際リズムを得るが、どちらのフォーメーションでもゴールを割れない。
 ↓
73分、チェゼーナはジャッケリーニの一撃で燃え上がるが、カッサーノの好セーブに阻まれる。そしてジュリッチはシュートを確実なものに出来なかった。
 ↓
78分、レッジーナはブリエンツァのダイアゴナル・シュートで応戦する。しかし、アントニオーリは左腿を負傷したにもかかわらず、それを阻止することに成功した。
 ↓
87分、転機。ブシェが右サイドからクロスを上げ、中央でフリーだったヴィオラが頭でアントニオーリを破る。勝ち点3をもたらしただけでなく、昇格を強く願う他チームへアマラントの存在を示した。

他の記事には、こんなことも書いてありました。

チェゼーナで選手たちは失望させてくれた。特にパガーノとバリッラ。ノヴェッリーノがヴィオラとランザーロを投入して戦術的なオーダーの並び替えを決断した時、それに伴いブシェが数メートル前へ上がって効果的になったことを確認できた時に、レッジーナがゴールへの道筋を見出したのは偶然ではない。

バリッラは開幕戦だから張り切っていたんだろうなと。で、バリッラの場合、張り切りすぎると空回りするのがデフォルトなんですが、はやる気持ちを好パフォーマンスに変換できないのが彼の若さかなぁ。精進しろ。

先発した選手を非難する論調の記事に対し、ノヴェッリーノ監督は選手のフォローをしっかりしています。

このやり方で間違っていない。我々はチェゼーナ相手に苦しんだが、正しい足取りでスタートすることが重要だったんだ。我々は最初相手のプレスに苦しんだが、いかに試合をコントロールすべきか徐々に学んでいった。

今日のところは「セリエBは全然楽じゃないぞ!」とB初体験の選手たちが実感できただけでも大きな収穫といえるでしょう。辛勝だろうと何だろうと勝ち点3を獲得したんだから悲観的になる必要はありません。カンピオナートは始まったばかり。これからいろんなことを修正しながら一歩ずつ確実に前に進んでいけばいいんですよね。

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
秘密のコメント様
こんにちは。今日はまた飛び切り暑いですねえ・・・(―_―;)

え?Goal.comもたまにしかBの評価をしてくれないんですか?(汗)
そっか、チェゼーナ×レッジーナだけ月曜開催だったから特別なんですね。今夜のパドヴァ戦はほとんど記事がないことを覚悟しておきます・・・。うう、Bって悲しい・・・。
うちはパルマほどの格がないので、特別扱いは期待出来ないと思われ・・・。特別扱いされて嫉妬されたら超嬉しいけど。(^^;)

カルモナ、かわゆいでしょう?(*^^*)今どきあんな純な22歳は珍しいですよね。日本にもいないよなぁ。
イタリア人選手は22歳にもなったら、ファンサ慣れというか、すっかり女の扱いに慣れてしまって(今までに一人だけビオンディーニという例外がいましたけど)、やたら余裕があるのがちと悔しいです。ガキのくせに(爆)
リケルメと重なるっていうのはちょっとわかる気がします。ええ、何となく(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。