--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/02

2009夏のメルカート情報第8弾 カッサーノとプッジョーニ不可解なトレード/ストゥアニ、スペインのアルバセテへ

前回のメルカート情報でお伝えしたとおり、7月28日、ピアチェンツァのGKマリオ・カッサーノ26歳とプッジョーニ28歳のトレードが正式に発表されました。双方レンタルですが、カッサーノは保有権半分買取オプション付のようです。
UFFICIALE: Puggioni al Piacenza
元エンポリのイケメンGKカッサーノのコメントは以下のとおり。

こんなイケメンが来たのに素直に喜べないのが悲しい・・・

ESCLUSIVA TMW - Reggina, Cassano: "Non vedo l'ora di iniziare"
カッサーノ「始まるのが待ちきれない」
とてもハッピーだよ。今は新しい冒険を始めるのが待ちきれない。レッジョ・カラブリアは重要な現実で大きな刺激がある。
クラブの野心はこの上なく大きく、自分はこういうクラブにピッタリだし、目的達成のためにピッチに出て行く。
ピアチェンツァでは4年のとても美しい時を過ごした。クラブには大きな恩があるし、共にピッチに立った素敵な仲間と良好な友好関係を残してきた。この素晴らしい物語はいつも心の中にあるし、永遠に消えないだろう。
ノヴェッリーノとは面識がないけど、彼と一緒に仕事をするのが待ちきれないよ。


他の記事では「レッジーナに3秒でイエスと言った」とありました。ランザーロとブシェとはエンポリ時代のチームメイト、パガーノとは下の世代の代表で一緒だったそうです。あと、カッショーネはご近所さんとのこと。同じアパートに部屋を見つけたのかしら。って、ピアチェンツァからロッカポレーナに真っ直ぐ来たから、まだレッジョへは行ってないよね?ご近所さんて意味不明。
顔面偏差値的には非常に喜ばしい獲得ですが、どうしてプッジョーニが放出されなくちゃいけないのでしょうか。納得いきません。今季はプッジョーニで行くからカンパと契約更新しなかったんですよね?カンパもプッジョーニも放出して新しいGKを獲得するってどういうこと?
納得できないのはプッジョーニ本人も同じようです。

まさか貴方がいなくなるなんて・・・

ESCLUSIVA TMW - Puggioni: "Cessione inspiegabile"
プッジョーニ「不可解な移籍」
---レッジーナは君で行くんじゃなかったのかい?

7月9日に新しい契約をして2012年までレッジーナでやることになったのに信じられないよ。
---この移籍をどう説明する?
わからないよ。クラブの選択というか、新しくやってきた人たちの希望みたいだね。急に話が持ち上がって説明はなかった。
---昨季の話をしよう。カンピオナートで自分の出番を待っていた?
1週間かけて準備してきたことを披露するチャンスを持つことを心から願っていたよ。そして残念なことに俺の幸運でポジティヴなシーズンは、クラブのカテゴリーの維持と一致しなかった。だけど個人レベルでは、たくさん試合に出られて、そしてたくさんの人々から重要な賞賛を送られて嬉しかった。
---君はまた重要なチームから声が掛かっていた
そうなんだ。パルマ、ボローニャ、ブレシア、その他外国のチームが自分の名前に興味を持ってくれて嬉しかったよ。これからもポジティヴなパフォーマンスで継続性を発揮しないといけないね。
---ピアチェンツァでの新シーズンが待っている。君とチームの両方にとってね。
まずはチームと一緒に上手くやること。その後は日々の練習の賜物として結果は付いてくるものだよ。


カッサーノはノヴェッリーノさんが連れてきたGKコーチにかつて育てられたみたいです。その後も良好な関係を続けてきて、今回の抜擢になったようですね・・・。きっとカンパもプッジョーニも遥かに凌ぐスーペルなパフォーマンスを披露してくれることでしょう。あれだけ評価の高かったプッジョーニを放出してまで獲得したんですから。
どうせ放出するならプッジョーニを欲しがっていたセリエAのクラブにでも行かせてあげればいいのにピアチェンツァですか。プッジョーニが不憫過ぎて泣けてくるんですが、本人が前向きなのが救いですね。あまりにも思いがけない移籍だったのと、個人的にサンタガタですげえ優しくしてもらったもので、私自身は前向きになれずにむちゃくちゃショックで凹みまくっているんですけど・・・。
プッジョーニのピアチェンツァでの幸せを願ってます。


レッジーナ公式での発表はまだですが、ストゥアニのアルバセテ移籍が決まったようです。アルバセテ公式ではストゥアニ獲得の件でレッジーナと合意に至ったとアナウンスされていました。1年間のレンタルです。とりあえずレッジーナはストゥアニを完全に手放す気はないようで安心しました。

スペインで頑張れ!

UFFICIALE: Albacete, arriva Stuani in prestito
アルヴァレスが移籍したポーランドのヴィスラ・クラコフ、イタリアではアンコーナ、同じスペイン2部ではレアル・ソシエダからも狙われていましたが最後はアルバセテに落ち着きました。バルセロナから近いところだったら9月にスンタンに会いに行くついでに寄ってあげたけど、今回短い遠征だしちょっとこの距離だと無理だな~。
登録選手の国籍を見るとベルギー人が一人いる以外は全員スペイン人のチームです。レッジーナみたいに南米仲間がいないけど、スペイン語でコミュニケーションできるので全く問題ないかな。レッジーナでは練習試合でゴールを量産しても本番でほとんど出番をもらえませんでしたね。レッジョに来たときは若干20歳でした。今まだ22歳です。アルバセテで点取りまくって大きく成長してレッジョに帰ってきてくれますように。


ストゥアニだけでなく、ジョエルソンとチェラヴォロもノヴェッリーノ監督の構想外だと報道されています。で、その代わりにノヴェッリーノさんが獲得を望んでいると噂されているのが34歳のフラーキなんですけどね・・・。
もしその通りになったら「若手と共に再出発する」とベテランの首を根こそぎ切ったフロントに毒吐きまくることをここに予告しておきます。来てくれる選手に罪はないから選手は責めないし、レッジーナの一員になったからには精一杯応援しますけど。

また、コスタとサントスがまだ怪我の回復途上にあることから、ノヴェッリーノさんは最低でも1人か2人のDFの獲得をフロントに要請しているそうです。で、新しいDFを獲ったらランザーロかヴァルデスを放出するんじゃないでしょうね?ああ?<会長&GM


はい、『今週のフランコさん』のコーナーです。
先週降って湧いたシエナのカライオとのトレード話は特に進展なしでございます。進展がないどころか、先日のソレント戦でまたゴールしてしまったので「私はブリエンツァがレッジーナに留まることを望む。彼は既に素晴らしいコンディションにあり、彼が効果的であることを確認させてくれた」と相変わらずノヴェッリーノさんから熱烈に口説かれちゃってます。ちょっと前までは監督の意向とは別に放出する気でいたフロントも態度を変え、フォーティ会長まで「レッジーナにとってブリエンツァは重要な存在だ」などとほざき始めました。これはチビッ子ファンタジスタのレッジョ脱出がますます困難になってきましたぞ。(爆)
向こうの報道によるとブリエンツァとクラブの関係はすこぶる悪いそうで、ブリエンツァの代理人も「クラブから蔑ろにされている選手が残留などできるわけがない」と怒っていたときがありました。具体的に何が原因で関係が悪いのかは不明ですけど。
さてさて、ずっと沈黙を貫いているフランコさん本人はそろそろ口を開くでしょうか。来週へ続く。


新しいところでは、ハルフレッドソンにイングランド行きの可能性が出てきました。また、リヴォルノのDFグランドーニとのトレードの可能性もあるとか。いずれにせよ放出濃厚みたいです・・・・。

サンプドリアがヴァルデスの調査を開始したとの噂。5月にルイージ・フェラーリスでしょうもないファールで一発退場したのにマジですか?

チッタデッラがチェラヴォロ獲得を希望。

セストゥに関しては全く動きなし。多くのクラブが獲得を望んでいるのに交渉を開始した形跡がないこと、レッジーナサイドのコメントが一切ないことから、恐らくレッジーナがセストゥに残留するよう説得している最中なのではないかと思われます。私の勝手な想像ですが。


最後になりますが、07-08シーズン開始から10月までレッジーナの監督だったフィッカデンティさんがレッジーナのメルカートについて少し語っていたので紹介します。
...con Massimo Ficcadenti
~前略~
---今日レッジーナがカッサーノを獲得したことについては?
彼らはメルカートで素晴らしい働きをし、私に言わせればセリエBの中でベストのチームを作り上げた。何人かを放出したけれども、Aとは違うリーグ戦を闘う骨格は維持した。彼らは重要な選手バレートを失ったが、残りはほぼ全員残した。良い選手を補強し、1年で昇格するために動いている。
---たくさんのセリエAのチームがあれほどまでにバレートを欲しがったことについては?
彼は興味深い選手だ。現時点で上位5チームでプレーできるとは思えないが、間違いなく中堅チームでならやれる。彼は質・量共に備えており、とても真面目な青年なんだ。Aに留まるに相応しいよ。これ以上上に行けるかどうかは彼次第だ。
---ボローニャへ行ったヴィジャーニは?
彼の場合は契約満了だったわけだが、安定した選手で得点力もあった。いい買い物だよ。
---レッジーナの降格は予想していた?
レッジーナが落ちるとは思っていなかった。私は前年あそこにいたから彼らがどんな練習をするのか知っているし、常に注目していたよ。要するにレッジーナが降格するくらいセリエAは競争的になったということさ。しかし大切なのはAに復帰したいというシグナルを発することだ。
---ノヴェッリーノの到着は重要なシグナル?
私はそう確信している。カルチョに計算は存在しないが、素晴らしい獲得だと思うよ。ボナッツォーリもやってきたし、既にヴォルピも獲得している。二人ともチームを作る上で監督の大きな助けとなるだろう。全てがA復帰のためになされたことだ。
~後略~


「彼らは重要な選手バレートを失ったが、残りはほぼ全員残した」というコメントには驚いたのですが、元々フィッカデンティさんは若手大好き監督だったので、コスタ、カルモナ、バリッラ、チェラヴォロら若手を残した現在の状況は重要な選手をほぼ全員残したことになるのでしょうね。
現在無職だそうで、早くお仕事が見つかることを祈っております。大の日本通ですからJリーグの監督になる日を心待ちにしているのですが、いらっしゃらないのですか?(笑)

09-10レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
どーも(^-^)/
本当にプッジョーニの件は意味不ですね。やっとレッジーナの守護神として頑張ってたのに。一番つらいのは本人やから頑張って活躍してもらいたいですね。 それで変わりに入ったカッサーノは昨シーズンは凡ミスがなくなって安定していて神がかったプレーとか連発してた将来性のあるキーパーだったんですね。 プッジョーニの変わりに入ったからには大活躍してもらいましょう。
フランコさんは以前好調ですね。 本人からどんな言葉が出るか見物ですね(笑)。
ヤス君、こんばんは。
カッサーノ獲得の話自体は前からありましたが、万一プッジョーニが怪我した場合にもう一人それなりの経験があるGKが必要だからという話だったんですよ。それがまさかのプッジョーニ放出でしたから本当にびっくりでした。
てか、マジでカッサーノが怪我したらどうするんでしょうね?いきなりマリーノ君がスタメン張るんでしょうか。プリマヴェーラちゃんが試合経験を積めるのはいいことだけど、やっぱちょっと怖いな・・・。ここはカッサーノに何が何でも怪我しないで1シーズン働いてもらわねば。(^^;)

フランコさんはどっちに転んでもいいように、去就が決まるまでは何もしゃべらないつもりかもしれません。面白くないなあ。←こら
メルカートが閉まるまであと約1ヶ月。しこたま笑わせてくれたあとに残留だったら涙が出るほど嬉しいです。

あーあ、あと何人馴染みの選手とのお別れが待っているのかな・・・。(T-T)
ま、まさかプッジョーニが即売会に展示され、あまつさえ光速売れしてしまうとは・・・。

カッサーノは縁故で獲得が決まったようですが、ネタ的に美味しい奴なのかどうか・・・はいいとして、実力どうなんでしょうね。

>最低でも1人か2人のDFの獲得をフロントに要請
レッジョの今夏のメルカートは凄いですね^^;
(例年に比べると)GMも忙しすぎて倒れまいかと心配になってきますね(笑)
Fillipoさん、こんばんは。
プッジョーニはカンパの負傷中に実力で定位置奪取したのに、こんな結末が待っていようとは・・・
レンタルだけどもうレッジョに戻ってこない気がします。(T-T)

カッサーノは年齢の割りに実戦経験が多いGKだそうで、それが評価されたようです。縁故だけで獲得するほど会長とGMが馬鹿だとは思いたくないので実力は期待してます。てか、絶対にプッジョーニを凌ぐ活躍をしてくれないと困ります。控えはマリーノ君しかいないんですから!(^^;)

今夏はGMも会長も完全にバカンス返上で働いている模様。ほんと大変な仕事ですよね。
DF問題の他にブリエンツァの去就次第でFW問題も発生しますから、まだまだ激務は続きそうです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。