--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/27

十二日目:フィリッポとの最後のバトル&エピローグ

5月12日(月)曇り

レッジーナ残留祭り記事を読んで超長いフライトを凌ごうとガゼッタ、コリエレ、地元紙数紙を買い漁る。荷造りを完璧に済ませ、後はチェックアウトするだけだったが、いつまで経ってもフィリッポが来ない。板貫さんが公衆電話から何度もフィリッポの携帯に電話を掛けたが、例によって出やしない。このB&Bに到着して以来フィリッポが電話に出たことは一度もなし。まったく役に立たない大家だ。板貫さんの携帯が使えれば朝早くチェックアウトしたい旨を前日にメールで伝えることができた。しかし、それが不可能だったので、今はフィリッポが電話に出てくれないと連絡手段が他に何もないのだ。困った。どうしよう。
てか、大家だったら何時にチェックアウトするか事前に聞くだろ普通?
私は11時10分のローマ行きに乗るので、10時半までにレッジョの空港に到着すればまあ大丈夫だろう。だけど板貫さんはカターニア経由でエンポリに戻るのだ。確か午後2時頃カターニア発だったと記憶している。レッジョからカターニアまではフェリーと列車またはプルマンを乗り継いでいくので4時間以上かかる。それに今日はジロ・デ・イタリアの初日だ。今年のスタート地点に選ばれたカターニアはとんでもない交通規制がかけられている可能性もあるので8時半にはチェックアウトしたい。って、もう8時半過ぎてんだけど?

金払わないで帰っちまおうか?

かなり真剣に無賃宿泊を検討し始める私たち。だって電話に出ないフィリッポが悪いんだし、ここまでの不誠実な対応の数々を考えたら金払わなくても罰は当たらないよね?←いくらなんでもそれはマズイか?
迎えに来た私たちのお抱え運転手のアントネッロも「金なんか払わなくていい!」と大激怒。そこにフィリッポが間抜け面でやってきた。私たちよりも先にアントネッロが大噴火。
しかし、フィリッポはまったく悪びれることもなく精算の手続きに入る。ニヤニヤ笑いを浮かべていて不快この上ない。一言ぐらい謝ったらどうだ、ああ?
フィリッポの相手は板貫さんにお任せして全ての荷物をアントネッロと車まで運んだ。一刻も早く出発しないと板貫さんはフライトに間に合わなくなる。だからスーツケースをさっさと車に積んで準備万端にして欲しいのにアントネッロの怒りが収まらない。「いつまでも怒鳴っていないでスーツケース車に積もうよ!」と身振り手振りで訴えるが効き目なし。こいつも困ったもんだ。
板貫さんが支払いを済ませて出てきて、ようやく荷物を積み始めるアントネッロ。そこからメッシーナ行きのフェリーに乗る板貫さんのために港へ一目散。
板貫さんも怒りが収まらない。チェックアウトが遅れたせいでフライトに間に合わないかもしれないと言っても、最後までフィリッポの口からは一言も詫びの言葉は出てこなかったそうだ。私が今までレッジョで知り合った中で間違いなく最低最悪の男。フィリッポという名の印象が一気に悪くなった。
この宿に泊まってフィリッポとのバトルを制したいというチャレンジャーな貴方、奴をボコボコにして私たちの仇を打ちたいという血の気の多い貴方、AL TEATRO Reggio Calabriaで検索かければヒットすると思いますんで興味があったらどうぞ。ま、私の遠征記を読んでここに泊まりたいと考える人は皆無だろうけど。

結局板貫さんはローマ行きのフライトが遅れたためにピサ行きのフライトに間に合わず、エンポリに到着したのは深夜だったらしい。レッジョ遠征の締めくくりが散々なことになってしまって残念。本当にお疲れ様でした。
私は順調にレッジョ⇒ローマ⇒成田とお馴染みのコースを辿って無事帰国。機内では飽きもせずにレッジーナ残留記事を繰り返し眺めていた。グラニッロで会った英語を話すオジサンに『日本から幸運を運んできた勝利の女神』と認定してもらったのを思い出す。あのオジサンには「毎年この時期に必ずレッジョに来るように」と念を押されたっけ。また来年もレッジーナを残留させるために5月に遠征しなくちゃ♪
ま、この自分は勝利の女神だという根拠のない自信は翌年見事に打ち砕かれるのだけど。



帰国後しばらくしてアモルーゾのトリノ移籍が決まった。彼がいなくなることはサンタガタで会った瞬間に分かってしまったので心の準備は出来ていた。と、自分では思っていたのだが、どうやら頭と心は別物らしい。
Per ○○○ con affetto. (○○○へ、愛情を込めて)
ヘタクソな字でアモルーゾがそう書いてくれたユニフォームを抱きしめて泣いた。子どもみたいにしゃくりあげ、一晩中嗚咽した。

マリノスデビューの日からずっと見守ってきた中村俊輔の移籍で初めて知ったレッジーナ。2005年に俊輔は去ったけど、ワルテル・マッツァーリという魅力的な監督の存在が私をレッジーナに繋ぎとめていた。2007年にマッツァーリ監督は去ったけど、今度はニコラ・アモルーゾというステキな選手が私の心を鷲掴みにして離さなかった。そのアモルーゾもレッジョを去った・・・。
私にとって特別な三人がいなくなったけど、それでも変わらずレッジーナを応援している自分に少し驚いている。



今年も長たらしい遠征記を最後まで読んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。

南イタリア遠征記2008 | Comments(9) | Trackback(0)
Comment
遠征記おもろかったですヽ(´▽`)/
特別な選手監督が消えても、特別なチームには変わりはありませんね(´∀`)!! 
これからも応援頑張っていきましょうね(^_^)/~
やっと書き終わりました
ヤス君、こんばんは。
そうなんです。いつのまにかレッジーナは特別な選手監督がいなくても愛し続けられる特別なチームになっていました。
これからも一緒に応援して行きましょうね。

あ、ヤス君にはもの凄くショックな情報があります・・・。
セストゥなんですが、アヴェッリーノとの共同保有についての話し合いで決着が付かず入札に持ち込まれ、その結果アヴェッリーノのものになってしまいました。セストゥ本人はあんなにレッジーナ残留を望んでいたのに・・・(号泣)
同じ共同保有でもサントスはジェノアとの話し合いでレッジョ残留が決定。
明日メルカート情報を更新しますね。
遠征記、お疲れ様でした。
今回はホント、試練の年だったんですね・・・^^;
例年に旅行記だと、リーメイさんのパワーで何とかして来たのに、この大家・・・読んでて「アントネッリ殺っちゃってイイよ」って思いました(苦笑)

>フィリッポという名の印象が一気に悪くなった
この世は概ね善いフィリッポで出来ています。

>それでも変わらずレッジーナを応援している自分
プロヴィンチャの魅力は、むしろ特別な物(者)が去った後に色濃くなって行く事がままある気がします。
まーでもリーメイさんの場合は現地に行かれたりして、もうそういう次元じゃない気もしますが<誉めてます。
間違えた「アントネッロ」ね。
善い方のFillipoさん、こんばんは。
この年の宿は大外れでした。いま思い出しても腸が煮えくり返ります。ちょっとレッジョへ行ってきて悪い方のフィリッポを殺っちゃってくださいな。

>プロヴィンチャの魅力は、むしろ特別な物(者)が去った後に色濃くなって行く
ああ、なんか判る気がします。うまく言葉で説明できないけど・・・。
私の場合、特別な者が移籍していったからって、移籍先のチームのファンになれるかというと、そんなことは全然なく、あくまでも愛しているのはレッジーナだけ。でも特別な者はどこへ移ろうとも特別な存在のままい続けます。これはこの先もずっと変わらない気がします。
拝読しました!
この遠征にマイナーな影響を与えた悪いフィリッポ!
いったいコヤツの処分をどうしてくれようか!と思いました~ほんとにもうっ。

リーメイさんのマツ監督&アモルーゾが去っても、彼等のところへも駆けつける、特別は特別。ですものね!
特別を俊輔以外に2人も生んだレッジーナはまた特別なクラブですね。
リーメイさんの毎年の遠征記も、私にとって特別な楽しみです☆
今シーズンもリーメイさんとレッジーナを応援します!

俊輔はスペインへ、こちらの特別もまだまだがんばる気満々へ羅針盤の針を向けたようで嬉しいです♪

雪虫さん、こんばんは!
今度フィリッポをボコるツアーを計画しようかしら。ぜひ参加してくださいね(笑)

いつも読んで下さってありがとうございます。
これ以上特別な存在が増えると金がかかって困るので、これで打ち止めにしないと・・・(^^;)
マツ監督は現在失業中、アモルーゾの去就は未定。もしかしたら次はレッジョ以外を訪れる必要がないかもしれないので、これはバルセロナに飛ぶいいチャンスだと考えてます。
毎日のように腱鞘炎になりそうなくらい9月5連休のバルセロナ&レッジョの航空券検索をして、諸経費込みで20万のチケットを見つけたんですよ。でも、セリエもリーガもまだ対戦カードが発表にならないから怖くて買えません。レッジーナの試合もエスパニョールの試合もアウェイだったら泣くに泣けませんし。かといって、対戦カードが発表になってからだと売り切れているんだろうなぁ。あー、どうしようー。
早く行かないと俊輔がスペインからいなくなっちゃう気がして(冬メルで日本に移籍とか)焦っている私は心配性が過ぎるでしょうか。(^^;)
選手や監督は去る。しかし
私も、鳴尾直輝も黒崎久志も氏原良二も鈴木慎吾も深澤仁博も反町康治もいなくなりました。
それでも。
今年は3試合しか見ていませんが。
ね。
reoさん、こんばんは。
フリューゲルスのようなケースも稀にありますけど、チームというかクラブはずっと残りますよね。
サポーターになるってどういうことか、最近ちょっとだけわかってきたような気がします。

仕事でヘロヘロなのに無理してフットサルして怪我しないようお気をつけ遊ばせ☆

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。