--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/21

シエナ編vol.2【今度は携帯電話問題勃発】

とにかくakiさんの携帯に電話して、この非常事態を伝えよう。しかし、いくらかけても繋がらない。向こうはローマからシエナに向かうプルマンの中だろうか。バスの中だって携帯は通じるはずなのに変だなぁ。仕方ないので向こうから電話して欲しい旨をメールで伝えた。しかし、いくら待っても電話はかかってこない。
困ったときの板貫さんに電話してシエナ練習場の住所を調べて教えてもらう。最初から住所をきちんと調べて書き留めておけばタクシーで行くという選択も出来たのに、どうしてこんな初歩的な情報収集を怠ったんだろう。いくら出発前まで死ぬほど忙しかったとはいえ、あり得ない準備不足を深く反省。
板貫さんにシエナ練習場住所を調べてもらっている間に妹に電話して、akiさんがシエナで泊まるホテルをメールの受信ボックスの中から探してもらった。

そこで新たな問題勃発。

板貫さんも妹も私の携帯に電話しても繋がらないのだ。正確には妹が掛けた電話は一度だけ私の携帯に繋がったが、2回目以降はどこかに電話が転送されて、結局どこにも繋がらないという状態になった。携帯は鳴らないけど着信履歴は残る。だから私の方から電話して板貫さんや妹と連絡を取っていたのだが、後でakiさんからお聞きした話によると、このとき同じことがakiさんの携帯にも起こっていた。要するに私とakiさんの携帯には着信履歴は残るけど掛かってきた電話は繋がらない。故に私とakiさんは互いの携帯で連絡が取れないのだ。おまけに携帯メールも届かない。もう最悪。私の携帯はソフトバンク、akiさんの携帯はau。お互い海外で使えるという触れ込みを信じて持ってきたのに、これは困った。
私は日本では携帯を持たない主義だが、今回の遠征ではシエナで初めてお会いするakiさんと無事合流するために姪っ子の携帯を借りてきた。ちょっと前に義弟君が中国出張の際に同じくこの携帯を借りて持っていったけど、中国では何一つ問題なく使えたらしい。なぜイタリアではダメなの?私もakiさんも海外で使用する際にしなくてはならない各種設定を全て済ませているのに使えないのは何故なの?こんなことなら成田空港でノキアをレンタルしておけばよかった。
これは帰国した今でも原因不明である。ソフトバンク及びauをお使いの皆さん、海外で使えるという謳い文句をそのまま鵜呑みにすると酷い目に遭うかもしれませんのでご注意を。

これはこれからタクシーでシエナ練習場へ行くとか、そんな悠長なことを言っている場合ではない。今せっかくシエナにいるのだから、どうにかしてakiさんと会っておかねば。明日一緒に練習見学をするために、どうやって互いに連絡を取るか決めておかねば。もしくは一切連絡が取れなくてもいいように、待合わせ場所や時間など明日のスケジュールを明確に決めておかないと、これはとんでもないことになるぞ!
この時点で私は自分の携帯メールが届かないことを知らなかったので、ひたすらakiさんにメールを送り続けていた。妹に頼んで日本からもakiさんの携帯に電話してもらったり、メールを送ってもらったりしていたのだけど、まったくakiさんから反応がなかった。しかし、1通だけ携帯メールではなくhotmailのアドレスに送ったメールがakiさんに届いていた。それも約2時間という時間差で。どうやら携帯メール同士はダメだが、hotmailには1~2時間遅れでメールが届くらしい。これも後で分かった話だけど。
この時点でメールが届いていないと知らない私は、バスターミナル正面のエクセルシオール・ホテルの前でakiさんを待ち続けていた。もう待つ意外に何をしたらいいのか分からなかったのだ。
だんだん寒くなってきた。元々プルマンの冷房が効きすぎていて体が冷えていたのに、曇りで天気が悪いので時間と共に気温がぐんぐん下がっていく。5月なのにシエナはどうしてこんなに寒いの?5月のレッジョは夏なのに。ああ、寒くてお腹が痛くなってきた・・・。

3時間が経過し、寒さと疲労でこのままフィレンツェに帰ろうかと思い始めたときにhotmailのakiさんのアドレスから私の携帯にメールが届いた。しかし最初に送った「akiさんのホテルに私が行きます」という内容のメールしかakiさんには届いていないようで、「ホテルのロビーでお待ちしています」という返事だった。実は私、シエナはほとんど土地勘がないし、今日は本来ならシエナに来る予定はなかったのでガイドブック(地図)を持っていなかった。だから妹からakiさんのホテルの住所を教えてもらっても、そこがどこなのか皆目見当がつかなかったのだ。だから次のメールで「やはりバスターミナル正面のエクセルシオール・ホテルの前で待っているので来てください」とメールしたのだった。どうしよう。下手に動くと2通目のメールを読んだakiさんと行き違いになるかもしれない。もうここまで待ったら、とことん待ってみようじゃないか。そう心に決めた。
そして30分後、ストレートの長い黒髪の女性がこちらに向かって歩いてきた。akiさんかも?!と喜んだが、彼女の顔に笑顔はなく、難しい表情で“Are you Japanese?”と英語で話しかけてきた。
は?英語?akiさんじゃないのかしら?
“Yes?”と応えると「あなたは○○○○ですか?」と同じく英語で私の名前を聞いていた。ああ、間違いない、akiさんだ!
「akiさんですよね!」と日本語を発する私にようやくakiさんも笑顔を浮かべてくれた。ああ、良かった!やっと会えたよ~!

あの~、akiさん、私って日本人に見えませんでした?

それからakiさんのホテルに行って、ロビーのソファーで打ち合わせ開始。なんとakiさんは今まで一度もサッカー絡みの旅をしたことがないのに、ここに来るまでの間にわかりづらい場所にあるシエナポイントを探し当て、明日はモンテパスキ・アレーナで練習試合だということを店員から聞きだしていた。

素晴らしい!なんて見込みのあるお嬢さんだ!

既にこの時点で彼女を遠征仲間に引きずり込むことが決定!(笑)
明日の予定をきっちり詰め、再びバスターミナルまで送ってもらってフィレンツェに帰った。一緒に夕飯を食べるには余りにも疲れきっていたので、楽しいディナーは明日に持ち越し。明日はきっとアモルーゾにも会えて、とてもステキな一日になるに違いない。

南イタリア遠征記2009 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
たいへんたいへん~
携帯電話とインターネット(メール)の普及により、けっこうなんとかなる時代になりましたが、そうはいっても問題は起こるもんですね。お気の毒さまでした。
昔って、けっこう困ったもんですよね。学生時代、待ち合わせた駅の「表口」をお互いかんちがいして、1時間以上待っていたことを思い出しました。

こんなときに会えた方は、きっと天使に見えたことでしょう。もともと天使なのでしょうが。

先が楽しみです・・・これって09年旅行記ですよね。(脳みその作りが単純なので、こんがらがってました)
ほんと大変でした
なんかソフトバンクとauは相性が悪いとかいろいろあるみたいです。次の遠征は最初から成田でノキアを借りることにします。もう懲りました。

私は今でも日本では携帯を持たないので、待合わせ場所に相手が現れないときに公衆電話を探すのに苦労します。今ほんと公衆電話って少ないですよね。誰もが携帯持っているわけじゃないのに。

akiさんと会えた時には後光が射して見えましたよ。マジで(笑)
後から冷静になって考えれば、夜ホテルに電話すれば事足りたんじゃね?とも思いますが、イタリアのホテルのことですから、きちんと相手に繋いでもらえたかどうかも不明ですよね。やっぱり、あそこで待っていて良かったんだということにしよう。うん。

そうです。これは09年旅行記です。混乱したらエントリーの下にカテゴリーが表示されますんで、それを確認してくださいませ。
日本に着いた途端、大量の携帯メールが送られてきました。無論、内容的には用済みのメールが。
こんばんわ。もう二度とauの国際電話サービスなぞ使うことはないでしょう。少なくとも改善が見られたという周囲の報告があるまで。

私もリーメイさんだと分かったときは崩れそうになりましたよ~っ!妹さんからHotmailの方にメールが来たときは「何事?!」と固まりましたが(^_^;)
シエナはあの日だけ寒かったです・・・というよりあの日だけ曇りました、ものの見事に・・・

いや、日本人に見えましたよ、大丈夫です(笑)
テルミニ周辺で迷ってた時も「どっからどう見ても明らかに日本人です」な女性二人組に、最初に声かけた言葉が「Scusi」でしたから私。ビビられましたけど。でも向こうは驚いて確実に足を止めてくれる♪
5月の携帯電話の請求が4万円近く・・・
あの日の妹との度重なるやり取りがなければ1万円は少なくなっていたはず・・・。
ソフトバンク同士ではメールのやり取りは全く問題なかったので、やはりauとの相性の問題が大きかったようです。お互い酷い目に遭いましたねぇ。

そういやシエナは前日も翌日も快晴でしたっけ。あの日は天気も味方してくれませんでした(泣)

シエナ滞在時はまだ日に焼けていなかったから日本人に見えたはずなのに、「どうして英語?」と気になっていたのですが、よかった、ちゃんと日本人に見えましたか。ほっ。
レッジョに着いた頃にはフィリッピーナ級に日に焼けていた私です。未だに黒いまま。(^^;)

書いたコメントがアクセス集中で弾かれたので、似たような文体でもう一度。

シエナでは苦労されたんですねぇ。
日本携帯の海外への持ち込みは、国によりますが上手くローミングしてくれなかったりします。
私も渡英する直前に「どうせ向こうで携帯買うからいいんだ、いいんだ、いいんだ(エコー)」と呟きながらボーダフォン大宮店で3Gを買いました。
しかしいざ使ってみると料金の面で劇的に不利だと発覚したので、やっぱりpay as you goを買いました。
その後、3Gは外でのノートPCネット用の端末、デジカメと電話以外の部分で活躍してくれましたが^^;
成田でノキアのレンタルなんてやってるんですね、知らなかったです。

あと、コメント欄に「ミツ」さんという方がいましたが、あれはまさか昔サッカーカフェに書かれていたミツオミーノさんでは・・・?
アクセス集中するほど人が来ないブログなのに
昨日は管理人の私も何度も弾かれました。どうもご面倒をおかけしまして。

> シエナでは苦労されたんですねぇ。
ええ、何一ついいことがなかったような・・・(泣)
プラスの材料は聡明なお嬢さんとお知り合いになれたことだけですわ。

> しかしいざ使ってみると料金の面で劇的に不利
ですよね。どう考えても、やっぱり不利ですよね。次イタリアに行くときは携帯どうしようかなぁ。
pay as you goは確かイタリアでのサービスはなかったですよね。

> その後、3Gは外でのノートPCネット用の端末、デジカメと電話以外の部分で活躍してくれましたが^^;
一応元は取れたということで(笑)

> 成田でノキアのレンタルなんてやってるんですね、知らなかったです。
空港宅配のabcで電話のレンタルもしているんですよ。イタリアに行く人にはノキアを貸してくれます。次はこれかな?

> あと、コメント欄に「ミツ」さんという方がいましたが、あれはまさか昔サッカーカフェに書かれていたミツオミーノさんでは・・・?
多分そうだと思います。以前レッジョでお会いしたことがありまして、その節はお世話になりました。
サッカーカフェ、Fillipoさんも常連さんだったんでしょうか。私はロム専でしたが。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。