--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/06

2009夏のメルカート情報第1弾 カンパニョーロがカターニアへ

5月24日付ガゼッタで選手の去就予想がありました。夏のメルカートは8月最終日まで開いておりますので、この時期の予想など全く当てになりませんが、ネタとして載せておきます。

■出て行くであろう選手
契約満了の3人:カンパニョーロ⇒カターニア、コッラーディ⇒ウディネーゼ、ヴィジャーニ⇒行き先未定
ローン終了のディ・ジェンナーロ
実力を発揮できなかった6人:クライチク、ラキッチ、ストゥアニ、アルヴァレス、カッショーネ、ハルフレッドソン
レッジーナでのサイクルが終わった2人:チリッロ、ヴァルデス
よそに修行に出されそうな2人:チェラヴォロ、ヴィオラ
今年のメルカートで唯一高値がつきそうなバレート

■残るであろう選手
成功への情熱を持った若手7人:コスタ、カルモナ、バリッラ、アデヨ、プッジョーニ、カミッレーリ、セストゥ
彼らをサポートする経験豊かな3人:ランザーロ、サントス、ブリエンツァ(さあね?)

■去就が不明な選手
年齢の問題が付きまとうコッツァ
やっとフィジカルが完全に回復したジョーザ
レンタルバックの3人:ウンガロ(ラヴェンナ)、コセンツァ(アヴェッリーノ)、ミッシローリ(トレヴィゾ)


あの~、同じくレンタルバック組のトゥルベルグ(ハーツ)、モンティエル(ポリテニカ・ラシ)、カスティーリャ(ラヴェンナ)、ペッティナーリ(チッタデッラ)、サラオ(モノポリ)、ジョエルソン(ピサ)、リッツォ(クレモネーゼ)、トニョッツィ(ブレシア)、コーリス(ラヴェンナ)を忘れていませんか?
同じ1981年生まれなのにプッジョーニは若手でサントスは経験豊かな選手に分類されるところが面白いっすねー。

などとトロトロ書いていたらカターニア公式でカンパの獲得が正式発表されました。2012年までの3年契約です。本人のコメント等はまだありませんので、後日ゆっくりと別れを惜しみたいと思います。あうっ。
コッラーディもウディネーゼのポッツォ会長が「1ヶ月前から交渉をスタートして、後は承認を待つのみとなった。コッラーディは我々のものだ」とコメントしていますので、もう決定ですね。ま、こちらは1ヶ月前から分かっていたことなんで何の感情もありませんが。
カンパのカターニア移籍の噂も1ヶ月以上前からありましたが、そのとき(4月28日)カンパの代理人は「レッジーナが残留争いで苦しんでいるこんな時期に移籍交渉をスタートさせるべきではない」とコメント。コッラーディの代理人に爪の垢を煎じて飲ませてあげたいですわ。ねえコッラーディ、代理人変えた方がいいんじゃない?どう考えてもクライアントのイメージをダウンさせていると思うんですけど?

気になる監督人事は毎日のように「ノヴェッリーノ就任の正式発表は時間の問題」と書かれながら、まだ正式発表がありません。ノヴェッリーノさんは就任の条件にティッソーネ(MF)とブダン(FW)の獲得及びブリエンツァの残留を提示しているそうです。

そのブリエンツァはあれだけフィニッシュでコケまくりながらもシエナ、パルマ、バーリから熱い視線を送られております。一時期ラツィオも興味持っているという記事がありましたが(これ以上チビッ子攻撃陣を集めてどうする気だラツィオ!)、それ以降まったく見かけないので単なるお笑いネタだったようです。さてさて、ここまでメルカートが開くたびに移籍を志願しては「お前は譲渡不可能だ!」と会長に抱え込まれて脱出できなかったフランコさんの運命はいかに?アモルーゾもそうだったけど、一度会長に気に入られたらなかなか出て行けないのよ~。

超モテモテのバレートは会長が700~800万ユーロなんていう値札をつけたので、アタランタが早々に獲得レースから脱退した模様。が、今日になってまたアタランタの名前が出てきました。新監督がご所望なんでしょうか。
現在最も熱心なのがフィオレンティーナですが、フェリペ・メロが出て行った場合のみバレート獲得を考えているとのこと。その際は移籍金を抑えるためにイケメンGKアヴラモフを付録につけるそうな。バレート⇒アヴラモフならレッジーナの顔面偏差値下降は避けられそうです。

ストゥアニとハルフレッドソンはBでも出場機会を得られるなら残りたいそうです。
Reggina, i primi due colpi ci sono già
■ハルフレッドソンのコメント
レッジーナとはあと2年契約が残っている。もし出場機会を得られるならBでも喜んで残留するけど、そうじゃないなら出て行くよ。もうベンチや客席には行きたくない。ヨハンセン(アイスランド代表監督)はこのままじゃ代表の座は危ういとはっきり言ってきた。A復帰に貢献する準備は出来ている。

ハルフレッドソンにとってイタリアを離れることは代表の座を失うことを意味しているようです。さて、どうなるでしょうか。私にとっては英語を話す選手は貴重な存在なので、ぜひ残して欲しいところですが。
■ストゥアニのコメント
レッジーナとの契約は2012年に切れる。まだフォーティ会長とは将来のことを話していないんだ。自分の希望は継続的にプレーすること、それと監督の信頼を得ることだよ。

ストゥアニもどうなりますか。もちろん私は残って欲しいですよ。今年の遠征でウルグアイトリオとは仲良しになりましたので、出来ることなら3人全員残して欲しいです。

新監督が決まったらメルカート情報第2弾をお届けする予定。

※追記
大事な情報を忘れていました。5月29日前後に「アモルーゾ復帰の可能性も?」という記事がいくつか出てました。といってもレッジーナ公式の動画サイトREGGINACALCIO.TVのLa rassegna stampaでは見出ししか見せてくれないので詳細は読めていません。その見出しによると「ニックは疑問を持っていない。そう、レッジーナでリスタートできるだろう。彼はアマラント復帰というアイディアを気に入っている。」そして「本当に難しい1年だった。僕は自分を取り戻さないといけない」というアモルーゾのコメントも。
フォーティ会長は「選手よりもまず監督だ」と発言しているので、話が動き出すかどうかはもうちょっと先まで待たないといけませんね。ただ、もし元トリノのノヴェッリーノさんが就任したら、アモルーゾ的にはどうなんでしょう?

09-10レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
おお
カンパ決まってしまいましたか。 カンパのレッジョでのラストシーズンはかわいそうでしたね。 ディフェンスのせいなのに自分のせいにされ前半戦のワーストイレブンに選出されるわ、残りの試合もケガで思うように出れませんでしたね。 けどカンパの神がかったセーブには幾度となく助けられたし、感謝したいですね。 カターニャで頑張れよ。   
残るであろう選出リストを見て、フォーティ会長は本気で一年であげるよう手配しそうですね。 セストゥがおってよかった(´∀`)。 監督問題でもノヴェッリーノさんはいい人材をチョイスしますね。 ぜひ来てもらってフォーティ会長に取ってもらいたいですね。 
ストゥアニはまだ力が出しきれてないので、チャンスをあげてほしいですね。 ハルフレッドソンのやる気も是非とも力に加えたいですね。 なんかBだけど、開幕が楽しみで仕方ないですねヽ(´▽`)/
カンパに会うために
再び森本ファンを装ってカターニアに潜入しないといけないでしょうか。レッジョから近いから不可能じゃありません。
カンパは私のこと「俺の日本のお友達」って呼んでくれるんですよ。そのせいでレッジョの民から「カンパはお前のアミーゴなのか?!」と問い詰められました。(^^;)

セストゥは幸い(?)怪我しているので他のクラブは獲得を躊躇うと思われます。このまま残ってくれるといいですね。

ノヴェッリーノさんが本当に就任するのかどうか、いい加減な南イタリアのことなので正式発表があるまでは安心できません。監督が決まらないと補強の方向性も決まらないので、早いとこ決定して欲しいですね。ハルフレッドソンとストゥアニが必要とされるかどうかも監督次第ですから。

ヤス君同様、私も今から開幕が楽しみで仕方ありません。(^^)

チリッロ出てくのかー!なんか寂しいなー。結構好きだったのにー。コッツァでてかないでーよーベテランの力はたいせつですよね~?
アモルーゾも、戻ってこないかなー。
わらぴーさん、こんばんは!
今年のチリッロは元気なかったです。同じブーイングされまくりでも、ブリエンツァよりもチリッロの方が繊細なのかも。
出て行くかどうかはまだ分かりませんよ。あくまでも記者さんの主観で書いた予想ですから。
コッツァの情報は全然ありません。元々あんまりしゃべんない人ですしね・・・。
ベテランの力は私も大事だと思います。だからアモルーゾが戻ってきたら理想的なんですけど、どうなるでしょう。引き続き情報追いかけます!


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。