--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/22

セリエA第37節ラツィオ×レッジーナ ミラクルならず・・・

ラツィオ1-0レッジーナ
得点者:前半25分 ラツィオ

Lazio (4-4-2): Carrizo, Rozehnal, Lichtsteiner, Dabo (57' Meghni), De Silvestri, Diakite, Kolarov, Foggia (48' Mendicino), Ledesma, Zarate (65' Kozak), Pandev. A disp.: Muslera, Radu, Perpetuini, Tuia. All. Rossi
Reggina (3-5-2): Puggioni, Lanzaro, Cirillo, Valdez, Vigiani (55' Ceravolo), Barreto, Carmona, Barillà, Costa (51' Corradi), Cozza (66' Adejo), Brienza.A disp.: Marino, Hallfredsson, Alvarez, Viola. All. Orlandi
Arbitro: Sig. Gervasoni di Mantova
Ammoniti: Cirillo, Pandev

関連記事:
ラツィオに敗北でレッジーナの降格が決定/セリエA
俊輔がセリエB降格のレジーナにエール
Serie A Week 37 - Lazio 1 - 0 Reggina

この試合のハイライト:
Lazio - Reggina Highlights HD

この試合の選手の評価:
Goal.com
Puggioni 6.5, Cirillo 5.5, Valdez 5, Lanzaro 6, Costa 5.5 (50' Corradi 5), Carmona 5, Barreto 5, Barillà 5, Vigiani 5.5 (54' Ceravolo 4.5), Cozza 5 (66' Adejo 5.5), Brienza 5.5. All.Orlandi 4, Arbitro: Gervasoni di Mantova, 6
Datasport
Puggioni 6, Costa 5, Cirillo 4, Lanzaro 4.5, Valdez 5, Carmona 4.5, Barillà 5.5, Barreto 5, Cozza 5, Vigiani 5, Corradi 6, Brienza 5.5, Ceravolo 5, Adejo s.v.

試合後の両チームの監督のコメント:
■ロッシ監督
こちらの記事を参照のこと。ロッシさん、レッジーナへの配慮感謝です。
去就が注目のロッシ:「優先すべきはラツィオの利益」
デリオ・ロッシ監督はラツィオに残留か
■オルランディ監督
珍しくGoal.com日本語版が訳してくれました。
レッジーナ、セリエB降格決定
ということで、私はガゼッタの記事を訳そうとしたら、そっちはlivedoorスポーツが訳してくれました。
B降格が決定したレッジーナのオルランディ監督「全員の責任だ」
あとはサンプ戦の大敗が決定打となってしまったみたいなことも言ってますね。特にメンタル面で。
マツ監督、今頃何を思っているでしょう・・・。

ホームじゃなくてアウェイで降格決定して良かったのかな・・・

2週間も休暇を取ったツケで、悲しみに浸っている暇もないくらい仕事に追われた一日でした。
それにしても驚くほど冷静に降格を受け止めている自分がいます。
なんなんでしょう。疲れすぎていて感覚が麻痺しているんでしょうか。これからじわじわと悲しみが湧いてくるんでしょうか。

リアルタイム観戦しましたが、時差ボケで朦朧としていたので、もう一度じっくり録画を観てから続きを書こうと思います。
・・・・・・降格が決まった負け試合をもう一度観ようとしている私ってマゾなんだろうか。



※追記
録画を観ましたけど、全然集中できませんでした。
プッジョーニはいつも優しい笑顔をくれたよなぁとか、ヴィジャーニとバーチしちゃったっけとか、カルモナは素直でカワイイ性格の子だったなぁとか、バリッラはいつも私を見つけるとブンブン手を振ってくれたんだよねとか、お守りを渡したときのブリエンツァとのやり取りは今思い出しても笑えるなぁとか、コスタはちょっとナルシストっぽかった(笑)とか、レッジョでの楽しい記憶が次から次へと蘇って来ちゃって、降格した負け試合観てるのに幸せな気分に浸ってました。
出来ることならレッジョにとんぼ返りして「降格しちゃったけど、それでも大好きだよ」って選手全員に伝えたいです。

ということで、まともな試合レポはFillipoさんちを参照ください。
裏CL 第36節 レッジーナ、一足早く天に帰る
私は試合観ながら感じたことを徒然に綴ってまいります。

この日の前半同じピッチに立った新旧レッジーナのチビッ子3人の身長は全員168cmということになっておりますが、大きい順に並べると以下のようになります。

カルモナ>ブリエンツァ>フォッジャ(判断基準:身長165cmの私の目測)

カルモナは170cm以上ありそうな気も?ブリエンツァは165cm前後、フォッジャは162cmくらいじゃないかと。(笑)

って、いきなりどうでもいい話でスミマセン。
本日のスカパーは【解説】後藤健生【実況】西岡明彦のお二人。お二人とも時々カルモナとバリッラの区別がつかないようでしたが(二人とも若くて5分刈り頭なので確かに似ているかもしれない)、前半26分のシュートはカルモナじゃなくてバリッラですから。
あと、後半バリッラが後ろに下がって守備しているのを見て「攻撃の選手なのに」とコメントされていましたけど、実はあの子はDF登録なんです。攻撃的な位置でいつも使われてますけど本職はDFなんすよ。DFとして使われているのを私も見たことないんですけど。(笑)

しかしまあ、ブリエンツァは今日も笑っちゃうくらいいつものブリエンツァでした。
むちゃくちゃ期待させといてフィニッシュでコケる⇒レッジョの民総身悶え⇒頭抱えてブーイングに耐え、めげずに再チャレンジ⇒以下ループ
でもね、いつも最後の最後まで走ってくれるんですよ。最後の最後までゴールを狙ってくれるんですよ。そういう姿勢は大好きでした。レッジョの民のブーイングも期待の大きさ故ですし。
なんで今季は呪われたみたいに決まらないのでしょう。昨季あんなにゴールできたのは相棒のアモルーゾとの相性が良かったからなのかなぁ・・・。

サラテのゴールで先制されて2点取らざるを得なくなったオルランディさんはコスタ、ヴィジャーニの両翼を下げてコッラーディ、チェラヴォロという2人のFWを投入しましたけど、アタッカーが増えれば得点できるのかというとそういうこともなく・・・。こんな並びでやったことはもちろんないわけで、バランスを考えるとどうだったんだろうという気もします。まあ、終盤のコッラーディの落としからブリエンツァのシュート(カリーソ神セーブ)とチェラヴォロのシュートが決まっていたら積極的な素晴らしい采配と賞賛されていたでしょうから全ては結果論ですけど。

最後はみんな息切れしてましたね。途中から肩で息していたバレートが試合終了のホイッスルと同時に座り込むのを見てさすがに涙が出てきました。今季は押上げが足りなくて間延びしていることが多かったので、中盤のバレートとカルモナの運動量は半端じゃないというか殺人的というか・・・。代表で度々南米を往復しても全然休まずにひたすら走り続けてくれました。本当にお疲れ様。
水曜開催(しかもアウェイ)じゃなかったら反撃する馬力がもう少し残っていたんじゃないかと、CL決勝に対する恨みがましい気持ちもないわけじゃありません。でも、後藤さんもおっしゃってましたが、この試合だけで降格が決まったわけじゃありませんから・・・。今季はいろんなことがちょっとずつ足りませんでしたね。

まずは決定力不足が嘆かれた攻撃面。
ゴールが少ないからレッジーナの攻撃がダメダメだったかというとそんなことはなく、なかなかいいサッカーをして決定機を多く作りながらも決め切れなかったシーズンでした。
コッツァがプレシーズンの骨折により長期離脱したのがとにかく痛かったです。ブリエンツァもプレシーズンの肩の負傷でコンディションの上がらない序盤だったため、初勝利が訪れたのが10月26日の第8節レッチェ戦という遅さ。アモルーゾの後釜として大いに期待されたコッラーディは10ゴールしたものの、特にアウェイ戦でオルランディさんに外されることが度々あり確執が噂されました。ここぞという大事な試合で勝たせてくれたアモルーゾと比べると物足りなかった感は否めません。比較的出場機会に恵まれた突貫小僧チェラヴォロは2ゴールしたけど、もっと人を活かすことを覚えましょう。ディ・ジェンナーロもセカンドトップとして結構使われていたけど結局一発屋で終わりました。ストゥアニとラキッチは出場機会そのものが極端に少なく問題外。
攻撃の面子はそこそこ粒が揃っているのでやってくれるだろうと期待していたのですが、いま一つ噛み合わなかった印象です。何が足りなかったんでしょう。やっぱり運?

そして攻撃面以上に問題が多かったと思う守備面。メルカート最終日に守備の要のアロニカを放出して補強は無し。「信頼できるCBを!」とオルランディさんが再三要請していたにもかかわらず冬メルでもCBの補強は無し。今季も凄まじい失点数を記録してくれましたが(最終節でまだ伸びるかも?)、これは明らかなフロントの責任ですね。ビミョーな最終ラインの中で私が一番買っていたサントス(高さではことごとく勝っていた)がサンプ戦でシーズン終了の大怪我、最後の踏ん張りどころで居なくなっちゃったのも痛かったです。

中盤は経験豊富な選手がヴィジャーニ一人(冬まではトニョッツィがいたけど)という中で若い子たちが頑張ってくれたと思います。4試合だけ指揮を執ったピッロンさんも「レッジーナの中盤は申し分ない。特にバレート、カルモナのクオリティの高さは素晴らしい!」と満足しておりました。ただ若さゆえに脆さもありましたけど。中盤の底にどっしり構えているベテランが一人いてもよかったかもですね。
それと残留のキーマンだと信じていた元気玉セストゥが早いことシーズン終了しちゃったのが悔やまれますな。セストゥといいサントスといいスコーンと抜けるように明るい二人に大怪我させるなんてサッカーの神様の意地悪。

GKに関してはカンパにもプッジョーニにも特に不満はありません。二人ともポカがまったく無かった訳じゃないですけど、失点の責任の多くはGKにはありませんでしたから。

毎年毎年誤審やらペナルティやらで不運に見舞われてきたレッジーナでしたが、それでも最後は強引に帳尻合わせて残留してきました。今季はそういう勢いも足りなかったなと・・・。
もちろん監督の責任も大きいでしょう。意味のない監督交替をしたフロントの責任も。
また、カリアリ戦ではグラニッロは6割程度しか席が埋まっていませんでした。いくら前節サンプに大敗したとはいえ、早々に諦めてしまったファンの何て多かったことか。もちろんスタジアムにいたファンは懸命に応援していましたけど。

もうね、本当にいろんなことが少しずつ足りなった。今季は残留するだけの力が足りなかった。謙虚にその事実を認めようと思います。
何もチームがなくなるわけじゃない。また出直せばいいだけです。

昨日読んだ記事によるとコッツァは数日以内に手術に踏み切る模様。プレシーズンマッチで腓骨骨折した際にボルトで骨を固定したわけですが、それを取り除く手術みたいです。まだシエナ戦が残っているのにシーズンオフまで待てない深刻な状況なんでしょうか。私がサンタガタにいる間いつもコッツァの傍にはチームドクターがいて、何やら深刻な顔で話し込んでいました。この試合でもカリアリ戦でも何回からしくないミスがありましたが、あれは疲労とか年齢による衰えではなく、除去しないといけないボルトのせいだったのかも知れませんね。

最後に、降格が決まったこの試合、解説が優しい後藤さんで本当によかった・・・。

08-09レッジーナ | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
メルカート
リーさん、こんばんは。ミステルの非難もこれで和らぐかと・・
PREZIOSIが主力2人を放出する失態を演じたのでご報告まで。笑"
ワイン開けようかな???
cin cin ROSSO BLUE~
Mattiaさん、こんばんは~
昼休みにその記事読みました。
あそこのクラブやたら金持っててムカつくのに(レッジーナの選手が今まで何人も買われていきました)、あの二人を売った金で更に儲けるかと思うと無性に腹が立つ私です。(^^;)
でもドリアーノ的にはめでたい記事ですね。どうぞ乾杯してくださいませ♪
ところでミステルは残るんですかねえ。引き抜きの噂のあるラツィオの練習場は行きにくい場所にあるそうなので、このままサンプに残って欲しいんですけど。←そういう理由かよ
ラツィオ州
シニョリーナ、
美しい海なくして美しい指揮なんぞとれるものか・・ byミステル 笑"


今後も港で頑張っていただきます、ハイ~


ps.いま帰宅途中ですがパンチの効いたタクシーに誤って乗車、臭すぎて今にも吐きそうです。。。。 泣" チャオ~
いま起きました。おはようございます。
そうでした。ミステルは見かけによらず海が大好きなロマンティストなんでしたっけ(笑)

今や私の関心は愛する人たちが来季も遊びに行きやすい練習場にいてくれるかどうか、カルモナがチリ代表のメンバーとして来週日本にやってくるかどうかに移行しております。

ps. 体内時計がまだ日本時間に戻りきりません。変な時間に眠くなって困っております。
どーもです(´∀`)
さっそく来季の監督が誰になるかだとか噂があがってますね。 なかでも注目なのは元ローマのプリンチペ、ジャンニーニさんが最有力だそうですね。ファンから愛される監督だとチームものってくれるのでいいですね。 オルランディさんは、若手を中心に頑張ったし、それが功を奏したときもあったけど、それに懲りすぎましたからこういう落ちることがあったので、このことをふまえてこれからのチーム作りをおこなってほしいですね。 ではまたヽ(´▽`)/
ヤス君、お土産送ったよー!
本日午後クロネコで発送しました。明日届く予定です。

監督が誰になるか、来週にも決まるとか会長が言ってます。来週はまだシーズン終了していないのでは?(^_^;)
ま、先に監督を決めないと方針もハッキリしないので、さっさと決定した方がいいかもしれませんね。
会うのが楽しくなるようなイケメン監督がいいなー。←こら

会長の会見によると、とりあえず来季のレッジーナも若手中心に行くそうですよ。コスタ、カルモナ、バリッラがあの若さでスタメンで活躍したことでかなり自信を深めたようです。
ベテランは切られちゃうのかなー。コッツァ、ヴィジャーニ、カンパは6月で契約切れちゃうから気が気じゃありません。カンパのことはカターニアが欲しがってるし。(>_<)
早くもバレート、カルモナ争奪戦が始まってますね。バレートのことは最初から諦めているけど、カルモナは残して欲しいなぁ。私になついてくれたし(←カルモナは犬か?)。でも札束積まれたら会長はあっさり売っちゃいそうだ・・・。
セクシー
どうも。
残念でしたね。ある程度覚悟はあったでしょうが、残念です。
ただ、「俺たちは永遠」ですから。(@凶熱のシーズン)
セリエは来季よりプレミアチックに買えようという動きがあるようですから、南部クラブの昇格はさらに厳しくなるかもしれません。
それでも。
それでも。
南イタリア、行ってみたいです。
だからセクシーなコンパスは無かったって(爆)
ええ、本当に残念です。
でも降格の決まる直前に勝ち試合を観て帰ってきた私は最高のタイミングでレッジョを訪れたんだなと・・・。
自分がタイミングがいい女なのか、タイミングが悪い女なのか、よく分かりません(笑)

仰るとおり1年で帰ってこないと昇格はどんどん難しくなることでしょう。資金は元々無いわけだし。
来季はBで全く放映がないし、早く昇格できるよう尻を叩かないといけないし、2回以上行かないとダメかなって真剣に考えてます。
南イタリア行きたいでしょ?連れてってあげますよ~♪

荷物
届いてました!!  ありがとうございます。去年のユニより今年の方がかっこいいですね(´∀`)。全部最高です。本当にありがとうございましたヽ(´▽`)/
日本の宅配便は優秀ですねえ
喜んでもらえて嬉しいです♪
たくさん食べて大きくなってLサイズの似合う体型になってください。←おい
スポーツショップの親父がセストゥを知らなくて、若い定員たちに「SESTUだよ、SESTU!!!」とスペルを教えられて怒られてました(笑)


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。