--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/17

大敗の後に勝利が待っているはず カリアリ戦直前情報

現地よりお届けします。その割に全然役に立たない情報ですけど。

練習非公開主義のオルランディ監督が今週は土曜日以外ずっと練習公開してました。どういう心境の変化でしょう?
そもそも通常なら金曜の練習後に合宿入りしてしまうので土曜は選手に会えないのですが、今日(こっちはまだ土曜)はどういうわけかサンタガタで午前練習で、その後合宿入りというスケジュール。年に一回来るジャポネーゼのために特別サービスですか?←絶対に違うから

レッジョに到着した翌日の火曜日は「どうせ非公開練習だから終わる頃に行って出待ちだけすればいいや」と遅く行って一日損しちゃいました。
翌日からは早い時間に行くようにしましたが、練習が始まるまでGKを除く選手全員が一つの大きな輪になって、キャッキャと歓声を上げながら鳥かご(なんだろうかアレは?)をしている光景はいつもと同じ。本当に楽しそうで、本当にみんな仲が良くて、こと結束力に関しては全く心配いらないと感じました。

ディ・ジェンナーロは怪我の治療のために遅く来て、治療が終わると先にさっさと帰っちゃってましたが、半分ミランというブランド故(笑)若いティフォージには大人気でした。

前節サンプドリア戦で靭帯をやっちゃって負傷退場、手術を受けたばかりのサントスは松葉杖になってもチームと一緒にいたいようで、アルヴァレスの車で送り迎えしてもらって練習場に来てました。てか、アルヴァレスの車には仲良しのカルモナ始め南米人選手がいつもぎっしり乗っているのですが(笑)
サントスは手術後初めて練習場に来た木曜日はまだ松葉杖をうまく使えなくてイライラしていて機嫌が悪かったんですが、翌日は一気にご機嫌麗しくなってまして、レッジョの民に囲まれてジョークを連発して笑いを取ってました。コメディアンかと思うくらいすげえ陽気なブラジリアンです。私のこともいろいろからかってくれました(顔の前で両手を合わせて「アリガトー!」と叫ぶのは止めてください。)彼はチームにとって大事なムードメーカーだと思われます。

南米人といえば、板前さんヴァルデスを筆頭に全員が別人28号に変身してまして、去年あんなに無愛想だったのは何だったの?というくらい皆さん愛想が良くて面食らいました。特にウルグアイトリオは何か変なものでも食ったんでしょうか?

どうでもいい情報ですが、今年のラブラブカップルNo.1はチェラヴォロとコスタです。毎日同伴出勤してました。逆に去年ラブラブだったバレートとチリッロの美女と野獣コンビは破局?一度も一緒にいる場面を目撃しませんでした。短い蜜月でしたね(爆)

既にウディネーゼと合意に至っているという噂のコッラーディは、去年のアモルーゾと同じで「どうせ出て行くんでしょ?」的な冷ややかな空気をレッジョの民から感じました。それでも駐車場から戻ってきたときは必ずファンの前でスピードを落として窓から腕を伸ばして親指を立てて帰っていく気さくな人でした。オルランディさんとの関係はよく分かりませんが、チームには完璧に馴染んでます。同じトスカーナ弁で話せるヴィジャーニとは特に仲がいいようでした。
コッラーディは明日はコッツァと共にスタメンでしょうか。なんか練習見てても誰がスタメンなのか、イマイチ良く分かりませんでした。木曜の紅白戦なんてスタメン組と思われるビブスチームの2トップがチェラヴォロとストゥアニでしたし。
そうそうコッツァには今日「ナカがなんたらかんたら」(イタリア語なのでほとんど理解できず)と訴えられたんですけど、あの~中村さん?もしかして貴方まだコッツァにセルティックのユニを送っていないんですか?

ロッカールームでは「今年はイタリア語が話せないジャポネーゼが一人で来ている」というのが話題になっていたようで、人の顔を見るなりカッショーネが「俺、英語しゃべれるよ!」と宣言。翌日はアルヴァレスも "I speak English!"とニコニコしながら教えてくれました。サントスには「イタリア語下手糞でわかんねんから、もう英語しゃべれ!俺も英語は分かる!」と言われました。こっちからは誰にも一言も「英語話せる?」とは聞いていないのに(あ、ブリエンツァにだけは「英語話せるって聞いたんだけど?」と英語で話しかけたら「No!」と明るい笑顔で即効否定されましたけど)、みんな私が英語しか話さないことを知ってました。選手の皆さん、ジャポネーゼに気を遣ってくれてありがとう。とっても嬉しかったです。

すみません、全然カリアリ戦の直前情報になってませんね。
少し真面目な話題に戻すと、セットプレーの練習ではプレースキッカーをブリエンツァ、バレート、あと何とコスタが務めていました。で、コスタが結構決めてましたが、決めるか宇宙開発か両極端なので試合ではブリエンツァかバレートが蹴ることでしょう。

えー、カリアリ戦に召集された18名の皆さんは以下のとおりです。
Portieri: Puggioni, Marino.
Difensori: Alvarez, Cirillo, Costa, Lanzaro.
Centrocampisti: Adejo, Barreto, Barillà, Carmona, Hallfredsson, Vigiani, Viola.
Attaccanti: Brienza, Ceravolo, Cozza, Corradi, Stuani.


カンパニョーロは怪我しているわけじゃなくて普通に練習しているんですが、離脱中にプッジョーニが結果出しちゃってるんでポジション奪われちゃったってことなんでしょうか。それにしても召集すらされなというのが・・・。来季レッジーナに残ってくれるかなぁ。

レッジーナの怪我人はディジェ、サントス、セストゥの3人。出場停止はヴァルデス。累積リーチがかかっているのはブリエンツァ、カンパ、コッラーディの3人です。
ブリエンツァにはこのまま最終節までカード貰わないでお願いしたいです。練習でも切れがありましたし、今のレッジーナで一番ゴールを期待できる選手なので・・・。
ガゼッタによるとオルランディさんはチェラヴォロとコッラーディ、ヴィジャーニとアデヨ君、コッツァとハルフレッドソン、それぞれどちらを起用するか決めかねている模様。前回若手ばかり起用して失敗しましたから今節は変えてくるでしょうか。

カリアリの怪我人はマトリ。出場停止はコンティとコッス。主力選手が3人抜けているのがレッジーナ的には有難いですね。
これでアックアフレスカとビオンディーニあたりが腹でも壊してくれたら・・・。←こら
あ、当初の予定ではカリアリが宿泊しているホテルを襲撃してイケメン君たちと2ショットを撮る予定でしたが、試合前に敵をいい気持ちにさせるとロクなことが無いとジェノヴァで証明されましたので、カリアリ宿訪問は自重しました。

Goal.comのプレビューでは注目選手にブリエンツァとアックアフレスカを挙げ、スコア2-1でレッジーナ勝利を予想しています。
Serie A Preview: Reggina - Cagliari

レッジーナは残留するためには勝利のみ。負けは許されません。
対するカリアリはまだUEFA杯出場を諦めていないわけで、ちょっと嫌な相手ですね。残留争いもヨーロッパ枠も関係ない、モチベーションの全く無い状態だったら良かったのに・・・。

いいのか悪いのか分かりませんが、選手は前節の大敗を引きずっていません。この1週間めっちゃ明るかったです。た、多分しっかり反省はしたと思いますが。
明日はグラニッロでレッジョの民と一緒に精一杯声援を送ってきます。私たち観客の熱で選手を勝たせられるよう頑張ってきます。どうかグラニッロが勝利の歓喜で爆発しますように。

Forza Reggina!!!!!!

08-09レッジーナ | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
おはようございます
レッジョでの毎日が楽しいそうでうらやましいです(>_<)。 すっかり常連さんのリーメイさんはレッジョの民からも選手達にも愛されてますね。 居心地よさそうでなによりです。  そして今日は本当に運命の一戦ですね。 勝つしか残留の道はないのでやるしかないですね(゜_゜)(。_。)!!
サンタガタに住みたい(笑)
サンタガタではジェノヴァで会ったティフォージのうち何人かと再会し「ジェノヴァにいたよね!俺のこと覚えてる?」と握手を求められ、ほんと皆からよくしてもらってます。住めるものならここに住みたい(爆)

昨日まではひたすら楽しいだけでしたが、今日は朝から緊張してます。
勝てるかな・・・。いや、絶対勝つという強い気持ちでいないと勝利が逃げて行っちゃいますよね。
日本からも強力な念を送り続けてくださいね!
とりあえず、これから海辺を散歩して心を静めてきます。
拍手の秘密のコメント様
どうもー。なんというか、今回の遠征でやっと正式に皆の仲間に入れてもらえたって感じがします。もっと仲良くなれるように、やっぱりイタリア語を本格的に勉強しなくちゃです。←そういい続けて早6年

えーと、私、人の名前と顔を一致させるのがとにかく苦手な人で(汗)、過去の出来事とリンクさせてイメージで覚えていることがほとんどです。お会いした時期とシチュエーションを教えてくだされば絶対に思い出す自信はあります?!

これほど長い試合は久々でしたね。 言葉がでないくらい今嬉しいのとほっとしたのとで頭がおかしくなりそうです。 やっぱりリーメイさんは勝利の女神でしたね。 けどボローニャ、トリノが勝ってしまいましたね。 次トリノに勝たてると自動的に決まってしまいますね。 こんな仕打ちだけは本当にやめてほしいですね。 だからジェノア、ローマ、キエーボ、カターニャを応援しなければなりませんね。 まぁ今はとりあえずこんな事は忘れて勝利の余韻に浸りましょう。 存分に楽しんで下さいね。
足の神様のお守り
効果があったようで何よりです。ブリエンツァが決めてくれて良かったよ~。
いやー、疲れました。ぐったりです。
試合終了時に大きな拍手が起こったのはもちろんですが、イマイチ盛り上がりに欠けたのは他会場の結果のせいだったんですね・・・。私、ホテルに戻ってきネットに繋いで初めてボローニャとトリノが勝ったことを知りました。うーん、せっかく勝ったのに・・・。

でも、今日勝たなかったら終わっていたわけですし、夢を繋いでくれた選手たちに感謝です。ああ、最終節までイタリアにいたいよぉ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。