--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/14

セリエA第31節レッジーナ×ウディネーゼ 着火した瞬間を見た気がする

レッジーナ0-2ウディネーゼ
得点者:後半39分&45分 フローロ・フローレス

Reggina (3-5-2): Puggioni, Lanzaro, Valdez, Santos, Sestu, Barreto, Hallfredsson (77' Vigiani), Barillà, Costa, Brienza (89' Stuani), Ceravolo (64' Di Gennaro). A disposizione: Marino, Adejo, Cascione, Alvarez. All.: Nevio Orlandi
Udinese (4-3-3): Handanovic, Domizzi, Felipe, Zimling, Isla (64' Quagliarella), Obodo, Asamoha (46' Inler), Lukovic, Ighalo, Sanchez (57' Pasquale), Floro Flores. A disposizione: Belardi, Zapata. All.: Pasquale Marino
Arbitro: Sig. De Marco di Chiavari
Ammoniti: Hallfredsson; Santos; Barillà; Lanzaro; Pasquale; Brienza; Lukovic
Espulsi: 54' Lanzaro; 61' Barillà
Note: 55' Domizzi (rig. sb.); 81' Brienza (rig. sb.)

関連記事:
ウディネーゼ、最下位レッジーナに勝利/セリエA
Serie A Week 31 - Reggina 0 - 2 Udinese
Late Floro Flores Brace Sinks Nine-Men Reggina

この試合の動画:
Reggina vs Udinese 0-2 Serie A 12-04-2009 - Sintesi Completa (Highlights) Incidenti e Interviste←観客の沸騰具合が凄まじい
Highlights Reggina - Udinese 0 - 2 HQ Ampia Sintesi 31a Giornata←一番長いハイライト
31a Giornata: Reggina - Udinese 0 - 2 - Posticipo - Highlights SKY

この試合の選手の評価:
Goal.com
Puggioni 6, Lanzaro 4.5, Sestu 6.5, Santos 6, Valdez 5, Costa 6, Barillà 5, Barreto 5, Hallfredsson 4.5 (77' Vigiani 6), Brienza 5.5, Ceravolo 5.5 (64' Di Gennaro 5.5). All.Orlandi 5, ARBITRO: De Marco di Chiavari 4.5
Datasport
Puggioni 6, Dos Santos 6, Costa 5.5, Lanzaro 4, Valdez 6, Barilla' 4, Barreto 6, Hallfredsson 6, Sestu 6, Vigiani 6, Brienza 5.5, Ceravolo 5.5, Di Gennaro 5.5, Stuani s.v.

試合後の両監督のコメント:
■オルランディ監督
ブリエンツァはPKを蹴りたがった。ボールを拾い、それをセットする勇気と強さを持っていたということだ。私の目には他の誰も蹴りたそうには見えなかった。もし彼が点を取っていたなら、我々は今頃この会見の場で、スタンドから浴びせられる野次をものともしなかった彼の心の強さについて語っていたことだろう。
今日もまた我々はゴールできたはずなのにチャンスを活かせなかった。エリア内には我々のゴールを阻むものがあるようで、またそれらが湧いて出てきていたよ。それでも全てのゲームに正しい姿勢で臨み続けるのは我々の義務だ。私の将来についてはちょっと考えるところがあるんだが、今は自分の胸の中に留めておくよ。間違った解釈をされるかも知れないんでね。

こちらの記事も参照のこと
最下位レッジーナの監督が嘆く「ゴールが奪えない」
■マリーノ監督
我々は鈍くて、ピッチに9人しかしないチームはこっちみたいだった。パフォーマンスにはガッカリだが、結果には満足だよ。本当にあんなアプローチを期待していたんじゃないんだ。全員が全ての試合でベストを尽くさないとダメだ。

こちらの記事も参照のこと
ウディネーゼのマリーノ監督「セリエを軽視しているわけではない」



日曜開催がこのカードだけだったからか、ネット観戦させてくれる所がたくさんあって有難かったです。ところどころブツブツ途切れましたが、90分中80分は観られたでしょうか。ゲームの詳しい流れは上に貼ったハイライト3つを見ていただくとして、ここでは私の印象に残ったシーンだけ書き残しておきます。

グダグダだろうなと予想はしていたけど、想像以上にグダグダだったウディネーゼ。
雨だしー、風強いしー、ドイツ帰りで疲れてるのにレッジョ遠征だしー、早く試合終わらせて復活祭のご馳走食べたいしー、という声が聞こえてきそう。
レッジーナが攻めまくるけど、例によってゴールを割れないまま前半終了。超久しぶりに先発したハルフレッドソンが途中流血しながらもなかなか頑張っていた。
前半何分だか忘れたけど、バリッラがサンチェスに危険なタックル。かわゆく正座して主審のデ・マルコさんに許しを請うバリッラであったが容赦なく黄紙が提示。これが悲劇の序曲になろうとは・・・。
 ↓
後半9分、エリア内でランザーロがフローロ・フローレスを倒したとして黄紙提示&PKの判定。
「あれがPKだと?ふざけんなゴラァ!」と叫びたくなるのも無理ない超ビミョーなジャッジであったが、2分も文句を言い続けていたらそりゃ2枚目提示されるって・・・。今日はコッツァもチリッロもピッチにいないから君がキャプテンだったのに、こんなことで退場になって何やってんの、もう。
ランザーロ退場にチビッ子ブリエンツァが小さい体いっぱいに主審に対する怒りを表明し、こっちにもイエローが出るんじゃないかとハラハラ。
「おめーまでカード貰ったら洒落になんねーぞ!」と制止に入ったのは板前さんヴァルデスだった。
 ↓
こんな形でウディネに1点やるのかよ~と落ち込んでいたら、なんとドミッツィの蹴ったPKはクロスバーを超えていった。

レッジーナ今日はついてるかも? 

という、とんでもない勘違いをした私であった。
 ↓
7分後、バリッラがイスラにレイトタックルかまして2枚目のイエローゲット。(ノ゜⊿゜)ノ

こんな早い時間にレッジーナは9人に。

早くも試合終了かと思いきや、選手は誰も下を向いてない。バレートのかわいい顔が怒りで歪み、サントスの目は完全に逝っちゃってる。みんなの内面から沸々と怒りが湧き上がってくるのが手に取るように分かった。グラニッロのスタンドからは地鳴りのような怒号。

カチッという音が聞こえたような気がした。

着火したか?ようやく火が点いたか?
 ↓
リスタートの笛と共に矢のように駆け出すレッジーナの面々。
9人だということをしばし忘れさせてくれた。オルランディ監督も投入する選手は全て攻撃の選手で、2人少ないからゴール前を固めてドロー狙いなんて事をせずに、あくまでも点を取りにいった。それでもゴールは奪えなかったけど・・・。
やはりゴール前のアイディアの豊富さではブリエンツァは群を抜いている。しかし共鳴できる選手がいない。コッツァがいたら、コッラーディがいたら・・・。単独でウディネ守備陣を震え上がらせるけど、どうしてもゴールを割れずに苦笑いを繰り返すブリエンツァ。
 ↓
後半35分頃、お久しぶりのヴィジャーニがいきなりPKゲットという大仕事をやってのける。これもビミョーな判定であった。
蹴るのはブリエンツァ。

レッジーナ9人なのに勝てるかも?

と一瞬夢を見ちゃいました・・・。
ハンダノヴィッチにPKをセーブされ、この日何度目か分からない苦笑いを浮かべるブリエンツァ。ヴィジャーニがすぐに肩を抱いてフォロー。チームメイトは彼を励ましていたけど、天国から地獄へ突き落とされた観客は盛大なブーイング。ちっちゃいオジサンのメンタルは大丈夫だろうか・・・。
 ↓
PK失敗でガックリきたのと、9人で飛ばして力尽きたのとで、後半39分、45分と続け様にフローロ・フローレスにぶち込まれてTHE END.

思えば去年の今頃はアモルーゾがスランプに陥っていて、私はイタリアに着いたらどうやって彼を励まそうかと頭を悩ませていたんだっけ。それが出発直前に復調してきて、私が向こうに行ってからはゴールを量産して見事チームを残留に導いたわけで、きっと今年のブリエンツァも同じコースを辿るに違いないと思い込むことにしよう・・・。

2人退場になった後に着火したと思ったのは気のせいかしら・・・。あの火が次節も消えずに残っていてくれるといいんだけど。てか、今頃着火したところで、まだ間に合うのかどうかよく分からないけど。
とりあえずレッジーナの皆さん、私が買い込んだ開運グッズが無駄にならないよう、少なくともサンプドリア戦までは踏ん張ってくださいませ。日本から勝利の女神が到着するまで何が何でも持ちこたえるんだぞー。


08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
秘密のコメント様
こんばんは。お互いもうすぐですね。
って、私よりも早くGENOVA入りして、しかも日程が被らないじゃないですかー。残念。
え?予告してくださるんですか?(笑)
MISTERは鳥頭疑惑があるので私のことを本当に覚えているかどうか、かなり怪しいですぞ。(^^;)


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。