--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/12

あの歓喜の瞬間を思い出せ! ウディネーゼ戦直前情報

今日はパスクア(復活祭)なのでほとんどの試合は昨日行われましたが、ウディネーゼがUEFA杯を戦ったばかりなのでレッジーナ×ウディネーゼだけが本日の開催となっております。
昨夜はトリノ×カターニアを観戦しておりました。トリノが死に物狂いで勝ち点3をもぎ取りましたね。ビアンキの再起動スイッチはやっとONで固定されたのかしら。これでトリノが勝ち点を27に伸ばして降格圏を脱出。レッジーナは残留ゾーンまでの差が7ポイントになってしまったので、今日は何が何でも勝たなくては・・・。

まずはオルランディ監督のインタビュー記事から。てか、今週は監督しか語っておりませんが。緘口令でも敷かれているんですかね?
Nevio Orlandi Tells Reggina To Change Attitude (8 Apr 2009)
レッジーナに気合を入れ直すよう説くネヴィオ・オルランディ
~アマラントがポジティブな結果を手にするためには、もっと強い気持ちでプレーしないといけないと監督は信じている~
レッジーナの監督ネヴィオ・オルランディは日曜日の0-1のジェノア戦を振り返り、結果よりもパフォーマンスにより多く失望したことを打ち明けた。Tiscali Notizieのリポートによると、今シーズンの残り8試合でアマラントが残留を勝ち取るためにすべきプレーはこんなんじゃないとオルランディは指摘した。
「10分間プレーした後で我々は消えてしまい、自分で自分の評価を下げてしまった。そんなのは降格を避けるやり方じゃない。ゲームの重要性とこの種のサバイバルマッチで求められる期待値を考えると、私は選手たちにもっと多くのものを求めていたんだ。がっかりしたよ。あれはもっと違う気構えを持って臨まねばならないゲームだった。」
この敗戦はレッジーナを最下位に置き去りにした。ここまで30試合で勝ち点20、残留ゾーンからは6ポイント離されている。


結束力だけが売りだったレッジーナですが、今はロッカールームがバラバラのようで、どうやって士気を高めればいいのかオルランディさんが苦心しているようです。コッツァとチリッロだけじゃまとめ切れないくらい選手たちの気持ちが折れちゃっているんでしょうか・・・。
そんな現状を見かねたファンがとうとう行動を起こしました。

Report: Reggina Fans Storm Training Ground (10 Apr 2009)
レッジーナのファンが練習場を襲撃
~約20名のアマラントのサポーターが昨日チームと揉め、フォーティ会長と熱い議論を交わした~
レッジーナはわずか勝ち点20でいつもの順位に留まっており、グラニッロでアタランタを3-1で負かして以来勝ち星に見放されている。
更に悲惨なことに今朝のANSAのリポートによると、およそ20名のファンが昨日の練習に乗り込み、選手たちとの忌憚ない話し合いを要求した。そしてリッロ・フォーティ会長が彼らを監視した際、逆上した言葉の応酬により状況は更に悪化した。何人かの選手たちが事態を沈静化させるために介入しなければならず、警察も呼ばれた。しかし、フォーティは昨夜このエピソードを本質的に解決されたとして軽く扱っている。
レッジーナは明日の午後グラニッロにウディネーゼを迎えるが、あと残り8試合しか残されていない。セリエAでの7年の後でBへの降格を避けるためには、彼らには越えなければいけない山がある。


他のメディアによると練習場を襲撃したファンの人数は30名だったりします。まあ見慣れた光景ですよね。今に始まったことじゃないし。
仲裁に入った選手たちは主にカラブリア出身者だったようです。キャプテンのコッツァは当然として、カッショーネ、バリッラ、チェラヴォロあたりが間に入って「まあ、まあ、まあ」と落ち着けていたんでしょうか。こういう時に一番冷静に場の沈着に努めなければいけない会長が一番カッカしていたというのがレッジーナですよねえ。
オルランディさんは練習非公開主義者なんですが、今こういう時期だからこそ練習をファンに公開すべきだという記事をガゼッタで読みました。このままではますますファンの心がチームから離れてしまうと。私もそう思うんですけど。崖っぷちで後がない本当に深刻な状況なのに、傍で励ましてあげられないもどかしさを抱えているファンは多いんじゃないかなと・・・。
まあ、ファンのこういう抗議行動は褒められるもんじゃないのかもしれませんが、チームが奮起するキッカケになってくれるんじゃないかと期待しております。何でもいいから浮上するキッカケが欲しいです。喉から手が出るほど欲しいです。ああ、今すぐイタリアに行って「しっかりしろよー!」と選手の尻を叩けたらいいのに・・・。

さて、ウディネーゼ戦には以下の18名の皆さんが招集されました。って、コッツァがいないんですけど?!
Portieri: Puggioni, Marino.
Difensori: Cirillo, Costa, Lanzaro, Santos, Valdez.
Centrocampisti: Barillà, Barreto, Cascione, Hallfredsson, Sestu, Vigiani, Viola.
Attaccanti: Brienza, Ceravolo, Di Gennaro, Stuani.


レッジーナの怪我人はカンパニョーロ、コッラーディ、アデヨ、チリッロ、コッツァの5人。
コッツァは足を痛めたそうです。この大一番に精神的支柱を欠いてレッジーナは大丈夫なんでしょうか・・・。チリッロは一応召集されましたが長時間プレーするのは難しい模様。
カルモナが出場停止ですが、中盤は怪我明けのハルフレッドソンとヴィジャーニ、出場停止空けのバリッラが戻ってきたのが明るい材料です。今日はまさかのセストゥ観客席行きはありませんよね、オルランディさん?
累積リーチがかかっているのはコスタ、カンパ、バレートの3人。きょ、今日はコスタが心配だなぁ。また悪い予感が的中したらどうしよう。
ガゼッタの予想スタメンは以下の通り。

誰でもいいから点を取ってくれー

ウディネーゼの怪我人はフェッロネッティ、ティッソーネ、コーダ、ディナターレの4人。出場停止はいません。今日ウディネはターンオーバーしてくるという情報あり。ガゼッタの予想スタメンは以下の通り。

全員プリマヴェーラくらい思い切ったターンオーバーにしてくれればいいのに

Goal.comのプレビューでは注目選手にクアリアレッラとブリエンツァを挙げておりますが、クアリアレッラはベンチスタートっぽいですわよ?てか、いっそのことウディネに置いてきてくれればいいのに。←こら
そして驚いたことに疲れ切ったウディネーゼからレッジーナが勝ち点3を拾うというスコア1-0レッジーナ勝利を予想しています。
Serie A Preview: Reggina – Udinese

ウディネは9日にUEFA杯を戦ったばかりです。しかもドイツまで出向いていって、ブレーメンに3-1で敗れております。その3日後に今度はイタリア半島南端のレッジョまで遠征。まるで罰ゲームみたいなスケジュールですな。
ウディネの皆さんお疲れでしょう?しかも復活祭なのに試合なんかしてられっかよーな気分でしょう?どうぞ思い切りグダグダなさってくださいませ。

今季レッジーナの唯一のアウェイ勝利はフリウリでのウディネーゼ戦でした。絶好調ウディネからアウェイで3ポイント獲るなんて!と意外な勝利に皆が驚いたものでした。あの頃は世の中の全てが輝いて見えましたっけ。←遠い目
セリエA第12節ウディネーゼ×レッジーナアウェイ初勝利!フリウリで大金星!
あの試合はブリエンツァのスーパーゴールで勝ちました。今日も決めてくれるといいなぁ。
ねえレッジーナの選手の皆さん、ウディネをウノゼロで抑えたあの歓喜の瞬間を覚えているでしょう?またあれを再現したいでしょう?貴方たちはアウェイでウディネに勝てるだけの力を持っていることを思い出してください。
今日こそ見せてね、とびきりの南のプロヴィンチャ魂を。

Forza Reggina!!!

※追記
今日は11時からここでネット観戦できそうですよー。
MyP2P

08-09レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
こんばんみ
がっかりです。なんと言っていいのか言葉になりません!
気がつくたびに、選手が退場になってるし、PKはずしてるし、チャンスできめられないし、もー寝ます
おやすみなさい
2人も退場になったらねえ・・・
ランザーロは抗議のし過ぎでもう一枚イエロー貰うんじゃないかと思ったらその通りに・・・
画像が荒くて鮮明に見えませんでしたが、バリッラはアフタータックルで一発レッドでしたでしょうか。
それでも9人で頑張って攻めてました。ちょっと感動しました。
あーあ、ブリエンツァがPK外すとはなぁ・・・orz
彼の不運は完全に御祓いが必要なレベルです。
わらぴーさんに続いて私も不貞寝しようかな。
しかし次はバリッラもランザーロも使えないなんて(溜息)
(´へ`)
二人が気持ちが空回りして退場して、その分も埋めながらあれだけ頑張って攻めてて、本当勝ちたいという思いがひしひし伝わってきてじーんときました。とくにブリエンツァは本当コッツァ、コッラーディがいないなか頑張ったと思います。あんだけ頑張ったけどPKで全ての運&みんなの疲労がきて万事休すでしたね。 残留争いに余裕があったなら本当によくやったし感動したぞと言いたいのですが、勝ち点3が必須の今はマジで泣くぐらい悔しいし、言えませんね。 ただ今日の悔しい気持ちと気迫のプレーは確実に次に繋がると思います。「残留」というのは今は考えずに自分たちのプレーと継続性があればおのずと結果は表れるはずです。 だから信じましょうね。長々と失礼しました。ではまた(^_^)/~


ブリエンツァの評価は難しい
伊紙でそう書かれています。9人しかいないのに必死に攻撃を引っ張っていたのは紛れもなくブリエンツァでした。PKを決めていたら文句なくヒーローだったのに・・・。ほんと悔しいですね。わたしゃ昨夜ベッドの中で泣きましたよ。
ブリエンツァのために買った開運グッズはサンプドリア戦の前に渡しても間に合うかしら。ほんの僅かでも希望が残っているといいんですけど・・・。
2人退場になってレッジョの怒りに火が点きましたね。この怒りの炎が次節まで消えないで残っているといいなあ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。