--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/24

セリエA第29節インテル×レッジーナ 大敗しても心は折れてない

インテル3-0レッジーナ
得点者:前半6分 カンビアッソ、前半11分(PK)&後半13分 イブラヒモヴィッチ

Inter (4-2-3-1): Julio Cesar, Maicon, Rivas, Cambiasso, Santon, Muntari, Stankovic (67' Jimenez, 77' Maxwell), Mancini (40' Obinna), Zanetti, Balotelli, Ibrahimovic. A disp: Toldo, Vieira, Crespo, Cruz. All.: Mourinho
Reggina (4-4-2): Puggioni, Lanzaro, Valdez, Santos, Adejo (76' Krajcik), Carmona, Barreto, Barillà (67' Sestu), Costa, Cozza (73' Ceravolo), Brienza. A disp: Marino, Cascione, Stuani, Di Gennaro. All.: Orlandi
Arbitro: Sig. Mazzoleni di Bergamo
Ammoniti: Santos, Barillà, Carmona, Santon

関連記事:
Serie A Week 29 - Inter 3 - 0 Reggina
Ibrahimovic And Inter Out Class Reggina

この試合の動画:
Inter Reggina 3-0 Sintesi Goal Highlights 90 Minuto HD 720p 29a Giornata 22-03-09

この試合の選手の評価:
Goal.com
Puggioni 6; Lanzaro 5.5, Valdez 5.5, Santos 5; Adejo 6.5 (76' Krajcik s.v.), Costa 6, Carmona 6.5, Barillà 5.5 (66' Sestu 6.5), Barreto 6; Cozza 6.5 (81' Ceravolo s.v.), Brienza 6.5. All.Orlandi 6. ARBITRO: Mazzoleni 6.5
Datasport
Puggioni 6.5, Dos Santos 5, Costa 5, Valdez 4.5, Lanzaro 5, Barill? 6.5, Krajcik s.v., Carmona 5, Barreto 5.5, Sestu 6.5, Cozza 6.5, Brienza 4.5, Ceravolo s.v., Adejo 6

この試合のレッジーナファンの評価:
Goal.com合格・不合格 レッジーナのティフォージ 評価8点
アマラントの会長リッロ・フォーティが観客席で自分のチームの何度目か数え切れない敗北に神経質になり、葉巻をくわえてピッチ上のゲームを一瞥しているあいだも、レッジーナのティフォージの応援歌が聞こえた。悲惨なスコアにもかかわらず、彼らの心のチームを歌で励ました。来シーズン彼らがメアッツァで再び活躍するすることはありそうもないが、彼らの見せてくれたスポーツマンシップに幸運あれ。


試合後の監督、選手のコメント:
■モウリーニョ監督
こちらの記事を参照のこと
モウリーニョ:「イブラだけのチームではない」
日本語の記事はレッジーナについて語っているところが省かれているので、そこだけ訳しました。リスペクトしてくれているのが嬉しいです。
今日我々は素晴らしい試合の入り方をして、試合30分であとは守り倒すこともできた(が、しなかった)。レッジーナは自分たちのゲームをしてきて、ジュリオ・セーザルは何度かとても難しいセーブを強いられたよ。3-0というスコアを見て彼が暇だったと思う人がいるかもしれないが、この試合はそういうケースじゃなかった。
■オルランディ監督
インテルみたいなチームとの対戦でわずかな時間に2ゴールも喰らったら、何もかもが更に難しい状況になってしまう。我々は何度も好機を作り上げて相手ゴールに迫ったんだが、戦況をひっくり返して接戦に持ち込むことができなかった。3点目のゴールは我々を打ちのめしてくれたよ。


いえいえ、オルランディさん、3点取られても誰も試合を投げなかったじゃないですか。大甘なファンの私はそれだけで満足しちゃってます・・・。

いろいろ書きたいことはあるけど、眠くて限界なので続きは明日。

※3/24 PM22:55追記
風邪ひいちゃいまして、今朝内科に寄ってから仕事に行きました。
医者が出してくれた薬が眠くなる成分が入っているやつでして、これがこのまま意識を失うんじゃないかと思うくらい眠いんですよ。午後は全然仕事がはかどりませんでしたわ・・・。
めちゃくちゃ体調悪いので回復したら続きを書きます。

一応復活!
なんかもう日数が経ち過ぎちゃって新鮮味の「し」の字もありませんが、レッジーナ目線で簡単に試合を振り返ります。興味がある人はまだ再放送があるので、そっちを観てくださいな。

スタンドには携帯をいじるコッラーディの姿が。たとえ怪我していてもチームに帯同したいという気持ちと、ミラノで仕事をしている妊娠中の恋人と会いたいという気持ちの両方が彼をミラノまで連れてきたと思われ。
 ↓
本日のサプライズその1。オルランディさんが復帰してから最終ラインはずっと3バックだったのに、今日は久しぶりの4バック。コッツァ1トップの4-5-1?
本日のサプライズその2。なんとプリマヴェーラのアデヨ君が中盤左サイドで先発!それもセストゥとクライチクを差し置いて!その大抜擢されたアデヨ君が立ち上がりに思い切りのいいドリブルでの上がりを見せる。
 ↓
ファーストシュートはレッジーナ。ブリエンツァの右サイドからの左足シュートは際どいところに飛んだけどジュリオ・セーザルが好セーブ。レッジーナ積極的だし、ちっちゃいオジサン今日はゴールの予感?とワクワクするも、ほんの数分間の夢ですた・・・。
 ↓
前半6分、インテルのCKのクリアボールをバロテッリが適当にゴール前に入れる⇒これを受けたスタンコヴィッチがDFラインを抜けたカンビアッソに絶妙なワンタッチヒールパス⇒カンビアッソが冷静に流し込み、あっという間にインテルが先制。レッジーナはオフサイドを主張していたけど、これはオンサイドだよ・・・。まあ、まだ1-0だよ!
 ↓
そのわずか4分後、エリア内でヴァルデスがマンシーニを倒してしまいPK献上。怒り狂う板前さんには黄紙の提示。マンシーニはどう見ても自分から足がかかるように転びに行ったわけだけど、これがPKなら後半のサントスのもPKだよね?
ズラタンのPKはプッジョーニがコースを読んでいたけど止められず早くも2-0に・・・。まあ、まだ2-0だよ!
 ↓
この後は守備の皆さんが動揺していて危ない場面の連続。ズラタンのシュートがポストを叩いた場面は思わず悲鳴を上げたけど、ゴールの中には吸い込まれず。助かった~。
普通なら早い時間に先制するとグダグダになるインテルがパスを回していやがる。こんなの私が知っているインテルじゃない。プンプン。
 ↓
このままじゃレッジョに帰れないとキャプテン・コッツァがミドルを放つも枠を捉えられず。
 ↓
更にコッツァが左サイドでキープ。倒されても粘って粘って必死でキープ。そこから立ち上がって反転するとDFを振り切ってドリブルで突破!右足で強烈なシュートを放つも、ほんの僅か枠の左へ。
俺が何とかする!という気持ちが痛いほど伝わってくるプレーに涙が出そうになる私。これぞレッジョの民が愛する俺たちのチッチョだよ。
 ↓
前半40分にマンシーニが負傷退場でオビンナIN。2-0でリードしていることもあり、緊急事態なのに緊急事態に見えない余裕のインテルが憎たらしい。
 ↓
前半42分、コッツァのスルーパスに反応したバリッラがフリーでボールを受けてシュートを打つもジュリオ・セーザルがファインセーブ。バリッラ、これは決めなきゃ~。一瞬シュートを打つタイミングが遅れちゃいましたね・・・。精進したまえ。
 ↓
レッジーナが押せ押せムードになるものの、ゴールを奪えないまま前半終了。サントスがズラタンとユニを交換していた。サントスはズラタンのファンだったのね?

後半13分、「2-0ならまだまだ追いつける!」というレッジーナの望みを絶つズラタンのスーペルゴール。ドリブルでレッジーナDF陣を振り切ると、ズドンとくるシュートを予想して前に出ていたプッジョーニを嘲笑う美しいループをお見舞い。こういうの見ると、やっぱズラタンは異次元のレベルだよなーと諦めるしかないわけで・・・。
 ↓
このゴールでインテルが再び勢い付き、レッジーナは意気消沈気味。しかし、この日は完全に気持ちが切れてしまって4-0、5-0とズルズルと失点を重ねていった過去の試合とは違かった。
 ↓
後半20分頃からレッジーナ怒涛の攻撃。
左サイドでコッツァのキープ⇒アデヨ君がコッツァのパスを胸トラップでコントロール⇒迷いなく左足を振り抜くものの、またしてもジュリオ・セーザルが阻止。
アデヨ君の左サイドのドリブル突破⇒折り返したボールをコッツァがバレートにパス⇒バレートが強烈なシュートを放つも、またまたジュリオ・セーザルが体を投げ出して辛うじて阻止⇒大きく跳ね返ったボールをバレートがキープしてランザーロへ⇒ランザーロが右足シュート!⇒これもジュリオ・セーザルが横っ飛びセーブ!いったい何本止めやがるんだよー!
完全にインテル守備陣を崩して攻撃できているのに1点が遠いレッジーナ。執念の攻撃に盛り上がるスタンドのレッジーナサポ。こういう姿を見せられたら、たとえ3-0でも応援しないわけにはいかない。
 ↓
試合開始から飛ばしていたバリッラと交替した元気玉セストゥが実況・解説のお二人に好評。
 ↓
同じ時間にスタンコヴィッチに代えて投入されたヒメネスは10分後にマクスウェルと交替。滑りまくるピッチが原因で怪我した?
 ↓
後半31分、初先発で奮闘していたアデヨ君に代えてクライチク投入。
 ↓
後半36分、コッツァに代えてチェラヴォロ。オルランディ監督は疲れの見える選手を次々とフレッシュな選手と取り替えるもののゴールに繋がらないレッジーナ。
 ↓
後半40分、エリア内に進入したチェラヴォロがセストゥにヒールパス⇒セストゥが思い切りのいい右足シュート!⇒これもジュリオ・セーザルが何度目か分からない神セーブ!くぅぅぅ!
 ↓
このまま3-0でゲームオーバー。今度はランザーロとユニ交換していたズラタン。レッジーナの選手の皆さんに大人気な模様。
・・・あれ?サンシーロでのゴール再現を期待されたディジェは出番なし?

いやー、順当な力負けですな。解説の後藤さんはGKがジュリオ・セーザルじゃなかったら3-3も有り得たとおっしゃって下さいましたが、まあ勝ち点は無理でもインテル相手に1点でも返せれば少しは自信回復に繋がったんじゃないかなと・・・。自信ですね、今のレッジーナに絶対的に足りないもの。もう長いこと勝利から見放されているんで、導火線の着火のタイミングを思い出せないんじゃないだろうか・・・。
本日の反省点としては、攻め急いでいてパスの精度が悪かったところ。インテル相手にビビッていたのか寄せられると焦っちゃって、ボールを奪われる前に放そうとしてパスをまんまと掻っ攫われたり、ルーズボールをことごとく相手に拾い捲られたり。サネッティが効きまくりというのもありましたが。
あと、全体的に押し上げが足りません。やはりアモルーゾ不在の影響は大きいです。たとえ複数の選手に囲まれようともボールを確実にキープしてチームの上がりを促し、前でキープすることで守備陣の負担をも軽減していたアモルーゾの存在は、今更ながらレッジーナの生命線だったなあと・・・。
とはいえ、いない人を恋しがっていても仕方ありませんので、今いるメンバーで何が何でも残留を勝ち取って貰わないと!

私としては、今日は3-0になって勝ち点を持ち帰る望みを絶たれた時点で、最後まで諦めない気持ちを見せられるかどうかが一番大事だと考えていました。それが無くなったら本当に終わりですから。結果は伴いませんでしたが、ミラノまで遠征して熱い応援を繰り広げてくれたティフォージに対して失礼にならない最低限のものは見せられたと思ってます。

試合後ご乱心のフォーティ会長が「誰とは言わんが既に諦めている奴らがいる!」と問題発言をぶちかましまして、犯人探しみたいな記事も出てきたりしましたが(因みにバレート、ヴァルデス、コスタ、ブリエンツァの名前が憶測で挙がってました)そんなことしても雰囲気が悪くなるだけで何もいいことはないと思いますが?
翌日我に返った会長は「いろいろあるが、それでも我々は自分たちを信じている!」と改めて宣言。既に諦めているように見える選手はロッカールームで絞めといて、外には持ち出さないようにお願いします。

チビッ子ブリエンツァはこんな心配事もあって、今ちょっとプレーに集中できないのかもしれません。なんでこんな昔のことを今のこの時期に掘り返すんでしょうねぇ・・・。
パレルモと3選手に八百長疑惑?

代表ウィークの長いブレイクで何人かの怪我人が回復するでしょう。代表組の皆さんは暫し残留争いのプレッシャーから逃れて外の新鮮な空気を吸ってきてくださいな。熾烈なラストスパートに向けて各自絶対に怪我だけはしないで戻ってくるように。
土壇場の追い上げはレッジーナのお家芸。今季も最後に奇跡の残留劇が待っているはず。あと残り9試合、諦めずに応援するぞ!!!

08-09レッジーナ | Comments(14) | Trackback(0)
Comment
眠くなる成分
何とか時間の都合をつけて、寝ましょうね。
睡眠は体調のかなりの部分を解決してくれますから。
私は花粉症の薬のせいで眠くて眠くて。今日も午後の研修でウトウトと・・・ボールペンを手の甲に刺してもちっとも痛みを感じませんでした。
今日はたくさん寝ました
reoさん、こんばんは。
体調悪過ぎて仕事休みました。一日中寝ていたんですけどまだ眠いです。今夜も早く寝なくちゃ。
風邪だろうと何だろうと年度末は待ってくれないんで、どうか明日には回復していますように。

花粉症の薬も相当眠いらしいですね。あと1ヶ月の辛抱です。
ボールペンを手の甲に刺すのは、私もよくやりますよ。(^^;)
こんにちは。

風邪は治りましたか?

体を気遣いながら年度末を乗り切ってください!! 無理をすると俊輔みたいにいいパフォーマンスを出せなくなりますよ^^;

ところでキリ番当たってたんですね^^

何が欲しいとかはなく、キリ番の名誉の称号を狙ってたんでv-221

お土産はいい土産話を楽しみにしてます^^

ヤレヤレさん、こんばんは。
今日は何とか仕事に行きました。ご心配おかけしましたがお陰さまで回復路線です。
そうそう、人間適度に休まないとダメですよね。俊輔はこの間の試合はだいぶお疲れのようでした。帰国にも四苦八苦したようで。代表戦大丈夫かしら・・・。(^^;)

えーと、キリ番は辞退ということで承りました。お土産話は任せておいてください!(^^)v
ということで、reoさんに権利が移ります。
ヤレヤレさんいいんですか?
ワーイワーイ。
ではイタリアでカッコイイ文房具とパレルモのユニを(笑)お代はお支払いしますよ。
カッコイイ文房具???
私に買わせるとサンプドリアノートとかレッジーナボールペンとかになりますが?(笑)
パレルモには行かないのでローマの空港に入っているスポーツショップで買うことになると思います(レッジョのスポーツショップにパレルモユニあったっけ?あったような気もする・・・)。空港で売っているのは選手のネーム&ナンバー入りのものになると思いますが、ミッコリあたりでよろしいでしょうか?選手のリクエストあります?
それもいいですが
デザインのかっこいい文房具がいいですね。七角形の鉛筆とか(あるのか?)セクシーなコンパスとか(笑)お任せします。
パレルモってのもただセクシーなユニだなと思っているだけですので。リーメイさんが気に入ったレッジョのショップでのお買い物に期待。100ユーロまでなら出しますよ~
おはようございます。
風邪の方は回復へ向かっているようで何より。

今週はなかなか試合を見る時間が無いんで、ハイライトを見ました。
アウェーでインテル戦なので、さすがに難しかったですねぇ。
とはいえ、コッツァ班長の土俵際のターンにはシビれました。

あとアデヨ君はサイドの飛び出し兵器としては使えそうな予感しますね。
MFじゃなくWGとしてなら・・・イケるかも。
セストゥといい、サイドに素材が出て来ているので、オルランディさんがこれをどう活かすか_も残留の鍵になりそうですね。
セクシーなコンパス???
ダメだ、reoさんのコメントがいちいち面白過ぎる!(爆)
かっこいい文房具というか、セクシー系のおバカな文房具ならありそうですね。イタリアですから。(^^;)
100ユーロあれば今のレートならアレコレお買い物できそうです。これ以上ユーロが強くならないように祈りましょう。
Fillipoさん、こんばんは。
体力回復と同時に今日は10時まで残業しちゃいました。
そちらもお忙しそうですね。3月もあとわずか。お互いあと一踏ん張りいたしましょう。

そうそう、班長の土俵際のターンはほんと「しびれる」という言葉がピッタリでした。あと3年くらいはレッジョでプレーして、あの熱い南部魂をバリッラあたりに継承して欲しいです。

アデヨ君は確かにWGタイプかも。まだプレーが雑ですが、可能性は感じさせてくれます。セストゥもずっと高評価ですし、バリッラとディジェは下のカテゴリーの代表でもいいプレーしてカシラギ監督に褒められてますし、若手中心に明るい材料が多いのに何故か結果に結びつかないんですよね・・・。
まあ昨季もアモルーゾ、コッツァ、ブリエンツァのトリデンテに固定してチームが機能しだしたのは残り試合一桁切ってからでした。きっと今季もまだ間に合います。
Ciao!
一瞬だけGenovaに行って火曜日戻ってきました。
暇だったのでSamp-Romaを観ようと思っていたのですがこの試合チケット発売に規制があったので観れませんでした。
そこで暇を持て余してRomaのホテルを探したのですが、あのホテルでもなくFiorentinaが宿泊したホテルでもなかったです。スタジアムに向かうバスは見たんですけどどこに宿泊してたのか?
5月Regginaのホテルがあのホテルだといいですね。

せっかくだからSampの練習場にでも行ってみようと思っていたのですがこれも叶いませんでした。

詳しい話はまた飲み会で、今度はベトナム料理がいいですか?近々やりましょうね。

※モデちゃんは今回あまり反応がよくなかったです、しかしメストは最高に面白い奴でした。
Buon giorno!
お帰りなさいませ。相変わらず素晴らしい行動力で。(^^)
Samp-Romaは危険試合に認定されてしまって残念でしたね。私が観にいく試合は無事チケットが売り出されますように(祈)
ローマは金持ちだから「あのホテル」よりもランクが上のところに泊まりそうですが、フィオが宿泊したところでもないとすると、どこに居たんでしょうね?もしかして危険を感じて思い切り郊外のホテルだったとか?
もし5月にレッジーナが「あのホテル」に居なかったらジェノヴァ中探し回ります(笑)

モデちゃんは気の強い嫁と喧嘩でもして虫の居所が悪かったのかしら(笑)
メスト君のお話楽しみです♪
私の場合4月第1週を過ぎれば一気に楽になれますので、また集まりましょう。ベトナム料理いいですね~!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
飲み会
その日程で大丈夫です。6時以降なら何時でも。
その店なら絶対に迷わずに行けそうです(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。