--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/10

セリエA第27節レッチェ×レッジーナ コッラーディの幻のゴールに泣く

レッチェ0-0レッジーナ
得点者:いましぇーん

Lecce (4-4-2): Rosati, Schiavi, Fabiano, Esposito (36'st Papadopoulos), Papa Waigo (14'st Basta), Munari, Vives (18'st Caserta), Giuliatto, Zanchetta, Castillo, Tiribocchi. A disp: Benussi, Polenghi, Edinho, Angelo. All. Beretta
Reggina (3-5-2): Puggioni, Cirillo (18'st Krajcik), Lanzaro, Valdez, Sestu, Carmona, Barillà (32'st Cascione), Costa, Cozza (39'st Di Gennaro), Brienza, Corradi. A disp: Marino, Alvarez, Adejo, Stuani. All. Orlandi
Arbitro: Sig. Gava di Conegliano V.
Ammoniti: Schiavi, Esposito, Carmona, Barillà, Cirillo, Valdez

関連記事:
Serie A Week 27 - Lecce 0 - 0 Reggina

この試合の動画:
Lecce-Reggina 0-0 (08-03-09)

この試合の選手の評価:
Goal.com
Puggioni 6, Lanzaro 6, Valdez 5.5, Cirillo 5.5 ( 64'Krajcik 6), Sestu 6.5, Costa 6, Barillà 6.5 ( 77' Cascione 6), Carmona 6, Brienza 5.5, Cozza 6 (85' Di Gennaro), Corradi 5. All.Orlandi 6. Arbitro: Gava di Conegliano Veneto, 6
Datasport
Puggioni 6, Costa 6, Cirillo 5, Lanzaro 6, Valdez 6, Krajcik s.v., Carmona 5, Cozza 5.5, Barilla' 6, Sestu 6, Cascione s.v., Corradi 5.5, Brienza 5, Di Gennaro s.v.

試合後の両監督のコメント:
■ベレッタ監督
私は自分の将来を決められる立場にない。それは完全にクラブの仕事だ。我々のシーズンの歩みはご覧の通りだが、悲劇的な状況にあるわけじゃない。まだ降格は回避できるよ。
■オルランディ監督
ベルナルド・コッラーディのシュートは確かに入ったと思ったんだがなあ。セリエA残留のためにとにかくポイントが必要なチームにとって、この種の事件は自分たちを本当に不利な立場に追いやってしまうものなんだ。




毎度のことですが、相手より圧倒的に試合内容がよかったのに勝てませんでした。orz
ハイライト見ていただければ分かるように、明らかにゴールラインを超えていたと思われるコッラーディのシュートが得点と認められず・・・。なんでやねん・・・。
前節はコッツァがエリア内でファールを受けたのにエリア外だと判定されてPK貰えなかったし、もう不運にも程があるっつーか、なんつーか。

これが認められてれば勝てたかもしれないのに

フォーティ会長が怒り狂っている模様。
Rabbia Reggina per il goal di Corradi, Foti urla: «Non è giusto»
Accuse al guardalinee: «Non possiamo pagare gli errori commessi dagli altri».

コッラーディのゴールに怒るレッジーナ、フォーティがわめき散らす。
「あれは正しくない!」
ラインズマンを告発:「他人が犯したエラーを我々が埋め合わせることは出来ないんだ!」


全文訳さなくても怒りの程は手に取るように分かるからタイトルだけでいいか。疲れてるし。←おい
互いに南の貧乏プロヴィンチャチームですし、陰で金や政治力が働いたわけでもないでしょう。

単に審判がボケてたってことですな。

5月の遠征は日本から大量の開運グッズを持参しないとダメかしら。
や、5月じゃ間に合わない?今すぐ送らないとダメ?(滝汗)

えー、年度末の激務とレッジーナが心配かけるせいで胃が痛いのですが、いつものように簡単に試合を振り返ってみましょう。

私が警戒していたジャコマッツィは昼にインフルエンザで倒れたそうな。うっしっし。
 ↓
前半2分。コッラーディの落とし⇒セストゥが併走していた相手DFを振り切ってゴール右側の角度のないところからヘディング⇒今季初出場のGKロザーティが片手でファインセーブ!
セストゥは今日もキレキレの模様。ブリエンツァは「なぜ俺に戻さねー!」と不満そう(笑)
 ↓
前半20分。コッツァのゴール前へのパスをブリエンツァがコントロールしきれず、ロザーティが足で弾いた跳ね返りをコッラーディが美しいループシュート!⇒スキアーヴィがゴールライン上で後ろ向きにクリア⇒どう見てもボールはゴールラインを越えていたのにノーゴール判定⇒当然のことながら納得いかないコッラーディ&レッジーナの仲間たち
 ↓
コッツァ⇒コッラーディの落とし⇒バリッラのシュート⇒またしてもロザーティのファインセーブでゴールならず
今日はコッラーディのポストプレーがいいよ~♪
 ↓
0-0で前半終了。ガゼッタのテキスト実況ではレッチェのサポートの段階でのミスの多さに言及。「ゲストの方がいい」とレッジーナにお褒めの言葉。
 ↓
後半5分。コッラーディのポストプレーからブリエンツァがドリブルで一直線にゴールへ⇒ロザーティが前に出ていたのでループ気味のシュートを放つも僅かにクロスバーの上⇒ピッチに突っ伏して悔しがるブリエンツァ。これは決めなきゃ・・・。
 ↓
後半7分レッジーナのカウンター。ブリエンツァの絶妙なスルーパス⇒コッツァがふかしてしまってゴールならず。顔を覆うコッツァ。
 ↓
プッジョーニがティリボッキのシュートとザンケッタのFKをスーパーセーブ2連発。偉い!
 ↓
後半19分、足首の捻挫を押してプレーしていたチリッロに代えてクライチク。チリッロは次節ナポリ戦はプレーできるんだろうか・・・。
 ↓
後半21分、バスタの右足シュートをプッジョーニが横っ飛びセーブ。
 ↓
後半29分、今度はムナーリのシュートをプッジョーニがナイスセーブ。この時間帯レッチェに押されてプッジョーニ大忙し。
 ↓
後半32分、バリッラに代えてお久しぶりのカッショーネ。やっと怪我から戻ってまいりました。
 ↓
後半38分、ブリエンツァのシュートがDFに当たって流れてきたのをコッラーディ決めきれず・・・
 ↓
後半39分、コッツァに代えてディジェ投入。
 ↓
後半44分、カゼルタのゴールはオフサイド判定。コッラーディのゴールが認められなかったのに、カゼルタのゴールが認められたら、主審のガヴァさんを一生呪ってやるところだった。
 ↓
スコアレスドローで試合終了。

コッラーディとブリエンツァは高給取りなんだから、いい加減にチームを勝利に導くゴールを挙げないとファンは納得しないぞー。ま、ブリエンツァはこの試合フル出場したので試合勘がかなり戻ったことでしょう。次こそ決めてけろ。
最近カルモナの評価がイマイチなのが気になるところですが、きっとバレートが横にいないと調子出ないのね。早くバレート戻ってきて~。

バレートがいないと調子が出ない?

確かこれで14節連続勝利無しです。もちろんクラブ新記録です。不名誉な記録ですな。
そろそろ勝たないとフォーティ会長の脳の血管がプッツンしそうな気配。次はいい加減に勝てよ~。
レッチェはこの試合のあと男前監督ベレッタさんが解任され、残留請負人デカーニオさんが迎えられています。厳しい世界ですねえ。

08-09レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
本当に運が無いというか、なんなんでしょーまったく。
もー誰でもいいから誰か、ゴールきめてくれ。
わらぴーさん、こんばんはー
チーム全員でお祓いに行くべきかもしれませんね、マジで。(―_―;)
ほんと誰でもいいからゴールしてくれー!ゴールしないことには勝てないよー!
今季のレッジーナの開幕から思ってましたが、やっぱりFWの陣容が弱いですね・・・。
アモルーゾを放出したのはかなりヤバイだろと思っていたのですが・・・。
まぁコッラーディ、今更でもポストプレーをやり出したのは良い傾向かもしれませんね。
バレートとか(見た目によらず)前線に突っ込んで来る中盤がいると化ける可能性はあると思いますし。
私見ですが、前線でキープできないプロヴィンチャは崩壊するの早いと思います。
だからアモルーゾみたいなFWは最高だったんですけどね^^;
次節はたしか弱ったナポリがレッジョに来るらしいんで、ここは14節ぶりの勝利が欲しいところですね。
Fillipoさん、こんばんは。
9時過ぎまで仕事して疲れ果てて電車に乗ったら人身事故のアナウンス。12時ちょっと前に帰宅しました。ボロボロですわ・・・。

「アモルーゾの代わりを探すことはとても難しい」と会長とビゴンさんが悩みに悩んで白羽の矢を立てたのがコッラーディですが、まあアモルーゾとはちょっとタイプが違いますよね。てか、あんなにキープ力があって、チャンスメイクに長けていて、しかも決定力もあって、なおかつレッジーナが買える価格のFWなんてそんなにいませんけど(笑)

今季は若くて活きのいい2列目以降の選手が何人もいますんで(バリッラ、ディジェ、セストゥ、バレート、カルモナ)コッラーディのポストから彼らがガンガン点を取ってくれることを切に願ってます。
ブリエンツァもそろそろ本調子に戻るでしょうし、ヴィジャーニも近いうちに復帰しそうです。これでコッツァが怪我しなければ、最後は得意の帳尻合わせで残留できますよ。きっと。・・・と自分に言い聞かせる(苦笑)

ナポリは監督交替して息を吹き返しそうで恐いんですけど。死んだ状態のナポリと対戦したかったなぁ・・・。(^^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。