--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/01

怪我人だらけでも絶対に勝つ!フィオレンティーナ戦直前情報

今日はホームでフィオレンティーナとの対戦です。この対戦について元レッジーナであり、元フィオレンティーナでもあるレオンがコメントを出してました。超簡単に要約します。

パルマで頑張ってます!

Julio Cesar Leon: considerazioni e previsioni su Reggina-Fiorentina
フィオはUEFAでアヤックスに負けた精神的な影響があるかもしれないし、疲労もあるだろうね。ああいう試合を木曜日にしたら日曜の試合で正しいアプローチ、正しい集中力を持つのは難しいもんだよ。レッジーナは1週間丸まる準備できたわけだし、彼らのファンの前でプレーできる。あの観客の威力は見くびっちゃいけないよ。俺はフィオレンティーナが昇格したシーズンの半分しかプレーしてないし、自分のクオリティを表現できなかったから、もしフィレンツェの人たちが俺を覚えていたら嬉しいね。レッジョ・カラブリアでは激しい年月を過ごしたし、昇格と残留の両方でいい思い出を残せたって信じてる。重いペナルティを負って残留した年は、本当に凄いことをやってのけたよね。

奇跡の残留を果たした年は冬にジェノアに売り飛ばされちゃって、マツ監督が激怒していましたっけ。「私がレオンの才能を開花させた」とシーズン前半はマツ監督自慢の選手でしたものね。
レオンと遭遇したことがある方によると、ヘッドホンステレオで音楽を聴き、踊りながら歩いている超陽気な奴だそうです。私にとっては、レッジーナで何年もプレーしていながら、タイミングが悪くて一度も会ったことがない選手の一人です。いつか会いたいなぁ。

もう一人、わずか4試合で解任されたピッロン元監督もこの対戦について語っています。

短い間ですがお世話になりました

Pillon: "Bonazzoli arma in più per i viola a Reggio Calabria"
フィオレンティーナにとっては難しい試合となるだろう。レッジーナにとっては順位を上げるためのラストチャンスになるかも知れない。アマラントのチームはとても積極的に来るだろうし、日曜日は110%の力をぶつけてくるよ。それにレッジョ・カラブリアの観客はいつだって最高に熱くて、チームを後押ししてくれるんだ。でもフィオはポテンシャルに溢れた組織だから、レッジョから勝ち点3を持ち帰ることも可能かもしれないな。フィオが警戒しないといけない選手?バレートは第一級のクオリティを備えた選手で、ブリエンツァももう一人のデンジャラスな選手だよ。しかしレッジーナはチーム全体が危険だ。本当に結束の強いチームなんだ。フィオレンティーナ戦ではいい結果を残したがっていることだろう。それとコッラーディにも特別なケアが必要だ。フィオはジラルディーノが出場停止だが、代わりに出るだろうボナッツォーリは空中戦に強く、アマラントの最終ラインを大いに手こずらせると思うよ。レッジーナ×フィオレンティーナは恐らく引き分けに終わるんじゃないかな。

やっぱりレッジーナ贔屓のコメントになってますね。解任されたとはいえ、レッジーナが残留できるかどうか気になって仕方ないのでしょう。真っ先に名前が挙がるところを見ると、バレートが殊のほかお気に入りだったようで。きっと今日はピッロンさんも応援してくれているから、選手たち奮起するのだぞ。

さて、ここからは現レッジーナの皆さんのインタ記事です。まずはコッツァから。

頼りにしてまっせー!

Cozza Still Believes In Reggina Survival (24 Feb 2009)
コッツァはレッジーナの残留をまだ信じている
~レッジーナのキャプテンであるフランチェスコ・コッツァは、悲惨な状況にあるにも関わらず、チームは残留できると未だに信じている。~
過去数シーズン彼らは「セリエAの偉大な縄抜け曲芸師」という評判を得ていた。しかし今回ば「かりはレッジーナにとって取り返しのつかないシチュエーションに思える。
アマラントはネガティブな記録ばかりを集めている。現在彼らは43ゴールを喰らっていてセリエAワーストDFだ。また、ここまで3勝と最も少ない勝利数で、アウェイでは拙い攻撃でたった4ゴールしかできておらず、25試合で17ポイントという情けない戦績だ。言うまでもなく、今のところチームは最下位をひた走っている。先週末のカターニアでの南部ダービーはスタディオ・アンジェロ・マッシミーノで敗れ、勝利なしの最長記録を更新した。12節連続で勝てていないのだ。ファンはグラニッロの大部分を空席にするという反応を示しているが、キャプテンのフランチェスコ“チッチョ”コッツァはまだ白旗を揚げていない。
「順位は依然として変わっていない。(1つ上のキエーヴォとの差が3ポイントだから?)プレーするのが1試合少ないようなもんだな。でも俺たちはやれるって自信があるんだ。このままグループとして団結したままでいないといけないし、今は何よりもファンのサポートを必要としている。ファンがどれだけカターニアとのダービーを大事に思っていたかは分かっているよ。俺たちも昨季の勝利を再現できなくて凄くガッカリしているんだ。」
レッジーナは勝ち点17で最下位にいるが、残留ゾーンからは6ポイント差だ。全ての希望が無くなったわけじゃない。


いや~、レッジーナはネガティヴな記録のオンパレードですな。訳していて汗がたら~でしたよ。
今日はグラニッロにファンが大勢来てくれるといいんですけど。行けるものなら私も今すぐ行きたいです。どうか私が行くまで残留の希望が消えていませんように。

お次は未来のポルノ俳優チリッロでやんす。

思わず笑っちまう写真ですなぁ

Reggina's Bruno Cirillo Wary Of Fiorentina Clash (26 Feb 2009)
レッジーナのブルーノ・チリッロ、フィオレンティーナとの対戦を警戒
~アマランティは今週末ヴィオラをホームに迎えるが、その試合で彼らは順位で上回るライバルチームに引き離されないためにも勝利する必要がある。~
レッジーナのDFブルーノ・チリッロは今週末にタフなゲームが待ち構えていることを知っている。彼らは日曜日にグラニッロでフィオレンティーナと対戦するのだ。チリッロは特にヴィオラの強い気持ちに感銘を受けている。彼らは試合終了間際に多くのポイントを稼いでいるのだ。
「フィオレンティーナはいつも試合の最後の最後まで結果を残すための集中力を維持してきた。だから俺たちは最後の1秒まで気を抜かないようにしないといけないな。ヴィオラはセリエAの強豪だけど、グラニッロで奴らは死に物狂いのレッジーナと対戦するんだ。俺たちは順位を上げるために、士気を上げるために、クラブのために、そしてレッジョ・カラブリア全体のために、とにかく勝ち点が必要だ。」
レッジーナは25試合17ポイントで最下位に甘んじているが、残留ゾーンからは6ポイント差だ。


お願いだから終了間際にゴールされて負けるっていうのは止めてね。何が何でも体張って守ってね。PK献上は絶対ダメだからね。今日は最後まで集中を切らさずに闘ってくれるって信じているぞ。

最後は昔俊輔を可愛がってくれたマルティーノ親爺です。
Reggina Sporting Director Expects ‘Angry’ Fiorentina (28 Feb 2009)
レッジーナのスポーツ・ディレクター、怒れるフィオレンティーナを予想
~アマランティは日曜日にヴィオラを迎えるが、マルティーノは対戦相手がUEFAカップ敗退に怒りが静まっていないと信じている。~
レッジーナのスポーツ・ディレクターのガブリエレ・マルティーノは彼の選手たちにフィオレンティーナに注意するように警告している。相手はUEFA杯ベスト16を懸けたアヤックス戦で1-1で引き分け、未だに怒りが収まらず、挽回したいと激しく望んでいるからだ。マルティーノがSportmediaset.itで語ったところによると、彼はヴィオラの試合終了間際にゴールする癖を警戒している。
「かつてそれは「チェザリーニ・ゾーン」と呼ばれたが、今は「フィオレンティーナ・ゾーン」とでも呼ぼうか。火曜日はアヤックスに対して全く反対のことが起こったわけだが。」とレッジョ・カラブリアのディレクターはラヂオ・キス・キスで語った。
「グラニッロのピッチにUEFAカップ敗退で怒りに燃えるフィオレンティーナがいることだろう。相手チームに重要な選手たちがいることを考慮して、我々は95分かそれ以上の時間注意深くならないといけない。向こうの才能に溢れた選手の一人がいつだってゲームの流れを変えることができるんだからね。しかしながら、我々の目的はこの試合で勝ち点3を取ることだ。」と彼は断言した。
レッジーナは現在25試合17ポイントで最下位にいるため、喉から手が出るほど勝ち点3を欲している。残留ゾーンからは6ポイント差だ。


すみません、私「チェザリーニ・ゾーン」が何なのか知りません。(汗)
知っている方、コメント欄にて教えてください。

フィオレンティーナ戦に召集された19名の皆さんは以下のとおり。中盤が人材不足でAdejoというプリマヴェーラちゃんが呼ばれております。
Portieri: Puggioni, Marino.
Difensori: Alvarez, Cirillo, Costa, Krajcik, Lanzaro, Valdez.
Centrocampisti: Adejo, Barillà, Carmona, Cascione, Di Gennaro, Sestu.
Attaccanti: Brienza, Ceravolo, Corradi, Cozza, Stuani.


レッジーナの怪我人はカンパニョーロ、ジョーザ、サントス、ラキッチ、バレートの5人。えーと、ガゼッタはヴィジャーニを書き忘れていると思います・・・。
やっとブリエンツァが回復したと思ったら今度はバレートが怪我ですよ。なんてこったい。(号泣)
DFはCBの控えがいないような・・・。もし誰かが試合中に欠けることになったらどうなるんでしょ。想像するだけでも恐ろしいです。今日は誰も怪我してくれるなよ~。
出場停止はいません。累積リーチがかかっているのはコスタとカンパ。
ガゼッタの予想スタメンは以下のとおり。オルランディさんはセカンドトップにディジェを使うか、セストゥを使うか、怪我上がりのブリエンツァを使うか迷っている模様。

今日のセカンドトップは誰かしら・・・

フィオレンティーナの怪我人はサンターナ、コモット、クズマノヴィッチの3人。出場停止はジラルディーノ。これはラッキーですね。ついでにムトゥも出場停止なら良かったのに。インフルエンザに罹らないかなー。←こら
ガゼッタの予想スタメンは以下のとおり。

ムトゥが不調でありますように

Goal.comのプレビューではムトゥとコッラーディを注目選手に挙げ、スコア1-0でレッジーナ勝利を予想しています。フィオはここまでアウェイで不安定でも、1月にミランとユヴェに立て続けに負けてからはフランキを離れても負けていないそうです。それでもレッジーナが13試合振りに勝つそうな。うーん、Goal.comがレッジーナの負けを予想しているときの方がいい結果を残している気がするので、あんまり嬉しくなかったりして・・・。
Serie A Preview: Reggina - Fiorentina

他力本願で情けないですが、フィオが疲労でボロボロであることを切に願います。ボナちゃんが張り切り過ぎて空回りしてくれると助かるんですけど・・・。
レッジーナはブリエンツァが戻ってきたものの、ブランクが長いですから試合勘に問題があるのは目に見えています。今や中盤の要であるバレート(コッツァはFWだったりMFだったりするんで)がいないのも大きな不安要素ですね。それでも全員が前節の負けを取り戻すんだという強い気持ちでピッチに立つと信じています。もう相手が何処だろうと関係ありません。残り全試合勝つつもりで行くだけです。
絶対に負けるなよ!引き分けもいらいない!欲しいのは勝利だけ!

Forza Reggina!!!
08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
くそっ
なんで勝ち点3が手に入らないんだ(´`) まじで危機ですね。キエーボが勝ってしまって一人残されましたね。 いくら相手が疲れててもフィオはフィオなんでいい試合はしたと思うんでしょうけど勝ちが本当に欲しかったです。負ける気しなかったし、本当に悔しいですね。 けど、Adejo初出場、セストゥ初ゴールおめでとう!!僕も嬉しいぞ。 直後にイエロー出てるからユニ脱いだったんだろうな(笑)。ともかくこれからも活躍しまくってくれよ。Adejoは何回かプリマの試合をハイライトで見たからたぶん、黒人のキャプテンだったような?気がするけどこれからもチャンスがあれば頑張ってね。期待してるぞ。 オルランディさんも今日からセストゥをスタメンで使ってくれるといいんですけどね。
 はぁー、いつになったら勝てるんでしょうか( ̄~ ̄)ξ
PK貰えなかったようです
まあホームでも判定が厳しいのはいつものことですけどね。
あとチリッロがまたやっちまったようで・・・。ブルーノさん、今週は買い物できないんじゃないだろうか。(^^;)
セストゥはヤス君の想像通りユニ脱いでイエロー貰いました。まあ許そう(笑)
ディジェとセストゥが対抗意識燃やして競ってゴールしてくれたら最高なんだけど、私の思惑通りには行かないかしら(笑)
Adejoはなんて読むんでしょうね。アデヨかな?
とにかく若い子ちゃんたちが元気なのは嬉しいです。チームは90分通して物凄い気合の入った試合したみたいですよ。気持ちさえ折れなければ、最後の最後まで分かりません。頑張って応援しましょうね!
さて、記事漁りに行ってきます。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。