--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/14

七日目⑤:ジョーとサンペイ

今日も最後の方に出てきたヴィジャーニとトニョッツィのフィレンツェ出身コンビ。最初に前日の二人のエピソードを読んでおさらいしましょう。
六日目④:番長に闘魂を、釣りバカに三平グッズを。
前日のエピソードに書き忘れたのだけど、あの日トニョッツィは胸ポケットに「ヂン沖縄」と刺繍された白い半袖シャツを着ていた。いや、「ヂソ沖縄」だったっけ?どっちにしても意味不明。「あの服いったい何処で買ったんだー?!」と板貫さんと盛り上がったのは言うまでもない。
もう一つ書き忘れたエピソード。駐車場へ向かって歩いていくトニョッツィは男性ファンから何かを言われて“Porca miseria! ”と返した。それを板貫さんがしっかり拾っていて「え?ポルカ・ミゼーリア?!」と口にするとトニョッツィはギクッとして振り返り「まずい!ジャポネーゼに聞かれちまった!」と言わんばかりに焦っていた。あ、意味は各自で調べるように。(爆)

まずは先に出来てきたヴィジャーニと二人それぞれ2ショットを撮り、最後に一人のショットを撮らせて貰った。この人って写真見ただけでいい人だってことがわかるでしょ?

実は超面白い人

ヴィジャーニに呼びかけるときは「ルカ」ではなくトスカーナ式に親しみを込めて「ルハ」にすべし。
注)トスカーナ弁はかきくけこの発音がはひふへほになる。例:コカ・コーラ⇒ホハ・ホーラ
同じフィレンツェ出身でもトニョッツィはトスカーナ弁ではしゃべらない。気取った奴だ。(笑)
現在レッジーナにはシエナ出身のコッラーディがいるが、全国放送で流れる試合後のインタではそうでもないが、レッジーナ公式のファン向けインタだと気を抜いてはひふへほ~なしゃべり方をしたりする。コッラーディがシエナ出身だと知らなかった頃は、間違えてヴィジャーニのインタをクリックしてしまったのかと思ったものだ。(笑)
おっと話が逸れてしまった。

昨日ヴィジャーニが三平Tシャツを凝視していたので、テデスコにあげるはずだったもう一枚の三平Tシャツをプレゼントすると、「えー、俺にもくれるの?ありがとう!」と超笑顔。そして今日もTシャツのパッケージをじっと見つめる。
「・・・あのさあ、こいつの名前なんだっけ?」
ああ、そうか。ヴィジャーニが反応したのは三平じゃなくて、パッケージの方だったのね。因みに三平Tシャツはこんなプラスチックケースに収納されていた。

イタリアでは三平だけじゃなくてジョーも人気らしい

「ジョー」と教えると、「そうそうジョーだよ!ジョー!子どもの頃、大好きで毎日見てたんだよ!」と顔を輝かせるヴィジャーニ。そして胸の前で拳を握り締めて、シュッ!シュッ!とパンチを繰り出す。ノリのいい板貫さんが向かい合ってシュッ!シュッ!とパンチを返す。
「それでさあ、何だっけ、こいつのライバルの名前」
「力石徹」と即答すると「そうそうリキイシ!リキイシだよー!」と板貫さんとスパークリングの真似事をしながら叫ぶヴィジャーニ。力石徹の名前で盛り上がるイタリア人て・・・。

レッジーナにはサンペイだけじゃなくてジョーもいたのか?!

「じゃあ来年はジョーのTシャツを持ってきてあげるね」と言うと「ほんと?やったー!」とバンザイ。この人、こういうキャラだったのね。マッツァーリ監督がいつも彼を傍に置いておきたがる理由がわかった気がした。←ちょっと違うだろ

この後すぐにトニョッツィが出てきた。
私たちの姿を認めると、ちょっと離れた場所にいながら「チャーオ!」と片手を挙げて向こうから挨拶。そして驚いたことに私の前に来ると“Come sta?”(英語の“How are you?”に相当)と聞いてきた。そう聞かれたら“Sto bene, grazie. E lei?” (英語の“I’m fine, thank you. And you?”に相当)と答えるものだと知っていたが、あまりにも意外な展開だったので言葉を忘れて固まる私。するとトニョッツィが優しい笑顔で“Tutto bene?”(順調?)ともう一度聞いてくる。なんかもう信じられなくて思わず「うん」と日本語で頷いてしまった。

ブレシアへ移籍しなければ別の三平グッズをあげたのに

いやあ、トニョッツィは三平グッズが相当嬉しかったらしい。プレゼントの効果は絶大なり。
私とトニョッツィのケースように、第一印象は最悪でも何度か会ううちに仲良くなれることもある。これをお読みの皆さん、選手に一度や二度冷たくされただけで「嫌な奴」と決め付けないように。たまたま機嫌が悪かっただけで、実はむちゃくちゃいい奴かもしれませんぞ。

南イタリア遠征記2008 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
オマエの母ちゃん○○○
悪口覚えました。昔、どっかのブラジル人も変な言葉ばかり覚えていたようですが、やはりどこでもそうなんですかねえ。
ヴィジャーニ選手は本当にいい人そうですね。イヤ、イタリア人だからわかりませんが(笑)日本のアニメパワーはすばらしいですね。
こういう言葉を最初に覚えるのは万国共通(笑)
私もほとんどイタリア語を話せないくせに、こういう言葉だけは結構知っています。もちろん自分では使いませんよ(笑)

ヴィジャーニは癒し系です。ほわ~んとしていて、はひふへほ~なしゃべり方で相手を脱力させて、近くにいると凄く和みます。
日本のアニメパワーは本当に素晴らしいです。アニメ万歳です。
相棒情報によると、イタリアの30代半ばは「タイガーマスク世代」なんだそうです。実際デルピエロのタイガーマスク好きは有名ですし。アモルーゾもタイガーマスクに反応したりするのかしら・・・。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。