FC2ブログ
2009/02/06

08-09レッジーナ冬のメルカートのまとめ

08-09シーズン冬のメルカートのまとめでございます。
って、まとめが必要なほど大きな動きはなかったんですけどね・・・。

まずは放出から。時系列順に並べましたけど、プリマヴェーラちゃんの移籍は割愛しました。

●いなくなった人たち

■ジョニス・コーリス ⇒ ラヴェンナ(レンタル)

■フランチェスコ・コセンツァ ⇒ アヴェッリーノ(レンタル)

若い子はコンスタントに試合に出られる環境に行った方がいいですよね。プレーしないと伸びないし。コーリスもコセンツァも大きくなって帰ってくるんだぞ。

■ルカ・トニョッツィ ⇒ ブレシア(買い取りオプションつきレンタル)

もっと大きな写真が欲しい

こんな小さな写真しか見つけられませんでした。背番号は5番を貰ったようです。
入団会見ではこんなことを話していました。

アマラントユニで厳しい難しいシーズン前半を送った後、大きな熱意を持ってブレシアで再出発することになった。チームの役に立つために自分のクオリティの全てを発揮したい。ここの一員になれたこと、こんな野心的なチームでプレーすることに大満足だよ。セリエAからBへ来たことについては、恐れもないし心配もない。だってここは勝つために戦っているから。モチベーションが高いし、何よりもいいサッカーをするための条件が揃っている。

今季はカルモナがいきなりチームにフィットしちゃって、バレート&カルモナの南米コンビに割って入ることができませんでしたね。スタメンで出られるクラブへの移籍をずっと望んでいたので、冬にいなくなることは覚悟していました。覚悟していたけど、せっかく仲良くなったのに、いなくなっちゃうのは寂しいです・・・。
メルカート終了前日まではエンポリとの話が進んでいて、「これはエンポリに三平が二人になりますよ!」と板貫さんと盛り上がっていたんですけど残念ながらブレシアになっちゃいました。ブレシアで釣り仲間が見つかりますように。
レッジーナでの2年半の貢献、絶対に忘れません。今までどうもありがとう。いつかレッジーナに戻ってきてくれたら嬉しいな・・・。
まあブレシアが買い取りオプションを行使しなかったら戻ってくるわけですが、彼を残したいというクラブの熱意を全く感じないので、戻ってきてもすぐに売られちまうんじゃないかなというい気がします。ブレシアに買い取ってもらえなくて夏にエンポリ移籍というコースも悪くないですね。←こら

お次は獲得です。

●やってきた人たち

■マテヤ・クライチク スラヴィア・プラハから完全移籍

見るからに温和そうです

トレンチン(スロヴァキア)出身
1978年3月19日生まれ30歳
183cm 81kg
ポジション:DF


オルランディ監督が戻ってきてからは3-5-2の5の右サイドでスタメンに定着しそうな感じです。一日も早くチームにジャストフィットしてくださいませ。たった一人の補強ですから、皆が期待してまっせ~。頑張れ~!
・関連エントリー
冬メル情報第1弾 マテヤ・クライチク獲得!

前節ローマ戦の後でオルランディ監督は「補強に期待している」とコメントしていましたが、結局獲得したのはクライチク一人だけという幕切れでした。オルランディ監督、がっかりしているだろうなぁ。

メルカート終了後にフォーティ会長は次のようにコメントしております。

ブリエンツァとディ・ジェンナーロが移籍を求めてきたが、我々は彼らを手放さなかった。補強については動きなしだ。じゃあ、どうやって残留するのかって?現有戦力のグループをコンパクトにするんだよ。ネヴィオ・オルランディにとっての新戦力はなかったが、日曜の午後にもう一人頼れる選手が現れたじゃないか。コッラーディとコンビを組んだディ・ジェンナーロがオルランディによって新たに組み込まれた。彼はプレーするためにレッジョにやってきたと入団会見で言っていた。そしてコッツァとブリエンツァとの競争があることも理解していた。素晴らしいパフォーマンスとアマラントのティフォージの拍手とともに、ついにその日はやってきたんだ。

要するにブリエンツァとディ・ジェンナーロの残留こそが真の補強だと言いたいようです、このオッサン。
ディ・ジェンナーロはレッジーナで出番がもらえなくてジェノアに戻りたくなっちゃったみたいですね。それで慌ててローマ戦で先発させたんでしょうか。冬市場が閉まったからって、またベンチに逆戻りだったらどうしましょ。オルランディ監督、これからはもっと使ってあげてくださいね。
しかしまあ、最低でもDFは一人来るもんだと期待していました。レッジーナのDFの皆さんは立派な体格の割には怪我しやすいですし、よく警告貰ってお休みしますし、後半戦を戦うのにどう考えても今の戦力じゃ不安なんですけど。誰も来なくて本当に大丈夫なんでしょうか。てか、

ラツィオはどうして今年は誰も貸してくれないの?

クリバリ貸して欲しかったのに~。ケチ~。
ラツィオといえば、フォーティ会長は「もう1回フォッジャ貸してよ」と無謀なお願いをしていた模様。無理だろ・・・。
またアモルーゾがメルカートに出されたと知ると、すぐさま獲得に名乗りを上げましたが、シエナに持っていかれちゃいました。てか、アモルーゾも無理でしょ。出て行ったばかりなのに、戻ってこないと思うぞ。
そういえばアロニカ獲得にも動いていましたっけねえ・・・。
これはアレですかねえ?現在チームは結束していていいムードなので、変な補強をして和を乱したくなかったんでしょうか。それで出戻り組にターゲットを絞ったんでしょうか。そうなの会長?

それ以外にも今冬もいろいろな噂が飛び交いました。記憶に残ったものだけ簡単に紹介します。

まずはボローニャ、キエーヴォ、その他のクラブに大人気だったコッラーディですが、代理人が1月8日に残留宣言しました。日本語の記事にもなってますね。
降格危機レッジーナのエースFW「チームに残る」
コッラーディ本人が残留を明言してくれたのはシエナ戦のあとでした。
「残留するよ。生き残るために苦しむことが当たり前になってしまっているレッジーナと一緒に窮地を脱したいんだ。」
コッラーディは昨季はパルマを救えなかったという苦い思いがあることでしょう。もし今季レッジーナがBに落ちてしまうと「降格を運んでくる男」という縁起の悪いレッテルを貼られてしまうかもしれません。たくさんゴールしてレッジーナを残留させてくださいね。残ってくれて本当にありがとう。

コッラーディ残留が確定したのでボナちゃん復帰はおじゃんに。ボナちゃんは嫁を説得してレッジョに戻ってくる気満々だったのですが、結局はフィオレンティーナへ行きました。彼にとっては(嫁にとっても)そっちの方が幸せだったんじゃないでしょうか。フィオで頑張ってね。

コッラーディの次に人気者だったのがバレートです。
レッジーナはパッツィーニやパパワイゴに興味を示していたのですが、フィオからは「じゃあ代わりにバレートくれる?」と言われたそうな。
またダッラ・ボーナ獲得のためにハルフレッドソンとのトレードを提案すると、ナポリからは「ハルフレッドソンはいらないけどバレートなら欲しい」という返事。マルティーノSDは「ダッラ・ボーナは欲しいが、バレートは絶対に譲れないんだ」と獲得を断念。てか、ハルフレッドソンは譲っちゃってもいいの?レッジーナではそういう扱いなのね?

ほとんど出番が得られないストゥアニをアヴェッリーノに貸し出すという話もありましたが、まとまりませんでした。ストゥアニはBでコンスタントにプレーした方が良かったんじゃないかなぁ・・・。

GKはカンパもプッジョーニも残ってくれました。プッジョーニはあんまりハッピーじゃないかもしれないけど、私は超ハッピーです。(笑)

他にも面白いネタがあったと思うのですが、疲労で頭が働きません。こんなところで冬メルのまとめを終了いたします。

えー、総括としてはですね、もう開き直るしかないでしょ。動きがほとんど無かったことが幸いしてチームの結束がより強まり、残留に向かって一直線!という展開を切に願っております。

08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
やっぱり
馴染みのある選手が出ていくのは抵抗がありますね。 トニョッツィ自身もセリエAデビューしたこのクラブでプレーしたかったでしょうね。勝負の世界は厳しいですね。 とりあえず2年半ありがとう。 活躍を期待してます。

アモルーゾも移籍しましたね。マッカローネ、ハルジャ、アモルーゾ、考えただけで怖いっす。トリノ相手にやったってほしいですね。 アモルーゾもコッツァみたいに戻って来てくれないのかな? 

早くミラン戦見たいですね(´∀`)
寂しいですよね、三平の移籍・・・
ブレシアで大活躍して欲しいですね。Bだとプレーを見られないのが辛いなぁ・・・
まあ遠征記の方でしばらく活躍してくれますが(笑)

アモルーゾは流れ流れて最後はレッジーナに戻ってきますよ。多分。(爆)
トリノにはもう戻れないだろうなあ。あの感じじゃ。

ミラン戦は本当に楽しみですね!久しぶりのスカパー放映だー!

管理者のみに表示