--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/30

セリエA第21節トリノ×レッジーナ ポジティブなドロー

トリノ0-0レッジーナ
得点者:いましぇーん

Torino (4-3-2-1): Sereni, Pisano (29'pt Di Loreto), Ogbonna, Rivalta, Dellafiore, Saumel (11'st Dzemaili), Zanetti, Abate, Rosina, Amoruso, Bianchi (19'st Stellone). A disp.: Calderoni,Colombo, Corini, Rubin. All. Novellino
Reggina (3-5-2): Campagnolo, Lanzaro, Santos, Valdez, Costa, Krajcik, Barreto (43'st Tognozzi), Barillà (50'st Sestu), Brienza (40'pt Ceravolo), Cozza, Corradi. A Disp.: Puggioni, Hallfredsson, Rakic, Viola. All. Orlandi
Arbitro: Sig. Farina di Novi Ligure
Ammoniti: Barillà, Lanzaro, Rosina, Zanetti.

関連記事:
Serie A Week 21 - Torino 0 - 0 Reggina

この試合の動画:
Torino Reggina 0-0 Ampia Sintesi Highlights Contro Campo 21a Giornata 28-01-09 HD
Torino Reggina 0-0 Sintesi Highlights Sky Golparade 21a Giornata 28-01-09 HD
2008-2009 campionato torino-reggina 0-0

この試合の選手の評価:
Goal.com
Campagnolo 6,5; Lanzaro 6, Valdez 5,5, Santos 6; Krajcik 6, Barreto 5,5, Cozza 5,5 (82' Tognozzi s.v.), Barillà 6,5 (95' Sestu s.v.), Costa 5; Brienza 5,5 (41' Ceravolo 5,5), Corradi 5,5. All. Orlandi 5,5, ARBITRO: Farina 6,5
Kataweb
Campagnolo 6, Lanzaro 5.5, Valdez 6, Santos 5.5, Krajcik 5, Barreto 5.5 (42' st Tognozzi sv), Cozza 6, Barillà 5.5 (50' st Sestu sv), Costa 5, Brienza 5.5 (40' pt Ceravolo 5.5), Corradi 5.5, All. Orlandi 5.5, Arbitro: Farina di Novi Ligure 6.
Datasport
Campagnolo 6.5, Santos 6, Costa 6.5, Lanzaro 5, Valdez 6, Krajcik 5, Tognozzi s.v., Sestu s.v., Barillà 6.5, Barreto 6.5, Cozza 6, Corradi 5, Brienza 5.5, Ceravolo 5.5

試合後の両監督のコメント:
■ノヴェッリーノ監督のは見つからないので代わりにカイロ会長
我々は団結して戦い続けないといけない。
今日はレッジーナ相手にゴールして勝利することが出来なかった。レッジーナは晴らしい試合をしたよ。よく守り、秩序がある。
ジェマイリのシュートがポストを叩いたのは確かだが、我々はコンパクトにならないといけない。信頼を失わないためにもね・・・。
■オルランディ監督
技術面に関しても、選手全員が見せてくれた気迫の点でも、うちは本当にいい試合をした。この試合は引き分け以上に値したんだがなあ。
我々は残留を固く信じているんだ。選手たちは自分たちが目標を達成できるということを証明したがっているよ。我々は戦い続ける。これを続けていけばポジティブな結果が訪れるだろう。




この試合はネット観戦できませんでした。ハイライトといろんな記事を参考に簡単にゲームの流れをまとめると以下のような感じであります。

恐いくらいの笑顔のファリーナ主審、ロジーナ、コッツァによるコイントス。えらい楽しそうだにゃー。
 ↓
レッジーナは白い長袖のアンダーシャツの上に半袖のセカンドユニを重ねるという不思議な着こなし。しかもアンダーシャツの長袖部分は継ぎ足したようにも見える。もしかして長袖ユニを持っていくのを忘れたとか?
 ↓
コッラーディを狙ったロングボールをピサーノがヘディングでクリア。それをバリッラが胸トラップして右足ボレー!セレーニが横っ飛びセーブでCKに逃れる。いいぞバリッラ!
 ↓
前半33分、左サイドのアモルーゾ→ロジーナのクロス→ビアンキのヘッドはカンパニョーロがしっかり弾いてセーブ。
 ↓
バレートの右CK→エリアのちょっと外側で待ち構えていたブリエンツァがシュート→ディ・ロレートがクリア→こぼれ玉をヴァルデスが胸トラップからボレー!→至近距離でセレーニが足でセーブ。
 ↓
やはりブリエンツァはコンディション的にかなり無理が合ったようで前半40分にチェラヴォロと交替。大丈夫かなぁ・・・。
 ↓
後半になってもビアンキがシュートをふかし、アモルーゾのヘッドも枠を逸れ、決定機を作れないトリノ。

アモルーゾと板前さん
 ↓
決められないのはレッジーナも同じ。バレートの右CK→コッラーディがエリア内中央で体を捻りながらアクロバティックにボールを蹴り上げ、ゴール左に高いボールを入れる→ヴァルデスがフリーで頭で合わせるも、ボールはクロスバーを越えていく~。あ~あ板前さん、本日2回目のチャンスだったのに~。
 ↓
後半19分、トリノ選手交替ビアンキ→ステッローネ。ビアンキはこの試合も再起動スイッチが入らず。誰かスイッチを探して押してやってください。

サントスとビアンキはアタランタユース出身ですよね?
 ↓
トリノこの試合最大の(唯一の?)決定機。ロジーナとのパス交換からエリア内に進入したジェマイリのシュートは右ポスト直撃。助かった~。
 ↓
チェラヴォロのシュートは枠に飛ばず。
 ↓
ステッローネのシュートも枠に飛ばず。
 ↓
このままスコアレスドローで試合終了。

引き分けに納得しないトリノティフォージの口笛とブーイングでスタジアムは不穏な空気に包まれました。トリノの皆さん、無事に帰宅できたでしょうか?
一方、レッジーナのティフォージは選手たちの名前を呼んで健闘を称えました。平日夜の試合にはるばるトリノまで足を運んで応援してくれたお礼に、選手たちは次々とユニを脱いでプレゼント。確認できただけでコッラーディ、コッツァ、ランザーロ、チェラヴォロ、トニョッツィがブリーフ姿を晒す大サービスを敢行。流石にパンツ一丁はいませんでした。いくら脱ぎっぷりのいいレッジーナの皆さんでも、真冬の北イタリアの寒空の下ではねえ。(笑)
torino-reggina ←ブリーフ映像
ここで素朴な疑問。今日は絶対に勝たなくちゃいけない試合だったと思うんですけど、選手もサポも一緒になって勝ち点1を喜んでいていいんでしょうか?
でも前節あれだけ怒っていたティフォージが態度を変えるってことは、それだけレッジーナが応援のし甲斐のある試合をしてくれたってことなんでしょう。とりえあずサポとの関係が再び良好になってくれたのなら嬉しいです。ローマ戦でも熱いサポートを頼んだぞ!

スタッツを見ると圧倒的にトリノがボールを保持していた模様。しかしボールポゼッション62.1%:37.9%の割には、トリノはほとんどチャンスを作れなかったようで。

Torino-Regginaスタッツ

ピッロン監督が好んで使っていたセストゥはこの試合ロスタイムに時間稼ぎ要因として登場。オルランディ監督になったら、あまり使われなくなってしまうのでしょうか。ぜひ使って欲しいんですけど・・・。
バリッラは前節に引き続き活きのいいプレーを披露したようです。レッジーナの残留のためにも若い子ちゃんたちが大急ぎで成長してくれますように。

この試合でクライチクが中盤右サイドでスタメンデビューを果たしましたが、彼のサイドはオグボンナに突破されまくり&攻撃参加できていなかったということで評価は低めです。まあ徐々にセリエの空気に馴染んで行ってくれることでしょう。
一方、左サイドのコスタはアバーテをよく抑えていたとDatasportでは褒められております。

コスタはひげを剃りなさい

まあ、ぶっちゃけオルランディ体制でもピッロン体制でも、いい試合をしながら勝てないという問題点は何も変わっておりません。シーズン開始からずっと同じです。昨季は1月にやってきたブリエンツァが一人で嫌な流れを変えてくれましたが、果たして今季は誰がキーパーソンになるのでしょうか。

救世主カモーン!

もう一つの残留決戦キエーヴォ×レッチェも引き分けたので、同じポイント差のまま最下位キープであります。
Eurosportの記者さんは「トリノとレッジーナはどっぷりと残留ゾーンに浸かっているが、このドローは実直で堂々としたパフォーマンスをした後で、最後に再び結束を強めたレッジーナの方がポジティブである。トリノは不安定さの中で途方に暮れている」と書いていました。
勝てなかったのかよー。ドローかよー。まだ最下位かよー。 という気持ちだったのに、この記事読んでかなり浮上した私です。←すげえ単純


08-09レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。