--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/25

空飛ぶロバと最下位対決 キエーヴォ戦直前情報

今節もレッジーナの試合が注目試合に選ばれちゃいました。共に勝ち点13で順位表の底をさ迷うレッジーナとキエーヴォの対戦に、世の中はそんなに注目しているんでしょうか?
今日もここで見られそうですが、今週も2時から4時までネット観戦したら更にお肌がボロボロになってしまうではありませんか。って、起きていられるかどうか不明ですけど。

本日は2005~2007までキエーヴォを率いていたピッロン監督、2000年~2002年までキエーヴォに在籍していたコッラーディ、そして相手側はつい先日キエーヴォにレンタル移籍したばかりのマキンワにとっての古巣対決となります。

ゴールしちゃイヤよん

マキンワもすっかり流れ者人生を歩んでおりますな。でもまだ25才なんですよね。レッジーナにいた昨季後半戦で1点も取ってくれなかったのに、今日レッジーナ相手にいきなりゴールしやがったら怒りますぞ。活躍は祈っておりますが、レッジーナ戦以外でお願いします。
あ、キエーヴォにはもう一人元レッジーナがいました。そういやリゴーニは05-06シーズンの前半だけレッジーナにいましたっけ。あんまりよく覚えていないのですが。

この金髪に見覚えがあります

さて、ランザーロのインタビュー記事です。

今日は無失点でお願いします

Reggina's Lanzaro: Chievo Match Is Not Our Last Chance (22/01/2009)
レッジーナのランザーロ「キエーヴォ戦が俺たちのラストチャンスというわけじゃない」
~チームメイトのプレッシャーを軽減するため、レッジーナのスター選手マウリツィオ・ランザーロは、仮に今週末の残留対決でレッジーナがキエーヴォを破ることに失敗したとしても、生き残るチャンスはまだあると発言した。~
レッジーナのDFマウリツィオ・ランザーロは、今シーズンまだまだたくさんのゲームが残っているので、キエーヴォ・ヴェローナとの対戦が残留争いの行方を決めるとは考えていない。
この対戦の敗者は最下位に置き去りにされることになるものの、残留ゾーンは依然として手の届く範囲内にあり、後半戦がまるまる残っているのだから追い上げる時間はたっぷりある。
「キエーヴォ戦が俺たちのラストチャンスだとは考えていないんだ。たとえそれがとても重要な一戦だとしてもね。」とレッジョ・カラブリアのプレーヤーは語った。
「決勝戦みたいになるだろうけど、でもラストチャンスじゃない。ナポリ戦でキエーヴォはとても素晴らしいゲームをしたけど、俺たちだってシエナでは負けに相応しくない出来だった。順位表の今の位置に慣れちゃったけどさ、残留ゾーンまでは4ポイントだ。団子状態のままでいるためにも練習しないといけないな。」
アマランティは今季19試合で13ポイントを獲得し、キエーヴォと最下位を共有している。残留ゾーンのレッチェとは4ポイント差だ。


そうそう、仮に今日負けたとしても、まだシーズンは長いです。あんまり思いつめて萎縮しちゃわないようにしましょうね。

お次はピッロン監督です。

古巣相手に勝ちたいですよねー

Pillon: Reggina Can Defeat Chievo (24/01/2009)
ピッロン「レッジーナはキエーヴォに勝てる」
~レッジーナの監督ジュゼッペ・ピッロンは、土曜に彼の選手たちが古巣のチームを破ると確信している。~
レッジーナとキエーヴォは共に勝ち点13でセリエA順位表の最下位にいるが、カラブリアのスタディオ・グラニッロで対戦する。
「チームにはキエーヴォ戦でシエナ戦と同じ積極性と強い決意と勇気を見せて欲しい。トスカーナのチームとの対戦では我々は勝利に値した。これは事実であり、私個人の意見ではない。あのスピリットを持ってすれば、我々が試合に勝利する可能性は現実のものとなる。」と2005年から2007年までキエーヴォで指揮を執っていたレッジーナの監督ジュゼッペ・ピッロンは説明した。
アマラントは12月半ばにネヴィオ・オルランディを解任してピッロンを連れてきた。彼の初期の仕事振りはわずか1分2敗であるにもかかわらず、彼はまだクラブに残留をもたらすという希望を持っている。
「カンピオナートの今の時点で我々は7~8試合勝たないといけない。とても高い集中力を維持できたときにだけ我々はゴールできるし、ここのところの試合で高い代償を払ってきたミスを避けることが出来るんだ。」
ルカ・ヴィジャーニとエマヌエレ・カッショーネとアントニオ・ジョーザを怪我で欠き、ブラジル人DFサントスは出場停止だが、それでもピッロンは結果に希望を持っている。


えー、別の記事ではコッツァの左サイドハーフでの起用をほのめかしていました。どうやらコッツァの体調が万全になってもトリデンテをやる気はなさそうです。なんかコッツァの扱いがウリヴィエリ監督の時みたいになってきましたな。
今日こそ初勝利が訪れるといいですね、ピッロン監督。てか、そろそろ初勝利が訪れないと、早くも解任されそうで心配ですわ。
クラブは今日の試合の結果次第で移籍市場での動向を決めるそうです。とりあえず選手をキエーヴォ戦に集中させるために今週はメルカートで全く動いておりません。

キエーヴォ戦には19名の皆さんが招集されました。
Portieri: Campagnolo, Marino.
Difensori: Cirillo, Costa, Krajcik, Lanzaro, Valdez.
Centrocampisti: Barillà, Barreto, Carmona, Di Gennaro, Hallfredsson, Sestu, Viola.
Attaccanti: Brienza, Ceravolo, Corradi, Cozza, Rakic.


レッジーナの怪我人はジョーザ、カッショーネ、ヴィジャーニの3人。怪我人リストには入っていませんが、チリッロとヴァルデスはコンディション良好というわけではないそうで、ちょっとDFがピンチです。
出場停止はサントス。累積リーチはチリッロとコスタの二人。
ガゼッタの予想スタメンは以下のとおり。

クライチクはスタメンじゃないのかなぁ

キエーヴォの怪我人はマラゴーとランジェッラの二人。出場停止はモレーロです。
ガゼッタの予想スタメンは以下のとおり。

マキンワはベンチスタートの予想

キエーヴォは前節ナポリを下していますから精神的に高揚していることでしょう。勢いに乗ってレッジョに乗り込んでくるんだろうなぁ。嫌だなぁ。
因みに今季開幕戦は2-1でキエーヴォが勝利しています。あちらさんも重症なアウェイ病でアウェイでは5ゴールしか挙げられていないそうですが、それってレッジーナの3ゴールよりも多いじゃん・・・。

ガゼッタによるとレッジーナの最終日の練習は選手たちに笑顔はなく、非常に緊迫したムードだったそうです。絶対に勝たないといけないというプレッシャーに負けずにいられるかどうか、これが全てですね。グラニッロの観客が最高のサポートをしてくれますように。

Forza Reggina!!!

08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
勝ってほしかった!せめて勝ち点1でもとれたら!やっぱり、DF、FWもう一人~二人補強しないとかな?何か、変化がほしいな。
ほんと勝ち点1でもいいから欲しかったですよね。
前半でカルモナとブリエンツァを失ったけど、それでも後半大崩れしないで頑張ってました。最近報われない試合が多いなー。
DF陣は怪我がちなので、もう一人欲しいところですね。
FWはもしブリエンツァが長期離脱するようなら、即戦力になる人を獲ってくれないと困ります。アモルーゾをトリノから連れ戻したい・・・。←無理だから

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。