--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/11

2009年初戦を勝利で飾れ!ラツィオ戦直前情報

待ちに待ったカンピオナートの再開です。家族と共に楽しい休暇を過ごした選手の皆さん、クリスマスのご馳走に目がくらむことなくコンディション維持に励んでくれたでしょうか。体が重くて動きが鈍いとかないでしょうね?大丈夫ですよね?

さて、新加入のDFクライチクがやっと挨拶してくれました。動画が上がってます。
Interviste esclusive: Matej Krajcik 8/01/09
しゃべり始めでやたら緊張しているのが笑えますが、途中から徐々にリラックスして、最後はとてもいい笑顔を見せてくれます。3分足らずの動画で性格なんて分かるはずもないのですが、大らかで優しそうな印象を受けました。この写真のポーズにも和みます。

見るからにいい人そうだ

以下、ガゼッタの記事をメインに複数の記事をミックスしたクライチクの自己紹介文です。

2008年に彼はスラヴィア・プラハでタイトルを獲得している。自身の豊かな経験でレッジーナに貢献する準備が出来ているのだ。
彼は去年の12月17日以降公式戦でプレーしていない。スラヴィア・プラハ時代にアムステルダム・アリーナでアヤックスとUEFA杯を戦い2-2で引き分けた。彼はチームメイトを抱きしめ、そしてチェコのクラブを退団した。
彼の名前はマテヤ・クライチク。今度の3月19日に31歳になる。レッジーナの新しい仲間と10日間練習をしたが、移籍手続きが完了しないので不安になっている。今日か明日には正式な手続きが完了し、ピッロンの賛成を得て、日曜日のグラニッロでのラツィオ戦でデビューできることを願おうじゃないか。
---長い交渉について
代理人からレッジーナの興味を教えられ、2ヶ月の交渉の結果、2011年までの契約で合意したんだ。
---レッジーナで知っている選手は?
キャプテンのコッツァとブリエンツァのことは知っている。ブリエンツァとは彼がパレルモにいた頃にUEFA杯で対戦したことがあるんだ。
---チームの誰と話をしている?
ブリエンツァとラキッチとは英語で会話している。でも早くイタリア語をマスターしたいよ。
---夢の実現
イタリアのカンピオナートは世界でも有数の厳しさだ。ここに来られて光栄だし、ここに来られて満足している。レッジーナのセリエA残留のために全力を尽くしたい。
---新しい環境には満足?
レッジョ・カラブリアは本当にキレイな町だね。海もステキだよ。人々は素朴で温かくて、俺をリラックスさせてくれる。練習の後で町を歩くのが好きなんだ。人々と触れ合いは、ここに早く馴染むためにも大事なことだ。
---ファンにメッセージを
召集されたら全力を尽くして、レッジーナのセリエA残留に貢献したい。目標はカラブリアの全てのファンを幸せにすること。


ようやく正式な選手登録が完了しました。ラツィオ戦にも召集されています。果たして出番はあるでしょうか。即戦力として思い切り期待していますぞ。
えー、すごいビックしたんですが、ブリエンツァは英語が話せるんですね。もっと早く教えてよ!←英語で話しかけなかったお前が悪い
いやいや、いつも思いがけないところにイングリッシュ・スピーカーが潜んでいるもんですな。次の遠征はブリエンツァと英語でお話できるかしら。でも彼は捕まえるのが難しいんですよね。小さいからすぐに見失ってしまうんですよ。これ冗談じゃなくて本当の話。(笑)

はい、ここからは今日のラツィオ戦の話題です。といってもマスコミの皆さんはメルカート関連の記事を書くのに忙しいようで、ラツィオ戦関係の記事がほとんどありません。いつもレッジーナの選手の声を英語にしてくれるGoal.com英語版は、今週はその手の記事は皆無。選手が試合前の意気込みを語っているのは、これしか見つけられませんでした。

今やコッツァの次の古株になりました

Reggina: Lanzaro 'Contro la Lazio senza paura' (06/01/2009)
ランザーロ「恐れることなくラツィオに向かっていく」
マウリツィオ・ランザーロはもうすぐ始まろうとしているシーズン後半戦を自信をもって見据えている。ディフェンダーはレッジーナTVのマイクに向かってチームの現況を分析した。
「俺たちのカンピオナートはベストなスタートを切れなかったけど、巻き返すのにまだあと5ヶ月も残っている。今は監督のやり方を学んでいるところで、監督は俺たちに何をやらせたいか理解させようとしている。一日も早く実践できるようにしないといけないな。日曜日までにあまり時間がないから。」
日曜はグラニッロにラツィオがやってくる。
「敬意を持って対戦するけど、恐れちゃいない。もし彼らの強さを正しく抑えられなければ、有能な選手たちに押し込まれてしまうだろうな。俺はパスクアーレ・フォッジャが厄介だと思う。元チームメイトだけど、すごい個人技を持っているんだ。あいつの動きを封じないきゃ。」


選手たちはピッロン監督の哲学を吸収できたでしょうか。どうやら4-4-2を好む監督さんみたいですね。今日の試合でチームとして上手く機能するといいなぁ。
フォッジャはレッジョの民から可愛がられていたので、今日もグラニッロで大歓迎されることでしょう。でも、お願いだからゴールもアシストもしないでね。なるべく大人しくしていてください。

お次はピッロン監督の会見です。

この方もオーバーアクションな監督なんでしょうか

Reggina: Pillon 'Conta solo il risultato' (09/01/2009)
ピッロン「大事なのは結果だけ」
「唯一大切なのは結果だ。今の状況下ではスペクタクルな側面を気に懸ける余裕はない。」
ピッロンはそう断言した。ホームのデビューが近付いているが、ピッロンはラツィオ戦の重要性を認識している。
「我々の残留への道のりがグラニッロから始まっていることを十分に理解しないといけない。ビアンコチェレスティとの対戦から我々にとってレッジーナのスタジアムが、ある意味ライオンが死闘を繰り広げる場と化すことを望んでいる。」
リーグ戦再開にあたってポジティブな結果を得ることは、彼にとって簡単なことではない。危険なフォーメーションを敷く首都のチームとの対戦では、レッジーナはカルモナが出場停止、ジョーザ、ヴァルデス、カッショーネ、ヴィジャーニを怪我で欠くのだ。しかしながらアマラントの監督は不在の選手が多いにもかかわらず自信があるように見える。
「確かなことが一つだけある。それは誰がプレーすることになろうとも最大限の貢献をしてくれるということだ。守備では重要なチャレンジを期待している。なぜなら我々が対戦するのは、たった一度のミスが失点に繋がってしまうチームだからだ。相手は一流のFWから成るトリデンテで我々を打ちのめすことが出来るんだ。
セスツゥのことは信頼して使い続けるつもりだ。コッツァとブリエンツァのコンディションは見極めないといけない。何人かの選手たちの練習での様子を興味深く見させてもらったよ。1週間かけてポジティブな評価を行う機会を持てた。
カルモナは出場できないが、彼の代わりに誰が出ても高いレベルを発揮してくれると信じている。攻撃に関しては幾つか選択しないといけない。コッラーディが先発するかどうかに関してもね。その代わりGKに関しては迷いはない。一番の選択肢は常にカンパニョーロだ。」


アウェイじゃなかなか勝ち点を積み上げられないんだから、得意のホームでは毎回死闘を繰り広げて確実にポイントを稼げ。グラニッロでの勝利こそが残留への近道だ。ということですかいな。この監督さんも熱そうな人ですね。
最後の言葉は「冬にカンパニョーロを売ったら許さんぞー!」というクラブへの牽制でしょうか。前節彗星のように現れて大活躍したセストゥは今日も頑張ってくれますように。

ラツィオ戦には少々多めに20名が招集されました。
Portieri: Campagnolo, Marino.
Difensori: Cirillo, Costa, Cosenza, Krajcik, Lanzaro, Santos.
Centrocampisti: Barreto, Barillà, Di Gennaro, Hallfredsson, Tognozzi, Sestu, Viola.
Attaccanti: Brienza, Ceravolo, Corradi, Cozza, Rakic.


レッジーナの怪我人はヴァルデス、ジョーザ、カッショーネ、ヴィジャーニ、プッジョーニの5人です。皆さん休暇中に回復しなかったのね・・・。筋肉系のトラブルでラツィオ戦は無理と予想されていたブリエンツァはギリギリ間に合ったようです。totakuさん、ぬか喜びさせてごめんなさい
出場停止はカルモナ。累積リーチはトニョッツィとサントス。
ガゼッタの予想スタメンは以下の通り。カルモナの位置にはトニョッツィが入る模様。

トリデンテはやらないの?

ラツィオの怪我人はシヴィーリア、マトゥザレム、リヒトシュタイナーの3人。出場停止はおりません。フォッジャはスタメン予想からは外れていますね。

フォッジャは後半出場かしら

Goal.com英語版のプレビューでは注目選手に元ラツィオのコッラーディとラツィオの新アイドルサラテ君を挙げております。でもって、スコア2-2のドローを予想。両チームとも何が何でも新年を勝利でスタートしたいと欲しており、面白い対戦になるのではないか。レッジーナは勝ち点に飢えていて、ラツィオはウィンターブレイク明けはいつもスロースターター。故にハイスコアのドローになるだろう。そう書いています。
Serie A Preview: Reggina - Lazio

いや、勝たせてもらいますよ。コッラーディは古巣相手に3点くらい取っちゃう予定ですから。←でかく出たな
2009年初戦を勝利で飾って気持ちよくシーズン後半戦をスタートさせましょう。そしてピッロン監督に初勝利をプレゼントしてあげましょう。得意のホームなんだから負けるなよー!

Forza Reggina!!!

08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
TBありがとうございましたー。
ブリエンツァはアジジ作戦だったわけですね・・・。まんまと引っ掛かってしまいましたorz

ネットで観戦してましたが、フォッジャが途中交代で入ってくるときにグラニッロのお客さんに拍手を送られたシーンは良かったです。やはりレッジーナのティフォージは暖かいですね。フォッジャも拍手で応えてました^^

試合は見どころの多い内容でしたが、とりあえずお互い失点を減らさないとダメですね・・・。
totakuさん、こんばんは。私もネット観戦してました。

そうですね、お互い失点を減らさないとダメですね・・・。はぁ・・・。
ゴール前にDFの数が揃っていても相手を捉まえ切れないんですよねー、うちは。orz

フォッジャ投入のシーンは感動的でしたね。ほんとフォッジャはレッジョで人気者でしたから。フォッジャのノリは南向きなんだけどなー。って、ラツィオも一応ギリギリ南のチームに入るんでしょうか?どこからが南なんだろう?(笑)

とりあえず最後まで互いに点を取りにいったゲームで退屈はしませんでしたね。5月にはリベンジさせていただきますぞ!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。