--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/14

今年も勝たせてくださいね♪ サンプドリア戦直前情報

今節はレッジョの英雄マッツァーリ監督のグラニッロご帰還ですが、最初に残念なお知らせです。前節ボローニャ戦で負傷退場したヴァルデスが火曜日に関節間軟骨(要するに半月板のこと)除去の手術を受けました。復帰はクリスマス休暇明けになりそうです。やっとランザーロが戻ってきたと思ったら今度は板前さんがアウト。絶対にベストメンバーが揃わない最終ラインであります。板前さんが一日も早く回復しますように。

さて、インタビュー記事トップバッターは前節の引き分けにご立腹のフォーティ会長でございます。
Reggina's Foti Fuming Following Bologna Draw (09/12/2008)
レッジーナのフォーティ、ボローニャ戦のドローに激怒
~先週日曜のアマランティとロッソブルーの対戦での2-2のドローは、レッジョ・カラブリアのチームの会長にとって上出来というわけではなかった・・・。~
レッジーナのリッロ・フォーティ会長は、日曜日の2-2で終わったボローニャ戦の後で、彼のチームが2度もリードを守りきることに失敗したことに落胆していた。これはアマランティにとって、順位表でトリノを追い越し、フェルシネイ(ボローニャの愛称)に差をつけるチャンスを無駄にしてしまったことを意味する。
「日曜の夜はぷんぷん怒っておったわい。我々は阿呆のように2ポイントを失ったからだ。自分らがミスを犯した時にそれを認めることについては何の問題もない。」と会長はコメントした。
「まあ、それと同時にこの素晴らしいレッジーナは、とてもいいパフォーマンスをすることが出来るんだということも確信したがね。ロッカールームの中には何一つ問題はないし、オルランディが職を失うリスクもないという事実をハッキリさせておこう。」
レッジーナは現在勝ち点12を獲得しているが、これはトリノと同じポイント数であり、ボローニャよりは1ポイント多い。


昨夜の試合で引き分け大王がついに勝利を手にしたので(5-2でトリノにバカ勝ち)、ボローニャはレッジーナの上に行っちゃいました。でもレッチェがナポリに負けたので、今夜サンプに勝てれば一気に降格圏脱出できます。選手の皆さん、今夜は会長を怒らせないように頑張るのだぞ。

レッジーナ公式でカルモナの会見が文字になっていました。今シーズンになってから会見の様子は動画で配信しているレッジーナ公式で、選手の会見が文字になるのは非常に珍しいことです。恐らくカルモナはまだイタリア語が話せないので、スペイン語の会見を配信してもレッジョの民が理解できないし、イタリア語に訳して文字にするしかなかったのかなと。(笑)

カルモナとクレスポ

"È una Reggina che gioca un buon calcio" (10/12/2008)
---ボローニャ戦
日曜日は2ポイントを失ったんだと思っているんだ。俺たちゴール前でより多くのチャンスを作ったし、もう長いこと試合毎にそれが出来ているのにな。ホームでは残留のための基盤を作り上げないといけない。俺たちいいサッカーをしていて、とりあえず(降格圏脱出という)目標を達成できたはずなのに、フェルシネイ相手になんて勿体無いことをしてしまったんだろう。次の対戦はもっと難しいものになるってことは理解している。でも、何としてでも勝ち点3を取らないといけないね。
---向上
レッジーナはいい試合をしているのに少ない勝ち点しか拾えていないんだ。トリノ戦、カターニア戦、ミラン戦、インテル戦がそうだよね。ほんのちょっとだけ幸運が足りないんだよなぁ。ゴール前でもっと効果的な動きが出来るようになれば結果が付いてくると思う。
---順位
順位を上げなきゃダメだ。これじゃリラックスできないよ。でも俺たちは戦いの真っ只中にいて、この先他のチームが残留争いに巻き込まれるかもしれないでしょ。カンピオナートはまだ先が長いし、俺たちは素晴らしいグループだ。絶対に順位を上げて見せるよ。
---順応
俺、レッジーナでとても上手くやれているよ。チームメイトとも、スタッフとも、自分を取り巻く環境ともね。チリのサッカーは全然戦術的じゃなくてフィジカルサッカーでもない。そういうチリとは全くかけ離れているイタリアの厳しいリーグ戦をベストな状態で戦うのに、ここは最適な場所だと思う。
---首位のチーム
ここまでで一番印象に残ったチームはインテルなんだ。あの日の試合ではレッジーナが彼らを困難に陥れたにもかかわらずね。全てのセクションがコンパクトで強くて、何が必要なのかを理解している組織だよね。
---継続性
次の日曜日は強い決意を持って、いつもと同じレッジーナがここ最近グラニッロで証明してきた仕事振りを披露するよ。俺たちの観客の前でどんな対戦相手だろうと困難に陥れられるんだってことを見せてきた。サンプドリア戦でもやってみせる。


本当にこの子の順応性の高さには舌を巻くばかりです。全く異なる環境からやってきて、まだ若いのにいきなりスタメンを勝ち取ってます。これからまだまだ伸びるだろうし、今季どこまで成長できるか楽しみで仕方ありません。いつかお気に入りのインテルから声がかかる選手になれるといいね。

お次はひげを剃ってもっと若々しくなって欲しいディ・ジェンナーロです。

ひげ剃ろうよ~

Reggina Want The Three Points Against Sampdoria - Di Gennaro (11/12/2008)

ディ・ジェンナーロ「サンプドリア戦で3ポイント欲しい」
~先週の日曜にボローニャを負かすことに失敗した後、アマランティは降格圏から這い上がるためにサンプ戦で勝ち点3を獲得することに狙いを定めた。~
レッジーナのダヴィデ・ディ・ジェンナーロは、先週末のボローニャ戦で勝ち点を積み上げる機会をふいにしてしまった自分のチームに未だにガッカリしている。しかしながらもう前を向く時だし、サンプドリア戦は彼と彼のチームメイトにとって失ったチャンスを埋め合わせる絶好の機会となるかもしれない。
「引き分けは俺たちをガッカリさせたし、本当に残念だったよ。だって残留争いの直接対決に勝利するのは大事なことだからね。」とレッジョ・カラブリアの選手はラヂオ・キス・キスで説明した。
「もう次の大事な試合サンプドリア戦が待っている。いつもと同じようにピッチに出て行って、上手くやれるように頑張るよ。勝ち点3を狙っていく。けどマッツァーリのチームは下位から抜け出すのに必要なものを全て持っている。だって彼らは違いを生み出し、どんな時でも試合を決められる選手たちがいるんだ。カッサーノとベッルッチのことを考えてみてよ。」
この20歳の選手はジェノアからローンでレッジーナに加わり、11月にはドイツ戦でU-21イタリア代表デビューを果たしている。


君自身がカッサーノとベッルッチに負けない選手に成長したまえ。前節の引き分けに超ガッカリしたファンのためにも今節は絶対に勝つのだぞ。その前に出番を貰えるといいね。

お次は長期離脱から復活したランザーロ。マツ監督とは大の仲良しです。

板前さんが戻ってくるまで絶対に怪我をしてはいけません。

Reggina’s Lanzaro: Sampdoria Clash A Direct Relegation Battle (12/12/2008)
レッジーナのランザーロ「サンプドリア戦は残留の直接対決だ」
~アマランティは勝ち点3を狙うブルーチェルキアーティを今週末グラニッロに迎える。~
レッジーナのDFマウリツィオ・ランザーロは友人でもあるサンプドリアの監督ワルテル・マッツァーリとの再会を楽しみにしている。二人はマッツァーリがレッジョ・カラブリアで指揮を執っていた時から非常に親密な関係にある。
「(奇跡を起こした)あの過去のシーズンの終了時まで、マッツァーリと俺は互いによく話をしたよ。ここレッジョでは俺たちは凄い仕事をやってのけ、その後もいい関係がずっと続いているんだ。彼のサンプドリアは今調子のいい時期じゃないけど、もし俺たちが安全な順位でクリスマスを迎えたいなら、頑張って勝ち点3を勝ち取らないと。一つだけ確かなことは、今季この時期でブルーチェルキアーティとの対戦は残留争いの直接対決だってことさ。」
この26歳の選手はレッジーナで4シーズン目を迎え、セリエAで80試合以上に出場している。


マツ監督はサンプに行ってからもしばらくランザーロを欲しがっていましたよね。もう諦めてくれたんでしょうか。うちのDFは層が激薄ですから、冬メルで持っていこうとしないでくださいよ。てか、欲しがっても絶対にあげないけど。

コッツァもレッジーナ公式でサンプ戦について語っていました。カルモナと違ってスペイン語で会見したわけでもないのに、どうして文字になったのかしら。ヘアスタイルが決まらなくてビデオに撮られたくなかったとか?

この写真大好き♪

"Tutti uniti contro la Samp" (12/12/2008)
---元指揮官との対戦
マッツァーリは優れた監督で、ここで素晴らしい仕事をして美しい思い出を残していった。今は幸運な時期じゃないようで、俺たちも残念だよ。間違いなく両チームの全ての選手が勝つためにプレーすることになるだろうな。
---目標
日曜の試合結果はとても重いものになる。ボローニャ戦で勝利を逃したから、順位表で一息つくためにもサンプを破らないといけなくなってしまった。
---サンプドリア
俺たちが対戦するのは3連敗しているチームだ。俺たちのホームで勝利を渇望している。素晴らしいポテシャンルを持った選手たちを並べてくるだろうが、こっちは試合終了のホイッスルが吹かれるまで全力を尽くすことだけを考えるよ。
---観客
グラニッロではファンのお陰で俺たちはいつも力を発揮できている。今度の日曜も試合中ずっと俺たちを強力にサポートしてくれるって期待しているよ。重要な結果を得るために最後まで全員で力を合わせよう。


マツ監督はレッジーナでコッツァを一回り成長させたと自負していましたっけ。コッツァはあんなに熱望したのに、あの奇跡を起こしたシーズンにレッジーナに戻れなかったのが本当に気の毒です。あの素晴らしい経験をコッツァにも共有させてあげたかったなぁ・・・。

はい、最後は愛しのマツ監督のインタビュー記事でございます。

イタリアで一番ヤンキー座りが似合う監督

Mazzarri:No Distractions Against Reggina (12/12/2008)
マッツァーリ「レッジーナに対する心の迷いはない」
~元レッジーナの指揮官は、日曜日の遠征先で古巣のチームへの想いに心が揺れることはないだろう・・・。~
サンプドリアのワルテル・マッツァーリ監督は、低迷している彼のチームを率いて週末にグラニッロでレッジーナと対戦する際に、妙な感情に惑わされることはないと主張している。両チーム共に順位表の下位でもがいている。ドリアーニは降格圏から4ポイントしか離れていないし、一方のカラブリアンたちは圏内だ。マッツァーリはどうすればチームを降格から救えるかを熟知している。彼は過去3年間レッジーナでそれをやってのけたのだから。日曜に彼はかつての戦場に戻ってくるが、古巣のチームに一足早いクリスマスプレゼントを進呈するつもりはない。
「レッジーナファンが私に示してくれる愛情に誇りを持っているが、日曜の試合は我々にとっても重要なんだよ。」とマッツァーリはDatasport.it.に語った。
「日曜にポジティブな結果を獲得することだけを考える。何者にも心を惑わされることはない。この1週間というもの、問題解決のための正しいキーを押し続けてきたから、選手たちのモチベーションを上げられたよ。これは結果を得るための基本だと考えている。もし今のシチュエーションから抜け出したいのなら、我々は全てを、今まで以上のものを出さなければいけないんだ。」


レッジョの民の皆さん、優しいマツ監督の心が散り散りに乱れるよう、大きな温かい声援で迎えてやってください。(笑)
しかしまあ、月日の経過と共にどんどんとドラえもん体型に近付いていらっしゃいますこと。どんなに丸くなっても私の貴方様への私の愛は変わりませんけど。

※追記
おっとー!ギリギリになってオルランディ監督の記事がアップされたので、慌てて訳して追記しました!

修正はバッチリですか?

Reggina’s Orlandi Hopes For Exciting Game Against Sampdoria (14/12/2008)
レッジーナのオルランディ、サンプドリア戦でエキサイティングなゲームを希望
~今日の午後の試合での勝ち点3への情熱は、アマランティとブルーチェルキアーティ双方のFWをゴールに向かわせることになり、その結果オープンで好戦的なバトルになることだろう。~
レッジーナの監督ネヴィオ・オルランディはサンプドリアを恐れている。今日の午後の対戦で相手は不在の選手が何人もいるにもかかわらず。オルランディは勝ち点3を勝ち取るために攻撃的なゲームの準備をしてきた。勝てればアマランティは降格圏の上に行くことが出来るだろう。
「ストライカーに問題があるケースなら、一人余計に攻撃の選手を連れて行けばいい。」とレッジョ・カラブリアの監督は述べた。
「我々は何人かの不在の選手がいようと、重要な選手がまだまだいるサンプドリアと対戦するんだよ。両チームとも勝利を欲しているので、いい試合になるんじゃないかと考えているんだ。我々はバランスよく踏みとどまって、ゴールへの正しい瞬間を待ち構えないといけないな。」
レッジーナは15試合を戦い勝ち点12で19位につけている。これは、じきに戦うサンプドリアよりも4ポイント少ない。


超特急で訳したので間違いがあったらごめんなさい。(汗)
オープンな打ち合いの楽しいゲームになりそうなのに、スカパーは放映してくれないのね。ああ、見たいよぉ。すげえ見たいよぉ。今日はネット観戦も無理そうです。

サンプドリア戦に召集された19名の皆さんは以下の通りです。久しぶりにストゥアニの名前が!
Portieri: Campagnolo, Marino.
Difensori: Alvarez, Cirillo, Costa, Cosenza, Lanzaro, Santos.
Centrocampisti: Barreto, Barillà, Carmona, Di Gennaro, Tognozzi, Vigiani.
Attaccanti: Brienza, Corradi, Cozza, Ceravolo, Stuani.


レッジーナの怪我人はヴァルデス、ジョーザ、カッショーネ、プッジョーニの4人。ジョーザはいつになったら回復するんでしょう・・・。
出場停止はいません。累積リーチがかかっているのはカルモナ、コッラーディ、トニョッツィ、サントスの4人。コッラーディはこの試合で1枚貰って次節出場停止になれば、アウェイで外されるという論争から逃れられて好都合なのに、、、とずるいことを考えている私です。
ガゼッタの予想スタメンは以下の通り。本日は4-3-3の模様。

今日は3トップです!

サンプドリアの怪我人はパロンボ一人だけ。出場停止はフランチェスキーニとデルヴェキオの二人。これはレッジーナにとってかなりラッキーです♪
ガゼッタの予想スタメンは以下の通り。

相変わらず3バックなんですね(笑)

Goal.comのプレビューでは注目選手にブリエンツァとカッサーノを挙げ、スコア2-0でなんとレッジーナ勝利を予想しております!ブリエンツァとコッラーディのゴールで苦しんでいるサンプを沈めて快勝するという予言が的中しますように。
Serie A Preview: Reggina - Sampdoria

私もディ・ジェンナーロと同じくカッサーノとベッルッチが怖いのですが、きっとカッサーノはチリッロが上手に怒らせて自滅させてくれるはず。任せたぞチリッロ。←おい
昨季のグラニッロでの対戦はレッジーナが勝ってます。あの時は伊紙がこぞって「マッツァーリがレッジーナに勝利をプレゼントした」と書き立てましたが、まあ確かにそういう側面もあったのかもしれません。当時のサンプは好調でしたから。でも今日は手を抜いてくれないでしょう。全然余裕がないですもんね・・・。
たとえ向こうが本気で向かってきても、今の君たちならホームでいい試合が出来るはず。勝って降格圏を脱出するのだ!

Forza Reggina!!!

08-09レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
新スタイルですね
どこかのチームは初勝利に8試合(ナビスコ2試合含む)を要しましたが・・・順調なすべり出しといっていいのでは?
故障者は怖いですよ。どこかのチームは高卒新人6人を含む28名でシーズンインし、開幕前練習試合でどこかのクソッタレ橙色チームと対戦したら主将が右肘脱臼し、その後CBのベテラン選手も故障、開幕戦に高校生ベンチ入り。6試合目でゲームキャプテンが故障という無謀なシーズンでした。
これ以上故障者が出ませんように。「レベルの高い試合が運営できる」秋春制だから大丈夫ですよ(笑)
前のテンプレートは気に入っていたのに
ある日突然壊れちゃったんですよ。全くいじっていないのに謎です。
仕方ないので新しいのに変えましたが、色のバランスがイマイチ気に入らないので、そのうちレッジーナカラーに変更するかもしれません。

どこかのチームは壮絶なスタートを切ったのに無事に残留できて良かったですね。話を聞いていると、レッジーナも大丈夫だと自信が湧いてきます(笑)

>「レベルの高い試合が運営できる」秋春制だから大丈夫ですよ(笑)
これって犬飼さんに対する嫌味ですかー?(爆)
敗戦
昨日はなんでやられたのか分からなかったんで、今ハイライト見たんですが、点が入るまでは本当いい試合をしてる感じでしたね。神カンパになってたし。 けど天才カッサーノに全てやられましたね。 あれをやられたらチリッロ以外でもPKだったでしょうね。 PKの時のカッサーノはおもろかったですね。 二点目もカッサーノからでしたね。 あそこまで必死に耐えたのにあのワンプレーで流れが完全にあっちになってたしまいましたね。 うーん、悔しい負けですね。早く降格圏内から脱出したいんですけど。でもさすがマッツァーリ監督ですよね。改めてすごい人がいたなと感じました。 次あたるときはそっちはもっともっと上の順位におるとおもうので勝たせてもらいましょう(笑) 
あっそういえばコッラーディ、リーメイさんの思ってたとうりに次節出場停止っすね。しかも相手はカリアリのアウェイだから大分きついけどコッラーディいない分、他のFWが奮起してほしいですね。 長々失礼しました( ̄~ ̄;) ではまた(^_^)/~
アウェイでの対戦は現地で観ます。
ヤス君、こんばんはー。負けちゃって悔しいですね。
私はまだハイライト見てません。でも記事はたくさん読みました。まさにカッサーノ・ショーだったようで・・・。
マツ監督、完全にコッツァを押さえ込んだようです。さすがレッジーナのことはよく分かってますね。
次に当たるときは勝たせてもらいます。てか、現地観戦する予定なので、勝利の女神の私が行くからには負けません。最低でもドローです。試合前日にサンプ練習場でマツ監督に「勝たせてください」ってお願いしてくるし(笑)

コッラーディは本当に警告貰っちゃってビックラしました。(^^;)
そろそろコッツァかブリエンツァがゴールする頃ですから、コッラーディがいなくても大丈夫ですよ、きっと。今季コッパではカリアリに勝ってますから、リーグ戦もいただきましょう。

では、これから動画を探しに行ってまいります。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。