--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/24

セリエA第13節レッジーナ×アタランタ 連勝!快勝!でもまだ降格圏

レッジーナ3-1アタランタ
得点者:前半9分 コッツァ、前半20分&後半34分 コッラーディ、後半48分 ドーニ

Reggina (4-4-1-1): Campagnolo, Cirillo, Santos, Valdez, Costa, Cozza (59' Alvarez), Carmona, Barreto, Barillà, Brienza (81' Tognozzi), Corradi (89' Di Gennaro). A disp: Marino, Hallfredsson, Rakic, Sestu. All: Orlandi
Atalanta (4-4-1-1): Coppola, Garics (45' Rivalta), Talamonti, Manfredini, Bellini, Ferreira Pinto, De Ascentis (45' Vieri), Guarente, Padoin, Doni, Floccari. A disp: Consigli, Valdes, Pellegrino, Bonaventura, Defendi. All: Del Neri
Arbitro: Sig. Matteo Trefoloni di Siena
Ammoniti: 58' Campagnolo, 87' Doni, 87' Tognozzi

関連記事:
Serie A Week 13 - Reggina 3-1 Atalanta

この試合の動画:
Reggina-Atalanta 3-1 Highlights Ampia Sintesi 23-11-2008 Serie A Tim 13a Giornata - Video HQ
Reggina Atalanta 3-1 23-11-2008
Reggina 3-1 Atalanta Highlights Sintesi Sky Sport 23-11-2008 Serie A Tim 13a Giornata
Reggina Atalanta Gol Corradi 13a Giornata 23-11-08
Reggina-Atalanta: conferenze post-gara←コッツァ、コッラーディ、両監督の会見

この試合の選手の評価:
Goal.com
Campagnolo 6,5; Cirillo 6, Santos 6,5, Valdez 6, Costa 6,5; Carmona 6,5, Barreto 7, Barillà 6,5; Cozza 7,5 (59' Alvarez 6,5), Brienza 7 (81' Tognozzi sv); Corradi 7 (90' Di Gennaro sv). Allenatore: Orlandi 7, ARBITRO: Trefoloni di Siena 6,5
Kataweb
Campagnolo 6; Cirillo 6, Valdez 6,5, Santos 7, Costa 6,5; Cozza 6,5 (dal 15'st Alvarez 6), Barreto 6,5, Carmona 7, Barillà 6; Brienza 7 (dal 37'st Tognozzi sv); Corradi 7 (dal 45'st Di Gennaro sv). All.: Orlandi 7, Arbitro: Trefoloni di Siena 6
Datasport
Campagnolo 6, Santos 7, Costa 6, Cirillo 6, Valdez 6.5, Alvarez 5.5, Carmona 6.5, Tognozzi s.v., Barreto s.v., Barillà 6, Cozza 7, Corradi 7, Brienza 6.5, Di Gennaro s.v.

試合後の両チームの監督のコメント:
■オルランディ監督
ウディネーゼ戦から数名の選手を入れ替えても同じメンタリティーがあった。全員がチームのために戦う準備ができており、その精神はストライカーたちから始まっていたよ。私とベルナルド・コッラーディとの間に口論なんてないさ。彼は先週の日曜日はベンチだったが、そこからチームメイトたちを鼓舞していたんだ。
■デルネーリ監督
結果に関しては明らかに負けだろうが、ピッチで起こったことに関しては違う。相手はセットプレーから2ゴールし、我々は前半2回枠を叩いた。レッジーナは勝利に相応しかった。しかしそれは主に物事が彼らに味方したからだ。我々はアウェイでもホームと同じ激しさを持ってプレーしないといけないな。



ちょいと、そこのお兄さん!

レッジーナが連勝ですよ、連勝!!!



私の記憶が正しければ、昨季の連勝は第35節パルマ戦(H)、第36節カターニア戦(A)、第37節エンポリ戦(H)の怒涛の3連勝が一回きり。この連勝でセリエA残留を掴みました。
なんと今季は第13節で初連勝です。このまま連勝街道まっしぐら!・・・にはならないだろうなぁ。次アウェイでユヴェントス戦だし。
って、こらこら、せっかく継続性を見せてくれたのに水を差すではないぞ。<自分

さて、本日の戦い振りをYouTubeのハイライトと各紙記事を基に簡単に振り返ってみましょう。あ、因みにこの試合はネット観戦できませんでした。

先制点は前半9分、我らがキャプテンのベリッシモなFKでした。コッツァの右足から放たれたボールは壁を越え、容赦ないカーブを描きながらニアサイドの上隅に吸い込まれました。GKコッポラ一歩も動けず。

今季2ゴール目です!

真っ直ぐにオルランディ監督のもとへ走っていくコッツァ。麗しき師弟愛でございます。
 ↓
フロッカリのオーバーヘッドシュートでアタランタが反撃を試みるも、前半20分にレッジーナに追加点。ブリエンツァのCKにコッラーディが頭で合わせました。コッポラはちょっと目測を誤りましたね。
コッラーディはダッシュでチリッロの暑苦しい祝福から逃れ、ベンチのトニョッツィのもとへまっしぐら。

ニヒルなトニョッツィにこんな顔をさせるなんてコッラーディ恐るべし

へー、トニョッツィと仲がいいんだー。二人は向き合って首を同じ方向にカクッと傾けるという奇妙なパフォーマンス。その後コッラーディは背中に飛び乗ってきたチリッロに押し倒されておりました。(笑)

得点者はチリッロに襲われる運命にあります・・・

コッラーディといえば面白パフォーマンスで有名ですが、過去のパフォーマンス映像はラツィアーレのmikiさんちのエントリー『みなさん、年は越せそうですか?』を参照のこと。
 ↓
レッジーナのカウンター。コッツァのスルーパスに反応したコッラーディがスライディングしながら押し込もうとするも、僅かにゴールの左。惜しい。
 ↓
アタランタのシュートが2回連続枠を直撃。1回目はポスト、2回目はクロスバーでした。危ない、危ない。
 ↓
またレッジーナのカウンター。ブリエンツァのカーブを描くシュートは僅かに枠の外。
 ↓
アタランタはフロッカリ、ヴィエリ、タラモンティらがシュートを放つもゴールならず。
 ↓
後半34分、ブリエンツァが得意のドリブルでペナルティエリア内に進入。切り返して相手DFを抜こうとしたところを潰されますが、そこに現れたコッラーディがボールを掻っ攫い、コッポラをあざ笑うかのようなループでちゃっかりゴールしちゃいました。本日ドッピエッタの大活躍でございます。今季6ゴールおめでとう!

今季二桁ゴールいきそうですよ?

ゴールの瞬間、ちびっ子ブリエンツァは立ち上がると目一杯両手を伸ばしてバンザーイ!(笑)
コッラーディは再びトニョッツィのもとへ走って、しっかりハグ。そ、そんなに愛し合っているのね?もしかして釣り仲間に引きずり込まれた?
 ↓
コッラーディと交代で入ったディ・ジェンナーロとバレートの連打は共にコッポラがセーブ。
 ↓
このまま3-0で完封かと思われたロスタイム3分、ドーニがCKをヘディングで押し込み、1点返されちゃいました。直後に3-1で試合終了。

ムチャクチャ悔しがっているのはサントスでしょうか。3点取ったから1失点くらいいいやと妥協しないところに安心しました。ハイライトには主に攻撃陣の活躍しか映りませんが、この試合サントスが非常に高い評価を受けています。いえ、サントスだけじゃなく皆高評価ですね。ランザーロの長期離脱で不安で仕方なかった最終ラインに光が見えた気がします。どうしようもなく不安定だと叩かれまくっていた守備陣、この調子で頑張れ!

サントスと二枚目フロッカリ

そして、代表でフル出場、こっちでもまたまたフル出場のバレート&カルモナの南米コンビ、今日も本当にお疲れ様。しっかり体をケアしてね。若い二人の驚異的な回復力に頼りすぎて、そのうち痛いしっぺ返しを食らうんじゃないかとかなり心配です・・・。オルランディ監督、壊さないでくださいよー。
とりあえず順位が一つ上がり、現在ビリから3番目です。

08-09レッジーナ | Comments(3) | Trackback(1)
Comment
よかったですねー
コッラーディ2得点と聞いて飛んできました。しかも2点目はループ? コッラーディらしからぬ・・・。
トニョッツィはあれですね、きっと毒牙にかかりましたね(笑)。
はい、よかったですー
毒牙って、、、コッラーディは魔性の男なんすか?(笑)
ある意味アモルーゾも魔性の男でした。
捨てられたのに「ニック、帰ってきてー」と未だに恋焦がれているレッジョの民の書き込みを見ると涙が出ます。
コッラーディがあの人たちの心の隙間を埋めてくれるといいなー。
拍手の秘密のコメント様
あははは。アンチユヴェでもあるんですか?
勝てる気は全然しませんが、勢いに乗ってる選手たちが頑張ってくれると思います。
せめて引き分けられるといいなー。

管理者のみに表示
Trackback
第35節 についてブログの検索結果をまとめると…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。