--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/22

アモルーゾの近況というかカターニア戦パンツ露出事件というか

今季テレビで一番たくさん観ているのはトリノの試合だと思います。目的はもちろん私のアモルーゾ
一番観たいのはレッジーナ、その次が愛するマッツァーリ監督のいるサンプドリアなんですけど、両方ともスカパーがホームの放映権を持っていないのでなかなか観られません。
シーズン序盤はトリノの試合を観ると切なくて切なくて泣きたくなったものですが、最近ようやくアモルーゾのいないレッジーナというか、アモルーゾのいるトリノに慣れてきました。最初から全然心配していませんでしたが、私の予想通りコンスタントに出場しております。ヴェントラ、アッブルスカート、マロンガ、ステッローネ、ビアンキと無駄に数が多いトリノFW陣の中で今のところ出場時間最多(908分)、ゴール最多(4ゴール)でございます。

スカパー放映の無かった第10節サンプドリア戦と第11節パレルモ戦では微妙なオフサイド判定でゴールが認められず、こんな切ない顔をしておりました。

残念でしたー

サンプ戦の幻のゴールに関しては、納得できないトリノサポがコッリーナさんに抗議文を提出したそうです。これはアモルーゾ嬉しかったことでしょう。
トリノOSのギャラリーで確認したところ、アモルーゾはこの2試合はハイレグになっておりません。2試合連続でゴールが取り消された不運の原因は間違いなくこれですね。多分、今の時期北では寒くてハイレグになれないんだろうなぁ。その証拠に第12節カターニア戦では、気温19度のカターニアでハイレグ復活⇒ゴール(PKですけど)となっていますから。(笑)

ニコラさんは寒がりでーす

そういえばこの試合ではいかにもイタリアらしいおバカ事件が発生いたしました。

カターニアのプラスマティ、FKでパンツを下げてGKを惑わす
カターニャ選手が試合中にパンツ露出し非難集中

この試合はリアルタイム観戦しておりました。カターニアはセットプレーの度に妙な策を練ってくるので解説の後藤さんも「また面白いことしてますよ!」と笑っておられたんですよね。でも、この時にまさかパンツを下ろしていたとは!(爆)

黒のブリーフかい

これにビックリしたセレーニは一歩も動けずマスカーラのFKが直接決まりました。

こ、怖いよー

というのは嘘で、実はセレーニはパンツを下ろした行為に全く気づかなかったそうです。こんなに世間を騒がせたのに君の努力は無意味だったね、プラスマティ。
まあ彼は25歳の若い子ちゃんFWだし、何だかんだ若気の至りで笑って許してもらえるんだろうなぁ。これやったのがテデスコじゃなくて良かった~。テデスコの黒いブリーフは見たくないっす。

しかしこの件で何が可笑しかったって、コリーナさんの「今度はペナルティーエリア内でパンツを下げる選手にまで注意を払わなければならないというのか」というセリフでして。いや、いくらおバカなイタリアでも真似する選手はそうそういないと思いますが・・・。

アモルーゾもラヂオ・キス・キスでプラスマティの件について尋ねられていましたが、「ルールではパンツを下ろすことを禁じていないよ。彼は狡猾だったね。それだけは確かだ。」と答えておりました。
パンツを下ろすことは問題になるセリエですが、ハイレグになることは問題ないようで何よりでございます。

トリノは今季ビアンキも獲得して最初のころは06-07レッジーナを真似てトリデンテをやっていましたが、上手くいかなかったようで・・・。つーか、アモルーゾとビアンキを獲得してトリデンテをやれば、二人合わせてまた35ゴールしてくれるだろうなんて甘い目論見をしていたトリノに正直腹を立てておりました。だってねえ、あの年のレッジーナは二人の力だけで点を取っていたわけじゃありませんから。チーム全体が有機的に連動して素晴らしいサッカーを展開していた結果ですから。そんなに簡単にコピーされてたまるかっつーの!と、マッツァーリLOVEの私は思うのでありました。(笑)

とはいえ、再びお気に入りの役割を果たせると喜んでいたであろうアモルーゾと、最強コンビ再結成でゴール量産を狙っていたであろうビアンキの気持ちを考えると、簡単にトリデンテを諦めちゃったデビアージ監督に腹も立つわけで・・・って、結局どっちにしろ腹が立つらしい私は。
ああ、でも、私のこの複雑な心理分かりますよね?ね?
いえ、別に誰にも分かってもらえなくてもいいんですけど。←どっちだよ?

とりあえずビアンキには一言文句を言いたい。
なんなの、今のこの脱ぎっぷりの良さは!レッジーナにいた頃はまず脱がなかったくせに!←そこかよ

なぜ急に脱ぐようになったんだ?

元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
アリです(笑)
このニュースは笑いました。これをやってしまった選手もすごい。そして、FKもすばらしかったです。
脱ぎっぷりのよさにはやられますよ。ええ。
新潟にも脱ぎっぷりのいい選手が(笑)
アレッサンドロはいっそのことパンツまで脱げば「脱ぎっぷりのいい奴め!」と皆に笑って許してもらえたのでは?
しかし、お互いにイライラする試合でしたね。
新潟ファンにとっては「アレッサンドロさえ退場にならなければ勝てたかもしれないのに!」、大宮ファンにとっては「相手は一人少ないのに勝てないなんて!」というゲームでした。
「ミドルを枠に飛ばすか、ドリブルで切れ込め、この役立たず共!」と相手ゴール前で足元でパスばかり回して崩せない大宮選手にテレビの前で檄飛ばしまくりでしたよ、私。
捻挫で新潟遠征できなくて残念でしたね、reoさん。
と、エントリーには関係のない新潟×大宮のことを書いてしまった(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。