--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/14

四日目①:カターニア×レッジーナ 試合前の風景

5月4日(日)快晴

夕べから向かいの部屋から日本語が聞こえる。どうやら日本人カップルが泊まっているらしい。不思議なことに唯の一度も遭遇しなかったけど。

試合が待ちきれなくて昼前にホテルを出た。新聞スタンドでガゼッタを購入し、バールでパニーニとピザ一切れとコーラを買い、スタジアムに行く途中にある広場のベンチでそれらを食べながらカターニア×レッジーナのレビューを読んだ。というか、記事を眺めた。だって、翻訳ソフトがないとイタリア語は半分も分からないんだもの。

スタジアムに近付くにつれてバッタ物屋がボチボチ姿を現す。敵のチームのグッズなんか買ってやんないよー。

カターニアのバッタ物屋

また、スタジアムが近付くにつれて「モリモート!」と手を振ってくる人も増える。この辺の人懐こさはレッジョと同じ。みんな「モリモト今日出るよ!」と言ってくれて(←そのくらいのイタリア語は分かる)、とっても優しい。声をかけてくるのはオヤジだけじゃなくてチビッ子も多い。俊輔みたいに森本君も子どもに人気があるのかな。

キックオフの約2時間前にスタジアムに着いた。まずはレッジーナのバスがここから入るに違いないと思われる警備が厳重な入り口近くでバスを待つが、警備員にチケットを見せろと言われ、「メインスタンドはあっちだから向こうへ行きなさい」と追いやられそうになる。「えーと、水全部飲んだら行くから」と意味不明な抵抗を試みると「分かった」と警備員。え?そんな理由でOKなの?
ペットボトルの水を飲み干すまでは本当にそこにいさせてくれたけど、レッジーナのバスはその前に到着してくれなかった。残念。でも、たとえバスが来たとしても、こりゃ警備が厳重すぎて激励は無理だな。しょうがない、諦めよう。

メインスタンドの側へ歩いていくと、ちょうどマッチデー・プログラムを配り始めるところだった。1部貰った後で、「日本の森本ファンの友達にあげるから、あと3部ちょうだい!」と嘘をつき、ヤス君とわらぴーさんへのお土産をゲット。
試合前のスタジアム周辺の喧騒をしばらく楽しんだ後で、そろそろ中に入ることに決めた。

アンジェロ・マッシミーノの外観

自分のゲートがよく分からなくて右往左往。最初に間違えて入ろうとしたところはマスコミ専用のゲートだった。「違うよ、左側!」と係員に言われて、方向転換したところで日本人の男女を発見。向こうも驚いたような顔で私を見ている。そのときは「ああ、この試合を見に来た日本人は私だけじゃないのね」くらいにしか思わなくて自分のゲートへ急いだのだけど、今にして思えばマスコミ専用のゲートの前で会ったんだから、あれは森本君の番記者さんだったに違いない。ああ、お話しする貴重な機会を自ら逃してしまった。

めっちゃ親切なスタジアムの案内係に導かれてたどり着いたのは、メインスタンド中央の最前列の席。グラニッロと違ってメインスタンドの前に進入防止のアクリル板がない。ピッチがすぐそばだ。えらく愛想が悪かったタバッキのおじちゃん、怖い顔をしてこんな特等席を売ってくれたのね。ありがとう!

まだ試合開始まで1時間あるので観客の数はまばら。

マッシミーノのバックスタンド

アウェイ席は網で覆われて巨大な虫かごみたい。

一度ここで観戦してみたい

そのうちに両チームの選手たちが出てきて練習を始めた。もちろんレッジーナの選手たちには盛大なブーイングが送られる。
右からカンパニョーロ、アモルーゾ、後ろ姿のコッツァ、後ろ姿のヴィジャーニ、ノヴァコビッチ、ブリエンツァ、後ろ姿のランザーロ。カターニアの練習風景も撮ったけど、愛が足りないのでことごとくピンボケしていた。

練習だけで倒れそうなくらい暑い日でした

きゃあ~、アモルーゾ!

目の前にいるのに声をかけられないなんて(泣)

きゃあ~、コッツァ!

練習から気合入ってました

すぐ目の前をお気に入りの選手が通過しても声をかけられないのが悲しい・・・。
練習が終わって今日のスタメンがアナウンスされる。レッジーナのスタメンはブーイングにかき消されて聞き取るのが難しい。うーん、アウェイだなぁ。こんな殺伐とした雰囲気は初めてだ。今までエンポリでしかアウェイを体験していなかったので、とっても新鮮。平気で 「レッジーナのファンでーす!」とカミングアウトできちゃう平和なエンポリが特殊なんであって、これが普通なんだろうなぁ。
一方、カターニアのスタメン発表の後で、サブで森本君の名前が読み上げられると、周りが一斉に私の反応をうかがっている。とりあえず「よっしゃー、ベンチ入りしたぞ!」(←日本語)とガッツポーズを作ると、周囲の野郎共が「ジャポネーゼが喜んでるー!」と大騒ぎ。私ってサービス精神旺盛だなぁ。
さて、あと10分弱でキックオフだ。


南イタリア遠征記2008 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
アウェイ座席
虫かごですな。けっこう広い。角度があるので見やすそうですね。私ならまちがいなく二階席。等々力競技場みたいな感じかな?

サービス精神発揮、お疲れ様です。
座席は選べませんでした
reoさん、こんばんは。ついさっき帰ってきました。

タバッキの愛想の悪いおじちゃんに「トリブーナ(メインスタンド)」と言ったら、この席になりました。
恐らく試合自体は2階の方が見やすいから、2階から売れていくんじゃないかと思います。きっと私の席は売れ残り。私は選手を近くで見たいから1階席が好きですけど。
等々力には行ったことないけど、写真で見る限り近い感じがします。

必死に森本ファンを演じないとレッジーナファンだとバレそうな気がして気が気じゃありませんでしたよ。^^;

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。