--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/02

ビジャレアル×セルティック

ビジャレアル1-0セルティック
得点者:後半22分 セナ


とりあえず、、、

敵地でビビリまくってテンパって自滅

という重症のアウェイ病は克服しつつあるようで喜ばしいことでございます。

今日のセルティックは4-2-3-1。なんつーか、セリエのプロビンチャのアウェイ戦を髣髴とさせるゲームでした。引き分け上等!守り倒して、攻撃はサマラス一人であわよくばゴールして来ーい!みたいな。
オールボー戦で無策だったストラカンが今回はきちんと策を練ってきたようで、そんでもって選手たちにもプランを浸透させられたようで(最後まで完璧に遂行できたかどうかは別の話)、いつもの「何をやりたいのか分かんねー」というストレスは感じないゲームではありました。とはいえ、セナの直接FKでのゴールさえなければセルティックが90分守り切れたのかと問われれば、恐らく無理だったでしょうと答えるしかないですけど。後半早々にマロニーちゃんがバテちゃったところで、もっと早くマクドナルドを投入していれば、少しは何かが変わったかなぁ。や、あんま変わらないような・・・。
スンタンはトップ下で起用されましたけど、攻撃で目立つことはできませんでした。つーか、ビジャレアルの守備陣を慌てさせた攻撃なんて、マクドナルドがフリーで打ったシュートだけでしたね。

うーん、どうなんでしょう。本日の前半みたいな守備的なサッカーで「ほとんど攻撃できませんでしたけど失点も少なくて済みました」というのゲームと、マロニーちゃんとスンタンが下がった後のフィジカルサッカー(や、ほとんどボールを持てなかったからフィジカルサッカーにさえならなかった?)を最初からやって潔く負けるのと、チームにとってはどっちがストレスが少ないんでしょう?なんか今のセルティックはパスサッカーしたい選手とフィジカルサッカーしたい選手が混在していて統一感がないから、どう戦うのが一番いいのかよう分かりませんわ。
ま、どう戦っても勝てなかっただろうなという点差以上の力の差は感じました。ボルツの好セーブがなかったら何点入っていたかわからないし。

これで早くもGL突破は難しくなりましたねぇ。まあサッカーですから、まだ何があるか分かりませんけど。

俊輔 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんばんは。
確かに策は練ってたようですが・・・CLで初めてやってみるというのはどうなんでしょうか???まあ、ストラカンのやる事なんで、やっぱりねって感じなんですが・・・><
本当にリーメイさんが言うようにフィジカルサッカーであっさり負ける方があ~いつものセルティックだ!でストレス溜まらないかも(笑)

>なんか今のセルティックはパスサッカーしたい選手とフィジカルサッカーしたい選手が混在していて統一感がないから、どう戦うのが一番いいのかよう分かりませんわ。
同意見!!  もう俊輔しか見ません!! 

本当にやれやれですわ~(汗)
ヤレヤレさん、こんばんは。

>CLで初めてやってみるというのはどうなんでしょうか???
これってストラカンの信念なんでしょうかねえ?(笑)
リーグ戦でやって研究されるのを恐れているのか、直前までどう戦うか考えが定まらないのか、単に人を驚かせることが好きなだけなのか・・・・・・

リーグ戦でも俊輔トップ下をやってくれればいいけど、ストラカンはやらなそうですよね。意地でも4-4-2を貫きそう。なんか、あの人のサッカー哲学は私にはよく分かりません。どんなに俊輔を重用してくれても、この先も好きになることはないだろうなぁ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。