--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/21

コッパ快勝の勢いを持ち込めるか?!ローマ戦直前情報

9月17日(水)にコッパ・イタリア4回戦が行われました。レッジーナはオレステ・グラニッロでカリアリと対戦。なんと4-0で大勝しました!

Reggina: Puggioni, Alvarez, Cosenza (82' Lanzaro), Santos, Toscano, Sestu (48' Brienza), Khoris, Viola, Hallfredsson, Ceravolo (75' Adejo), Stuani. A disp: Marino, Di Gennaro, Squillace, Rakic. All. Orlandi
Cagliari: Lupatelli, Bianco, Magliocchetti, Matheu, Fini (65' Pani), Parola (74' Ragatzu), Burrai, Astori, Lazzari, Acquafresca, Matri (54' Jeda). A disp: Aresti, Ferri, Acosta, Usai. All. Allegri.
Arbitro: Sig. Romeo Andrea di Verona
Marcatori: 52' e 74' Ceravolo; 69' e 89' Brienza
Ammonito: Khoris

面子はプリマヴェーラちゃんとベンチ組の混合チーム+代表疲れでトリノ戦は15分しかプレーしなかったハルフレッドソン。コンディション調整のためにブリエンツァが半分だけプレーすることは最初から決まっていたそうです。この試合はサントスがキャプテンマークを巻いたんですね。

今季は靴下が縞々なのね

↓こちらの動画で全てのゴールシーンが見られます。
Reggina-Cagliari 4-0 - Gli highlights

1点目はチェラヴォロ。ロングパスをトラップして浮き玉をダイレクトボレーという、まるでアモルーゾが乗り移ったかのようなワンダフルゴール。昨季一緒にプレーして多くのことを学んだのでしょうね。

右端の43番は誰かしら?

2点目はいかにもブリエンツァらしい得点です。自陣からドリブルで一気に持ち込み、エリアの外からGKの右を抜くゴール!

3点目はこれまたビックリ!GKの動きを冷静に見極めたチェラヴォロの美しいループ!どうしちゃったんだ、チェラヴォロ?!(笑)
ゴール後チェラヴォロはKhoris(コーリスでいいんでしょうか?)にピッチの上に仰向けに倒され、その後上に圧し掛かられ、そのまま熱烈に抱き合っております。なんか怪しい。(笑)

4点目はストゥアニのキープ⇒一旦誰かに戻して、その誰かが前線にパス⇒ブリエンツァが抜け出してゴール右隅にフィニッシュ!巧い!
ブリエンツァ、ついにコンディションが完全に戻ったようです。ローマ戦が楽しみだ~♪
この写真、でっかい若い子ちゃんたちに祝福される小さなベテランのブリエンツァがなんか笑えるんですけど。

若い子ちゃんに祝福されるブリエンツァおじさん

ローマ戦に召集された19名の皆さんは以下のとおりです。
Portieri: Campagnolo, Puggioni.
Difensori: Alvarez, Cirillo, Costa, Lanzaro, Santos, Valdez.
Centrocampisti: Hallfredsson, Barillà, Barreto, Carmona, Di Gennaro, Tognozzi, Vigiani.
Attaccanti: Brienza, Stuani, Ceravolo, Corradi.

↓こちらはローマへ向かうチームの様子。
Reggina-Roma: gli amaranto nella capitale
なんでもローマ行きの飛行機が遅れて、一旦サンタガタに戻ってきたみたいです。当初の予定よりもローマ入りが大幅に遅れた模様。調子狂っちゃったけど大丈夫かな?

レッジーナの怪我人はコッツァ、ジョーザ、カッショーネの3人。出場停止はまだいません。ガゼッタの予想スタメンは以下のとおり。

ローマ戦予想スタメン

ローマの怪我人はフアン、トネット、ピサーロ、バプティスタの4人。メクセスは回復したんでしょうか。私の目の保養のために是非とも出場していただきたいのですが。

Goal.comのプレビューでは、注目選手にトッティとコッラーディを挙げ、スコア2-0でローマ勝利を予想しています。この記者さんの予想では後半にローマが試合を支配し、トッティとアクイラーニがゴールするらしい。さて、実際はどうなりますか。
Serie A Preview: Roma – Reggina
ローマは現在1分1敗と最悪な状態で、何が何でも勝たないといけない必勝体制なわけです。死に物狂いで向かってきそうで、ちょっと怖いなぁ。って、成績はレッジーナと全く同じなので、そんなチームのファンに最悪呼ばわりされたくないでしょうけど。
フォーティ会長もブリエンツァもコッラーディも、調子の上がらないローマを叩くチャンスだという趣旨のコメントを出しております。ここはアウェイだからといって守備的にならずにガンガン攻めましょう。たとえ相手がローマだろうと、たとえ苦手のアウェイだろうと、カリアリ戦勝利の勢いを持ち込めば、もしかしたら結果が付いてくるかもしれません。
嬉しいことに今節はスカパー放送があります。

ローマvsレッジーナ
【解説】田中孝司【実況】西岡明彦
初回   9月20日 (土) 生中継 27:20 Ch.182 スカチャン182
再放送(1) 9月21日 (日) 再放送 18:30 Ch.182 スカチャン182
再放送(2) 9月21日 (日) 再放送 26:30 Ch.181 スカチャン181

リアルタイム観戦は無理っぽいので、明日の朝、情報を完全シャットアウトした状態で録画を再生しようと思います。勝ち点1でも取れたらいいなぁ。どうか今後に大きな希望の持てる試合となりますように。

Forza Reggina!!!
08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
うーん( ̄~ ̄;)
前半の失点は本当痛かったですね。 あまりに眠たすぎてあんま覚えてないですけど攻撃は最初はヴィジャーニが頑張ってましたが、その後は単調すぎてまったく崩せてなかったですね。 バリッラも頑張ってる感じは伝わるけど物足りないですね。 あとコッラーディのポストプレーがいきてないこと。ディ・ジェンナーロはコーナーを直接ねらった時以外なんもしてなかったですからね。 だから最初からブリエンツァ・コッラーディのコンビを見たかったですね。  ブリエンツァの動きは寝呆けててあんま覚えてないけど(笑)コッラーディはなんかかわいそうでした。  相手がいくら本調子じゃなくてもローマはローマですからやっぱメンタルの部分で負けると勝てるわけないですね。

守備面は板前さんがやっちゃいましたけど二点目のはしょうがないです。神カンパが現れたのは助かりましたね。三点目はカンパ以外集中きれてましたね。

全体的にモヤモヤが残る試合でしたね。ラストパス前のパスとかが雑だから波にのれなかったですね。相手がうまかったのもありますけどもう少しアイディアをだしてチーム一丸となってプレーして欲しかったですね。 次もミランですから初勝利はいつになるやら(;´∩`) まぁ気持ち切り替えて望んでほしいですね。 ではおやすみなさい(_´Д`)ノ~~
メンタルですよねぇ・・・
ヤス君はリアルタイムで見たんですね。偉い!
私も最初からコッラーディ、ブリエンツァで行くべきだったと思います。ブリエンツァのコンディションが100%じゃなかったのかもしれないけど、行けるところまでブリエンツァ⇒息切れしたらディ・ジェンナーロの方が良かったんじゃないかなと。前半のローマはまだエンジンかかっていませんでしたし。オルランディ監督は元々プリマヴェーラの監督でしたし、若手が好きなのかもしれないですね。

なんつーか、今のチームには中盤と前線を繋ぐ優秀なリンクマンがいないなぁと・・・。ほんとパスが雑で、ラストパスまで行けないんですよね。連携がイマイチ。ブリエンツァが怪我でプレシーズンに離脱していたのが響いているような気がします。
あと、ガンガン攻めなくちゃいけない時にチームを高揚させられる選手がいない。コッツァ、早く戻ってきて・・・(泣)

まあ次はミランですが、グラニッロの観客の後押しがあるので、もう少し積極的に行けるんじゃないかなと期待しています。
さて、これから記事漁って情報収集します。ではでは。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。