--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/08

メルカート情報第10弾セスツゥ、ディ・ジェンナーロ、ラキッチ獲得

まずは一番大きな話題から。
ブリエンツァの残留が決定しました。心底ホッとしました。これが一番デカイです。彼がいるといないじゃ大違いですから。攻撃陣の主力の放出がアモルーゾだけで済んで一安心です。
えー、残留決定までの経緯を説明しますと以下のようになります。

コッパ・イタリアのグロッセート戦でブリエンツァがベンチにも入らなかったので「すわ移籍か?!」と騒然となったため、クラブが「ブリエンツァ問題など存在しません。彼はフィジカルに問題を抱えているのでプレシーズンをいい状態で過ごせなかっただけです。彼は海峡の町を離れるつもりはありません」とアナウンス。
 ↓
フィジカル(肩)に問題を抱えているのは事実だけど、契約(年棒)の見直しを要求し続けていたのも事実で、グロッセート戦の3日後(8月25日)にフォーティ会長とブリエンツァの代理人が話し合いの場を持つことに。
 ↓
会談の場で代理人の要求した10万ユーロの年棒アップをフォーティ会長あっさり却下。各紙「ブリエンツァがスーツケースを用意している」と報道。
 ↓
ブリエンツァを欲しがっている各クラブが500万ユーロを用意するものの、フォーティ会長はブリエンツァに800万ユーロという法外な移籍金を設定。一貫して「ブリエンツァは譲渡不可能だ」と主張。
 ↓
翌8月26日、ブリエンツァ本人が残留宣言。これにて騒動終結。

以下、ブリエンツァの残留宣言です。
"Resto perchè sono incedibile"
「残留するよ。だって俺、譲渡不可能だから」
レッジーナのトレクアリスタ、フランコ・ブリエンツァは世間で論議されている出発を否定した。
「レッジーナに残る。だって俺、譲渡不可能なんだ。契約がある以上はプロとしてそれを尊重するよ。でも残念なことに怪我をしていて、検査のためにローマに行かないといけないんだ。すぐに戻れるといいなって思う。だけど診断のために専門医の意見を聞けることはいいことだよね。ということで、セラピーを受けて休養しないといけない。だから日曜日はヴェローナへ行けないんだ。俺の望みは昨季のようにレッジーナの残留に貢献すること。いずれにせよ、年棒はこれっぽっちも上がらなかったことは確認できた。」


この記事によるとブリエンツァの年棒は60万ユーロです。
Amauri e Mancini, che affare il cambio maglia
コッラーディが来た直後に代理人が騒ぎ出したということは、昨季大活躍したというわけじゃない新加入のコッラーディと昨季残留に多大な貢献をした自分の年棒が同じということに納得できなかったということなのでしょうか。今の心境はめちゃくちゃハッピーという訳じゃないと思います。でも今季も大活躍してくれれば来季は年棒アップもあるかもしれません。・・・来季もレッジーナにいてくれるとは思えないけど。
とにかく、残ってくれてありがとう。本当にありがとう。今季も精一杯応援させてもらいます。

年棒といえば、レッジーナは昨季よりも年棒の総額が下がったんですね。
年俸増加の傾向が続くセリエA(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)
アタランタとレッジーナは年俸総額を減らしながらもセリエA残留を勝ち取っていて手本にすべき例だと褒められております。へっへっへー。



さて、獲得&放出を時系列に沿って紹介していきましょう。

8月27日にはMFアレッシオ・セスツゥをアヴェッリーノから保有権半分買取オプション付きレンタルで獲得。
UFFICIALE: Reggina, arriva Sestu

スキンヘッドがまた一人・・・

ラツィオの下部組織出身の24歳で、ずっとフィオレンティーナが狙っていた逸材だそうです。背番号は77番になりました。恐らく同じ日に入団会見したディ・ジェンナーロが88番にしたので、「じゃあ俺もぞろ目で77番!」というノリだったんじゃないかと。(笑)
「レッジーナ移籍という選択にとても満足している。セリエA初挑戦なんだ。(サンタガタが)こんな立派な練習場だとは思わなかった。練習するのに理想的な場所だね。」
サレルノ時代はトリデンテの一角(2列目)を担っていた攻撃的MFです。来てすぐに紅白戦や親善試合でゴールして活躍していますので、ちょっと、いえ、大いに期待しております。大ブレークしちゃっていいのよ♪


8月28日ミッシローリ君がトレヴィゾへレンタル移籍。
UFFICIALE: colpo Treviso, arriva Missiroli

1年で戻ってきてね

あうっ、、アモルーゾだけじゃなくてミッシまで私から取り上げるなんて。(号泣)
いつも必ず車orバスの中から手を振ってくれる私のお気に入りのカワイコちゃんでした。今となってはスンタンと同じピッチに立ったことがある唯一の選手だったのに・・・。
レッジーナでは75試合出場3ゴール。将来を嘱望された純粋サンタガタ製のMFですから、きっと1年後にでっかくなって戻ってきてくれることでしょう。元気でね、ミッシ。


そしてメルカート最終日の9月1日、いろいろ動きました。
まずはアロニカがナポリに4年契約で完全移籍。
UFFICIALE: Aronica al Napoli

キエーヴォ戦がレッジーナ最後の試合となりました

移籍金は記事によって違うのですが、270万~300万ユーロと報道されています。なかなか高く売れました。いっぱいお金を置いていってくれてサンキュー。
てか、あーた、てっきり残ってくれるもんだと思っていたわよ。出て行くなら、もっと早く出て行けばよかったのに。そうすればコスタがプレシーズンマッチでもっとスタメン出場して実戦を積めただろうし、あーただってナポリに馴染む時間が出来たでしょうに。まあこればかりは本人の意思ではどうにもならないことだけど。
希望通りナポリに行けてよかったね。これで大好きなアモルーゾとちょくちょく会えることでしょう。(アモルーゾ嫁はナポリ出身なので。イタリア人は頻繁に親元に顔を出しますから)
あーあ、もうサンタガタであの素敵な嫁に会えないと思うと寂しいなぁ。←アロニカじゃなくて嫁の方かい
今までどうもありがとう。ここ数年の中で一番好きなDFでした。アロニカがいなくなって、うちの守備は大丈夫なんだろうか・・・。


そしてモンティエルがルーマニアのポリテニカ・ラシ(Politehnica Iasi)へレンタル移籍。
UFFICIALE: la Reggina cede Montiel

まだ子供で可愛かったんだけどなぁ

なぜルーマニアなんだろう?でもルーマニアもラテン系民族ですから、案外馴染むのは早いかも?モンティはまだ20歳だから順応力も高いだろうし。レンタルですから、近い将来またサンタガタで会えますね、きっと。がんばれよー。


ジェノアからミランとの共同保有のダヴィデ・ディ・ジェンナーロ20歳を買い取りオプション付レンタルで獲得。
UFFICIALE: Di Gennaro e Rakic alla Reggina

うちにはあんまりいなかったタイプ?

ミラン下部組織出身で、U21イタリア代表に選出されていたファンタジスタは、昨季はボローニャでプレーしていました。
「昨季はボローニャで素晴らしいシーズンを過ごした。第1級の組織を持ったチームでセリエA昇格を勝ち取ったからね。ジェノアでは最後の投資(ミリート獲得)が僕に継続的に出場する機会をブロックしてしまった。だからレッジョに来てプレーする可能性に賭けたんだ。フォーティ会長の電話が決定的だったのは間違いない。僕みたいな若手にとってはクラブの信頼を感じられることが重要なんだ。ここで成長できることを願っている。そしてレッジーナの残留に大きな貢献をしたい。」
なかなかお洒落さんですね。さすがミラノ出身。この子が髪を赤く染めたら2002年日韓W杯の頃の戸田に似ていると思うのは私だけでしょうか?
背番号88番はたぶん88年生まれだからではないかと。この子も来てすぐに紅白戦と親善試合で点を取ってます。コッラーディとも相性がいいようで、とっても楽しみです。君も遠慮なくブレークしてくれたまえ。


ラストです。あのツネ様のいるレッドブル・ザルツブルクからFWジョルジェ・ラキッチ22歳を完全移籍で獲得。

ノヴァコビッチの知り合いかしら?

セルビアU23代表の選手で、北京五輪サッカー1次リーグA組第1試合オーストラリア×セルビア(8月7日)で1ゴールしてます。会長はそれを見て閃いたのでしょうか?
まだレッジョに到着していません。早く来てねー。


以上、今夏のメルカート情報を10回に亘ってお届けしました。全部のリンクを貼っておきます。

メルカート情報第1弾もはや風物詩となったアモルーゾの移籍騒動
メルカート情報第2弾コスタ買取決定!
メルカート情報第3弾ブリエンツァ、メスト、アロニカ、アモルーゾ、etc.
メルカート情報第4弾逃した魚とアモルーゾのフラストレーションなどなど
メルカート情報第5弾ニック・ダイナマイト、トリノへ
メルカート情報第6弾リッツォ&サントス到着
メルカート情報第7弾コッラーディ、ファビアーノ、カルモナ到着!
メルカート情報第8弾ノヴァコビッチ、トゥルベルグ放出&ブリエンツァ不穏な動き
メルカート情報第9弾ファビアーノ仰天移籍、ジョエルソンはピサへ

本当は放出&獲得の全リストを作りたかったんですけど、今日はちょっと忙しくて時間がなかったので、そのうち別エントリーでアップします。

※追記
きゃあ~!一人忘れていました!
夏にやって来たばかりのアントニオ・リッツォがクレモネーゼへレンタル移籍しました。

来たばかりでさようなら

あんなに熱くセリエA初挑戦の意気込みを語っていたのに気の毒です。まあ、まだセリエAレベルじゃないと判断されちゃったんでしょうね・・・。レッジーナに戻れるようにクレモネーゼでがんばれ!

08-09レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
た、高い!
昨晩コメントしようとしたら、なぜかできませんでしたので。
60万ユーロですか・・・9,000万円!少し前なら1億円近い年俸ですね。そんな高額選手を雇えるレッジーナは金満クラブですね(笑)
新潟はインターネットで見つけたサイトの情報によると、選手年棒総額は3億円強。J1チームの中で最下位です。まあ、来年は代表選手等の年俸が上がるので、さらに厳しくなりますが。よくやっているよ。
レッジーナと同じように、がんばってほしいです。残留までおそらくあと勝ち点9。うーん、今年の感じだと、10かな?
レスが遅くなりまして
私も月曜日は夜10時以降自分のブログにアクセスできませんでした。FC2サーバーが落ちてたのかしら?

>そんな高額選手を雇えるレッジーナは金満クラブですね(笑)
何をおっしゃる。セリエを代表するビンボークラブですが(笑)
新潟はJ1で一番のやりくり上手なクラブということですね。お互い貧しくてもサポの応援が熱いクラブ同士、残留目指して頑張りましょう。セリエは始まったばかりですが、そちらは佳境ですね。前節は柏に勝ったし、あと2回勝てば大丈夫かな?

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。