FC2ブログ
2008/08/09

五日目②:シエナ×インテル 怒りの観戦レポ

チケットがカッコイイので載せておく。シエナ開催の試合はいつもこのチケットなんだろうか。今までイタリアで8試合観た中で一番ステキなチケットだ。

カッコイイでしょ?

キックオフ45分前にスタジアム入りを予定していたのだけど、スタジアム周辺にあるのは各ゲートへ続くアンビリーバボーな長蛇の列、列、列!なんだ、こりゃ?!
まあクリスマス休暇明け最初の試合でみんな試合に飢えているだろうし、ましてや相手はインテルだし、混むのも無理ないか・・・と最初はのん気に考えていたけれど、この列がなかなか前へ進まない。10分経ち、20分経ち、30分経っても、カタツムリの歩みのようにわずかしか動かず、一向にゲートが見えてこない。いったいどういうことだろう?
列に並んでから45分経過。もう試合開始の時間だ。列を作っている人たちの誰もが苛立っている。やがて私たちのゲートが見えてきて、カタツムリの行進の理由が明らかになった。例のカターニアの悲劇以降、スタジアムには回転扉の設置が必須となったが、ここスタディオ・アルテミオ・フランキのバックスタンドとアウェイ側クルヴァの間にあるコーナー付近のゲートには回転扉がたったの二つしかないのだ。しかも狭いところに無理やり二つだけ設置したという事情がバレバレ。2人の係員がそれぞれの扉の前で一人ひとりチケットをチェックして、一人ずつ順番に回転扉を押して入場。こりゃ時間がかかるはずだわ・・・。
既に試合が始まっているスタジアムからは大きな歓声が聞こえてくる。いつまでも入場できないイライラから係員に大声で何かを言ったり、フェンスを蹴飛ばす人が出てきたりして、にわかに緊張が走る。この時私から最も近い場所にいた警備員のお姉さんは、とても硬い怯えた表情をしていた。しかし、それ以上の騒ぎにはならず、ほとんどの人たちが大人しく列が進むのを待っている。トスカーナ人は我慢強いなぁ。これが南だったら気の短い連中が暴れだしていたことだろう。
しかし、いくらプロヴィンチャの小さなスタジアムだからって、1つのゲートに2つしか回転扉がないって少なすぎでしょ。メインスタンドやバックスタンドだともっとたくさん回転扉があって、スムーズに入場できるんだろうか?

やっとスタジアムの中に入ったが、今度は自分の席が見つからない。というか、座りきれない人たちが通路に大勢腰掛けていて、座席番号を確認することすら難しい。どうしてこんなに通路に座っている人が大勢いるんだろう。実際の座席数よりもたくさんチケットを売っているの???
「すみません、この席は何番ですか?」と板貫さんが尋ねると、座っているおじさんたちが肩をすくめて「無駄だよ」と言い返してくる。とっくにゲームが始まっているので、誰もが自分の席を探し当てるのを諦め、適当にその辺に腰掛けているらしい。席を探すよりも試合を観る方が大事だ、というのはある意味正しい。もう前半25分なのだ。それに通路すら満員になりかけている。ということで、私たちも諦めて前半は通路で観戦し、ハーフタイムに自分の席を探すことにした。
昨日まで雨だったからか、通路は泥だらけで濡れている。このままでは座れないのでバッグの中から往路のフライトのEチケットをプリントアウトしたものなど、もう使わない紙をかき集めて尻の下に敷く。
冷たい。すげえ冷たいよぉ。すぐにトイレに行きたくなりそうだ・・・。(泣)

腰掛けてすぐにスタジアムが騒然となる。ビミョーな判定でインテルにPKが与えられたらしい。これをズラタンが決めてインテルが先制。
とりあえず落ち着いてスタジアムをぐるっと見渡す。

ちっちゃ!!!というか、ちゃっちい!!!

のどかなスタジアム

ここは柏の葉?いや、大宮公園サッカー場?(←改修してからは行ってまへん)
インテリスタで溢れているゴール裏なんて、震度4くらいの地震で壊れそうなんですけど。これって本当に耐震強度クリアーしているの?

ここも通路までいっぱい

あちこちきょろきょろしている間にまた点が入った。なんとコルドバのオウンゴール。周りのシエナファンが大喜び。
「どっち応援します?」
「やっぱり互いの贔屓チームの残留を願うなら、ここはシエナに負けてもらわないと困りますよね」
と言いながら、前半終了間際にカンビアッソのゴールでインテルが1-2になっても心から喜べない私たち。だってさ、基本的にプロヴィンチャ好きだから、どうしたってシエナに肩入れしたくなるのだ。

ハーフタイムにやっと自分たちの席を発見。なんと最前列の席だった。上の写真を見てくれれば分かると思うけど、アクリル板が邪魔でピッチがまったく見えない。立ってもピッチが半分しか見えない。なるほど、通路で観戦している人がたくさんいるのは、一定ライン以上前の席だとピッチが見えないので通路で観戦するしかないからなのね・・・。
仕方なく後半も冷たい通路で観戦。「こんな席を売るなー!」「金返せー!」と怒りを爆発させる私たちであったが、周囲のイタリア人たちは「なんか中国人が怒ってるね」みたいなリアクションで誰も気に留めてくれなかった。

本日の教訓その1:
プロヴィンチャの小さなスタジアムで試合を見るときは、ケチケチしないでいい席を買うべし。多少高くても通路で観るよりはマシ。

後半7分にはズラタンのゴールでインテルが1-3とシエナを引き離す。チームメイトに向かって「俺様どうよ?」と、いつものパフォーマンスをするズラタン。
ズラタンを見ていると『ガリバー旅行記』を思い出す。一人だけ規格外のサイズの人が混じってて違和感があるんだよね。レッジーナファンの私の場合、規格外に小さい人(フォッジャとかブリエンツァとか)には慣れているんだけど、その逆はすごく新鮮。(笑)

シエナのDF陣が小さすぎるのか?

ズラタンのスパイクはきれいなオレンジ色で、足元だけが異常に目立つ。

足のサイズを教えてください

クルスみたいに色に統一感を持たせた方がカッコイイと思うんだけど。

渋いクルス様

私たちのお気に入り、シエナの男前GKマニンガーの写真も載せておこう。

赤いホッペがチャームポイント

ああ、それにしても「やる気あんのか!」って突っ込みいれたくなるグダグダのビッグチームが、ほんの一瞬だけ本気になって簡単に点を取ってしまうのは本当にムカつく。シエナの方がいい攻めをしていて何度もチャンスを作り上げ、とっても好感の持てる戦い方をしていたのに。と、気が付くとシエナの応援をしてしまう私たち。
後半30分くらいにシエナの選手交代で、子どもみたいな顔をした知らない選手が入ってきた。で、その子どもみたいな選手が残り10分くらいの時間帯にインテル相手に見事なゴールを決めた。ライン際での素晴らしいボールコントロールから右足の思い切りのいいシュート!総立ちのシエナファンから大喝采を浴びるお子ちゃま選手。この子がフォレスティエリという選手だということは帰国してから知った。

スコア2-3となり、イケイケなシエナが追いつきそうな雰囲気だ。思わず「行けー、シエナー!インテルを負かしたれー!」と口走り、すぐさま「あ、いかん、いかん、シエナを応援しちゃいけなんっけ」と悶々とする私たち。インテルが勝つのは腹が立つ。かといってシエナに勝たれても困る。だってレッジーナもエンポリも全然余裕がないんだもん・・・。

ダメだー!どっちも応援できなーい!!!

本日の教訓その2:
純粋にサッカーを楽しみたかったら、勝敗が贔屓のチームにまったく影響を及ぼさないチームの対戦を選ぶべし。

そのまま2-3でインテル勝利。負けたけどシエナファンは自チームに惜しみない拍手を送っていた。うん、シエナ頑張ったよ。
帰りは冷え切った体を温めるために駅まで歩いて帰った。それにしてもシエナは寒い。絶対にエンポリよりも寒い。エンポリよりも標高が高いのかな?

一応この対戦のタベッリーノを貼っておく。
Siena 2 - 3 Inter
Marcatori: 26' Ibrahimovic (R), 31' Cordoba (A), 46' Cambiasso, 52' Ibrahimovic, 92' Forestieri
Siena (4-3-1-2): Manninger, Bertotto, Portanova, Loria, De Ceglie, Vergassola, Codrea (Forestieri), Galloppa, Locatelli (Alberto), Maccarone, Frick (Corvia). All. Beretta
Inter (4-3-1-2): Julio Cesar, Maicon (Stankovic), Cordoba, Materazzi, Maxwell (Burdisso), Zanetti, Cambiasso, Chivu, Jimenez (Pelè), Ibrahimovic, Cruz. All. Mancini
Ammoniti: Galloppa, Julio Cesar, Chivu

北イタリア遠征記2008 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
拍手の秘密のコメント様
どうもー。また楽しいコメントをありがとうございます。^^
えらい貴重な情報を教えていただきまして。次回シエナに行く際には、そのホテルに宿泊しようと思います。
かっこいい
チケットかっこいいですね。20ユーロ・・・十分いいチケットじゃないですか!

CURVA SAN DOMENICO A・・・?

こんなページを見つけました。
http://palmenclub.at.infoseek.co.jp/sienasports.html

女性は割引が利くみたいですね。

このスタジアムはいいですね!収容人数15,000人くらいでしょうか。イメージとしては、小瀬陸上競技場ですね。G裏の角度と揺れ具合がたまらなそう。

最前列!って、この壁じゃあ、たまりませんね。

割引があったとは!
女性割引は自己申告制なんですね。知っていたら5ユーロの節約になったのに。悔しいっす。

座席エリアの名前はスタジアムによって全然違うんですよね。今まで私がチケット買ったときは、イタリア語が話せない外国人とあって、売り手がスタジアムマップを見せながら売ってくれました。板貫さんがいるときは、いつもおんぶに抱っこでお世話になっちゃってます。^^;

小瀬陸上競技場は検索かけて写真見てきました。ええ、確かに近いものがありますね。シエナよりも収容人数多そうですが(笑)

>G裏の角度と揺れ具合がたまらなそう。
常時ユラユラしているので地震がきても気付かずに手遅れになりそうな・・・(笑)
ああ、検索
たびたびごめんなさい。
インターネットで検索という手がありましたね。実はシエナのスタジアムを見たとき、一番ピンと来たのは「町田陸上競技場」です。あまりにマイナーなスタジアムのため紹介しませんでしたが。

スタジアムって、どこも揺れるんですよ。新潟のスタジアムも、いい感じに揺れますよ。
町田陸上競技場
ああ、こっちの方が雰囲気が近いかも?ってメインスタンドしかない?(爆)
reoさん、あちこち行かれていますね。私は日本だと関東だけだなぁ。
新潟も一度行ってみたいです。揺れ具合を確認しに(笑)

管理者のみに表示