--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/02

メルカート情報第7弾 コッラーディ、ファビアーノ、カルモナ到着!

昨日更新すると告知しながら、飲みすぎて潰れちまいました。
1日遅れましたが、暑さに負けずにメルカート情報第7弾まいりましょう!

まずは長く待ちわびていたあのお方が、7月30日にレッジーナの環境を確かめるためにブルッソン合宿所を訪れました。
レッジーナ、元伊代表FWコッラーディと契約間近

17番を付けるんですか?

レッジーナ公式コッラーディの会見(7月31日):
---選択
フォーティ会長は他の誰よりも俺に注目し、俺を求めてくれた。長い交渉の後にやっと合意に至ったよ。俺の希望はイタリアに戻ることだった。だから熟考の上、昨季もパルマにシーズン後半だけ戻った。継続的にプレーできるクラブのために、俺はマンチェスターとは終わりにしようという決断を下したんだ。
---過去
イングランドで今シーズンをスタートして、そのまま留まることもできた。マンCのプレシーズンは悪くなかったし、いい準備をしていた。でも俺はこの選択(レッジーナ移籍)をしたかったし、この選択が正しかったと信じている。
---経験
パルマでの経験は全ての人にとっての教訓としなければならない。テクニカルな観点では俺たちはライバルたちよりも少しだけ上回っていたのに、訪れたのは降格だった。このことは技術的レベルの高さと、団結しているロッカールームや結束した環境がイコールだということを意味している。レッジーナのこういった強さが、カンピオナートの決定的な瞬間に違いを発揮させることを可能にした。
---信頼
もう少し様子を見ることが出来たんだ。カンピオナートはまだ先だし、メルカートはまだ長いこと開いているからね。でも俺はここに来たかった。自分に対する大きな信頼を聞かされてきたからね。これはとても重要なことなんだ。
---準備
有酸素能力の運動という点では、一人で練習して準備している。グッビオ合宿から仲間と一緒にやれると思うよ。親善試合までには時間があるだろうし。イングランドでは7月1日から準備を始めた。でもインタートトのために、ちょっと違う練習をしてきたんだ。
---今シーズンの展望
昇格してきたチームのレベルが高いから難しいカンピオナートになるだろう。だけど残留争いのライバルチームが昨季よりも増えるに違いないと思っている。
---契約
レッジーナとは最初に1年契約を結んだけど、1月にこの刺激的な経験を継続させる可能性を確認するための話し合いを邪魔するものは何もないよ。


8月1日にクラブが関係機関に契約書を提出し、コッラーディは正式にレッジーナの選手となりました。
ガゼッタによると年棒は推定60万ユーロ、レッジーナは年棒とほぼ同じ額をマンCにキー・マネー(権利金?保証金?要するにレンタル料?)として支払うようです。合宿が始まってからレッジーナ公式で地元紙の記事をアップしてくれないので、移籍関係の詳しいことがよく分かりません。しかし年棒60万ユーロとは随分と大幅な減額に応じてくれました。マンCに残っていれば150万ユーロ貰えたのに半分以下ですよ。まあ大活躍すればアモルーゾと同じ80万ユーロくらいまでは昇給すると思います。会長がそれ以上出してくれるかどうかは不明ですが。だってアモルーゾの80万ユーロだって、レッジーナにとっては破格の年棒だったわけだし・・・。うち悲しいくらいビンボーですので、それ以上欲しい場合はお金持ちクラブへ帰ってくださいね。
上の写真17番を付けていますが、アモルーゾの番号をそのまま引き継ぐことになったのでしょうか。ポスト・アモルーゾの期待は半端じゃないでしょうが、プレッシャーに負けずに頑張ってください。「コッラーディはニックみたいにレッジョで復活するよ!そしてレッジーナから代表に返り咲くんだ!」というコメントに代表されるようにレッジョの民は概ね歓迎ムードです。とりあえず、例の面白いゴールパフォーマンスでファンを虜にしましょう。レッジーナではどんなパフォーマンスを披露してくれるか今から楽しみにしております。たくさん楽しみたいから、たくさんゴールしてね☆
レッジーナ及びレッジョに関してはビアンキから詳しい情報を得ていることでしょう。マンCではビアンキが大変お世話になったそうで、ありがとうございました。ビアンキに懐かれ、すっかり兄と慕われているそうなので、今頃ビアンキは寂しくて泣いているかもしれませんね。(笑)

えー、一番最近来た人を先に紹介しちゃいましたが、順番的にはブラジル人MFファビアーノ29歳を最初に持って来るべきでした。決して貴方に期待していないわけじゃありませんのよ。気を悪くされないでね。でも、ほら、「レッジーナはイヤだー!」ってゴネてましたでしょ?それが多少紹介する順番に影響を与えているかと。(笑)

はい、とりえあず1年レッジョで我慢してください(笑)

レッジーナ公式ファビアーノの会見(7月21日):
---移籍
俺の移籍に関して少々遅れが生じたけど、でも絶対にここに来たくないからそうなったわけじゃないよ。レッジーナの一員になれて満足だし、自分はアマラントのプロジェクトの一部なんだって感じている。
---グループ
サントス、ジョエルソン、そしてイタリア最初のキャリアのペルージャで一緒だったブリエンツァと再び会えた。ブラジルではパルメイラス、サンパオロ、アトレチコ・パラナエンセのユニフォームを着てきた。ポジションはサイドハーフで、深いところまで走っていってクロスをあげるのが好きだ。レッジーナのアタッカーたちに今季いいクロスを出せるといいな。
---セリエA
今季のセリエAは昨季よりも難しくなるだろう。ビッグクラブはますます強化されているし、残留を争うチームはどこもメルカートでいい仕事をしている。俺たちは既に結束しているグループとしてスタートした。全員で順調に目標を掴み取るよ。
---レッジーナ
誰もがレッジーナの環境は仕事をする上で素晴らしく、ここで成功できるだろうって言ってくれた。ここのファンがとても熱いことも知っている。グラニッロのピッチに立って、彼らの鼓舞を感じるのが待ちきれないよ。
---合宿
相当量の練習をこなしている。昨日のセッションの終わりには俺たち本当に疲れ切ったよ。でも、シーズン開幕へ向けていい準備をするために、また全力を出し切るためにも、これは基本だからね。リーグ戦を戦う上で大いに役に立つだろう。


どうしていつもブリエンツァと一緒の写真ばかりなのかと不思議だったのですが、ペルージャで一緒だったんですね。ガゼッタの今季の予想フォーメーション(4-3-2-1)では彼が左サイドハーフになってます。ハルフレッドソン、負けずに頑張れ!(笑)
深い位置からクロスをあげるのが得意だそうですが、モデストよりも精度がいいのをお願いします(切実)。左サイドでスットコドッコイなクロスがあがると説教するハイレグのお兄さんはトリノに行っちまいましたので安心してください。(笑)
ガゼッタの予想通り左SBがコスタ、左SHがファビアーノ、トリデンテの左がブリエンツァだと、左からの攻撃が活性化しそうですね。楽しみです♪
因みに現時点での予想フォーメーションはGKカンパニョーロ、4は右からランザーロ、ヴァルデス、サントス、コスタ、3は右からバレート、トニョッツィ、ファビアーノ、2はコッツァ、ブリエンツァ、1トップがコッラーディとなってます。もし、アロニカが残留するなら、コスタが控えに回るのかな?あとコッツァが復帰するまではヴィジャーニが代わりを務めるか、もしくは4-4-1-1になるのかもしれません。

そしてU-23チリ代表のキャプテン、カルロス・カルモナ21歳(MF)の獲得も7月29日にレッジーナ公式で正式発表されました。本名はCarlos Emilio Carmona Telloです。長い名前だ。

早くイタリア語を覚えましょう

昨シーズンはチリのO'Higgins(読みはオイギンスでいいの?)でプレーしていました。移籍金は100万ユーロ、4年契約だそうです。本人の挨拶はまだありません。
またレッジーナの南米化に拍車がかかっちゃいました。レッジーナのチリ人といえばDFヴァルガスがいましたっけ。スンタンが移籍した年のキャプテンでした。ヴァルガスのお陰でレッジョの民はチリ人にはいい印象を持っていると思います。一日も早く馴染んでね。
垢抜けないお兄ちゃんですが、これからイタリアで洗練されていくことでしょう。なかなかのオシャレさんだったモデストがいなくなったので、誰に面倒を見させましょうかねえ。とりあえず一番ファッションセンスがやばいと思われるハルフレッドソンには絶対にこの子を預けないように。(笑)

悲しいお知らせが一つ。
7月29日、レッジーナはデンマーク人MFニールセン君20歳との契約を解除しました。まだ若いし、この先も何処かで元気で頑張ってくれることを切に願っています。むちゃくちゃカワイイ男の子だったので本当に残念です。ああ、私のお気に入りがまた一人・・・。(号泣)

かわいいデンマーク人といえばもう一人。
FWトゥルベルグ22歳はSPLのハーツの練習にトライアルで参加していましたが、無事ハーツに気に入ってもらえて契約に漕ぎ付けられそうです。既にカイザースラウテルンとの親善試合にも出場しております。もうレッジーナでは出場機会を得られそうもありませんから、彼のためにはいい選択だと思います。トゥルベルグは英語上手ですし、ハーツで上手くやれるんじゃないかな。私にとってはどうにも退屈なSPLですが、トゥルベルグを見られるなら少し楽しみが増えます。お願いだから土壇場で心変わりしないでね。<ハーツ

出て行く噂があるのは以下の人たち。
●ノヴァコビッチ⇒行き先不明
●ヴィジャーニ⇒パルマ
●アロニカ⇒ジェノア、サンプドリア
●アルヴァレス⇒アヴェッリーノ
●ジョエルソン⇒ヴィチェンツァ

いつか分からないけど、メルカート情報第8弾に続く。

08-09レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
おひさしぶりです
やっと、アモルーゾの後釜が決まりましたね。
いっぱいゴールを量産してイタリア代表に返り咲いてほしいものですわ。
後、コッツァ心配です。早くケガを直して復帰してもらいたいな。
中盤にもう一人ほしいですね。
俺としては、アタッカールカレッリが良かったな(笑い)
コッツァの手術が成功したと
レッジーナ公式にお知らせが出ていました。どうか順調に復調して、引退までに一花も二花も咲かせてくれますように(祈)

中盤はレッチェにカゼルタを持ってかれちゃったし、パルマはモッローネを売ってくれないし、どうなるんでしょうねえ・・・。大きな補強があるとしたら、後は中盤になるのかな?
アロニカがいなくなったらDFも少々不安な気もしますが・・・。

ルカレッリ兄弟まとめてドン!はわらぴーさんだけじゃなくてレッジョの民も夢見ていました。残念でしたね。
ま、レッジョでのコッラーディ復活劇を目撃できるかどうかという新しい楽しみができました。また一生懸命レッジーナを応援していきましょう。(^^)
ついにきましたね
待ちに待った選手の獲得は嬉しいですね(´∀`) まぁファンの期待が一番あるコッラーディには完全復活してほしいですね。 
カルカモきてくれたのはでかいですね。 これで中盤がおもしろくなりファビアーノの加入で色んなバリエーションがでるでしょうね。 ついでにチリッロも完全移籍おめでとう(笑) レギュラー争いが楽しみですね。 

コッツァの離脱は本当痛いですね。手術は成功したからとりあえずほっとしましたね。焦らず治してね。 
これでフォーメーションがどうなるかですよね。 僕的にはトップにコッラーディとストゥアニを、その下にブリエンツァを組んでくれるとおもろいと思うんですけどね。  
あぁー早くみんなのプレーが、今年のレッジーナはどんなサッカーをするのか見たいですね。  マッツァーリ監督の奇跡の残留の時の開幕戦のパレルモ戦みたいな興奮をもう一度味わってみたいですね。ではまた(_´Д`)ノ~~
ええ、きましたよ!
とりあえずホッとしました。昨季みたいにビアンキの後釜を待っていて誰もこなかったらどうしようかとビクビクものでしたよ。^^;

あ、そういえばチリッロはガゼッタの予想スタメンに入っていない!こいつが外れていることに今気が付きました(爆)
本当にスタメン争いも楽しみですね。どのポジションも競争がないと向上しないし。

コッツァは根性で甦ってくると思われます。とりあえずコッツァ不在でもブリエンツァがいると安心ですね。二人ともステキなファンタジーを見せてくれる選手ですから。

>奇跡の残留の時の開幕戦のパレルモ戦みたいな興奮
はいはい。アレは是非とももう一度味わいたいです。マジ興奮しましたよね!
ただ今季もレッジーナ戦の初放映がいつになるやら・・・。ま、スカパーがセリエの放映権買ってくれただけで満足しますか。全然ないよりマシということで・・・(泣)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。