--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/01

ブルッソン合宿便り2 フレンドリーマッチ2戦目勝利もコッツァ骨折

7月27日に2回目のフレンドリーマッチが開催されました。今度の相手はカサーレというチームです。
レッジーナ、トニョッツィのゴールでカサーレに勝利

Marcatori: 23'pt Di Leo, 44'st Hallfredsson, 35'st Tognozzi
Reggina: Campagnolo (1'st Puggioni), Lanzaro (1'st Rizzo), Costa (12'st Barillà), Cascione (1'st Tognozzi), Valdez (1'st Cosenza, 36'st Alvarez), Santos (1'st Aronica), Hallfredsson (1'st Fabiano), Barreto (12'st Viola), Stuani (1'st Ceravolo), Cozza (12'st Missiroli), Brienza (12'st Joelson). In panchina: Marino. All. Orlandi
Casale: Zecchini (1'st Angarani, 36'st Castelluccia), Russo, Infantino (1'st Amodio), Montingelli (1'st Soppo Moukouri), Balsamo (18'st Pinto), Di Leo (18'st Del Brocco), Serra (1'st Uccello), Lombardo (15'st Mottola), Zenga (18'st Tina), Rizzo, Tedesco (18'st Pregnolato). All. Melchiori
Arbitro: Bruno di Torino
Assistenti: Virgilio e Rigolley di Torino

ガゼッタによるとレッジーナは前半は4-4-1-1、後半は4-3-3で戦った模様。
試合前はまた和気藹々と記念写真撮ってたんですけどねえ・・・。

先生、右端に子どもが混じってます!(笑)

で、誰だ、うちのキャプテンを骨折させた奴は!(怒×∞)

この試合でコセンツァとコッツァがぶっ壊されました。プレシーズンのフレンドリーマッチなのに、何そんなにガツガツ削ってんでしょう、この馬鹿共は。幸いコセンツァは数日で練習に復帰できそうですが、コッツァは左足腓骨骨折で全治2~3ヶ月。レッジーナにとって痛すぎる離脱です。一日も早く戻ってきてくれますように。(祈)
まったく、せっかく三平トニョッツィとハルフレッドソンのゴールで勝ったというのに喜び半減ですよ。えー、FWが誰も点を取れなかったことには気付かない振りをする方向で・・・。


レッジーナ公式チリッロの会見(7月30日):

どっからどう見てもオムツだ・・・

---レッジーナ
やっとレヴァンテとの問題を解決したよ。だから今日から俺は自分をどこからどう見てもアマラントの選手だとみなせるようになった。このグループに属することができてとても満足だ。昨季の素晴らしいシーズンの後で契約を更新して信頼を示してくれた会長に感謝したい。
---経験
レヴァンテには本当に申し訳ない。スペインへの移籍には満足していたんだ。でも労働条件がだんだん難しくなってきた。1月のレッジーナの呼びかけが俺を完全に巻き込み、新しい環境に飛び込んだ最初の日から俺はこのチームの残留のために貢献できると信じていた。
---チームとメルカート
クラブの仕事は評価しないよ。クラブはメルカートで巧みに動くことを熟知している。会長は上手いことチームを強化している。攻撃陣にコッラーディが加わったことはとてもデカイ。グループは昨シーズンの8割が残った。互いをよく知っているという武器を大いに活かさないといけないな。俺たちはレッジーナを理解し、犠牲の精神を持ち、アマラントという家族的な環境で日々闘う、そういうメンタリティーを持つ選手からなるチームだ。
---家族
俺にとってレッジーナは第二の家族だ。俺は14歳でここレッジョ・カラブリアにやってきて、個人的に素晴らしい勝利を収めてきた。ここ数年、そして昨季の最後の数ヶ月は、俺はよくやったって言ってもいいよな。レッジーナにいるっていることは、素晴らしいチームにいるってことなんだ。
---コッラーディ
彼とはほとんど面識がないんだ。けど、とてもポジティブな印象を与えてくれたよ。彼はチームの役に立ち、たくさんゴールしたいという大きな情熱を持っている。そうできるように彼をベストコンディションに置いてあげれば、彼のゴールと共に俺たちは成功できるだろう。
---コッツァ
チッチョ・コッツァが被った事故は本当に残念だよ。このグループは彼を必要としているのに。だけど彼はすぐに戻ってくるだろう。早くもグッビオ(ブルッソンの次の合宿地)には姿を現すんじゃないかな。
---ジュニア・セクター
レッジーナで育てられた俺みたいのがたくさんこのグループに属するということは、クラブが実にいい仕事を完成させたということを意味している。また、レッジーナが長い年月のあいだ彼らを確保し、トップチームに相応しくなるまで管理してきたことに彼らは満足している。俺がオルランディ監督のことを言っているのは明らかだよ。
---目標
もちろん穏やかに残留に到達すること。俺たちはそれをやり遂げるだけのポテンシャルを持っているし、相手が何処だろうとピッチ上で一瞬たりとも諦めたりしないってことを俺らのファンに理解してもらわないとな。


チリッロはレッジーナの下部組織出身者なんだ。だからレッジョの子どもたちに人気があるのかー。チリッロって子どもにすっげえ優しくて、サンタガタのちびっ子たちに大人気でした。人は見かけによらないもんです。(笑)
レヴァンテとなかなか切れなくてヤキモキしましたが、このたび晴れて正式にレッジーナの選手になりました。今季は気持ちも新たに頑張ってくれることでしょう。張り切りすぎて相手にPK与えないように。
どうでもいいけど上の写真、チリッロはハイレグというよりもオムツですな・・・。

つーか、合宿所はハイレグだらけです。これは一種のレッジーナの伝統?(笑)
新加入のサントスも立派なハイレグ姿を披露しております。てか、ジェノアには練習でハイレグになっちまうデローザ様がいらっしゃったから、ジェノアでもハイレグが流行していたのかもしれませんね。

ジェノアでもハイレグ流行ってたの?

板前さんヴァルデスも軽いハイレグ状態です。

やっぱり夏はハイレグよね

カッショーネもハイレグで走ってます。

奥の二枚目もハイレグになればいいのに

チリッロといい勝負のヴィジャーニ。完全にオムツです。

パルマに行っちゃうの?

ハルフレッドソンとトニョッツィも・・・。

ハルフレッドソンの太ももはあんまり見たいくない・・・

果たしてアモルーゾの後を継いで試合中もハイレグになっちまう選手は現れるでしょうか。

相変わらず楽しそうなアロニカ。つーか、チリッロと怪しい雰囲気だ。(笑)
サンプドリアが欲しがっているみたいですが、マツ監督、アモルーゾがダメだったからアロニカにするのね?

デキてるのか?ああ?

明日更新予定のメルカート情報第7弾では、いくつか嬉しい報告が出来そうです。

※追記
9日目から11日目の練習風景の動画を貼っておきます。
Speciale ritiro: giorno 9
Speciale Ritiro: Reggina - Casale
Speciale ritiro: giorno 10
Speciale Brusson - Giorno 10 (flash serale)
Speciale ritiro: giorno 11
Speciale Brusson - Giorno 11 (flash serale)

08-09レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。