--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/19

レッジーナ08-09シーズン始動

いよいよ新シーズンがスタートしました!
7月17日に選手はサンタガタに集合し、メディカルチェックと軽いトレーニングを行いました。
南米人選手の集団登校の様子。板前さんヴァルデスとストゥアニはサンダル履きで、限りな~く緩いです。(笑)

いつも群れてる南米組

不敵な笑みのチェラヴォロ。「今季はブレークしてみせるぜ。見てろよ」てか?

ミッシと比べると小さいねー


この日のランザーロとコッツァのコメント。

■ランザーロ(ソース:Calabria Ora)
レッジーナみたいなプロヴィンチャのクラブは、前もって定めた目標を実現するために最後まで苦しまなくちゃいけないってことを俺たちよく分かっているんだ。たくさんの満足をファンと自分たちに与えられる穏やかなカンピオナートになるといいなって思うよ。
---いなくなった選手の中で残念なのは誰?
感情の絆の観点では、メストとモデストだな。あいつら15歳の頃から俺のチームメイトだったんだ。
技術的ファクターの観点ではアモルーゾだと思う。とんでもなく並外れた奴だった。俺が今まで一緒にプレーしてきた中で最強の選手の一人だよ。


メスト&モデストとはU-16とかで一緒だったんでしょうか?それしか考えられませんよね?
アモルーゾを失った喪失感は、ファンよりもチームメイトの方がより深く感じているのかも知れませんね・・・。

■コッツァ(ソース:Gazzetta dello Sport Calabria)
俺はあと数年高いレベルで出来るって、皆に保証するよ。無駄だって印象を与えるようになって非難されるようになった時は、手を挙げて自分を脇に追いやるだろう。でも昨シーズンのように、フィジカルが持ちこたえられ、素晴らしい時を持ちたいという情熱が俺の中に残っているうちは、レッジーナにまだまだ多くのものを与えられると思っている。
---レッジーナは何が生まれる?
フォーティ会長を知っているだろ?彼は順位表の半分から上を狙えるチームを装備するだろう。もうこれ以上誰も最終節まで苦しみたくないからね。
---親友のアモルーゾはいなくなった。
俺はニコラの出した結論は理解している。成功を収めた3年の後で、彼は別のクラブで新しい刺激を求めた。チームの勝利のために犠牲の精神を持ち、常に多くのものを与えてくれた選手の願望は受け入れてあげないといけないんだ。


今年5月に私が観戦した2試合では、コッツァが前に張ってアモルーゾを下がらせてあげているシーンが何度もありました。嫌々センターFWをやらされ、点が取れなくて批判され、どうしようもなく落ち込んでしまったアモルーゾを気遣い、「俺が前にいるから下がって好きなようにプレーしていいぞ」と自由を与えていたコッツァの懐の大きさにジーンとしました。終盤アモルーゾが精神的に持ち直したのはコッツァのお陰だと信じています。
今季も苦しい時にチームをガンガン引っ張って行ってくれることでしょう。コッツァのキャリアの最後は、レッジーナで、そしてセリエAで迎えられますように。

翌18日夕方、ブルッソンに向けて出発しました。
ミッシローリ君は眠いの?眩しいの?

もう少し太ろうよ

何かを企んでいそうな顔のコスタ宮迫。何気に私のお気に入りです。

得意な教科は外国語だったそうで。英語話せるのか?

カンパ、オフに何かあったのか?

怪しくなったなー(汗)


7月18日Gazzetta dello Sportオルランディ監督インタビュー記事:

補強がうまくいくといいですね。

---レッジーナはどんなチームになりますか?
組織を完成させるために、会長はFWとMFの獲得を約束してくれた。名前は新聞にも書かれている。FWはコッラーディ(マンC)、MFはモッローネ(パルマ)かカゼルタ(パレルモ)かグアーナ(パレルモ)だ。
---中盤に何人か新しい選手が入り苦労するかもしれませんが、戦術的には4-3-2-1が試されることになりますね。
戦術について話すのは時期尚早だよ。しかし、我々は昨季のゲームのフォーメーションを弄る気はない。全ての選手の特性を注意深く査定する必要があるし、対戦相手によって戦い方を修正するだろうがね。
---コッツァは35歳になります。彼をパートタイムとして使いますか?
チッチョはアマラントのバンディエラであり、今季も重要な存在になる。他のベテランたちと共に、雛を抱えた雌鳥のごとくレッジーナに所属する多くの若者のために尽くしてくれるだろう。


前日のレッジーナ公式の会見ではチームの選手数についても触れていました。

まだ人数が多すぎるんだが、近いうちに減っていくだろう。残留の見込みはある。昨季よりも苦労しないで残留できることを願っているよ。あまりに多くのことが起こった昨季のことを考えれば、おそらくシーズン前半に好スタートを切れれば成功するんじゃないかな。

そうそう、昨季はシーズン前半が超悲惨でした。何と初勝利が12節のジェノア戦。攻撃はアモルーゾ一人に負担がのしかかり本当に気の毒でした。今季はいいスタートを切って、早いうちに残留を決めましょう。

ブルッソン合宿へ出発したメンバーは以下の27名です。
Portieri: Campagnolo, Puggioni, Marino
Difensori: Rizzo, Valdez, Lanzaro, Aronica, Cirillo, Santos, Alvarez, Cosenza, Costa
Centrocampisti: Barreto, Tognozzi, Cascione, Barillà, Vigiani, Missiroli, Viola, Hallfredsson, Barbagallo, Khoris
Attaccanti: Brienza, Stuani, Ceravolo, Joelson, Cozza

あうっ、、ノヴァコビッチとトゥルベルグがいない・・・。アモルーゾとマキンワもいなくなっちゃったし、もう私と英語でお話してくれる選手はハルフレッドソンしかいないのね。(泣)
ファビアーノは月曜日に合流する予定だそうです。来てくれないのかとヒヤヒヤしました。
プリマヴェーラちゃんと思われる3人(Viola, Barbagallo, Khoris)が帯同していますね。このままトップチームに定着できるのでしょうか。頑張れよー。

今後の予定は以下の通りです。
7/19~8/2 ブルッソン合宿(アオスタ)
7/23 ブルッソン地元選抜チームとフレンドリーマッチ
7/27 セリエDカサーレ(Casale)とフレンドリーマッチ


08-09レッジーナ | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
お久しぶりです
あえずDF陣は楽しみですね。 GKもプッジョーニがどうなるか疑問ですが残ってくれると助かりますね。プリマビェーラの三人はヴィオラしか知らないんで残りね二人には頑張ってもらいたいですね。  MFはカルカモの話がまた出てますね。 来てくれるといいですけどまた南米化しますね(笑)
FWはチェラヴォロが調子乗っててうかましたけど、1日でも早く獲得してほしいですね。 パロスキかコッラーディのどっちか来てくれそうですね。 ポッツィが来たら化けそうな気がするけど。
まぁ始まったばっかで不安も多いですが主力も去年に比べると残ってますからアモルーゾが抜けたけど今シーズンは期待したいですね。ではまた(_´Д`)ノ~~
なんか
最初の部分消えてました(笑)

しょっぱなからカンパの写真うけました(笑) ブルッソンのメンバー入りしたアロニカは移籍しないんですかね? もし残ってくれるとファビアーノもくるし、ポジション争いがさらに激化して楽しみですね。まぁとり
 ↑↑↑↑みたいな感じからさっきの文の前だったと思います。
失礼しましたw(°0°)w
カンパの写真は衝撃的ですよね^^;
ヤス君、こんばんはー。
最初の部分、あぶり出しか何かかと思っちゃいましたよ(爆)

アロニカはまだハッキリしません。とりあえずパルマ行きは拒否しました。まったく困ったちゃんだ。このままレッジーナに留まることになったとして、モチベーションを保てるのか心配です。

ファビアーノはブルッソンに到着しました。(^^)
カルモナ獲得は後は本人のサインを残すのみです。でも実際にサインするまでは何が起こるか分からない世界ですので、正式決定してしてから喜ぼうと思います。

コッラーディは相変わらずコリエレが楽天的な記事書いてますが、まだまだ予断を許さない状況です。無事レッジョに来てくれるといいのですが・・・。
パロスキはサンプに持っていかれそうな予感・・・。^^;

ブリエンツァが「補強はまだ不十分だ!」と会長にプレッシャーかけてました。会長がんばれ!(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。