--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/15

メルカート情報第6弾 リッツォ&サントス到着

私のアモルーゾがレッジーナを去ってから、心にぽっかり大きな穴が開いてしまっております。この言いようのない喪失感を埋めてくれる選手が、果たして今季現れてくれるのでしょうか・・・。
とりあえず新しいメンバーが二人やってきました。いらっしゃいませ。

レッジーナ公式DFアントニオ・リッツォ(27歳)の挨拶(7月7日):

独身かしら?既婚者かしら?

レッジーナの選手になるということは分かっていたから、ペルージャのユニを着て最高のシーズンを終えなくちゃという刺激をずっと持っていたんだ。アマラントのようなチームの一員として闘えると思うと誇らしいよ。セリエAでプレーすることは全てのプロ選手の目標だ。その目的のためにも役に立つ選手になれるよう全力を尽くしたい。
俺は1981年生まれのDFで4バックのクラシカルなフルバックもできれば、3-5-2の中盤でもプレーできる(ウィングということ?)。いずれにしろ、オルランディ監督のどんな指示にでも自分を適応させられるだろう。数分前に監督と既にそのことについて話したんだ・・・。
レッジーナの観客は要求が高く情熱的だということは知っている。といっても、ここでプレーしたのはローマのユースのカテゴリーにいた時だけだけどね。カンパニョーロとランザーロとは仲がいいんだ。チームに馴染めるよう彼らが助けてくれるだろう。みんな僕にレッジーナのことをポジティブに話してくれるんだ。一緒にうまくやっていけると確信したよ。
新しいユニで成功したいって思っている。ファンのために最初から自分の持っている最大限のものを出すよ。


ルックスは合格点じゃありませんこと?
リッツォは冬メルで獲得したものの、そのままペルージャでプレーしておりました。ペルージャに修行に出されていたGKプッジョーニからもレッジーナの話はたくさん聞いたことでしょう。カンパとランザーロの友達ということで、早く馴染んでくれそうです。期待してるぞー。

レッジーナ公式DFサントス(26歳)の挨拶(7月10日):

ルックスは、、、人相悪くない?(笑)

レッジーナの選手になれて本当に幸せだ。このニュースを待ち焦がれていたんだ。ようやく契約書にサインすることができた。新しい冒険を始めるのが待ちきれないよ。
チャンスを与えてくれたクラブと会長になんてお礼を言ったらいいんだろう。俺のパフォーマンスを信頼してくれたことに対して、どんなことをしてでも報いたい。物凄くやる気に満ちているよ。


いいっすねー。やる気満々のコメントですねー。
ブラジル人が来たのでジョエルソンは喜んでいることでしょう。またレッジーナの南米化が少し進んじゃいました。ファビアーノも早く来てねー。

DFウンガロ(20歳)とMFペッティナーリ(22歳)はラヴェンナに修行に出されることが決定しました。大きくなって戻ってくるように。
UFFICIALE: Ungaro e Pettinari al Ravenna
私と板貫さんのアイドル第三GKサラオ君(20歳)はモノポリで修行することに・・・。また一人私のお気に入りが・・・。(号泣)
UFFICIALE: Monopoli, tre arrivi dalla Reggina

さてさて、アモルーゾの後釜探しが本格化して参りました。一応下記4人に的は絞られたようです。
本命:コッラーディ(32歳)マンC
一時はマンCとの交渉が暗礁に乗り上げ、このまま話が立ち消えになりそうでした。しかし、ここにきて交渉が再開されることになったようです。上手くいけば今週末にレッジョにやってくるだろうと希望込みでコリエレが書いておりますが、どうなることやら。期待していて裏切られると怖いので、話半分で聞いておこうと思います。
対抗馬:インザーギJr.(32歳)ラツィオ
突然インザーギ弟の名前が浮上してまいりました。しかし、インザーギへの関心を否定するフォーティ会長のコメントがあったりして、本当にレッジーナが欲しがっているのかどうか、よう分かりません。南の端のド田舎クラブでお坊ちゃまがやっていけるのでしょうか?
ダークホースその1:ポッツィ(22歳)エンポリ
ポッツィ君の代理人があのトゥーリオ・ティンティ氏でして、自分のクライアント(アモルーゾ)の抜けた穴は別のクライアント(ポッツィ君)で埋めようと画策している模様。あっしのエンポリでの一番のお気に入りですから、来てくれたら超嬉しいけど、どうでしょうねえ?
ダークホースその2:パロスキ(18歳)ミラン
パロスキ君を欲しがっているクラブは4つもあるそうで(レッジーナ、ボローニャ、トリノ、サンプドリア)、正直レッジーナがこのレースに勝てる気が全然しません。
品行方正な優等生タイプらしいので、来てくれたらヤング版アモルーゾとしてレッジョの民から可愛がられるかもしれませんね。

えー、パルマはMFモッローネを売ってくれないどころか、「ランザーロとヴィジャーニを売ってくれー!」と迫ってきております。もしかして、トレードが成立しちゃったりするのかしら・・・。

もう一つ。守護神カンパニョーロ残留は間違いなさそうですが、第二GK問題が勃発しております。ペルージャからプッジョーニを呼び戻したものの「控えには興味ないよ!」と申しておりまして、ノヴァコビッチを手放すつもりだったクラブは頭を抱えております。ノヴァコビッチを手元に残して、再びプッジョーニをどこかにレンタルで修行に出すのか、その辺も注目でございます。

19日(土)にレッジーナはブルッソン合宿へ出発です。それまでに全部すっきり決まるといいんですけど・・・。
いつかわからないけど、メルカート情報第7弾へ続く。

07-08レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
んーどいつもアモルーゾの代役を務められる器ではない感じですよね^^;
まぁ、でもホラ、ここの来るといきなり化けるタイプの選手も多いですから。
ポッツィは悪くない選択ですけど、怪我が多いんですよね。
パロスキは来る可能性高いってどっかで見た気がするんで、やってくれるかも・・・?

>ランザーロとヴィジャーニを売ってくれー!
Bの分際で・・・あつかましいザコですね。
交渉の席にコッツァとチリッロでも同席させれば、パルマもきっと快くモッローネを譲ってくれると思いますよ^^
Fillipoさん、こんばんはー。
>まぁ、でもホラ、ここの来るといきなり化けるタイプの選手も多いですから。
まあアモルーゾもレッジーナで再生する前はメッシーナやモデナで大量得点していたわけじゃないですし、誰が来ようと、うちに来たとたんに大ブレークすることを期待しております。
私はコッラーディ希望です。だって英語が話せるはずだから。英語で私のお話し相手をしてくれるアモルーゾがいなくなっちゃったので、コッラーディの獲得を今か今かと待ちわびております。←そういう理由かよ
ポッツィ君は昨季まとめていっぱい怪我しちゃったので、今後しばらく怪我しないと思います。てか、そう思いたいです。怪我さえしなければ大ブレークの年になったかもしれなかったのに残念です。
パロスキ君はサンプはローンでの獲得を、レッジーナは共同保有を希望しています。パロスキ君、サンプとレッジーナに絞ってくれたそうです。どっちを選ぶんでしょう。ドキドキ。

パルマに行くのはランザーロでもヴィジャーニでもなく、アロニカになりそうです・・・。
でもって、たとえアロニカを獲得してもモッローネは譲ってくれないそうです・・・。
>交渉の席にコッツァとチリッロでも同席させれば、パルマもきっと快くモッローネを譲ってくれると思いますよ^^
いやあ、その二人がいたら、まとまる話もまとまらなくなりそうな・・・。血の雨が降ったりして。^^;
いやもう冗談抜きで、力づくでもモッローネを強奪してきて欲しいですわ。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。