--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/01

十日目⑤:街はお祭り騒ぎ

スタジアムの熱狂は街中に移動していた。レッジーナのフラッグをなびかせ、残留を祝うクラクションを鳴らしながら走り回る車とバイクの群れ。カメラを向けると、みんな嬉しそうにポーズを作ってくれる。で、写真を撮った後に「グラッチェー!」と叫ぶと「ナッカムーラー!」と必ず返ってくるのが面白い。
愛すべきお馬鹿さんたちの写真は帰国直後に更新したエントリー『最高の休日』で紹介したけど、もう一度載せちゃおっと♪

バカ-1

バカ-2

バカ-3

こういうお馬鹿さんがいたる所に溢れかえっているせいで、海岸通り沿いの道路はもの凄い渋滞になっていた。この緑の建物はレッジーナの選手もよく来る人気のジェラート屋さん。

大渋滞の海岸通り

お馬鹿さんは歩行者の中にも大勢いた。海岸通りにはテレビカメラも出動していて、絶好調で盛り上がっている。誰かれ構わず目が合った人に「グランデ・レッジーナ!!!」と叫びまくる壊れちゃった人たち。私もすっかり壊れていたので、一緒になって数え切れないくらい「グランデ・レッジーナ!!!」と叫んできた。
途中ティフォージのバンに連れ込まれそうになって必死こいて逃げて笑い転げ、ああ、最後にこんなに大騒ぎしたのっていつだっけと記憶をたどる。専門学校の学園祭が最後だったかなぁ。なんか学生時代に戻ったみたい。

ホテル・ルンゴマーレに帰ってくるとスタッフが笑顔で私を出迎えてくれた。みんな私がどんな幸せそうな顔で帰ってくるか見届けようと待ちわびていたらしい。本当にいい人たちだ。
いつもは階段で自分の部屋の階まで上がるのだけど、さすがに疲れ果てて足が棒のようだったのでエレベーターを使った。で、私の階でエレベーターが止まって扉が開くと、そこにはカルロが立っていた。

ヘーイ、マッザーリーーー!!!

私を指差して叫ぶカルロ。さてはこいつ、この2年間これを言いたくて仕方ないのに我慢してきたな。そんでもって私が帰ってきたのを知って、エレベーターの前で待ち伏せしやがったな。しょうもないガキだ。(爆)

グランデ、レッジーナァァァ!!!
ミラコーロー!!!(奇跡)
サルヴェッツァァァァ!!!(残留)
セリエアーーー!!!


二人で万歳して飛び跳ねながら、次々と競うように雄叫びを上げる。ホテル中に私とカルロの叫び声が木霊した。大丈夫。今日だけは何をしてもカルロは怒られないだろう。だってレッジーナが奇跡を起こした特別な日だから。

シャワーを浴びてさっぱりした後、汗でぐっしょりになった残留記念Tシャツを洗面所で洗って濡れたまままた着る。だって今日はこれを脱ぎたくなかったんだもん。
明日の朝にレッジョを発つので荷造りを開始。そして9時頃にお腹が空いて、今日もピッツェリア『Qbizza』へ行った。

店内はレッジーナ奇跡の残留を祝う人々で満席だった。いつもの親切な黒人の店員さんが大きな笑顔で私に右手を差し出し「グランデ・レッジーナ!」とがっちり握手。今日のレッジョの民の合言葉は「グランデ・レッジーナ」。この言葉を口にするだけで誰とでも至福の時を分かち合えた。
残留記念Tシャツを着たジャポネーゼを見て、にわかに店の中がざわめく。
一人が「ジャポネーゼ?」と聞いてきたので「Si!」と答えると、何故かみんな「ナッカムーラー!!!」と叫び大きな拍手。そして誰もが立ち上がって「こっちにおいで!一緒に食べよう!」と手招きする。一番熱心に誘ってきたのがグループデートをしていた高校生と思しき8人グループの男子たち。しかし女子4人の冷たい視線にたじろぐ私。あ、お姉さん、青少年のデートの邪魔をする気はないから安心してね。
パニーニとコーラをテイクアウトし、店中の人たちから「チャオ、ナッカムーラー!」と見送ってもらった。いいな。あったかいな、ここの人たち。絶対にまた来年も来るからね。

すぐ近くのレストランでレッジーナ関係者は残留祝賀パーティを行っていた。この時間になっても屋上のテラスにいる選手たちに大声で呼びかけるファンが後を絶たない。
足を止めてレストランを見上げていると、隣に立ったお父さんが聞きもしないのに明かりの中に浮かび上がる背中を指して「ミステルだよ!」と教えてくれた。マッツァーリ監督だと聞いては写真を撮らないわけにはいかない。ということで、撮ったのがこれ。

まだこのレストランで食事したことありません

もう一枚。お父さんによると右側がマッツァーリ監督らしい。左にいるのは誰なんだろう。

本当に監督なのかなぁ?

心の中で「お願い振り向いて!」と念じたけど一度もマッツァーリ監督は振り向かなかった。まあ、最後に背中だけでも拝めたからいいか。10分ほど監督の背中に熱い視線を送った後でホテルに戻った。
この時はまさか翌日思いがけない場所で監督に出くわすとは思いもしなかった。
南イタリア遠征記2007 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
レッジョは大騒ぎ
わーい、いいな~とっても楽しそう!
喜びがすっごく伝わってきますー。
行ったことないのに、リーメイさんの報告ですっかり毎年行った気になってるのが不思議~
私までバールへ行ったり、ホテルの中にまで入りこんだ気分(笑)
毎回楽しみに、更新されたら全部読んでるからねー♪

年甲斐もなく騒いできちゃいました
わーん、雪虫さん、いつも優しい言葉をかけてくれてありがとう。(T-T)
「行った気になれる」って最高の褒め言葉です。必ず読んでくれている人が少なくとも一人はいるって嬉しいよぉ。
もうすぐ終わりなので、さっさと仕上げて次の遠征記に取り掛かります!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。