--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/31

メルカート情報第1弾 もはや風物詩となったアモルーゾの移籍騒動

最終節カリアリ戦のギャラリーがまだ更新されません。もしかして「消化試合だから行かなくてもいいよね?」とカメラマンが帯同しなかったとか?うーん、十分有り得る話だ・・・。

さてさて、まだ5月なのに早くもいろんな話が出てきました。まずはすっかりこの時期の風物詩となった感のあるアモルーゾの移籍話からどうぞ。

会長との関係が悪くなったわけではないらしい

2008年5月14日channel4の記事
Amoruso's Reggina ultimatum
『アモルーゾ、レッジーナへ最後通達』
ここまでニコラ・アモルーゾはレッジーナの残留を手助けしてきたが、チームを強化しなければ海外へ出て行くと警告している。
「今季僕らは多くの困難に見舞われたが、何とか踏みとどまることが出来た。レッジーナには3年在籍しているが、何一つ変わることはない。」とストライカーはガゼッタ・デロ・スポルトに語った。
「僕らはセリエAに残留したが、そこにたどり着くまでに苦しんだ。2010年まで契約があるけれど、どうなるか様子を見ることになる。フォーティ会長と話し合うよ。自分とレッジーナにとって何がベストなのかを見極めることになるだろう。イタリアと海外の両方にいろいろなオプションがある。本当にもがき苦しんだシーズンだった。会長も同意してくれると思う。」
アモルーゾの10ゴールはほとんど降格が決まっていたアマラントを救う助けとなったが(←今季12ゴールだけど残留決定後の2ゴールはカウントされていない模様)、彼はヒーローでいることに疲れてしまった。
「僕はセンターフォワードとしてプレーすることを強いられた。しかし、あそこが僕のポジションではないことは誰もが知っている。ネヴィオ・オルランディにあのポジションをやってくれと頼まれて受け入れたけど、自分がセンターフォワードだとは感じられなかった。何度でも繰り返し言うよ。」
彼はもしレッジーナがチームを強化しなければ海外移籍を視野に入れるかもしれないとガゼッタにほのめかした。可能性があるのは英国だろうか。
「シーズン終了時の結果はポジティブなものだった。(クラブの?)戦略は全体を通して苦々しいものだったにも関わらずね。僕は決めるべきときに決められたし、再び二桁ゴールできた。だから自分のパフォーマンスには満足しているよ。」


この後、アモルーゾはレッジーナに契約解除を申し出ています。
2008年05月21日
レッジーナ残留の立役者アモルーゾ「スペインに行きたいが…」

当然のことですがフォーティ会長が契約解除を受理するわけがなく、「契約があるときはそれを尊重する必要がある。」とか「アモルーゾは偉大な選手であり、レッジーナは彼に大きな恩があるが、同時に彼もレッジーナに大きな恩があることを理解しなくてはいけない。」とコメントしております。

とにかくアモルーゾはシーズン後半の1トップが死ぬほど辛かったみたいですね。ガゼッタのカラブリア版にもそのことについて語っている記事がありました。
「何も目新しいことはないよ。今年に入ってから既に10回は言及しているからね。みんなチーム状態が悪い時に僕のポジションについて取り上げて僕を傷つけた。僕はあの役割で(チームの)犠牲となったのに、それにもかかわらず、負けると常に槍玉に挙げられた。」
常にアモルーゾを槍玉に挙げていたのが他ならぬガゼッタなので、あえてガゼッタに語ったのでしょう。アンフェアな批判に深く傷つき、スランプに陥り、一時はトレードマークの片足ハイレグになる気さえ起こらないほど落ち込んでいました。彼の心の傷は終盤戦でゴールを量産できたことくらいでは癒えなかったようです。
フォーティ会長との会談でも、アモルーゾは真っ先にポジションの不満について語ったそうです。その会談の数日後フォーティ会長は、来季はしかるべき補強をしてポジションの不満さえ解消してあげればアモルーゾを引き止められるだろうという見通しを語っていました。

噂レベルも含めてアモルーゾに興味を示しているとされるクラブは、フィオレンティーナ、サンプドリア、パレルモ、ビジャレアル、アトレチコ・マドリード、ヴォルフスブルク等々。アモルーゾ本人は「もし自分で選べるならフィオレンティーナに行きたい」と発言しています。それ読んで私は「フィレンツェには貴方様の大好きな海はないぞー。いいのかー」と突っ込み入れていましたけど。

ところが、具体的に話が進み出したのはラツィオでした。まあラツィオの名前が出てくることは予想していましたけどね。だって、ビアンキとアモルーゾの代理人は同じですもの。ビアンキの買取りオプションを行使するのかどうかラツィオに確認する傍ら「ビアンキ買わないならアモルーゾどうですか?いい仕事しまっせー」と売り込んでいたんじゃありません?そうなんでしょ?<トゥーリオ・ティンティ氏

ここに来て会長もアモルーゾ引き止めを諦めた発言をしています。
「レッジョ・カラブリアでアモルーゾは驚異的な3シーズンを戦い、41ゴールをマークした。もはや彼のレッジーナでのサイクルは終わりを迎えたのかもしれないと思っている。もし彼がラツィオに行くのなら、彼のために私もとても嬉しいよ。」

レッジーナとラツィオのクラブ間では既にアモルーゾ移籍に関して合意に達し、あとは本人がサインするだけと報道されていますが、メディアによって少々内容に開きがあります。
アモルーゾの代わりにバローニオがやってくるだろうという記事もあれば、ラツィオはバローニオをトレード要員として提案したけど、会長はトレードなしで全額現金で払ってほしいと返答したという記事もあるし、クラブ間は合意したけれど、アモルーゾとロティートの間には大きな距離があるという記事もありました。ま、どれも当てになりませんので、結論が出るのを大人しく待ちたいと思います。

えー、もう一人、非常に去就が気になる人がおります。それはレッジーナの守護神カンパニョーロです。なんでもレッジーナが提示した契約延長の条件が御気に召さないようでサインしてくれません。このままでは来シーズン終了時に移籍金ゼロで出て行かれてしまうので、フォーティ会長は今夏仕方なく彼を売却するだろうと予想されています。ブレシアとボローニャがAに昇格した暁にはぜひともカンパを売ってくださいと申し出ていますので、どちらかのクラブへ行ってしまうことになるかもしれません。会長、カンパの給料ドーンと上げてやれ!って、カンパがサインしない理由が給料なのかどうかわかりませんが。
もしカンパが出て行った場合は、ペルージャに修行に出していたプッジョーニを呼び戻すようです。釣り仲間が戻ってくればトニョッツィは喜ぶことでしょう。

モデストはジェノア移籍が決まりかけていますね。またジェノアかよって感じですけど。あーあ、デローザ様かルカレッリかレオンを返してくれないかなぁ。

コスタとブリエンツァは獲得を目指してクラブが頑張っている模様。引き続き頑張ってください。共同保有でもいいから何が何でも引き止めるのだー!

今回はこんなところで。いつかわからないけど第2弾へ続く。
07-08レッジーナ | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
ラツィオは(たぶん買い取れないorz)ビアンキの後釜のセンターフォワードとして考えていると思うので、ラツィオ移籍はアモルーゾ本人にとって幸せな移籍になるかわからないですね・・・。

この話が出た時は、レッジーナファンにとって彼がどれ程の大きな存在かは理解できるし、リーメイさんのアモルーゾに対する愛情も伝わってくるので、嬉かった反面少し複雑な気持ちになりました。
ただうちの会長がケチってご破談ってのも本気でありえると思ってます。
totakuさん、こんにちは。
ポジションの問題はアモルーゾが自分で確認して納得しないとサインしないだろうなと思います。またセンターフォワードじゃレッジーナを出て行く意味がないし・・・。あ、でも残留争いの苦労からは解放されるからいいのかなぁ。
まあ今まで多くのクラブを流れ歩いて辛酸を舐めている人なので、よく考え抜いた上で判断するでしょう。彼がどんな決断を下しても私はどこまでもついていきます。もちろんラツィオに行ったからってラツィアーレにはなりませんけど(笑)
「もうすぐ34歳になる年寄りを獲得するなんてロティートは気でも狂ったのか!」という意見が主流なのに、アモルーゾの移籍を喜んでくださるラツィアーレがいてくれて嬉しいです。^^
わらぴーさんとヤス君に私信
こんなところからすみません。
昨日やっと振り込み確認しました。遅くなってごめんなさいです。m(_ _)m
お久です(´∀`)
カンパニョーロもですか!?まったく知りませんでした。ちょっとショックです… この男の調子のいい時はハンパなかったからですからね。 出来る限り残ってほしいっすね。 

アモルーゾは移籍するなら第3のフォワードでも納得するんでしょうかね。まぁセンターフォワードであれだけの苦痛を味わったからそれぐらいは受け入れれるんでしょうかね。 もったいないっすけどね。 

モデストが出てくことはもう覚悟はしてますので、コスタの放出は避けたいですね。もちろんブリエンツァも残ってくれると最高ですね。 

補強話は具体的に出てるのは、チリの期待の若手カルカモがくるそうですね。 これでバローニオとアモルーゾのトレードの話しはなくなるのでしょうかね。 とりあえず、去年の補強の失敗した所は改善してほしいですね。 
ではまた(^_^)/~
アロニカも
ラツィオが狙っているという話が出ています。あとパレルモも。
アロニカが故郷のパレルモに戻りたい気持ちは分かるんですよね。イタリア人は地元意識が強いから。アロニカもいなくなっちゃうのかなぁ。

アモルーゾは疲れちゃっていました。本当に。そろそろ違う空気を吸わせてあげないと窒息しちゃうのかもしれません。
ただ彼が第3フォワードを受け入れるとは思えないんですよね。ロティート会長からはシーズン終盤にやっていた3トップを来季もやるからスタメン保証するとか言われたんじゃないかなあと。私の勝手な妄想ですけど。^^;

チリのカルカモ君よりミランのパロスキ君早く来て~なんですけど(笑)

カンパを持っていかれないようにボローニャとブレシアがAに昇格しないことを祈りましょう。今セリエBの最終節やってますね・・・
アモルーゾは、出て行っちゃうんですかね?
こうなったら、ルカレッリ兄弟何とかして獲得してくれないかなー!(笑)
アモルーゾの出て行く意思は固そうに感じます。サンタガタでも「来季はいないな」と感じました。まあ私の感なんて当てになりませんけど。
ただ会長がまた300万ユーロという年齢にしては高い値札をつけたようですし、メルカートは最後までどうなるのかわかりません。
アモルーゾを放出するなら強力なFWを獲得してくれないと困りますよね。ストゥアニがブレークするとは限らないし。ルカレッリ兄、いいですね~(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。