--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/20

目指せ2戦連続大金星!ミラン戦直前情報

サンプドリア戦で大金星を挙げたレッジーナは最高の雰囲気の中でミラン戦の準備を進めてきたようです。
木曜日の紅白戦は4-2という結果で、チーム編成は不明なんですが、4点はストゥアニのトリプレッタとマキンワのゴール、2点はアモルーゾとジョエルソンのゴールでした。
ストゥアニいいですねー。他のFW陣もしっかり点取っていていいですねー。
今日はスカパー放映があります。この中の誰かがゴールするところを見せてね☆

4月16日付Tuttosportに残留を争うカターニア、カリアリ、パルマ、レッジーナ、エンポリ、リヴォルノの「チーム状況」「殊勲選手」「不安要素」「監督」を一覧にした表が載っていました。勝ち点34のトリノも仲間に入れてあげればいいのに。(笑)
レッジーナだけ訳します。
チーム状況:
シエナ戦とサンプドリア戦の2つのホームでの勝利が大きな励ましとなった。チームはラストスパートへの準備が出来ている。残り5節のうち4試合が直接対決だ。
殊勲選手:
ブリエンツァ。アマラントのユニを着て8試合で7ゴールしている。1月にパレルモからやって来たMFの再生はレッジーナの重要な切り札だ。
不安要素:
サンシーロではシーズン初のアウェイ勝利を目指すが、レッジーナは本職のセンターフォワードの不在に苦しんでいる。有効な選択肢はアモルーゾ一人である。
監督:
オルランディと共にチームは攻撃のポテンシャルをより明確に活かせているように見える。これはウリヴィエリが時々無視したコッツァのための重大な責任のあるポジションを意味する。


コッツァは監督が変わる度に待遇が良くなっていますね。でもウリヴィエリ監督時代のレジスタとしての評価はものすごく高かったんですよ。本人もプレーの幅が広がったと感謝していますし。何はともあれ、今はアモルーゾがちと凹んじゃっているので、キャプテンが常にピッチに立っていてくれればチームメイトも心強いことでしょう。今日もステキなパスをたくさん供給してください。
フォーティ会長、来季は強力なセンターフォワード獲りましょうね。そうしないとアモルーゾ出て行っちゃいますよ。


レッジーナ公式チリッロの会見(4月16日):

指名手配の写真みたいだよねー

---勝利
日曜日のサンプドリア戦の勝利は誰にとっても重要な勝利だった。俺ら選手にとっても、クラブにとっても、ファンにとっても、今のチーム状況にとっても。今この瞬間、セリエA残留という最終目標達成を成し遂げるために、この勝利はより強い団結をもたらしてくれるだろう。
---言い争い、乱闘、大騒ぎ 大混戦
勝ち点3は俺たちを残留争いのグループに戻してくれた。この先の俺たちの未来は自分たちにかかっている。直接対決で成功を収められるかどうかにな。残り5試合の勝ち点の計算が必要だとは思わない。可能な限り多く勝つだけだよ。
---対戦相手
ミランは強豪だ。でも俺たちゃ負けるために行く気はないぜ。俺たちにとっては一つの試合に過ぎないから、勝ち点を積み上げるつもりでピッチに出て行く。それが基本中の基本だよ。
---パフォーマンス
個人的にここに着てからの貢献には満足している。アマラントでの最初の試合ではイタリアサッカーから遠ざかっていたツケを支払わされた。今は良くなったと感じるし、明らかにレッジョ・カラブリアの環境がもっと向上できるように刺激してくれたんだ。
---来季の去就
そういう事を話す時期じゃない。今はレッジーナの残留のことしか考えていないよ。俺は1月に明確な目的達成のためにやって来た。この瞬間、俺の思考はそこだけに向かっている。


ピッチ上でトラブルがあると真っ先に飛んでくる奴で、まあキャラ的には面白い奴です。影のキャプテンみたいな言われ方してますし。(笑)
セリエAでの試合感も戻ってきたようですし、残り5試合、バリバリ貢献していただきましょう。本当は1月にデローザ様の復帰を望んでいて、こいつが戻ってきたときに落胆したのは内緒です。←思い切り言ってるじゃん


レッジーナ公式バレートの会見(4月17日):

この写真と比べると髪伸びたね

---次の試合
僕らにとって全ての試合が決勝戦でなくてはならない。ミラン戦ではポジティブなメンタルと共に結果を出すために努力しないと。相手の弱点を突きながら、決意と個性を持っていいゲームをすることも重要だ。彼らは消耗しきった時期から復調してきたね。
---信頼
僕らは慎重にプレーし、ある特定の機能をもたらすことに成功している。サンシーロのような重要なスタジアムでもトライしないといけないね。ここまで僕らが戦ってきた試合とは違ったものになるだろう。インテル戦のように僕らは素晴らしい試合をすることを意図しつつ、あの時とは違う最終結果を望んでいる。
---貢献
ここまでの自分のカンピオナート、特に後半戦には満足しているんだ。自分はもっと何か出来るって信じてるよ。イタリアサッカーに慣れてきてからは、戦術的なことはあまり考えなくなった。
---歩み
僕たちは少し一貫性に欠けるところがあったけど、それは僕たちだけに依存するものじゃないんだ。そこには次から次へと負かさないといけない相手がいて、例えばシエナ戦のように、いつでも正しい土台の上で勝負することに成功するわけじゃない。大事なことは勝つために全力を出し切ろうとピッチに出て行くこと。そうすれば最後に結果がついてくる。
---対戦相手
僕はカカがミランで一番危険な選手だと思うんだ。彼はステップの変化、スピード、ゴールの嗅覚を持っている。僕らは彼を抑えなくちゃいけない。その他の彼のチームメイト全員もね。とても難しいだろうけど、やるしかないんだ。僕らにはそういうプレーをするポテンシャルがあるし、何にも増して残留という目標を中心に据えないといけないんだ。


セリエに慣れるまで戦術のことがいつも頭にあって思うように動けなかったということでしょうか。バレートはレッジーナ公式の動画を見るとイタリア語で問題なくインタビューを受けているんですよね。言葉を覚えるのも早かったし、全てにおいて飲み込みが早いのかもしれません。
今日はバレートの言うように、アウェイのインテル戦みたいな素晴らしいゲームをしつつ、結果もついてきますように。(祈)


レッジーナ公式オルランディ監督の会見(4月18日):

やっとスーツを着てくれました

---チーム状況
カッショーネの出場停止に加えて、ランザーロが背中と腿に問題を抱えてしまった。彼は昨日ほとんど練習できていない。内転筋のトラブルで紅白戦から早々に離脱したヴァルデスについても、この2日間で確認することになるだろう。全ての決断は土曜日の午後まで持ち越しだ。
---勇気
我々はミランの強さを認識した上でサンシーロに行くわけだが、攻撃的に行くつもりだし、ポジティブな試合をするつもりだ。ああいうチーム相手にバリケードを築くのは逆効果だろう。もちろん我々は慎重な守備をしなければならないが、素早く鋭く前へ押し上げることにも専念しないといけない。
---解決策
攻撃面では幾つかの解決策を検討している。もちろん実際のゲームの進行にも拠るがね。サンプドリア相手に迷いなく非常によく戦った時のチームのままでいないといけない。ミランの戦術的なラインナップを理解することが大事になるだろう。それをベースに我々はベストな対応策を選択するよ。
---対戦相手
ミランは難しい時期にあるが、トリノ(ユヴェ戦)では復調してきているように見えた。彼らは強敵ユヴェントスとビッグマッチを戦ったわけだが、ユヴェントスがボネーラ退場によって優位に立ったことは明らかだ。向こうは重要な選手が何人か欠けている。アンブロジーニもそうだ。しかし彼らのサブは全員レベルが高い。
---面識
私が初めてアンチェロッティと会ったのは彼がレッジアーナへやって来た時だった(アンチェロッティは95-96シーズンにセリエレBレッジアーナで監督業をスタートさせています)。その後私たちはコヴェルチャーノの監督養成コースで同じクラスになった。彼は素晴らしい人間であり、偉大なプロであり、そして優秀な監督だ。彼との再会が楽しみだよ。
---仕切り直し
最悪のシナリオは、我々がミランに破れ、最後の4戦を安全圏に行くために戦うことだ。もしポジティブな結果を得られれば、順位も大幅アップするし、自分たちのやり方に大きな自信を持てるだろう。我々を待ち受ける困難なラストスパートに最高の状態で向き合うためにはそれが必要なんだ。


へえ~、アンチェロッティ監督と知り合いなんですね。元クラスメートとか聞くと、そんなに怖がることはないぞーと単純に考えてしまいます。←本当に単純
サンプ戦のエントリーで書くの忘れましたけど、オルランディ監督、スーツを着ていました!フォーティ会長、やっと自分の店のスーツを支給したのかな?(笑)
数日前のガゼッタにはミラン戦は主力を休ませてターンオーバーで臨み、直接対決のラスト4戦に賭けるのではないかと書かれていましたが、この会見を読む限りベストメンバーで勝ちに行きそうです。まあ、試合始まってみないと分かりませんけど。

ミラン戦に召集された18名の皆さんは以下の通りです。ハルフレッドソンとマキンワがまた外れました。
Campagnolo, Novakovic; Aronica, Costa, Modesto, Alvarez, Cirillo, Valdez; Barreto, Cozza, Missiroli, Tognozzi, Vigiani; Ceravolo, Amoruso, Brienza, Joelson, Stuani.

レッジーナの怪我人はモンティエルとランザーロの二人。ヴァルデスは間に合ったみたいですね。
出場停止はカッショーネ。彼のポジションには釣り馬鹿トニョッツィが入ると予想されています。
累積リーチがかかっているのはアロニカ、カンパニョーロ、モデスト、ヴィジャーニ、コスタ、ヴァルデスの6人。頼むから大事な直接対決4連戦に欠場なんかしないでね。(汗)

一方のミランは怪我人がロナウド、ヤンクロフスキー、エメルソン、マルディーニの4人。パトとオッドもコンディションは良くないそうです。
出場停止はボネーラとアンブロジーニ。二人とも割と地味だけど、この不在は結構大きいと思います。

Goal.comのプレビューではピッポとチリッロを注目選手に挙げ、スコア2-0でミラン勝利を予想しています。
Serie A Preview: Milan - Reggina
注目選手がアモルーゾでもブリエンツァでもなくチリッロですよチリッロ!(笑)
何でも「ポイントを勝ち取るつもりでピッチに出て行く」という彼の発言が気に入られたらしい。Goal.comの記者さんから期待されていますから、チリッロには張り切って頂きましょう。空回りしてPK献上しないように!

昨夜の試合で最下位リヴォルノが2位ローマと引き分け、順位表でレッジーナの上に行きやがりました。この時期は上位チームよりも残留が懸かっている下位チームの方がモチベーションが高いんです。うちもミランに一泡吹かせてやりましょう。苦手のアウェイだろうと、相手がミランだろうと、そんなことは関係ありません。死に物狂いで勝ち点を奪って来い!

Forza Reggina!!!
07-08レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
うーん
負けしまいましたね。こんな重要な試合でいつもの疑惑の判定でやられちゃいましたね。守備はカカとかのスピードにまったくついていけずお手上げ状態でしたね。 バレトが負傷交代して運が尽きましたね。それにしても素晴らしいゴールでした。重傷じゃないことを祈ります。 やっぱり課題はいい時間帯で点をとることですよね。この時間帯で点を取られたらおしまいですからね。 

監督は今日はもう諦めてたんかな。アルバレス出すなら最初からだしとけって感じでしたね。 この試合も相変わらずアモルーゾかわいそうでしたね(T_T)
まぁ今日はなんか気持ち悪い感じですけどサンプとミランの2試合で勝ち点3をとったっていい感じに思っておきましょう。というか思わないとやってられませんよね。

次からは運命の4試合ですね。 アウェイが2試合もあるので絶対にどっちも勝たなくてはいけませんね。カリアリ、カターニャが少し抜け出したけど、そんな事気にせずパルマ戦に集中してほしいですね。

ではまた(^_^)/~
DFボロボロ・・・
カカにやられすぎー。話になんねー。
ミランはビミョーなPK取って貰えるのに、明らかなハンドを取ってもらえないレッジーナ・・・。いつものことですけど、ビッグクラブっていいなー。

バレートのゴールが素晴らしかったことだけが救いですね。ほんと重症じゃないといいのですが。長期離脱されたら困ります。

アモルーゾは今日は結構下がってゲーム組み立ててましたね。自分のところまでボール来ないから前で待っていられなくなったのか?(笑)
ラストパスの精度が相変わらずで、ゴールの匂いがあんまりしてこないのが何とも・・・。

カターニア勝っちゃいましたね。まったく首都の2チームは下位相手に何やってんだか・・・。(―_―)
ま、よそのチームなんか頼りにしないで自分たちが勝たなきゃダメです。パルマ戦は絶対に勝ちましょう。ホームだしきっと勝てる!

>サンプとミランの2試合で勝ち点3
ナイスな思考ですね、ヤス君(笑)
私もそう考えて寝ることにします。おやすみなさい。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。