--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/15

セリエA第33節レッジーナ×サンプドリア 最高の恩返し

レッジーナ1-0サンプドリア
得点者:前半34分 ブリエンツァ

Reggina (3-4-2-1): Campagnolo, Lanzaro, Cirillo, Aronica, Vigiani (74’ Missiroli), Barreto, Cascione, Modesto, Brienza (79’ Stuani), Cozza (56’ Valdez), Amoruso. A disposizione: Novakovic, Costa, Valdez, Joelson, Tognozzi. All. Orlandi
Sampdoria (3-5-2): Castellazzi (64’ Fiorillo), Gastaldello, Sala, Lucchini (36’ Zenoni), Maggio, Sammarco, Volpi (57’ Bonazzoli), Franceschini, Pieri, Bellucci, Cassano. A disposizione: Miglionico, Ziegler. All. Mazzarri
Arbitro: Sig. Gava di Conegliano Veneto
Ammoniti: Sammarco, Cascione, Volpi, Cirillo, Gastaldello.

関連記事:
マッツァーリ監督:「我々の日じゃなかった」

この試合の動画:
Dgdsnfdijfngdsijn1
Reggina Sampdoria 1-0 13/4/2008

この試合の選手の評価:
Goal.com
Campagnolo 6,5, Lanzaro 6,5, Cirillo 6,5, Aronica 6,5, Modesto 6,5 Vigiani 6,5 (dal 74' Missiroli 6), Cascione 6, Barreto 6, Cozza 6,5 (dal 56' Valdez 6), Brienza 7,5 (dal 79' Stuani 6), Amoruso 6. Allenatore: Orlandi 6,5.
Datasport
Campagnolo 6.5, Aronica 6, Cirillo 6.5, Lanzaro 6, Modesto 6.5, Valdez 6, Vigiani 5, Cascione 6, Barreto 5.5, Cozza 7, Amoruso 5, Brienza 7, Missiroli s.v., Stuani 6

試合後の両監督のコメント:
■オルランディ監督
この競争においてレッジーナは正しい状態にあり、最後まで残留のために戦い抜くだろう。我々は最高に調子のいいチーム相手に自分たちのプレーのテンポとスタイルを押し通したんだ。
■マッツァーリ監督
奇妙なゲームだった。我々は少々無気力で全然鋭さがなかった。怪我人が何人も出た時点で、今日は悪い日になりそうだと誰でもオフィスで予想できたよ。

マツ監督は試合前にクルヴァのティフォージから記念の盾を手渡され、スタジアムは拍手に包まれてとても感動的な雰囲気だったそうです。これで勝てたら申し分のないレッジョ帰還だったのに残念でしたね。(笑)

何か表彰されたみたいですね

試合前にDFの不安を語って少々弱気になっている感じがしたので、これはレッジーナ行けるかもと期待していましたが、本当にルッキーニが早い時間に交代させられてレッジーナにとっては理想的な展開となりました。オマケにアモルーゾと接触したカステラッツィは右肩を脱臼、今季絶望だそうです。第2GKのミランテもコンディション不良なので、この先しばらくサンプのゴールはプリマヴェーラちゃんが守ることになるとか・・・。お気の毒でございます。
だんだんこんな顔になっちゃいましたが、次節うちはミラン戦ですので、サンプがCLへ行けるように全力でミランを阻止いたしますぞ!

あちゃーーー

試合後の選手のコメント:
■コッツァ
もっと長い時間プレーしたかったんだけどな。でも今日大事なのは勝つことだったから。
ゴールの場面ではブリエンツァが俺の意図を理解して、パーフェクトなドリブルでカステラッツィをやっつけてくれた。俺の役目はチームメイトをゴールするのにベストな状態に置いてあげることだ。
残留するためには残り2つのホーム戦の勝利と、少なくとも3つのアウェイ戦のうちの1つに勝利する必要があると思う。厳しい遠征になるだろうが、今日のレッジーナはそれをやり遂げられるということを示して見せた。
■ブリエンツァ
ガス欠だったから交代させてくれって頼んだんだ。サンプドリアの反撃から結果を守るためにはフレッシュな戦力の投入が必要だった。自分がまたゴールできたのは仲間のお陰だよ。今回はチッチョ・コッツァが俺にたくさんゴールを促すボールを配給してくれたからね。ミラン戦とその後の直接対決ではレッジーナを安全な位置に持っていくために全力を尽くすよ。


ブリエンツァはコリエレのインタビューで「フランコ・ブリエンツァのレッジーナだね」と振られて「違うよ。俺はフェノメノじゃない。貢献しようと頑張っているだけ。チームには俺の他に重要な選手がいる。コッツァとアモルーゾ。二人はセリエAで素晴らしいキャリアを積み上げた選手だ。本当にチームを引っ張っているのは彼らだよ。」と100点満点の受け答えをしておりました。大活躍しても謙虚でいい奴ですね。

ヴィジャーニに抱きしめられております

コッツァのブラボーなパスに上手く抜け出し、カステラッツィをかわして決めた見事なゴールでした。
ブリエンツァはチッチョと呼ばれているらしく、「ダブルチッチョは最高のコンビ!」とか書かれています。モデストもチッチョと呼ばれているし、今のレッジーナはチッチョだらけですな。(笑)
コッツァが下がってからはレッジーナの攻撃の魅力が半減したようで、「コッツァと共に最高のものがピッチの外へ行ってしまった。」と実況にありました。次もコッツァが先発でありますように。(祈)

いつ見ても身長差が凄い(笑)

この写真、アモルーゾの今季のゴール記録を抜いてしまったので、ブリエンツァがちょっと気を遣っているように見えません?(笑)
で、ブリエンツァはアモルーゾにもゴールしてもらおうと思ったんでしょうね。アモルーゾに貰ったパスを自分でドリブルで勝負しないで相手3人引き付けた状態でゴール前に走りこんでくるアモルーゾに優しいダイアゴナル・パスを出したんですけど、アモルーゾがワンテンポ遅くてカステラッツィに先に触られちゃいました。これは決めなきゃアモルーゾ・・・。

アウェイでもウィニングランしようね

この写真もハイライト映像でも、ウィニングランなのにアモルーゾ一人だけ弾けていません。地元紙にも試合後皆が喜びを爆発させているのに、一人でうつむいているアモルーゾの写真がありました。現在彼の半径1メートル以内はどよ~んとした空気が流れていそうです。
下のハイライトにはモデストがCKの時にコーナーフラッグを蹴ってしまった場面があって大笑いしたんですけど、落ち込んでいる師匠を笑わせようとしたのでしょうか。←違うだろ
南クルヴァのウルトラスの皆さん、毎週サンタガタに通ってアモルーゾを励ましてやってくださいね。私ももうすぐ駆けつけますので。

DF陣がんばりました!

後半サンプが息を吹き返した時間帯があったようですが、DF陣よく持ち堪えてくれました。カッサーノもベッルッチも不発で良かった~。
1-0で試合終了した瞬間は、PCの前で一人ガッツポーズしちゃいましたよ。この1勝はとてつもなくデカイです。最下位からビリから3番目に浮上しました。と言ってもご覧のように勝ち点に差がないので、1回勝ったり負けたりしただけで激しく順位が変動しますが。

14位 34p トリノ
15位 32p カターニア
16位 32p カリアリ
17位 31p パルマ
-------------------------------------降格ライン
18位 30p レッジーナ
19位 30p エンポリ
20位 29p リヴォルノ

残り5節。どこが落ちるか最後の最後までもつれそうですね。
また書いちゃうけど、レッジーナとエンポリは仲良く一緒に残留します。今年も私と板貫さんのイタリア遠征が楽しいものになるように、両チームの選手たち頑張ってください。

07-08レッジーナ | Comments(8) | Trackback(1)
Comment
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。ラツィオ好きなんですがこのブログを読んでレッジーナがかなり気になるようになりました。
今年もレッジーナに行かれるようで「南イタリア遠征記2008」とても楽しみにしてます。

↓の1:50秒くらいからハイライトがありました。ブリエンツァはさすがですね。
http://www.dailymotion.com/video/x52ipj_dgdsnfdijfngdsijn1_webcam
感謝、感激!
totakuさん、はじめまして!
ハイライトありがとうございました!
いつも読んで下さっているとのことで、とても嬉しいです。ラツィオ・ファンなのにレッジーナのことも気にかけて下さっているそうで、そちらもとても嬉しいです。^^

勝って当たり前の選手を揃えているビッグクラブには全く興味がないプロヴィンチャ体質の女なので、ラツィオは割と好きです。←喧嘩売ってるわけじゃありません
ラツィオのお気に入りは元うちの坊やのビアンキと言いたいところですが、実はベーラミが一番好きです。日本対スイスの試合で、すっかりハートを鷲掴みにされちゃいました(笑)
近々そちらのブログにもコメントさせていただきますね。
どーも、良かったよかった。やっぱり最初から
コッツァをだしたからよかったんですね。
動画はスポーツナビの欧州サッカーのイタリアで第33節ゴール集です。
サインを貰う3人を
そろそろ絞り込んでくださいね。<わらぴーさん
次節ミラン戦は間違いなく放映あるでしょうから、それ見てゆっくり考えてくださいませ。
動画情報どうもです。一日経ったら、あちこちでたくさん出てきました。嬉しー。

コッツァはトップ下でもレジスタでもいい仕事しますね。次も先発させて欲しいです。
もうコッツァへのお土産は用意しました。準備万端です!(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
了解しました!
そんな恥ずかしがらなくても・・・(笑)
このエントリーを見た感じ、コッツァも重要な役割を演じているようですね^^何よりです。
顔に似合わずパス精度は結構高いものがあるんですよねぇ。
アモルーゾはもう少しゴール数を伸ばさないといけませんね^^;

ブリエンツァは本当に救世主になってますね。
やっぱり完全に主力として扱ってあげればやれる選手だったんですね。

>----------------降格ライン
これを見てTBをしようと思いました(笑)
Fillipoさん、こんばんはー。
そうなんですよ。コッツァはあの顔でなかなか繊細なパスを出すんですよ(笑)
コッツァがいた方がブリエンツァもいいパスたくさんもらえるし、アモルーゾもフォローが増えてやり易いと思うんです。ずっと使って欲しいんですけど、オルランディ監督はどう考えているのかなぁ。

アモルーゾは1トップになってからマスコミに酷評されることが多くて自信喪失しちゃっているんじゃないかなと。彼は典型的な褒められて延びるタイプなので、自信を無くさないように、いっぱいいっぱい褒めてあげないとダメなんです。だからマツマツはいつも練習でアモルーゾを褒めまくっていました。今すぐレッジョへ行って、彼をチヤホヤしてあげたいです。^^;

>ブリエンツァは本当に救世主になってますね。
今一番怖いのは彼の怪我です(汗)
このまま彼がシーズン終了まで快進撃を続けてくれれば、高い確率で残留いけると思います。

TBありがとうございました。こちらからもTB返しさせていただきます。^^

管理者のみに表示
Trackback
『裏CL 第33節』 1位と2位が共に勝利し、勝ち点30代前半に5~6チームがひしめく大混戦に。 いいかげん勝てないトリノはノヴェッリーノ(写真)を解任、勝手知ったるディビアージさんがスペインの破産チームから帰ってまいりました。 一方で勝ち点が唯一20代の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。