--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/03/29

九日目⑩:決戦前夜-眠れぬ夜-

さて、今夜は何を食べようか。まだ昼間のように明るい午後7時頃、当てもなくふらふら歩き回るけど食べたいものが思い浮かばない。明日の決戦を前に早くも緊張しているせいだ。こういう時は海を見て気持ちを静めるに限る。
多くの選手たちをこの地に引き止めるのに一役買っているレッジョの青い海。俊輔も対岸に住んでいたヤナギも、この海の美しさにはずんぶん慰められたよね。

2日前に板貫さんが撮ったステキな写真

中華を食べる気分でもなく、結局3日前にCL観戦させてくれたピッツェリア『Qbizza』へ行く。あの時の親切な黒人の店員さんが今日もいて、はち切れそうな笑顔で迎えてくれた。そして予想通り「お友達は?」と聞いてくる。で、「フィレンツェ」と答えると物凄く残念そうな顔をする。今日はレッジョの民と何度同じような会話を交わしたことだろう。サンタガタの常連さんたちにも「お友達は?」と何回も聞かれ「フィレンツェ」と答えると一様に残念そうな顔をされた。だよね、日本語と英語しか話せない私とじゃ会話も弾まないもんね。

すみませんねえ、残ったのが私の方で。

下手糞なイタリア語は写真でカバー。デジカメをバッグから取り出し、この3日間で撮影したマッツァーリ監督や選手との2ショットを見せて、店員さんたちとそれなりに盛り上がる。
あまり食欲を感じないのにピッツァ・マルゲリータとハム類と野菜を挟んだボリューム満点のパニーニをテイクアウトで注文。食べきれないかも・・・。

帰り際に入り口付近の席でビールを飲んでいた男性4人組が「チャオ!ナカムーラ!」と声を掛けてきた。イタリア語は話せないと言っているのに4人ともお構いなしにベラベラとまくし立てる。

セルティック
マンチェスター・ユナイテッド
プニツィオーネ(フリーキック)
スプレンディド(素晴らしい)
ベリッシモ(最高に美しい)


聞き取れた単語は少なくても、彼らが俊輔のCLでの活躍を喜んでいるのが十分に伝わってくる。彼らだけではない。今日サンタガタで会ったオヤジたち然り。翌日オレステ・グラニッロで出会った大勢のティフォージ然り。レッジョの民は皆、元レッジーナの選手がCLで大きな注目を集めたことが誇らしくて仕方ないようだった。どれだけ皆に誇らしく思ってもらえているか、俊輔に直接教えてあげたい・・・。

ホテルに戻ってテレビを見ながらピザを食べる。やっぱりピザだけでお腹がいっぱいだ。パニーニは明日の朝に食べることにしよう。
テレビではミラノでのビッグイヤー獲得のお祭り騒ぎの様子が流れていた。喜びに沸くミラノの民。お願いだから明日はレッジョの民に喜びをお裾分けしてね。どうか大きな仕事をやり終えたミランが腑抜け状態でレッジョにやってきますように。

その晩はなかなか寝付けなかった。明日レッジーナの運命が決まると思うとドキドキして胸が苦しくなる。
選手たちは眠れているんだろうか。
尋常じゃないプレッシャーの中で、みんな力を発揮できるんだろうか。
何度も寝返りを打っている間にいつしか眠りに落ちた。浅い眠りの中で明け方に雨の音を聞いた気がした。

南イタリア遠征記2007 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。