--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/10/09

ブロードキャスター「中村俊輔の英国生活」

「納豆を外国で食べられるだけでワンプレーは違うと思います。」

はい、もう初っ端から笑わせてくれました。そうだったのかスンタン。納豆があるとないとでは、そんなにプレーに差が出るのね。(爆)
その後「Jade garden」という中華レストランが紹介されましたが、そこの辛すっぱいスープの味がレッジョの行き付けの中華レストランと味が似ているんだそうです。そういえば酸辣湯(スーラータン)にかたヤキソバを浸してたべるというのがスンタン流でしたね。あの中華レストランには私も2回行きましたが、スンタンがあそこの味を懐かしんでいるというのが、ちょっと意外でもあり嬉しくもありました。
海外クラブと代表の往復は「結構きついっすよ」とちょっぴり本音も覗かせていましたけど、このシーンのスンタンは超かわいかったです♪

その後80年代のセルティック対レンジャーズ戦後の観客の殴り合いの映像が流れたんですけど、いやあイギリス人もなかなかどうして熱いじゃないですか。騎馬警官が暴走サポを追い掛け回しているのが英国らしくて面白かったです。

グラスゴー中央駅の近くにあるセルティックショップの入り口にはスンタンのステキなポスターが貼ってありました。グラスゴーに行ったら「このポスター譲ってください!」と粘りますので、店員さんたちよろしくです。(笑)
それにしてもユニにNAKAMURAの名前を入れると1600円も追加料金を取られるのか~。高いにゃ~。

その後セルティックの練習の映像に切り替わりますが、今の時期で既に日中の気温が10度を下回ることもあるとか。うひゃ~、風が冷たそう!土井さんの「ごきげんいかが?」の問いに、スンタンは「さむいっす」と答えていました。レッジョは逆に暑すぎて、暑さが体力を奪う側面もあったと思うけど、暑いのと寒いのどっちがいいんでしょう。うーん、究極の選択ですなあ。
セルティックは練習も試合みたいで、紅白戦の相手がリーグ戦よりも強い時もあるそうです。イタリアのときはミランとかインテルとか試合のときにしか感じられなかったものを、ここでは毎日感じられるとか。
9月12日のスポニチプラスでは、こんな記述がありました。(スポニチプラスはリンクの貼り方が分からないよ~)
中村は「セルティックは本当にいい練習をしているし、それが結果につながっている」と語った。その一方で「紅白戦とか練習の方が試合よりも質が高い。イタリアのときとは逆」とリーグ全体のレベルには物足りなさを感じていた。
練習も試合も両方ともレベルが高いのが理想なんでしょうけど、無いものねだりしても仕方ないので、現在の練習のレベルが高い環境を自身のレベルアップにつなげて欲しいですね。

そして次はお待ち兼ねの豪邸訪問。マンションじゃなくて一軒屋というのがいいですね。パーティールームまであったけど、奥様と坊やがやってきたらチームメイトを招いてホームパーティを開いたりするのでしょうか。庭には広いウッドデッキがあって、坊やがそこでピョコピョコ歩き出したり三輪車で遊んだりする姿を想像する俊パパが微笑ましかったです。
それと私の一番のツボは食材のストックにシメジの佃煮となめキノコの瓶詰めがあったこと。スンタン茸類が大好きだったのね。(爆)

最後に語ったW杯への意気込み。「僕はただくやしいだけを何とかつなげてきたんで」の言葉に胸がきゅんとなりました。。。

どうでもいい疑問ですけど、スンタンにサインしてもらった男の子がスンタンに向かって右手を伸ばして掌を広げていましたけど、あれは日本のギャグ「がちょーん!」を披露してくれていたのでしょうか?

それと土井さん情報によると、ストラカン監督はスンタンに対してハーフタイムに「サッカー楽しんでる?あ、それならいいよ」とだけ言うそうです。それだけていいんかい?(爆)
ストラカン監督は過去の名言集を読むとむちゃくちゃおもろい発言をしているので、これからも笑える発言に期待したいと思います。

えっ?ラトビア戦ですか?
何も書く気が起こらないので、ウクライナ戦は何かを書きたくなるような試合をお願いします。そんだけです。
俊輔 | Trackback(1)
Trackback
学校が始まって1週間。ハッキリ言って、疲れました。サークルにも久々に行ったしね。それに拍車をかけるかのように、昨日のサッカーは夜の練習だったし。(代表戦・・・せっかく俊が出るのに見れないよぅ/涙)いや、昨日は絵茶したり色々楽しかったのですが、張り切りすぎ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。