--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/03

絶対に負けられない試合 トリノ戦直前情報

試合前に必ずチェックするGoal.comのプレビュー記事。間違いも多いのですが、まあそれなりに使えます。
Serie A Preview: Reggina - Torino
この対戦の注目選手には、レッジーナはヴィジャーニ、トリノはロジーナが選ばれていました。ヴィジャーニはアモルーゾに遠慮しないでゴール数伸ばしちゃってください。ドッピエッタでもトリプレッタでも、好きなだけ点取っていいから。←そんなに取れたら苦労しないよ
で、1-2でトリノの勝利を予想してやがるんですよ、この記事。この前もアタランタの勝ちを予想して外れましたから、今日も予想を覆してやりましょう。いくらディアナ様とピサーノを冬メルで獲得したからって、トリノはヴェントラ、レコバ、ルビンが怪我してるし、バローネとザネッティとデッラフィオーレが出場停止だし、台所事情は相変わらず苦しいはず。そんなに簡単に勝たせてなるものか。

レッジーナ公式ウリヴィエリ監督の会見(2月2日):

はっぴぃばーすでー♪

---お誕生日おめでとうございます、ミステル
私の記憶にある最も素晴らしい誕生日は、ボローニャ×ヴェローナを5対1で勝利した時で、スタジアムの観客全員が私に向かって「誕生日おめでとう」と言ってくれた・・・本当にあんな午後はもう2度とないだろう。
---到着したばかりの戦力について
コスタは昨季Bで私と一緒にやっていて、幾つかの素晴らしい試合をした。若者特有のナイーブさが少々あるが、それ以外は常に申し分ない子だよ。彼は将来性のある選手だが、全てのボールに追いつくことが出来ると考えることは間違いだ。セリエAではそれは不可能なのだから。
---マキンワについて
試合でうちの組織の長所を証明できそうだ。とはいえ、以前からうちは優れたグループだったがね。マキンワはずっと獲得リストの最初にある名前だった。私に言わせれば、彼はレッジーナに相応しいプレーヤーだよ。彼は再びやる気と熱意を見出すだろう。彼が馴染めるように皆で助けたい。
---現時点で不確かなことは?
明日のフォーメーションは今日の練習の終わりに明らかになるだろう。あと、試合に出られる選手たちと話をした後でな。我々は2つのハードな試合を終えたところで、カウントできない状態の選手もいる。ハルフレッドソンはベンチ入りできるかもしれない。
---選手の選択について
新加入の選手たちがやってきたが、元からいた選手たちのことを決して忘れてはいけない。選手は毎週毎週ポジション争いする必要があるし、また対戦相手に応じて選手のキャラクターも決定される。要するに、成功するにはあらゆるタイプのエゴを脇に押しやり、チームの利益のことだけを考えるということだよ。
---難しい試合になるのでは
トリノ戦は非常にタフな試合になると予想している。恐らくとても強いプレッシャーがかかるだろう。カリアリ戦のように全ての有利な状況を活かすために上手くやらないといけない。
---明確な声明
私が見たことを語るのに私は平静でいられるし、自分が言ったことを変えるつもりもない。ミランの勝利は正当なものだし、審判は試合結果にある種の影響を与えはしなかった。しかしながら私はあの試合の主審であるデ・マルコの態度が好かん。レッジーナの監督として、AIAC(イタリアサッカー監督協会)の会長として、そして連邦アドバイザー(?)として言うんだ。もしグッソーニが連邦アドバイザーとして私に尋問するのなら、他の何よりも先にこの件について話す。私は審判のクラスを維持するための第一人者だし、このエピソードについての議論はしない。私が気に入らないのはあの態度なんだよ。

最後のパラグラフはちょっと自信がないのですが、デ・マルコ主審の態度が相当気に食わなかったみたいですね。で、なにか事情聴取みたいなことが行われるのでしょうか?

さて、トリノ戦の召集メンバー19人は以下の通りです。

Campagnolo, Novakovic, Alvarez, Cirillo, Valdez, Lanzaro, Modesto, Aronica, Cozza, Tognozzi, Barreto, Missiroli, Cascione, Hallfredsson, Stuani, Ceravolo, Amoruso, Vigiani, Brienza.

Amoruso? アモルーゾ? ええー?!
2月1日のガゼッタにアモルーゾが全体練習に部分的に参加したと書いてあって、順調な回復ぶりに安堵したのですが、今日の試合に召集しちゃうんですか?いくら何でも早すぎませんか?そんなに復帰を急がなくても・・・。
と思ったら、2日のガゼッタには「アモルーゾは召集メンバーの19人に入ったが、きっとスタンド観戦だろう」と書かれていました。スタンド観戦するなら最初から召集しないで他の選手をメンバーに入れればいいのに、これはいったいどういうこと?
もしかして使わないけどアモルーゾをベンチに座らせておいて、相手をビビらせる作戦とか?
それとも胸の痛みがなくなって復帰を待ちきれないアモルーゾが「もう大丈夫だから連れてって~!」と駄々こねて、ウリヴィエリ監督が仕方なく召集メンバーに入れたとか?

謎のアモルーゾ召集は置いといて、ハルフレッドソンが久し振りに召集されたのが嬉しいです。なんかガゼッタには「10月20日のインテル戦でのヴィエラの置き土産である悲惨な筋肉アクシデントから104日振りに彼を見るとことができる」と書いてあるんですけど、ヴィエラはあの試合でトニョッツィを骨折させただけじゃなくて、ハルフレッドソンのことも壊していたんですか?まったく何て奴だ。ヴィエラは今後一切レッジーナ戦には出場させないで頂きたいですわ。

同じくガゼッタには今日の中盤はコッツァ、バレート、トニョッツィの3人のうちの一人がベンチに座ることになるだろうと書かれていました。試合間隔が短いですから、34歳のコッツァは90分は辛いでしょう。バレートと交代で前半だけor後半だけでもいいかもしれませんね。

とにかく勝ち点18同士の対戦ですから絶対に負けられません。今日負けると再び降格圏に逆戻りしちゃうかも知れません。勝ちましょう。勝ってウリヴィエリ監督の67歳のお誕生日を祝ってあげましょう。

Forza Reggina!!!
07-08レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
(T_T)
まさかシエナがローマに勝つとは(T_T) これで地獄へ逆戻り。最悪の監督へのプレゼントですね。不幸中の幸いはアモルーゾの復帰ゴールですね。本間に鉄人です。 次節ローマ戦、久しぶりに見れそうですし一致団結して頑張ってほしいですね。 ではまた(-_-)/~
シエナに負けるローマもローマですが、カリアリに勝てないユヴェもユヴェですよね(呆)
降格圏に逆戻りだけど、ポイント差はほとんどないのでまだまだ挽回可能です。
アモルーゾはベンチ入りしただけでもビックリしたのに点まで取ってくれるとは!
例によってゴールが報われなかったけど・・・
みんな週の中日のミランの疲れがあったと思うんで、ゆっくり休んでローマ戦に備えて欲しいです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。