--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/03

練習再開&メルカートの噂

前節超久しぶりにホームでカターニアに勝利したレッジーナは、鼻歌気分でナターレ休暇に突入いたしました。キャリア初トリプレッタを決めたヴィジャーニは、当然のごとく第17節のベストイレブンに選出されておりましたよ~。
La Squadra della Settimana - 17° Giornata

もう1回目ハットトリックしてみない?

寸評は以下の通り。
孫たちに語って聞かせてあげられる記念すべき日。1試合で3ゴールすることは難しく、大抵の場合シーズン通しても非常に貴重である。ヴィジャーニはそれに成功し、勝利を引き寄せた。
別のインタビュー記事では、「勝利は妻と子どもに捧げる」とか「レッジョでは順調だし、ここの人々は最高だけど、でも、いつか重要なプロジェクトを掲げた野心的なチームでプレーしてみたいっていう気持ちもあるんだ」と申しておりました。えーと、ヨーロッパの舞台で戦えるチームで今は指揮を執っているマツ監督の下にそろそろ行ってあげようかな~と考えているんじゃないでしょうね?とりあえず今月出て行ったら許しませんことよ。

で、何の気なしにGoal.comの英語版の方を見たら、なんとヴィジャーニと共にDFのヴァルデスが選出されているではありませんか!きっと何かの間違いだと思い、目薬を差してからもう一度見ましたが、やはりCarlos Valdez (Reggina)とあります。これはいったいどうしたことでしょう。
Serie A Team Of The Week: Round 17

出所したばかりの人にも見える

寸評は以下の通り。
ウリヴィエリがアマラントを引き継いでからというもの、ヴァルデスはひときわ優れたパフォーマンスを続けている。そしてカターニア戦は今季最高の出来だった。これはレッジーナにとって非常に明るい兆しである。
気になってあちこちでレッジーナのティフォージの反応を探ってきたんですけど、「アロニカとランザーロとヴァルデスがいれば、冬は控えのDFを一人補強すれば十分だね!」という書き込みがいくつもあってビックラしました。いやあ、だって過去のハイライト映像見ると、こいつが失点の原因になっていることが多々あったじゃないですか。それがベストイレブンですよ!しかもサポの評価が急上昇!ようやくセリエに慣れてきたということでしょうか?それともウリヴィエリ監督の指導の賜物なんでしょうか?
工事現場の現場監督みたいなルックスで(ヘルメット似合いそうですよね)、ヴィジュアル的には全くそそられない選手なんですけど、そんなに高いパフォーマンスを披露してくれているなら話は別です。エンポリで会えたら、2ショットを撮ってあげてもよろしくてよ。←何様だよ

さてさて、1月2日からレッジーナは練習を再開しました。お金持ちのビッグクラブの皆さんは暖かいところで合宿しているようですが、うちはいつもの通りサンタガタで練習します。いいんです。練習見学しているサポの温かい声援があれば、南の島にいるよりも心が温かくなるもんね。つーか、イタリア半島最南端のレッジョは今の時期でもそんなに寒くないのさ。(笑)
外国人選手の皆さんは特別に休暇の延長が認められていて、まだ合流していません。お熱のあるケルビンは自宅静養中。カンパニョーロとヴィジャーニ(カターニア戦で怪我させられたらしい。ルハを削ったのは誰だ?)は未だ別メニューだそうです。エンポリ戦までに回復するといいのですが。
ウルグアイ人の期待のFWストゥアニは金曜日のプレス・カンファランスでお披露目の予定とのこと。期待通りのFWだといいな~。

気になる移籍情報ですが、いろいろ噂が飛び交ってます。
■獲得
まずはこの時期になると必ず名前が挙がるパレルモのFWブリエンツァ
ナポリのFWカライオ、MFダッラ・ボーナとDFルッロ。←モデストとトレードじゃないだろうな?
ガリポリ(C1)のFWディ・ジェンナーロ
ウディネーゼのFWパオルッチ。←Goal.comの記者が薦めているだけで具体的な話があるとは思えない。
元レッジーナ組では、まずはトリノのDFフランチェスキーニ君。今季はアタランタでプレーするはずでしたが、メディカルチェックに引っかかってトリノに返品されちゃいました。ここまで出場機会ゼロです。試合勘が心配ですな。
個人的に一番復帰を望んでいるのが、ルカレッリの移籍を受けてジェノアでの出場機会が減ってしまったDFデローザ様。昨シーズンは8ゴールもしてまして「あんたポジションどこ?!」と確認したくなるくらいのセットプレー時の得点力が魅力です。元々デローザ様はレッジョでの暮らしをたいそう気に入っておられましたが、昨季-15のペナルティーを負うことになったレッジーナはB降格を視野に入れて年棒の高いベテラン選手を放出することになり、デローザ様は泣く泣くレッジョを離れることとなりました。その時同じ理由で放出されるはずだったアモルーゾは「絶対にイヤだー!」と駄々をこねてレッジョに残ったんですよね。(笑)
デローザ様はキャプテンシーもありますし、ファンとの関係も良好ですし、美しいし(←とりあえずそれはどうでもい)、本当に戻ってきてくれると嬉しいなぁ。
そして今レッジョで最もホットな話題がMFテデスコ復帰説です。今のレッジーナに一番足りないものは相手の攻撃にフィルターをかけられる強いボランチなんだそうです。テデスコはなんでもバルディーニ監督との関係がよろしくないらしく、戻っておいでよ~とレッジーナがアプローチしている模様。しかし本人は「カターニアが残留を争うライバルチームに俺を売るわけないだろ」と一蹴しています。それとシチリアに留まることを希望しているようです(実家はパレルモ)。フォーティ会長が契約延長を申し出たのに断って移籍金ゼロで出て行った経緯もあるので、会長との関係はどうなんだろうと言うのもありますが、とりあえずシーズン終了までのローンをカターニアに問い合わせているとかいないとか。日本人を見て「ナッカムーラ!!!」と弄ってくる奴がいないと寂しいので、ぜひともテデスコにはレッジョに復帰していただきたく。←そういう理由かよ
■放出
放出関係は、新しいFWを獲得したらチェラヴォロジョエルソンモンティエルのうちの誰かが何処かに修行に出されるだろうとか、デンマーク組(スタッズゴーアトゥルベルグ)とウルグアイ人DFアルヴァレスはお払い箱になるんじゃないかとか、引き続きナポリがモデストを狙っているとか、ヤス君情報だとバレートがブンデスリーガ(バイエルン?)とか、そんなところでしょうか。
※追記
マツ監督がアロニカを欲しがってます。ダメです。あげません。

まあ1月4日が移籍解禁なので、もう少しすると具体的に動き始めることでしょう。どうか昨季のような仰天放出(レオン&ペリッツォーリ)がありませんように。血迷うなよ、会長。
07-08レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
シーズン中盤
あけましておめきめれキショー。
イタリアは年始でもそんな暖かいのですか。長野県は暖冬ですが、そうは言っても日中晴れて3度くらいですからね。グランドは凍っていますよ。
日本で秋春シーズン制は無理です。
その挨拶
新潟サポにしか通じません(爆)

>イタリアは年始でもそんな暖かいのですか。
いえ、暖かいのは南だけです。因みに本日のレッジョの最低気温は12℃、最高気温は14℃です。
北イタリアの気候は長野とあまり変わらないと思いますよ。冬は凍ったグランドでサッカーしてます。
秋春シーズン制は、室内練習場を完備させることが難しい貧乏クラブには非常に不利ですよね。イタリアの場合、北がお金持ちで南が貧乏なことから上手くいっていますが。
CB二人は必要だとのことで、CB獲得に動くらしいですが、フランチェスキーニ君はそーいや試合には出てませんでしたね。

テデスコはカターニャに行ってたんですか。 去年のメルカートはビアンキとメストにまぎれて、かなり出て行ったんですね~(泣)
ロマニスタさん、こんばんはー。

もうね、昨季の面影が無くなるくらい皆いなくなっちゃいましたよ、レッジーナ(泣)
活躍した選手は根こそぎ持っていかれるのがプロヴィンチャの運命なので仕方ありませんが。
フランチェスキーニ君は日本人に優しいので大好きなんですけど、出てないんですよねー1試合も(汗)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。