--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/19

南イタリア遠征記2006インデックス

南イタリア遠征記2006のインデックスを作りました。
個人的に一番思い入れの強いエピソードは、やはり『マッツァーリ監督との再会』ですね。だって愛しているんだもの♪←一生言ってろ
その次は2日目と3日目に見たアモルーゾの若手に対する熱血指導振りでしょうか。あれを見てアモルーゾに対するイメージが一気に変わりました。あれを見なかったら、ここまでアモルーゾにはまらなかったかも知れません。まあ彼は毎年いろいろな顔を見せてくれて飽きないのですが。(笑)
そして忘れちゃいけないのが、ナカムーラがいなくなったのにやってきたジャポネーゼを温かく迎えてくれたレッジョの民との数々の触れ合い。いつ思い出しても心がほんわかしてきます。

実は番外編で書くと宣言していた『俊輔とコッツァ』をまだ執筆していないのですが、忘れた頃に追加する予定です。書く気はあります。ええ、思い切りありますとも。楽しみにしてくださっている皆さん(果たして何人いるのか・・・)気長に待っていてくださいませ。

もしリンクの貼り間違い等を発見されましたらコメント欄でお知らせください。



プロローグ:一人旅にしたわけ

一日目:夜中にレッジョに到着

二日目①:レッジョのビーチは早くも夏支度
二日目②:レッジーナの今季ユニは売り切れ
二日目③:一年振りのサンタガタ練習場
二日目④:コッツァとランザーロ 対照的な二人
二日目⑤:ナカを探せ!
二日目⑥:デローザとメスト ピンクな二人
二日目⑦:子どもに大人気マッツァーリ監督&元気なマリアお婆ちゃん
二日目⑧:監督との再会を阻むテデスコとペリッツォーリ
二日目⑨:子煩悩なルカレッリ&ゾクゾクする眼差しのアモルーゾ
二日目⑩:決死の思いでコッツァにアタック&フランチェスキーニは育児疲れ?
二日目⑪:お日様みたいなランザーロ&めっちゃ物静かなヴィジャーニ
二日目⑫:疑惑のサインはカンナルサ&レッジーナの2大カワイコちゃんミッシローリとビアンキ
二日目⑬:目下急成長中モデスト&ビオンディーニ、その他の若手選手たち
二日目⑭:パヴェルのためなら何処までも

三日目①:海岸通りでフットサル大会
三日目②:謎のイケメンに俊輔を褒められる
三日目③:熱血指導自慢 マッツァーリ監督とアモルーゾ
三日目④:今日もピンクのデローザ様&居残り練習の風景2006
三日目⑤:パレデスの笑顔さえあればいいの・・・
三日目⑥:いたずら小僧モデストとマリアお婆ちゃんの対決
三日目⑦:マッツァーリ監督との再会
三日目⑧:レッジョの中学生と英会話&白が爽やかランザーロ
二日目⑨:顔が遠くにあるペリッツォーリと顔が近くにあるテデスコ
二日目⑩:メッシーナのお葬式&とにかくかわいいビアンキ坊や
三日目⑪:アモルーゾ その眼差しは危険すぎる・・・
三日目⑫:どこか抜けてるメスト君&純な男の子ビオンディーニ
三日目⑬:コッツァ再び
三日目⑭:笑ってても恐いフォーティ会長と爽やかミッシローリ
三日目⑮:バーリ行きを悩みすぎてランザーロを逃した夜

四日目①:荒川静香は美しい日本人女性の代名詞?
四日目②:バーリ行きに下した決断とかテレビの話とかUFOとか

五日目①:レッジョの男の子が披露してくれた俊輔のモノマネ
五日目②:ホテルのサロンでユベントス戦を観戦
五日目③:ムール貝を食して満足な夜

六日目①:メッシーナ経由でタオルミーナへ
六日目②:ピンクのホテル『La Pensione Svizzera』
六日目③:2年振りのウンベルト1世大通り
六日目④:サービス過剰なレストラン

七日目①:マッツァーロの海岸
七日目②:ジロ・デ・イタリアな午後

八日目①:2回目のギリシャ劇場
八日目②:サクランボを食べながらCL決勝を見た夜

九日目:下着姿を覗かれた午後

十日目:不機嫌なこと、御機嫌なこと、両方あった帰国日

南イタリア遠征記2006 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。