--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/11

元レッジーナの選手がいっぱい! ジェノア戦直前情報

ジェノアには元レッジーナの選手が4人います。
元レッジーナの守備の要の美しいデローザ様と

心も姿も美しい人でした

イケメンだけど性格は少々難ありだったボリエッロと

サインしてくれなかったから恨みを持ってます

顔は不細工だけど(←おい)ファンタスティックなプレーをしていたレオンと

最近活躍してますねー

昨季これでもかというくらい困難に見舞われていたチームを頑張ってまとめていた元キャプテンのルカレッリ

レッジーナに戻ってきて~

ボリエッロはともかく(笑)、あとの3人はティフォージから大きな拍手で迎えられるんだろうなあ。ああ、この試合すげえ観たかったよぉ。(泣)
因みにレオンと一緒に昨季の冬メルでジェノアへ行ったカロッビオは、今はセリエB首位のアルビノレッフェでプレーしています。タコ社長と仲良くやっているでしょうか。A昇格目指して頑張れよー。



ちょい悪オヤジ風な写真

レッジーナ公式ウリヴィエリ監督の会見(11月6日):
もしコッツァをプレーさせなければいけなかったとしたら、前線で後半からだっただろう。(←この文かなり怪しいです)。彼は前線が1トップでも2トップでもプレーできるトレクアルティスタだ。
レッジーナの特徴は変わっていくだろう。私は決まった形というものを持っていないし、私にとってコッツァは一つの付加価値だ。私は彼の成長を待っている。何故なら彼はこのチームが必要としている現状突破を実行するためのクオリティをもっているのだから。日曜日のナポリ戦は、私はよりフィジカルなチームを好んだというだけだよ。

すみません。超手抜きして、とっても気になるナポリ戦でコッツァを使わなかった理由だけ訳しました。
あと攻撃に関してはアモルーゾのポジションだけは鉄板で、FW陣はもっとスペースをつくる動きや、より鋭いプレーが出来るようにならないといけないとか、そんなことを言っていました。超テキトー訳ですんまへん。ヘコヘコ。

今日はレオンを自由にさせるなよー

ガゼッタ・デロ・スポルトのアロニカのインタ(11月8日):
---守備の要アロニカにとって、日曜日は親友のルカレッリとの再会となる

アレッサンドロとはカルチョの歴史に残るあのスリリングなシーズンを共に過ごした。俺たち目で合図するだけで十分に分かり合えた。声を枯らして叫ぶ必要なんてなかったんだ。ブルッソン合宿の初日から同室で、それから付き合いが続いて、ピッチの外でもしょっちゅう一緒にいたよ。シエナでの不可解な一件の後、あいつはジェノアでチームになくてはならない存在になった。俺たちはあいつには注意しないといけないな。セットプレーのときはいつだって頭で合わせる準備が出来ているし、足元だって巧いから。
---それに対するルカレッリのコメント
俺たち(元レッジーナ組の選手たち)はグラニッロをよーく知っているからね。あそこは何処のチームにとっても難しいよ。俺たちは今季初の勝利を切望するチームと、しかもホーム戦デビューの監督がいるチームと対戦することになる。俺、レッジーナはすぐに今の順位から上がっていくって確信しているよ。
ジェノアのDF3バックの一角でプレーしているけど、いつでもどこでもゴールしちまうニック(アモルーゾ)をチェックすることになるかも。俺はニックが怖いんだ。彼はピッチの何処にいても価値を生み出す選手だけど、特にペナルティーエリア内では注意が必要だ。なぜって彼はマークをかわしてゴールする準備を整えてしまうから。彼がボールを持っているときは奪うのが難しいし、キープすることで仲間の上がりを促すこともできる。レッジーナ時代に練習で彼をマークする機会があってね、その時はずっと気をつけていたんだけど、全ての努力は無駄に終わってしまったよ。
---アロニカ、ジェノアから誰か一人を排除できるとしたら?
レオンだよ。あいつはとんでもないテクニックを持った予測不可能な選手だからな。たった一人でゲームを決められる男さ。奴を抑えるのは至難の業だ。ピッチの隅々まで動き回るし、あいつを泊めようと思ったら強引なやり方をするしかない。レオンともルカレッリとも未だに友達だけど、だからって試合中に気が散ることはないよ。志を高く持って勝ち点3を狙いに行く。でも輝かんばかりに好調なジェノアとの対戦は簡単じゃないって分かっているけどな。

アロニカ、きっと今は声を枯らして叫ばないと意思の疎通が取れないんだろうな・・・。早くヴァルデスと以心伝心でプレーできるようコンビネーションを深めていってくだされ。
ルカレッリ、今日もニックを止められない貴方でいてください。お願いします。(笑)
レオンも大人しくしていてねー。レッジーナ戦以外で活躍してくれー。
それにしても互いに相手を褒め称えるインタになっておりまして、読んでいてとても楽しめました。レオンとデローザ様のコメントも拾ってきて欲しかったなあ。3人とも試合後はチームバスに乗らないで、久しぶりに元チームメイトと食事にでも行ってください。

好きなタイプの顔かも

レッジーナ公式カッショーネの会見(11月8日):
日曜日に僕らは攻撃面でちょっと変化したところを見せたよね。ナポリに対してチームは引き分け狙いじゃなく勝つためにピッチに出て行った。そして僕らはもう少しで勝つところだったんだ。レッジーナはリヴォルノ戦の記憶を払拭できたと思う。
---ウリヴィエリについて
新しいミステルはたくさんのことを教えてくれるし、前任者とは明らかに違うやり方を取っている。僕らはメンタル的にもフィジカル的にも上々だし、彼の教えについて行こうと一生懸命練習しているよ。確かに僕らはピッチ上で強烈な個性を身につけなくちゃいけない。自分たちをゲームに熱中したままいられるようにするためにもね。
---役割について
リミニではもっと攻撃的にプレーしていたけど、ここではより広範囲でより目に見えにくい役割を身につけているところなんだ。もっともっと成長しなくちゃいけないことは分かっているし、毎日努力しているよ。
---勝利について
日を追うごとに初勝利を願う気持ちは強くなっている。練習でいつも最大限の力を出しているのに、試合では勝利に手が届かないんだよね。日曜日は尊い勝ち点3を獲得できる素晴らしい日になるといいな。
---ジェノアについて
簡単な試合にはならないだろうね。ジェノアは調子がよく、組織的で、グラウンダーのボールを早く回すチームだ。異なる個性の選手たちを擁しているし、既に昨季からハイレベルのパフォーマンスを見せている。僕らは継続して頑張ってはきたけれど、僕らのシーズンの方向を転換したいと思っている。

そっか、カッショーネは昨季までセリエBにいたからジェノアとは何度も対戦しているんですね。これはちょっと心強いかも。
それにしても今季の選手の会見は同じ選手ばかり何度も登場しています。これって新加入の外国人選手たちが会見を開けるほどイタリア語が達者じゃないってことなんだろうなぁ。早くみんなイタリア語をマスターしていろいろ語ってくれー。

脚

コリエレ・デロ・スポルトのアモルーゾのインタ(11月9日):
---ここまでレッジーナはエンポリと並んで7ゴールしかしていない。他のどこのチームよりも少ない記録だ。

僕らは何が何でも今季初勝利を得ることが必要なんだ。確かにジェノアはリーグ戦で好調だし簡単な相手ではない。でも、繰り返すけど、今の呪われた状況を打開するためにも、全てを完璧にやり遂げる必要がある。
---パレルモ戦とナポリ戦で最後の瞬間に勝利が逃げていった件について
そういうことが一度以上起こっているということは、少し注意散漫なところがあったということを認めないといけない。それ故、僕らはもっと注意深くならないといけないし、自分たちを向上させ、目的達成のために自分たちを犠牲にしないといけないんだ。
---昨季はセカンドストライカーとして名を馳せたが、今季はほとんどの試合でセンターフォワードとして起用されている
シーズンの初めに、ローランド・ビアンキの移籍を受けて、僕はセンターフォワードとしてプレーしたくないという希望を伝えたんだ。だけど、必要に迫られて今はセンターフォワードをやっているし、とても上手くいっていると思う。ナポリ戦だけはセンターフォワードとしてプレーしていないけど、僕にとってはCFだとうとSTだろうと、どちらでもいいことなんだ。
---サン・パオロでのナポリ戦では、レッジーナの戦術はいくらか過去の形に戻った気がしたが
そうだね。でも僕はウリヴィエリは対戦相手の状況によってフォーメーションを決める監督だと思うよ。恐らく日曜日のジェノア戦ではナポリ戦に比べて変化があるだろうね。どうなるのかは監督だけが知っていることだけど。
---ウリヴィエリの前任者については?
フィッカデンティはとてもいい仕事をしていたんだけど、彼は運がいいとは言えなかったね。僕らが1つか2つのゲーム、例えばアタランタ戦やパレルモ戦で勝てていれば、彼は絶対に解任されずに残っていただろうに。
クラブはウリヴィエリのような経験豊かな指揮官にチームを委ねるという適切な変更を行った。僕ら選手は、新しいページをめくるためにも、今の順位から離れるためにも、このままじゃいけないんだ。

ひえ~、エンポリとうちでチーム最小ゴール数記録を競っていたんですね。エンポリさん、お互い頑張りましょう。(汗)
アモルーゾはやはり状況が許せばセカンドストライカーをやりたかったんですね・・・。遠征記でこれから書きますけど、5月のサンタガタ練習場でも本当に楽しそうにあの役割をやっていました。今季はその位置にコッツァがいるし、彼以外に安心してCFを任せられる選手もいないので、今のレッジーナであの役割を再びやるのは難しいのかもしれません。本人が言っている通り、CFだろうがSTだろうが、どこでも全力を尽くしてプレーしてくれると思いますけど。

channel4ウリヴィエリ監督の会見要約版(11月10日):
グラニッロでの初ゲームでは間違いなく気持ちが少し高ぶるだろうね。少なくとも最初の5分はとてもエキサイティングだろう。とはいえ、私は過去にかなりの経験があるから、そのうちそういう興奮は無くなって、あっという間にいつも通りになるだろうけど。
ここ数日でジェノアの試合を観まくったから彼らのことは既によく理解しているよ。観れば見るほど、不安になると認めないといけないが。
彼らはフィジカルもメンタルもいい状態にあり、優秀な指揮官の下、習慣的にリスクを犯してFWを押し上げてくる。素晴らしいチームだよ。いつも攻撃しているように見える。だから我々は大いなる謙虚さと犠牲の精神を持って試合に備えなければならない。
うちは進んで練習するプロフェッショナルで構成されている。彼らは団結して上手くやっていると思うよ。まだまだ向上しないといけないがね。
経験のある選手たちはニューフェースたちが落ち着いてプレーできるように手助けしてやってくれと頼んだよ。今の我々みたいなシチュエーションでは、グランドで普通に練習するだけじゃ不十分なんだ。


ガゼッタによると、7日水曜日の練習でコッツァがどこかの筋を伸ばしてしまったようで2週間ほど離脱するようです。早く治ってくれ~。(泣)
8日木曜日の練習は元々の怪我人組のガルシア、トニョッツィ、ペッティナーリ、コッツァに加えてアモルーゾ、ハルフレッドソン、バレートが別メニューとあり、勘弁してくれ~!と思わず叫びましたが、3人とも金曜日の全体練習に戻ってきました。ホッ。
ジェノア戦の先発はナポリ戦と同様のものになりそうですが、ウリヴィエリ監督はアモルーゾのパートナーをチェラヴォロにするかトゥルベルグにするか決めなくてはいけないとのこと。トゥルベルグは少しはイタリア語が理解できるようになったでしょうかねえ。
試合を全然観られていないので(放映されたのユヴェ戦だけですよ!)想像でしか語れないのですが、チェラヴォロにしろトゥルベルグにしろジョエルソンにしろ、スタメン確保のために結果を出そうと自分のアピールに精一杯で、アモルーゾと合わせるところまで気が回らないんじゃないかという気がします。どれだけアモルーゾとシンクロできるか、一番大事なのはここなんだけどな・・・。とにかく誰でもいいから若い子ちゃんFWにゴールが生まれますように。1点取っちゃえばその後は勢いに乗れて、周りを見る余裕も生まれると思うんで、今日こそ決めるんだ!

Forza Reggina!!!

07-08レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
やってくれましたね\(^O^)/
初勝利ですよ(´∀`)マジで嬉しいです。守備陣よく押さえてくれました。そしてアモルーゾ。そして絶対活躍しないと思ってたジョエルソン。いいアピールになりましたね。初勝利なのに昨日ミスってねたったのが後悔してます。けどウリヴィエリさんになってよかったですね。本当に嬉しいですね!!!!ありがとうみんな。 この調子でこれからもがんばれ!!!!ではまた\(^O^)/
ウリヴィエリ監督が
試合終盤に退席処分になっております。
さすがマツ監督の師匠だけあります(爆)

嬉しいですね、初勝利!
ここまで長かったよ~
アモルーゾは自身セリエA通算300試合を勝利で、しかも自分のゴールで飾れました。
あんな事件がなければ、心から喜べたのに・・・
ジョエルソンが絶対活躍しないと思ってったって、ヤス君(笑)
これから記事収集始めます!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。