FC2ブログ
2007/11/04

ウリヴィエリ監督就任&ナポリ戦直前情報

普段は注目度が激低いレッジーナですが、今週はたくさん注目してもらえました~♪って、喜んでいる場合じゃないけど。

レッジーナにウリヴィエリ監督が就任
レッジーナが監督交代、ウリビエリが新監督に就任
知将マッツァーリの抜けた穴は埋まらず…低迷レッジーナ監督解任へ
レッジーナ監督も解任。次は誰だ?
Reggina call on Ulivieri
Ulivieri: I'm no Harry Potter

まあフィッカデンティ監督は経験がないなりに頑張っていたのだと思います。やはり誰が悪いってこの人を連れてきたフォーティ会長でしょ。昨季の主力選手を一気に放出してセリエA未経験の若手と外国人選手ばかり寄せ集めたのに(今季の補強でセリエA経験者はコッツァだけ。モンティエルは昨季ウディネで8試合出ているけど、フル出場しているわけじゃないと思います。まだ10代の選手ですから)、監督までセリエA未経験者って無謀もいいとこですよ。第二のマッツァーリを発掘したつもりだったんでしょうけど。自分の見る目の無さを少し反省してくださいね、会長。

レッジーナをお願いします

レンツォ・ウリヴィエリ
1941年2月2日生まれ
サン・ミニアート(ピサ)出身

31年のキャリアの中で18のクラブで指揮を執ったベテラン監督です。最近ではセリエBボローニャで2年間仕事をしていました。
39歳の新米フィッカデンティ監督から66歳の経験豊富なウリヴィエリ監督へ代わったことで、とんでもなく厳しい状況にあるレッジーナが勝てるチームに生まれ変われますように。(祈)
かつてヒデが所属していたパルマで指揮を執っていた頃には「パルマでプレーしてよかった、パルマのためなら死んでもいい!というプレイヤーだけを使う!」という名言を残しているそうです。今のチームには「レッジョのためなら死んでもいい!」という選手が少なくとも2人いますね。(笑) 

レッジーナ公式ウリヴィエリ監督の会見(11月2日):
---フォーティ会長がアマラントの新監督レンツォ・ウリヴィエリを短いながらも明確な言葉でプレスに紹介した。

ようこそレッジョへ、ミステル。この町で貴方の長く輝かしいプロのキャリアにもう一つの素晴らしいページが書き加えられることを願っています。
---トスカーナ生まれの監督への質問は全て、この選択に満足しているかというものだった。
レッジョカラブリアに来られて満足しているよ。これは社交辞令ではなく、仕事場とカルチョが恋しくてたまらなかったからね。フォーティ会長から電話を貰った時、状況を理解するために私はすぐに会談を持った。会長との話し合いは実に実りあるものだったよ。
---前任者について
監督が去るときはいつだってドラマがあるものだ。私はフィッカデンティがいい仕事をする監督だと知っている。私は彼をリスペクトしているし、ここでは細かいことについて言うつもりもない。スタートは前任者がここまでやってきた仕事を継続することになるだろう。何かを変えなくちゃいけないのは明らかだが、2日でそれをするのは不可能だ。まず最初に、選手たちの心の中にある混乱を取り除かないといけない。
---貴方の経験をフルに活用することになるだろう
状況を理解するためにも、この町と共に生きていこうと思う。人々が表してくれた歓迎は実に親密で快いものだった。一方ピッチでは、戦い、プレーし、組織化されることが必要だ。チームはここまで素晴らしいゲームをしてきたし、それに逆らうようなことを言うのはフェアじゃない。私の中にあるもの、持てる情熱の全てをかけようと思う。
---チームに関する知識は徐々に増えているのか
今季のレッジーナの試合はテレビでもあまり見ていなくてね・・・。しかし私は選手たちと共に多くのことをクリアーにしていくのが好きだ。彼らは目的のために練習し戦う。私は選手たちとダイレクトにコミュニケーションを取る。古いやり方だが、いつだってそれが基本なんだ。
---マッツァーリとは縁があるが
ここにワルテル・マッツァーリがかつていたことを感じるよ。彼とは良好な関係を保っている。私は過去に彼をこの世界に送り出したんだ。これからもその関係は続くだろうが、敵として対戦するときだけは別だね。
---フォーメーションについて
私の自分の形というものを持っていない。それは常にその時々のチーム状況によるものだ。しかしながら、私には4-2-3-1は適当ではないように思える。フィジカルの観点ではチームは難しい状況にはないだろう。15日もあれば分かってくるだろうが、次の日曜日から困難な日程が待ち構えている。順位表はタフだが、戦力的にはたくさんのアタッカーがいるね。


上に貼ったchannel4の記事によると、練習後に質問してきた選手がいたそうで、そのプロとしての姿勢を褒めていました。えー、100万円賭けてもいいです。その選手は絶対にアモルーゾです。だってこの前もサンタガタでマツ監督を質問攻めにしていましたから。まだ聞くことあるのかよ!ってくらい(爆)。疑問点はその場で解決しないと気がすまない人みたいですね。プロとして正しい姿勢だと思いますけど。

さて、レッジーナ公式の選手の会見ですが、今回は誰もしゃべりませんでした。普通に考えたら元ナポリで奥様がナポリ出身のアモルーゾの番だったと思いますが、これで試合前に意気込み語る→何故か低パフォーマンスという最近の法則が発動しないで済みますな。安心しました。(笑)
アモルーゾはナポリでプレーした00-01シーズンは30試合出場10ゴールという成績を収めています。今日はナポリのティフォージに拍手で迎えられるのでしょうか、それともブーイングされちゃうのでしょうか。
Goal.comにナポリのレヤ監督の記事がありまして、「レッジーナは数日前に監督交代があったので、非常にモチベーションが高いだろう。こういう場合、選手たちはやたらと張り切っているものだ」とレッジーナをめっちゃ警戒していました。面白かったのがその記事に対する書き込みでして、ナポリファンは引き分けが現実的と考えているんですね。ホームなのに、なんて謙虚なんでしょう。ナポリサイドが心配している通り、レッジーナが気合十分でナポリを圧倒できるといいのですが。

今夜のフォーメーションですが、ガゼッタの予想布陣も毎日変化しております。ガゼッタの記者さんも予想するのが難しいと書いております。ただ、レッジーナにはウィング的な攻撃の選手がいないので、4-2-3-1はないだろうという記述はありました。今の時点では3-5-1-1になってますね。
リヴォルノ戦は累積警告で出場停止だったランザーロが戻ってきます。怪我人はガルシアとトニョッツィだけ。どういうフォーメーションで、どの選手を使ってくるのか、ちょっとドキドキです。
上に貼った“I'm no Harry Potter”(私はハリー・ポッターじゃない)という記事のタイトルどおり、ウリヴィエリ監督は魔法使いじゃありませんから2日でチーム状態を劇的に変えるのは無理な話です。過剰な期待はしないでテキスト実況を追いかけようと思います。
過剰な期待はしないけど、普通に期待してますんで、選手たち頑張るのだぞ!

Forza Reggina!!!

07-08レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
よくやった
僕もいつも以上に期待と不安がいっぱいでした。 よくやってくれました。 けどなんでロスタイムにまた決められてしまうのか。まぁナポリ相手によく頑張ってくれました。 まさか引き分けてくれるとは思いもしませんでした。 ウリヴィエリさん、ジョエルソン出すならコッツァ出してあげてくださいよ。 まぁよく短期間でやってくれました。お疲れさまです。 ジェノアのレオン&ボリエッロが決めていますね。レオンよかったね。これからもレッジーナ戦以外の活躍を期待してるぞ。 ではおやすみなさい(-_-)zz。
あと4分だったのに
でもロスタイムにナポリの決定機があったから、負けないでよかったというべきなのかしら。
とにかくカンパ神に特大級の感謝です。カライオのPKを止めてくれてありがとう。
ゴール決めてくれたヴィジャーニもありがとう。
ああ、レオン、レッジーナに戻ってこないかなあ・・・。

管理者のみに表示