FC2ブログ
2007/10/28

主力が戻ってきた! シエナ戦直前情報

休養十分なんだから活躍しないと許さん

レッジーナ公式モデストの会見(10月24日):
---出場停止について

試合に出られなくて悔しかったよ。パレルモ戦とインテル戦ていう二つのむちゃくちゃ刺激的な対戦で仲間に手を貸すことが出来たはずなのに試合に出られなくてさ。試合をただ観ていなくちゃいけなくてすげえ苦しんだけど、日曜日のシエナ戦でやっと復帰できる。レッジーナはおいらを頼りにしていいぜ。おいらのサイドの突破にもな!
---レッジーナの状況
最初の頃に比べたら成長したよ。前節のインテル戦では不在の選手たちがいたにもかかわらず、堅固で士気の高いグループだということを証明してみせた。代わりに出た選手たちはとてもよくやっていたよ。チームのオートマティズムを損なうことなく、自分たちのやり方を本当に認識させてくれたからね。
---順位について
おいら今の時点で順位表を見るのは好きじゃないんだ。だって、レッジーナはそんな順位に相応しくないし、まだ8節しかやってないんだから、そんなもの信頼できねーよ。チームの本当の価値はもっと違う順位に反映させるって信じてるけど、そうなるまでもうちょっと待たないとな。
---前回のシエナ×レッジーナ戦について
昨季のアウェイのシエナ戦は重要な区切りだったのを覚えている。カターニア戦での相応しくない負けから始まってさ(確か誤審で負けました)、あの不運だったけど輝いていたパフォーマンスの後で、貴重な勝ち点3をゲットしたんだ。今度の日曜日にあれと同じことを繰り返せるといいな。
---シエナについて
難しい相手だよね。素晴らしい組織を構成するレベルの高い選手たちがいるし。奴らフィオレンティーナとのダービーを落としたから、すぐにでも挽回したいと思っているんじゃないかな。エンポリ戦ではめっちゃデンジャラスで効果的だった。
レッジーナは信念を持って正々堂々と戦うよ。前節のパフォーマンスを続ければ、当然の結果として勝ち点はすぐにやってくるだろう。

相変わらず強気だ(笑)。張り切るのはいいけど空回りするなよ。今日は余計なカードを貰わないように。

古巣相手にドカンとゴールを!

レッジーナ公式コッツァの会見(10月25日):
---インテル戦について

ゴールだけが足りなかったが、チーム全体がハイレベルなパフォーマンスを見せて素晴らしい試合をした。俺たちがしたことを考えれば引き分けが相応しかったのに。
---レッジーナはどのチーム相手にも互角に戦える
ラツィオ、パレルモ、インテルの3戦では俺たちは5~6回の決定機を生み出している。これは過小評価させるべきデータじゃない。これを続けていけば結果はやがて出るだろう。
---次はより可能性のある対戦だ
シエナは俺たちにとって順位表の鍵を握る一連の重要な対戦の初戦となる。ここまでレッジーナは非常に手ごわい上位勢とばかり対戦してきたが、次は次でまた独特だ。何故なら俺たちよりも上位にいるライバルたちは、より徹底的に(レッジーナとの対戦に)照準を合わせてくるだろうから。
---次の3戦で少なくとも2勝はしたいところだ
7~9ポイントを獲得することが大事になるだろう。ライバルたちから突き放されないように全力を尽くさないといけない。シーズンは長いから未だ今季を決定付けるような試合にはならないけど、ここまで運悪く失ってしまった地盤を回復する必要がある。
---トスカーナで古巣との2回目の対戦だ
恐らく俺の場合、歓迎の拍手は貰えないだろう。俺のアマラント色への執着は許してもらえなかっただろうと思う。でも、俺がレッジーナのことを考えずにいられるなんてことが出来ただろうか。
シエナのユニを着ることはプロとして常に光栄なことだったし、2回の残留を勝ち取った。レッジョで試合をするために戻ったときは、あの日素晴らしいパフォーマンスをしていたカンパニョーロにPKを止められたっけ。あの試合はシエナが勝ちたかった試合で、実際に成功を収めた。
---負かすには厄介なチームだ
俺たち同じでシエナはいいチームだ。勝ち点3を獲得して、俺たちを下位に押さえつけるために全力で来るだろう。闘志むき出しの試合になると確信しているよ。俺の希望としては、試合を決めるゴールを決めて今季初勝利を収めたい。
---ピッチに立てるかどうかという疑問は?
全くないよ。昨日の軽いアクシデントからは回復した。今日はスタートから監督の指示通り動けるだろう。シエナには行けるよ!

シエナの皆さん、うちのキャプテンにブーイングしないでくださいね。まあ、たとえブーイングされても、うちのキャプテン気にしないとは思いますが。(笑)

この試合で解任されないように

レッジーナ公式フィッカデンティ監督の会見(10月26日):
---戻ってくる選手たちについて

インテル戦は本当に満足できる内容だった。そして、今週末のアウェイ戦では、ヴィジャーニ、アモルーゾ、モデストが戻ってくる。彼らを使えるのは嬉しいよ。彼らの存在は間違いなくチーム全体に利益をもたらしてくれる。
---次節の重要性について
日曜日は主要な試合じゃないが、とても重要である。シエナは順位表で我々の上におり(レッジーナ19位、シエナ17位)、もし勝てれば順位の上だけでなく精神的にも優位に立てることは無視できない。
---対戦相手について
マンドルリーニのチームは全ての部門がここまで大幅に変わった。攻撃面では幅広い選択肢を持っている。例えば、軸になるマッカローネと組ませる選手をブッキ、コルヴィア、フリック、キエーザの中から選べるんだ。
大事なことは我々の特徴を失わないことだ。選手たちは攻撃されても自分たちを上手に表現しながら反撃する準備が出来ている。この間の試合のようにね。
---要注意選手は?
注意力と積極性は全ての戦術的なフォーメーションを超えた重要な武器となる。マッカローネのスピードには十分に集中して対応しないと。空中戦においてはシエナがラインナップしてくる他のアタッカーと、ロリアとポルタノーヴァのような優れた長身選手にも注意が必要だ。
---ゴールについて
ここまでコッツァとアモルーゾしかゴールできていないのは本当の話だ。だけど私はすぐに他の選手がやってくれると信じているよ。我々はいつもセットプレーを活かそうとしているものの、残念ながら正確性に欠けているのは認める。しかしながら、我々は最後の仕上げをするための手段を持っているし、物事が好転すると考えている。
---ターンオーバーについて
今のところターンオーバーの可能性はないし、必要性もないと思っている。1週間の準備を行い、完璧に仕上げたからね。シエナ戦の後は次のホームのリヴォルノ戦を視野に入れて、チームのコンディションはチェックするだろうけど。


今日は久しぶりにほぼベストメンバーを組めます。使えないのは膝の怪我が長引いているミゲル・ガルシアと、前節インテル戦でヴィエラに後ろから削られて骨折させられたトニョッツィだけです。ヴィエラはレッジーナ戦後のCLで怪我したようですが、あれはレッジョの呪いだったのだろうか・・・。

試合開始まであと5分。
絶対に負けるなよー!今日こそ念願の初勝利だー!

Forza Reggina!!!

07-08レッジーナ | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
またまた
くそ亜2靴い任垢諭?虍楼堕蠅靴討④討襪里話翦廚?侫?奪箸靴討④疹攀鬚任后?
なんか意味わかりませんんね^^
昨日書いたのへんなになってました^^。すみません^^;
なんて書いたの?(笑)
コッツァがダメダメだったようです。古巣相手でやりにくかったのでしょうか。
モデストも前半だけで変えられちゃってるし。
レッジーナの初勝利はいつ来るんでしょう・・・(―_―;)
リヴォルノに勝てなかったら、監督の首がとぶかもしれませんね。
いや、絶対勝つけどさ。

管理者のみに表示