--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/09/02

CL予備選3回戦セルティック×スパルタク・モスクワ

セルティック1-1スパルタクモスクワ(PK戦4-3)
得点者:27分 マクドナルド、45分 パブリチェンコ
Celtic: Boruc, Wilson, Caldwell, McManus, Naylor (O'Dea 110), Nakamura, Scott Brown, Donati, McGeady (Riordan 104), McDonald (Zurawski 97), Vennegoor of Hesselink.
Subs Not Used: Mark Brown, Hartley, Killen, Sno.
Spartak Moscow: Pletikosa, Soava, Stranzl, Kovac, Shishkin, Mozart, Torbinsky (Boyarintsev 100), Titov, Bystrov (Kalinichenko 95), Welliton (Dedura 88), Pavluchenko.
Subs Not Used: Homich, Geder, Sabitov, Dzjuba.
Booked: Caldwell, Riordan. Shishkin, Torbinsky.
Sent Off: Stranzl (85).
Referee: Roberto Rosetti (Italy).

本選に進めて良かったよー


うわ~い!
スンタンとモザちゃんの握手シーンが見られたよ~ん♪


と、個人的に盛り上がるオープニング。
おまけにセリエAでお馴染みイケメン審判ロセッティさんが主審で、更に盛り上がる私。(笑)
でも、セルティックのユニが背中に白い大きなゼッケンを貼ってるみたいでかっちょ悪いんですけど・・・。

しかしまあ、長い試合で疲れました・・・。
前半の見所はこんなところでしょうか。

セルティックがコールドウェルのハンドを取られてPKを献上するも、パブリチェンコが外してくれて超ラッキー。
 ↓
数分後、スンタンから始まったセルティックの攻撃で、相手ゴール前でのクリアミスをマクドナルドが目ざとく押し込んで先制点。
 ↓
前半終了間際、パブリチェンコがCKを胸トラップして浮き球をボレーという私のアモルーゾを彷彿とさせる華麗なゴールでPK失敗をチャラに。
 ↓
気の抜けたプレーを続けるネイラーにボルツがブチギレ。ケンカしているうちに前半終了。(爆)

お見事なゴールでした

後半以降はひたすらゴールが遠かったですねえ。途中で相手が一人減ってもゴールネットを揺らすことは出来ず・・・。同じような光景が最近の代表戦であったような・・・。(遠い目)

ヤン様、貴方様のところで全然ボールが収まりません。もう少しポストを頑張ってください。
延長戦のPK失敗は相手GKが踊ったから調子が狂ったのでしょうか。
とにかく本日はあまりいいところがございませんでした。

マクドナルドはスンタンのFKとクロスをクリアしやがりましたねえ。ヘディングゴール失敗とかそんなレベルじゃなくて、相手DFかと思うような見事なクリア。

スンタンに何か恨みでもあるのか、この野郎

と、軽く殺意を覚えましたわ。

スンタンは後半終了間際に3回連続決定機を外しましたけど、珍しく「何が何でも自分が決めるんだ!」という気持が前面に出ていて面白かったです。懲りずに続けましょう。とにかくシュートを打たなければゴールは生まれません。

1-1のまま延長戦でも決着がつかずにPK戦に突入。
2人目のキッカーだったスンタンが外してしまったけど、ボルツ神が2人止めてくれてセルティックは辛うじて本選出場決定。
セルサポはグラスゴーにボルツ神社をつくってボルツ神を祀ることを本気で考えなはれ。←宗教が違うだろ
勝利が決まった瞬間のボルツの妙な動きが笑えました。

神様、仏様、ボルツ様

スンタンはセットプレーでいいボールを蹴っていたし、いいパスを出しまくっていたし、PK失敗と3回の決定機外し以外は及第点以上の出来でしたよね。この試合でいいあんばいに悔しさのマイレージが貯まりましたし、本選ではやってくれるでしょう。

マイレージ貯まったから、後は爆発だー!

モザちゃん、残念だったね。そっちの方がいいサッカーしていたのに・・・。

スンタンがPK蹴る前にタッチしたでしょ?


CLグループリーグの組み合わせ抽選の結果、セルティックはD組でミラン、ベンフィカ、シャフタル・ドネツクと対戦することになりました。正直「またミランとベンフィカかよ!」という気持で一杯です。同じところとやっても面白くないじゃん・・・。
シャフタル・ドネツクは今夏アモルーゾ強奪に失敗して、代わりにルカレッリ兄をさらっていきました。ルカレッリはCLで活躍して代表入りすることを狙っていますからモチベーションが異常に高くて恐いです。セルティックDF陣に止められるかしら・・・。(汗)

俊輔 | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。