FC2ブログ
2007/07/30

シカゴ・トロフィー第1戦はドロー

※写真と記事のリンクを追加しました!

7月25日にレッジーナはシカゴ・トロフィーに参加するためにシカゴへ出発しました。
新しい子たちは、まだ誰が誰だか分かりません。(汗)

もしかして南米トリオかしら

新聞を覗き込むコッツァとアモルーゾ。そうそうアモルーゾは携帯を持つときは人差し指をピンと立てるんですよ。

そんなに熱心に何の記事を読んでいるのでしょうか

こちらは指を丸めて携帯を持つ人ミッシローリ君。なんか心細そうで家出少年みたいです。(笑)

かわいいよ~♥

カンパニョーロの背景がステキ。(笑)

この背景で撮らなくても・・・(笑)

悔しいけどカッコいいじゃん、トニョッツィ。←なぜ悔しい?

こいつのサングラス姿は初めて見たぞ

シカゴ・トロフィーの公式サイトはここみたいですが、あまり役に立ちません。
The Chicago Trophy
だって試合結果も載っていないし、“Team Info”のレッジーナのところを読むと、フォッジャがチームの顔として紹介されているんですよ。あの~、フォッジャがレッジーナに在籍したいたのはシーズン半分だけですし、今はカリアリの選手ですが(笑)。U21で活躍したのでアメリカ人にとっては一番知られている選手なんですかねえ。

この大会の参加チームはポーランドのヴィスラ・クラコフ(Wisla Krakow)、メキシコのトルーカ(Club Deportivo Toluca)、スペンのセビージャ(Sevilla FC)、そしてレッジーナの以上4チームです。
チケット価格は一番高いVIP席で80ドル、一番安いゴール裏席で45ドル。サッカー不毛の地アメリカでお客さんはたくさん入っているのでしょうか。

試合前日はフィッカデンティ監督とチーム幹部が大会プレゼンテーションに参加。
コッツァ、アモルーゾ、アロニカの3選手はイリノイ大学で開かれたプレス・カンファランスで現地メディアの対応。ライバルチームと共に記念撮影したりしたそうです。コッツァとアロニカ、楽しそうですね。

アモルーゾは一緒に写真撮らなかったのね

一方、モデストとカッショーネは会長代理のオール紙とマネージャーのビゴンさんと一緒に市長開催のウェルカム・セレモニーに参加し、いろいろな文化交流を行った模様。
モデストとカッショーネの間にいる人は誰?

有名人?ただの通りがかりの人?

行事があってもチームは午前午後のダブルセッションをこなし、みっちり練習したようです。単なる調整試合ではなく、かなり本気でこの大会に臨んだみたいですね。

7月27日にレッジーナはヴィスラ・クラコフと対戦して1-1のドローでした。
『レッジーナ、ビスワ・クラクフと1-1』

Marcatori: al 7'pt Amoruso, al 41'pt Dudka
Reggina: Campagnolo, Miguel Garcia (1'st Cherubin), Modesto (7'st Alvarez), Cascione, Lanzaro, Aronica, Missiroli, Barreto (Barilla al 19'st), Ceravolo (Joelson al 12'st), Cozza (Montiel al 1'st), Amoruso. In panchina: Novakovic, Pettinari, Viola. All. Ficcadenti
Wisla Cracovia: Pawelek (al 33'st Juszczyk), Baszczynski, Dudka, De Lima (al 16'st Kokoszka), Zienczuk (al 26'st Burns), Boguski (al 1'st Magiera), Cantoro (al 1'st Sobolewski), Jirsac (al 26'st Paulista), Kosowski, Brozek, Cwielong. In panchina: Glowacki, Niedzielan. All. Brorzamaciey
Ammoniti: Cascione e Dudka. Spett. 5.000 circa

試合は前半7分にコッツァのパスをアモルーゾが叩き込んでレッジーナが早々に先制。前半41分にセットプレーからDudkaに決められ同点にされましたが、特に前半はファイトできているいいゲームをしてみせたようです。後半は疲労からちょっと失速しちゃったみたいですね。時差ボケもあるし、その辺は仕方ないか。とにかく2週間前に始動したばかりのチームとは思えない戦いぶりだったようです。
ガゼッタによると先制された後ヴィスラ・クラコフが怒涛の反撃を開始し、レッジーナのDFを不安に陥れましたが、カンパニョーロがことごとくファインセーブで阻止したとのこと。カンパニョーロ今季も頼りになりそうです。
この試合良かった選手としてボンバー・アモルーゾ(本当にこう書いてあったんです)、ミッシローリ君、カンパニョーロの3人を挙げていました。ミッシが頑張っているみたいですね。お姉さん嬉しいわ~♪

グロッセートに行っちゃいやん

今季のキャプテンはやはりコッツァのようです。

キャプテンマークを巻くコッツァ

あの~、ゴールしたアモルーゾの写真がないのは何故???
※追記
ありました!レッジーナ公式に本日アップされました。
なんか眠そうなんですけど。(爆)

映像見たいよー

これは試合後の会見だと思われます。フィッカデンティ監督の隣でアモルーゾ眠そうです。目がトロンとしています。ちょっとカワイイです。(笑)
もしかしてアモルーゾがご機嫌斜めなのは時差ぼけで眠いからだったりして。。。
そっか、眠いと機嫌悪くなるのね?←赤ん坊かよ

オネムのアモルーゾ

試合後フィッカデンティ監督のコメント:
我々は前半よくやった。もう少しで追加点を奪えるシーンを何度も作り上げた。後半も良かったが、フィジカル・コンディションが落ちたためフォーメーションに関してその代償を払った。
---対戦相手に対して
素晴らしい国際的なカリキュラムを誇るチームとの対戦で我々にとって最初の真のテストとなった。この時期の控え選手のいいテストにもなったし、我々を成長させてくれるだろう。カンピオナートのための最高の準備が出来た。
---攻撃面で明快さがあまり見えない
きつい練習をしたからね。だけど我々がここ数日にしたことは、時間が経てば戦術の素晴らしい流動性を保証してくれることだろう。


私のアモルーゾのコメント:
たくさんの素晴らしいスタジアムでプレーしたことがあるけど、ここシカゴのスタジアムはとても魅力的だ。試合に関しては、フィジカルコンディションはまだ最高じゃないし、このタイトなスケジュールじゃ僕らはベストな状態を発揮できないってことを確信したよ。

えっと、写真だけじゃなくて、コメントも機嫌悪そうじゃありません?(汗)
でも原因が見えてきたような気がします。アモルーゾのご機嫌が麗しくないのは、まだコンディションが出来上がっていないのに無理させられているからなのかも知れません。徐々に上げていきたいんでしょうね、アモルーゾは。
だけどセリエA初挑戦のフィッカデンティ監督は結果出したいんだろうなあ。自分がセリエAでやれるってところを誇示したいだろうし。それにまだ30代の若さなので、人心掌握に長けていないのかも・・・。この二人、大丈夫かしら。(滝汗)
レッジーナファンの間でも、この大会に参加する是非についてはいろいろ書き込みがありました。
レッジーナの名前を世界にアピールするためにはいいかもしれないけど、昨季異常に厳しいシーズンを過ごした選手たちにとって、この大会への参加は負担になるだけじゃないのか。もっとゆっくりと調整させてあげた方がいいのではないか。
そういう意見を幾つか読みました。私もこの大会に向けて急ピッチでコンディションを上げさせられたシワ寄せが後々出てこないか、ちょっと心配です。
第二戦は今夜行われます。対戦相手はメキシコのトルーカです。中1日という超厳しい日程です。どうか誰も怪我しませんように。(祈)

それとレッジーナがまたまた新しい外国人選手を獲得しました。
アイスランド代表のEmile Halfredssonです。中盤の選手のようです。詳しいデータは後日改めてご紹介しようと思います。

あとガゼッタによるとパルマはアモルーゾ獲得にむけて再アタックしてくるそうですが、そろそろ諦めていただけないでしょうか・・・。

07-08レッジーナ | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
お久です!!
一昨日と昨日用事で何も情報が知らなかったので今いろいろ見てます。
引き分けたんですね試合。ミッシローリ移籍したくないから頑張ってますね。コッツァ→アモルーゾのホットラインに期待ですね。 ケガとか心配ですけどこのカップに勝つと監督、選手はフィジカルコンディションが悪い中優勝できたら自信になるでしょうから頑張ってのりきってくれよ。

アルフレッドソン君獲得しましたね。また外国人で次はアイルランド代表。 けっこう点取ってるんで攻撃的なサイドアタッカーですね。次はどこ代表を取るんでしょうか。 これでモデスト移籍決定的ですね。 モデスト、この大会がラストだと思うからがんばれよ。
あれ!?
試合結果もう出てますね。
負けてるやん!! カンパニョーロ出てないし疲労もやっぱ蓄積されるんでしょうね。 優勝はもう厳しいけど最後セビージャに気持ちよく終われるよう頑張ってほしいですね。 ケガだけはもうやめてね。
セビージャとはやらないの
ヤス君、こんばんはー。夏休み満喫してるかーい?
レッジーナはセビージャとはやらないんですよ。
もともと2試合だけやる予定でシカゴへ行きました。
なんかね、2試合の勝ち点の合計で順位を決めるみたいで、レッジーナと引き分けてセビージャに勝ったヴィスラ・クラコフが優勝しました。
総当りしないなんて、面白いルールですね。

2試合目は疲労で動けなかったみたいですよ。無理もないです。
怪我人情報がないのが救いです。

しっかしフォーティ会長は選手を買いまくってますねえ。
モデスト移籍の件はローマと提示額が一致しないようで、まだまだ詰めないといけないようです。
ま、長いあいだ待たされた分、ローマには少し色つけてもらいましょうか(笑)
決まりましたね。
開幕戦はアタランタですね。しっかり勝って連勝したいところですが、第3節から第8節まで強豪とあたりますね。ここでどれだけ勝ち点を重ねられるかがポイントですね。 開幕まで待ち遠しいですね。 ただケガとトラブルだけはない事を願うばかりです。
レッジーナのホーム戦が・・・(泣)
ヤス君、こんにちはー。
今季の日程決まりましたね!ワクワクします!

>第3節から第8節まで強豪とあたりますね。

ここで結果が出なくて監督解任とかになりませんように(祈)
と、フィッカデンティ監督をイマイチ信用しきれない私。(^_^;)

スパカーがレッジーナの放映権を買ってくれませんでした。
これで今季はホームの試合をまったく見られません。(号泣)
いいもん。見せてくれないなら行くからさ。

管理者のみに表示